タグ:おいしいもの 和食 ( 22 ) タグの人気記事

「料理処はな」@川端丸太町

お友達に紹介してもらってからお気に入りのお店、川端丸太町の「料理処はな」に行ってきました。

ここは日本料理の板前さんとイタリアンの料理人さんが一緒に経営されているお店です。夜がメインのお店なのですが、土日だけランチもあって、それがとてもお得な内容だというので行って来ました。

ランチは2種類、Aコース(スープ・八寸・メイン・〆膳・デザート・コーヒー )が1500円と、Sコース(Aコースにお造りと季節の一品がプラス)が2300円。せっかくなので今回はSコースをセレクト。

e0066369_15181987.jpg
金時にんじんのスープ。甘くてにんじんの風味が濃厚!

e0066369_15183865.jpg
八寸は右上から時計回りにふくさ卵、鴨ロース、生麩田楽。

e0066369_15184878.jpg
本マグロの中トロ、うに、もんごいか。器も素敵です。百人一首の紀貫之の歌が書いてありました。

e0066369_1519674.jpg
e0066369_15191881.jpg
季節の一品、蓮根と焼きごぼうの団子、白子の蒸し物。お椀がまた美しい。

e0066369_1520270.jpg
メインは近江牛のハンバーグとカリフラワーのグラタン。お肉がジューシーでとても食べ応えがありました。

e0066369_15201864.jpg
こちらは友達の選んだメイン。鳥羽の桃取産牡蠣の竜田揚げ。味付けは控えめな和風なので柔らかく煮いた大根とも良く合うのです。

e0066369_15202826.jpg
ほたてと大根の炊き込みご飯、わかめのお味噌汁。ほたては多分後からさっくり混ぜ込んであるのだと思います。貝柱がパサパサせずみずみずしくて感激しました。

e0066369_15204420.jpg
ココナッツのブランマンジェと完熟いちごのソルベ。いちごをつぶして砂糖とレモン汁を加えただけのシンプルなものですが実においしかったです。

そして食後のコーヒーをいただいて、これで2300円はいいの?という感じ。
お昼は500円のグラスワインがあるのですが、ありがちなコスパ重視のハウスワインとは違い、ボトルで頂きたいぐらいの質のいいワインが5種類。(スパークリングx1、白赤それぞれx2)

場所は少し街中から離れますが、窓側の席は鴨川の流れを楽しみながら食事ができるし、ちょっとフンパツして知り合いを誘っても、絶対に喜んでいただけると思うお店です!
[PR]
by cita_cita | 2012-03-05 22:06 | おいしいもの

食堂おがわ

友達が遊びにきたので、四条河原町の「食堂おがわ」に行ってきました。

e0066369_2391082.jpg
新鮮なほたるいか。しょうがとお酢でさっぱりと。

e0066369_23105236.jpg
海老芋のかに身あんかけ。海老芋、大好物なんだけど関西以外ではあまり無いみたい。

e0066369_23115339.jpg
鴨ハム。かめばかむほど…お酒とベストマッチ。

e0066369_23123785.jpg
しょうがのかきあげ。かなり細く切った千切りしょうがにかぼちゃや白魚(白えびかも)などが入って美味。塩が合います。

e0066369_2314688.jpg
そして仕上げのぐじご飯。ほっこり炊き込んだ釜飯を蒸らすタイミングでぐじ(甘鯛)の刺身を載せて、食べるときにさっくりと混ぜ込んでいただきます。ぐじ料理は「食堂おがわ」の名物というだけあります。最高!

おいしいものを時間をかけてじっくり味わいながら、ゆったりと過ごせました。今日のお酒は、伏見の富翁でした。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-29 23:10 | おいしいもの

