タグ:ヨガ ( 38 ) タグの人気記事

つながるヨガ

日曜日は私の通っているヨガスタジオTAMISAで6周年記念イベントがありました。
趣向を凝らした色んなクラスが500円で参加できたり、置き忘れマットのチャリティー販売があったり、ヨガウェアやオーガニックグッズのセールがありました。最初は七条のビルの地下の小さなスタジオ1つから始まったTAMISAも今では三条に大きなスタジオやヨガショップやカフェまで構え、世界中の有名な先生方のWSが開催されたり週50以上のクラスが選べるように。でも、一番すごいなぁと思うのは、そんなに大きくなっても最初にスタートしたころのアットホームな雰囲気が、先生、スタッフのみなさん、そして生徒さんにも失われずに残っていることだと思います。

e0066369_11563612.jpg
私は朝一番の「つながるヨガ ヴィンヤサリレー」というクラスに参加しました。輪になってマットを並べ、生徒さんの間に先生が何人か混じって、順番に2、3ポーズずつをリレーしながらみんなをリードしていくという試みです。3週目ぐらいで、なんと私にもご指名がかかり、めっちゃ焦りましたが、なんとか座った前屈のポーズと橋のポーズ(セツバンダアーサナ)をリードしました。私がベイビーポーズで締めると、それを引き継いでリーダーのYoko先生がシャバアーサナに誘導してくれて、無事終了。

緊張したけど、いつも以上に参加者の一体感が感じられて楽しいクラスでした!ヨガって「つながる」って意味だから、考えてみれば深いですよね。

写真は、別のクラスのようす。親子でヨガってクラスです。楽しそう!
e0066369_14561020.jpg

[PR]
by cita_cita | 2011-08-30 22:22 | LOHAS

うつとヨガとリラックス

e0066369_8242058.jpg

12月に産経新聞に載せてもらった記事がきっかけで、ヨガを教える機会をいただきました。
今、心の病気で会社を休業している人って、きっと日本全国にたくさんいらっしゃると思うのですが、そういう人たちの復帰支援(リワーク支援)をするプログラムをハローワークの関連部門が行っているのだそうです。

今回は、そのプログラムの中で1時間半の時間を与えていただいて、自由に使っても良いとのことでした。

どういう内容にするか色々調べたり、すでにヨーガセラピーを教えている先輩や、知り合いの心療内科の先生に相談した末、最初の30分はストレスマネジメントや呼吸法、心のスイッチの切り替えの大切さとそのしくみなどについてお話させてもらい、あと1時間かけて簡単なヨガ(アサナ)を行いました。

うつ病の方はエネルギーが不足している状態なので、激しすぎて自分の気力がすり減るような動きよりも、パワーをチャージしていると感じられるポーズが有効であること、しかし、最初のうちからあまり動きのないポーズが長く続くと、今度はネガティブな思いが湧き出てしまって苦痛になってしまうことなどを考慮し、最初のほうは緩やかだけれど常に動きのあるポーズを中心に、そして後半にかけて少しずつ落ち着いて呼吸に意識を向けられるポーズを入れてみました。案外良かったのがバランス系のポーズ。バランスをとることだけに必死になるため、日ごろ、ネガティブなことがいつも頭のどこかから去らないと感じておられる人でさえ、その時だけはバランスのこと以外あたまからスッポリ抜けてしまって夢中になり、嫌なことから自分が離れられたのを感じたという意見がありました。そしてその後、緩和系のポーズを入れることで、よりリラックス度が高まるようです。

参加された方は私と同世代を中心に、20代から40代の男女8人。みなさん、少しでも早く会社に戻って以前のように働けるようにと、自らすすんでこのプログラムに参加されている方ばかりです。戻りたい意思はあるけど、ちょっぴり自信が足りない、「大丈夫!」という自信と、復帰後毎日忙しい生活が始まってからも起こりうる色々な場面に上手に対応していきたい、その方法を学びたいという気持ちをお持ちです。