牡蠣づくし@相生

姫路の向こう、相生まで18きっぷで牡蠣を食べに行ってきました。相生市役所近くにある「だん」というお店です。

e0066369_22234870.jpg
今回食べた牡蠣フルコースは11品で4800円

e0066369_22302963.jpg
前菜の後に出てきたのは酢がき。大ぶりで新鮮な牡蠣にびっくり。すごく甘い。

e0066369_22311665.jpg
わけぎぬたと牡蠣の和え物

e0066369_22314611.jpg
生がき。レモンを搾って。

e0066369_22332547.jpg
かきの時雨煮。佃煮のように煮詰めていないので、ふわっと柔らかく、すごくおいしい。家へのお土産にも買って帰りました。

e0066369_22341991.jpg
焼きがき。焼くと香ばしさが出て、生とはまた全然違う味に。

e0066369_22351851.jpg
かぶら蒸し。だしの効いたあんと合います。

e0066369_22363022.jpg
松島揚げ。(磯辺揚げみたいな感じ)天つゆでいただきます。日によって牡蠣フライになる場合も。

e0066369_22383329.jpg
e0066369_22385055.jpg
そして本日のメイン、かき鍋。西京味噌仕立ての甘口です。好みでゆず胡椒を加えていただきます。広島の牡蠣の土手鍋とはまた違って京都のお雑煮のような甘くてやさしい味。しつこいようだけど、とにかく牡蠣が大きいのです。お皿の上のしいたけと比べるとサイズが分かるかな。しかも熱を加えても縮まないのがすごい。

e0066369_2239377.jpg
そして仕上げにかき釜飯。さすがに食べきれず、少しだけいただいて、パックに詰めて家に持ち帰りました。両親は「こんなおいしい牡蠣食べたのは久しぶり」と大喜び。

そして最後に出た赤だしにもとどめの牡蠣が1粒。トータルで20粒は食べたのでは???1年分たっぷり食べた感じ。来年の冬まで当分食べなくて大丈夫です(笑)
[PR]
by cita_cita | 2011-03-21 22:30 | おいしいもの

焼鳥「市松」@北新地

e0066369_2251519.jpg
以前から行ってみたいと思っていた北新地の鶏料理「市松」に行ってきました。

e0066369_2252498.jpg
ここのメニューは5000円のコースのみの一本勝負。とにかく感激の2時間、品数は小さいものを入れると20品以上。ぜひ、目で見て楽しんでください。

席につくとすぐにメニューが出てきて、焼き野菜の希望を聞かれました。この日は加賀れんこん、マッシュールーム、しいたけの3種類。私は大好きな加賀れんこんをチョイス。

e0066369_22522284.jpg
まず最初に出てきたのは肝のブリュレ。バケットにつけていただきます。すりつぶした玉ねぎも一緒に入っているのか、ほんのり甘くておいしい!

e0066369_22524117.jpg
焼きものの1品目。これはモモ肉かな?上にはわさびと自家製鶏のからすみ(普通はボラの卵巣だけど、鶏の卵巣で作っているそう!)がトッピング。鶏はすべて比内地鶏とのことで、噛めば噛むほどうま味が出てきます。

e0066369_22525481.jpg
お造り、前菜盛り合わせ。上から時計回りに、鶏肝の低温煮、砂肝の煮込み、藤井寺のいちじく(トッピングは味噌みたいなものだったかな…)、毛馬きゅうりの粕漬けマスカレポーネチーズ和え、河内鴨の造りあけがらしのせ。前菜からいきなり凝りまくってます。

e0066369_2253550.jpg
つくねの玉ねぎソースのせ。つくねのミンチも大きめで歯ごたえ十分!

e0066369_22533064.jpg
砂肝の焼き物とカスサンド。油かすと鳥皮をカリカリにしてサンドイッチに仕立てたもの。

e0066369_22534218.jpg
地玉子の燻製ポルチーニ茸ソース。温泉玉子のようにゆるゆるの半熟なので、スプーンですくっていただきます。もぉ、とろっとろです。

e0066369_22535452.jpg
吉田牧場チーズの瞬間燻製。さかさにしたワイングラスを開けると…

e0066369_2254294.jpg
中からは燻製の煙とともに、とろける吉田牧場のチーズが。

e0066369_22541448.jpg
テールスープ。土瓶蒸しの器で出てきます。

e0066369_22542523.jpg
中は白濁した鶏がらスープ。博多鶏なべのスープみたいで濃厚なお味が最高。スープの中にはちゃんとぼんじり(お尻の部分)も出てきます。

e0066369_22543981.jpg
最初に選んだ焼き野菜。3人で、1種類ずつ頼んだので全部味わうことができました。

e0066369_22545179.jpg
自家製豆腐。なめらかまったり。

e0066369_22551672.jpg
せせり。いわゆるネックですね。私の大好きな部位なんです。これ、ホントいつまでも食べてたかった(笑)