終了後、アンケートを実施させてもらったのですが、参加者全員の方から回答いただき、「またヨガをしてみたい」という意見を見て、本当にうれしかったのと同時に、みなさんが日常どんな場面でストレスを感じるか、そのストレスにどのように自分なりに対応しようとしているかなど、とても勉強になることがたくさん書いてありました。本当にありがとうございました。

主催者側からも、また機会があればぜひ来てくださいとのうれしいお話もいただきました。今度はどんなクラスにしようかと、今から楽しみです。今、自分も会社でストレスの多い状態に置かれているので、まずはヨガの知恵を自分自身に生かしてみて、自分が教えていることが間違いないか少しずつ確認していきたいと思います。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-06 08:44 | LOHAS

開放感いっぱい!

e0066369_23115518.jpg
今週末が期限だった、ヨーガ療法士講座の中間発表論文、なんとか完成させて今日郵便で提出しました!

ホントは今週末に持参して、パワーポイントで発表するはずなんだけど、会社の組合の関係で都合がつかず、事前の提出となりました。

年末からずーっと気になってた課題だったので、なんとか提出できてホントに肩の荷が下りました。ふぅー(*´ο`*)=3

この課題が提出できたら、あとは毎月の課題と、最終論文に向けて頑張ることになりますが、とりあえず、今はそんなこと考えずのんびりしたーい。
[PR]
by cita_cita | 2011-02-02 23:12 | その他

「ブルーゾーン」 篠宮龍三

e0066369_10271345.jpg
グランブルーという映画やジャック・マイヨールの名前を聞いたことがある人は多いでしょう。酸素ボンベをつけず、自分の呼吸だけを頼りに潜るフリーダイビング。その競技で水深115mのアジア記録を樹立したダイバー、篠宮龍三さんの著書です。

私の友達であるらっくさんから、「この本いいよ。ヨガをやってるあなただったら、きっと共感するところがたくさんあると思う」と紹介を受けました。

フリーダイビングやサーフィンの選手には、ヨガをトレーニングに取り入れている人がたくさんいます。ジャック・マイヨールもそうだし、この篠宮さんもそのひとりです。そこには、ただ呼吸を細く長くコントロールできるようになるという肉体的なメリットだけではなく、精神的な意味合いが大きく含まれていると思います。

彼の著書の中で、いくつか心に残る部分がありましたので、そのまま紹介したいと思います。

『よく「ひとりで海の奥深くまでダイビングしていると、孤独を感じませんか」と聞かれるが、僕は海の底でひとりぼっちだと思ったことはない。
孤独は、人と人の間にあるもので、自然と人間との間に孤独はないのだということが分かるようになった。』

『フリーダイビングは無呼吸という制限の中で行われるスポーツだ。だから自由とはかけはなれたものだと思われるかもしれない。
しかし、自由というものは、制限があって初めて感じられるものだと思う。制限の中にこそ自由はある。』

『どれぐらい深く潜ったかという記録は、いつか破られる。その瞬間の最大値でしかない。けれど美しい泳ぎは永遠に人の心に残る。
美しく潜るということは、効率よくむだのない動きをすることだと思う。美しさと効率は相反するものではない。』

『フリーダイビングは生きながらにして、死を体験するようなところがある。
死と隣り合わせで海に潜り、やがて極限に達すると、陸という生に向かって還っていく。1回のダイブは、象徴的な輪廻転生なのだ。
深い海からの帰還は本当に心地いい。フリーダイビングは潜るたびに何度も何度も人を生まれ変わらせてくれるのかもしれない。
死に直面した世界から還ってきて呼吸に再会すると、生と死がぐるりと円環を描いて、再びひとつになる。』

『海面がどんなに荒れていても、深く潜っていくと流れはおさまってくる。
30mぐらいまでは流れがあることもあるが、それ以上の深さでは海流はほとんどない。天候にかかわらず、同じ静けさを保っている。
どれほど表面が荒れていても、底は静穏な海。海のあり方は心のあり方に似ていると思う。』

『ほかのスポーツと大きく違うところと言えば、フリーダイビングでは、闘争心は仇になるということだ。
サッカーや野球、格闘技などでは、勝ってみせるという強いハートが必要だろうが、フリーダイビングでは、海の中で「あそこまで潜ったら何位だ」
「新記録になる」「ライバルに勝てる」などと考えると脳の酸素消費量が増えてしまい、すぐれたパフォーマンスができなくなる。
それだけではない、命の危険すらある。
いかに記録を伸ばすかとか、戦略を立てるのは陸上ですること。いったん作戦を立てたら、もう水の中には持ち込まない。』

『経験を重ねると「これは危険だ」という信号を受け取る直感が鋭くなってくる。
そういった感覚を無視したりせず、欲を出さずに引き返す勇気を持つことが必要だ。
2008年の国際大会では、手を伸ばせばタグが取れるというところで、引き返す判断をした。
手を伸ばす、ただそれだけのことで、自分の中のバランスがくずれると気づいたからだ。』

『「足るを知る」という言葉がある。いまあるもので十分と思えば、命を危険にさらすことはない。
もっともっととやり過ぎて自分の力以上のものを望めば、どこかにひずみが生じてそのまま自分に返ってくる。』

[PR]
by cita_cita | 2011-01-26 21:43 | 読書

リンパ+ヨガ

7月10日提出予定のYTIC(ヨーガ療法士養成講座)の中間発表のため、ずーっと論文を書いていて、ヨガなのに体より頭を使うことが多かった私。「これではいかん!体を動かさねば!」と一念発起。

もちろん私のホームスタジオであるTAMISAでのレッスンも継続しているのですが、TAMISAでの落ち着いた静かなヨガの時間とは別に、深いことは何にも考えずただ体を動かすっていうのをやってみようかなと思って、別のスタジオでホットヨガのクラスにも参加しています。これが結構気持ちいいんです。

長年ヨガをやってると「ホットヨガは本当の意味のヨガじゃない」って言う人も多くて、これまでは私もあえて封印してきたホットヨガ。確かに精神的な教えとか心の安定感を深めていこうと思えば、ホットヨガにそこまで求めることって難しいんだと思うけど、実際やってみて「これはもう全く別モノと割り切って楽しめばいいんじゃないか」と思います。スポーツジムでエアロとかヒップホップとかボクササイズのクラスに参加していつもヨレヨレになってた(基本的にリズム感がない)私にとってみれば、ホットヨガは「私にちょうどあったスローエクササイズ」という感じでめっちゃしっくりくることが、やってみてわかりました。食わず嫌いはダメですね。

特に気に入ってるのは「リンパ+ヨガ」ってクラスで、1時間のうち前半30分はリンパドレナージュという、体内のリンパを流してあげるハンドマッサージを自分の手を使ってやります。このときに、ハーブの入った発汗作用のあるバーム(オイルベースのクリーム)を腕や足、鎖骨に塗ってから行うので、やさしくマッサージしている間にどんどん汗がふき出してきます。個人差はあると思うのですが、新陳代謝のいい人だと、ホント、大げさな表現でなく汗が滝のように流れてくるんです。ヨガマットに小さい水たまりができるぐらい。このレッスンのときはスタジオ内にハーブスチームを焚いているので、その効果もあるかも。部屋にはタイでエステに行ったときみたいな香りが漂っていて、私にとってはものすごーくリラックスできる香りです。前半にしっかり皮膚表層の浅い部分のリンパを流して老廃物を排出しやすくしてから、後半30分で軽いヨガの動きで脚のつけねをほぐしたり、脚の筋肉を強化したりするようなポーズをとって体のむくみをとっていくクラスなんです。とくに太ももやふくらはぎのむくみに効果があるらしく、短期間でジーンズのサイズが変わる人もいるらしい。冬なんかは、履いてきたブーツのチャックが帰りには閉まりやすくなるとか。(と聞いて、ますますヤル気になってるし…)