このへんで手羽先が出たのですが…あまりの品数の多さに写真撮り忘れてます。でも手羽先、今まで食べた中でも一番ブリンブリン(思わず出た造語。プリップリを通り越した表現)ですごい弾力。びっくりしました。ホンマにおいしかった。

e0066369_2255391.jpg
鶏のきんかんしょうゆ漬け。卵管の中にある黄身をしょうゆ漬けにしたもの。「ひとくちで食べてください」といわれて、その通りにすると口の中でぷっちんハジけてびっくり。あー、これまた食べたい。

e0066369_22562713.jpg
焼いた海老芋とかぶらのあんかけ。京料理っぽい。ぎんなんは秋だけど、海老芋もかぶらも冬の味覚ですねー。

e0066369_22564716.jpg
ここにきて真打登場、ねぎまです。定番なだけに、他の店との違いがよーーーく分かりました!

e0066369_2322225.jpg
フォアグラといちごのバルサミコソース。チコリの上に載っていて、一口で食べます。このイチゴとの組合せが絶妙。

e0066369_22572188.jpg
そしてシメは自家製チキンラーメン。もちろん日清のではなく。鶏がらスープから作ったおいしいラーメンです。

e0066369_22573641.jpg
デザートは季節のフルーツのゼリーよせ。上に生姜のシャーベットがのっています。めっちゃさっぱりでおいしかった!

はぁぁぁ。ご馳走様でした。目で見て楽しめって、余計に腹が空いたわ!とお怒りの皆様は、ぜひ舌でも楽しむためにお店に予約を!!堂島アバンザから歩いてすぐです。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-08 22:55 | おいしいもの

祇園 まる藤

久しぶりのまる藤です。前回来たのは去年の11月ごろだったかな。今回は目標達成のお祝いで上司に連れてきてもらいました!

e0066369_1118839.jpg
1品目はいかそうめんの上に長いもそうめん、そして温泉卵、刻みのりとねぎが散らしてある冷たい一品。さすが上品です。

e0066369_1119118.jpg
蓮根まんじゅう。私の大好物です。

e0066369_1120960.jpg
お造り盛り合わせ。ここは一人一皿ずつ出てくるので遠慮せず、落ち着いて食べられます(笑) 右手前のスズキと、その左のトロが最高!! あ、もちろんこの時期は奥に鎮座するハモを梅肉でいただくのもお忘れなく。

e0066369_11202959.jpg
鍋物も1人分ずつ。今回は鯛の頭を使ったお鍋でした。頭の部分とはいえ、きちんと処理をしてあるのか、臭みはまったくありません。鯛から出たダシと豆腐との愛称も絶品です。

e0066369_11205033.jpg
焼きものは白身魚の塩焼きでした。

e0066369_1122344.jpg
そして加茂なすと鶏肉のじっくり煮。この後、ごはん+ちりめん山椒と赤だしの黄金コンビで終了。H部長、ごちそうさまでした!緑川を勝手に発注した上、キープの赤霧大量に飲んでしまい、すみません(汗)
[PR]
by cita_cita | 2010-06-27 00:02 | おいしいもの

名古屋グルメ

e0066369_21324716.jpg
先週末名古屋に遊びに行ってきました。お昼は時間がなかったので名駅の地下にあるエスカでさくっと済ませちゃいました。

坦坦面のお店と迷ったのですが、同僚のお勧めの若鯱家というお店でカレーきしめんとみそかつ丼のミニセットを。みそカツ、好きなんだけどいつも途中で味に飽きてしまうので、ハーフサイズがちょうどよかったです。今回は大好きな山ちゃんの手羽先を食べる時間がなかったのでぜひ次回こそは!!
[PR]
by cita_cita | 2009-06-12 20:51 | おいしいもの