実は私、タイマッサージの資格を持ってるので人にやってあげるのは得意なんですが、なかなか自分にやることはなくて、でもこのクラスで自分にセルフマッサージをするとめちゃくちゃ気持ちいことが分かってしまい、ハマってしまいそうです。

これから暑い季節になるし、夏バテしないようにしばらくはTAMISA1:ホットヨガ1のペースでやっていこうと思ってます。
[PR]
by cita_cita | 2010-07-01 21:49 | LOHAS

ヨガスマイル2010春

e0066369_22555995.jpg
5月15日、16日の2日間、祇園の建仁寺・両足院にて関西最大のヨガイベント、Yoga Smile2010が開催されました!今回で4回目となるこのイベント、私もボランティアスタッフとして3回目のお手伝いです。2日間でスタッフ含めるとのべ1000人近くの人が関わるこのイベント、おかげさまで大きなトラブルなどなく、無事終了しました。

e0066369_22552931.jpg
私が参加した16日は前日に引き続き初夏を思わせる日差しで、お寺の外の日なたは暑すぎるほど。だけとお寺の中は涼しい風が吹き抜けて絶好のヨガ日和でした。

e0066369_22592753.jpg
朝7時過ぎに集合して、まずはお寺全体をぞうきんで拭き清めます。一休さんになった気分で…(笑)

e0066369_22581827.jpg
スタッフに配られたお昼ごはんはヨギーニらしくベジ弁当というこだわりっぷり。(普段はサムギョプサルとかがっつり食べちゃう私ですが)野菜だけでもこんなに満足!!

e0066369_2313253.jpg
協賛ブランドのクロックスの抽選コーナーにて。見よこのデカクロックス。思わず履いてポーズはお約束。隣のクロックス(普通サイズ)と比べてみるとどれだけデッカいかわかります?

e0066369_2325934.jpg
最後はお坊様と一緒に般若心経を唱えて心穏やかになった後、スタッフ全員で記念撮影。この笑顔見れば私たちの充実感が伝わるでしょうか?

今回写真のいくつかはイベント主催者であるヨガジェネレーションのブログからいただきました。ヨガジェネレーションではこのイベントのほかにも色んなワークショップやTTCを行っていて、情報満載なので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。
[PR]
by cita_cita | 2010-05-18 23:08 | LOHAS

御所ヨガ

e0066369_12125735.jpg
GWも今日で終わりですが、毎日ほんとうにいい天気ですね。

GW初日、御所で朝ヨガを楽しみました。私がなんちゃって先生、そして生徒さんは2人、あまりハードな動きは少なめにリラックスムードで。

でも何よりも、この御所の緑いっぱいの中で、小鳥のさえずりや風の音を聞きながらのシャバアーサナが最高でした…。

真夏は暑すぎて無理だけど、気候のいい時期に定期的にやりたいなぁと思っています。
[PR]
by cita_cita | 2010-05-05 12:11 | LOHAS

Ying(陰)&Young(陽)ヨガ

ここ数ヶ月、ヨーガセラピー講座を除いては、自宅でちょっと体を動かすほかは、スタジオに行ってませんでした。

e0066369_15142281.jpg
最近またTAMISAのスタジオに行き始めて、ヨガとかルーシーダットンのクラスにちょくちょく出てますが、先週は私の陰ヨガの師匠であるビクター・チャン先生がティーチャーズトレーニングのために来日されていたので、一緒にゴハンを食べに行く機会がありました。そのときに、声をかけてもらって、久しぶりに先生のワークショップにも参加してきました。

WSのテーマは、Ying & Yong(陰と陽)。静的で穏やかな陰ヨガと力強くアクティブな陽ヨガ(つまりは一般的なヨガ)の組み合わせでした。最近ちょっと体が疲れ気味だったのもあって、もっぱら陰ヨガとか、ヨーガセラピーとかルーシーダットンとか、緩やかな方向に落ち着いていたのですが、久しぶりに動きのあるヨガをやってみたら、やっぱり楽しい。しんどいけど、それ以上に楽しい。そうだ、これだ!なんで今までやってなかったんだろう!

陰ヨガでエナジーを整えて蓄積して、陽ヨガでそれを解き放つ、だからどちらか一方でなく両方のプラクティスを行うのがベストだとビクターも言ってました。

今度はYing & Youngのバランスを意識して、ルーシーダットンの後のヨギックアーツのクラスも(元気があれば)受けてみようかなと考え中。この組み合わせってなんだかすごいけど、意外といけるかも。
[PR]
by cita_cita | 2010-03-16 23:10 | LOHAS

思いがけず、うれしい再会

e0066369_048881.jpg
今日は会社の帰りにヨガをしようとスタジオに行ってルーシーダットン(タイ式ヨガみたいなの)を受けました。

あー気持ちよかったー…レッスン後、更衣室に向かおうとすると、なんとそこに私の陰ヨガの師匠であるビクター・チャン先生が!!!

「えええーっ!なぜここに!」とびっくり。ちょうど今、講師養成のトレーニングのため、シンガポールから来日中だったのです。

会うなり「君は今、エナジーが下がってるね。先月アクティブに動きすぎたんじゃない?」と図星な一言にドキリ。(注:先月の私の週末...ソウル→淡路島・四国→北海道→広島)
「えっ、なんでそう思うんですか!?」と聞くと「見れば分かる」と...。先生、ヨガの先生のはずでは?まるで占い師か何かみたい(笑)

e0066369_0435982.jpg
その後、積もる話もあり、私の大好きなアサコ先生、ジュンコ先生と一緒に晩ご飯へ。ビールを頼もうとすると「君は今エナジーが下がってるから体を冷やすものはNG、それにヨガの直後にアルコールはダメ!」と厳しいお達しが出てしまい、結局ずーっとノンアルコールで過ごした私でした。食事も肉なしで、生麩、加茂茄子、夏野菜サラダなどヘルシー嗜好に。おかげで私の節制週間は守られたわけで...先生、止めてくれてありがとうございました(笑)
[PR]
by cita_cita | 2009-08-07 00:45 | LOHAS

ヨーガ療法士講座(YTIC)

インド政府公認のヨーガ療法士の資格を取るための3年のコースのうち、約1年弱の前期講座(YIC)を4月に修了して、そのまま後期講座に進むか、少し間を空けて受講するか、ずーっとギリギリまで迷っていたのですが…6月末の締め切り目前にようやく受講を決断して申し込みを済ませました。これから講座修了までは約2年間の長丁場になります。

ヨーガ療法士とは、ヨーガの手法を使って、心身のバランスを崩して心身症などの問題を抱えている患者さんの自己治癒力を高め、健康に近づけるためのお手伝いをするお仕事です。もちろん医療行為はできないので、心療内科の先生などと協力して統合医療の一部分をアシストしたり、デイケアサービスなどで指導を行ったりすることになります。前期は後期講座に進むために必要な基本的知識を学んできたのですが、後期は呼吸法も含めたヨーガの指導のほか、生理学、解剖学、各種の病気に対する具体的なヨーガ療法などを掘り下げて勉強し、グループ研究として実際の症例のデータを取ったり発表を行ったりしていくのだそうです。

毎日の仕事もあるので、会社に通いながら2年間も頑張れるかなと不安はありますが、今できないことはきっと来年もできないだろうと思って、思い切って受講料を振り込んでしまいました。そしたらなんだか気持ちもすっきり。後は今後の自分の状況がどう変わるかなんて考えてても分からないし、やってみなけりゃ始まらないし、無理だったらその時考えればいいやーと思っています。まあ、長丁場なので、あまり根を詰めずにコツコツやっていこうと思います。

第7期大阪YTICで一緒になる仲間の皆様、どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by cita_cita | 2009-07-01 22:16 | LOHAS