祇園 まる藤

e0066369_2301696.jpg
平日にも関わらず、友達が大阪から夜桜を見に来てくれました!桜の花道を散歩した後は、祇園の「まる藤」へ。約2年ぶりの来訪です。おきまり3800円のコースにお酒は新潟の緑川を注文。

e0066369_230343.jpg
ほたるいかの酢味噌和え。このほたるいか、皮が薄くて、プッチンと破れたら中身がパンパンに詰まっててめちゃくちゃおいしかったです。この春食べた中で間違いなく一番おいしいほたるいかでした。

e0066369_2304657.jpg
生湯葉の茶碗蒸し。上品な茶碗蒸しの上に生湯葉が一緒に蒸してあって、その上から熱々のあんがたっぷり、そしておろし生姜がのせてあります。絶品。

e0066369_2334075.jpg
お造り。コースで頼むと普通は2人分まとめて盛り付けられることが多いですが、まる藤では懐石風に1人につき1つの器で。右から軽く炙ったブリと太刀魚、サーモン、ほたて貝柱、イカ、よこわ、鯛、たこ。お寿司屋さんでもないのにおきまりの盛り合わせに8種類もそろっているなんて、なかなかないですよね。しかもどれも見ての通り新鮮で本当においしかったです。

e0066369_231223.jpg
本日の鍋物。七輪に載せた陶板鍋で食べるマテ貝入りの若筍煮。マテ貝ってご存知ですか?砂浜に深い穴を掘って住んでる細長~い二枚貝で、その穴に塩をふり入れると中から貝の頭が飛び出してくるのでそれをつかんで取るのだそうです。私は名前は知っていたし、取り方もTVで見たことがあったけど実際に食べるのはこれが初めて。

e0066369_2313545.jpg
この細長い棒みたいなのがマテ貝です。殻は簡単にポロンと外れます。味はすごく淡白なので、薄味のだしで仕上げたたけのことワカメともよく合います。だしは時間が経つにつれて、次第に貝のうまみが出てきて上品なお吸い物を飲んでいるかんじでした。

e0066369_2314667.jpg
サワラ(鰆)を桜もち風に仕上げたもの。サワラの身をおこわで包んで周りに桜の葉の塩漬けを巻いたものを蒸して、その上からあんをかけてあります。サワラといい、桜といい、味だけでなく季節まで楽しめる一品。

e0066369_231562.jpg
ぶりの照り焼き。このブリ、脂がちょうどいい具合にのっていてとってもおいしかったです。上に軽くまぶした山椒とも良く合って…。

e0066369_232868.jpg
この後、ちりめん山椒を載せたご飯と、赤だしで終了。おなかいっぱい、幸せいっぱいの晩御飯でした。腹ごなしに木屋町の桜を見ながら御池通りまで散歩して帰りました。ご主人、ごちそうさまでした!
[PR]
by cita_cita | 2009-04-09 23:06 | おいしいもの

仲良し忘年会@あべの

年末に同い年の3人で忘年会をしましたので忘れないうちにその記録を。

e0066369_23525662.jpg
ちょっと早めに大阪に移動して、玉造のいけてる家具屋さん、TRUCKに寄り道。やっぱり最高。でも高くて簡単には手が出せないのでインテリアのヒントだけ盗んじゃおうと、時間をかけて店内をウロウロ。ここのFKソファー、めちゃくちゃ気持ちいい。欲しい!でもこんなオオモノを買ってしまうと(いろんな意味で)動きがとれなくなるからダメだ(笑)

e0066369_23565740.jpg
結局私が買ったのは雑貨コーナーで売ってたプラスティックのコップのみ。うがい用にしようっと。

e0066369_23571231.jpg
忘年会はあべのの「和源」にて。私がかつて大阪にヒトリグラシしていた時代からもう10年以上愛用しているお店です。昔はあべのアポロの裏にひっそり怪しく建ってた隠れ家的な店だったのですが、土地再開発の関係で2回移転し、現在はあべのHOOP側裏で立派なお店になっています。

e0066369_23572016.jpg
和源名物、よこわのタタキ。

e0066369_03248.jpg
おでん。和からしではなく、柚子風味の唐辛子が添えてあって本当においしい。

e0066369_23592294.jpg
野菜てんぷら。サックサクです。

e0066369_23583831.jpg
海老芋の揚げだし。海老芋がホクホクでまったりしてて最高。

e0066369_00991.jpg
2軒目は雰囲気を変えて、同じくあべのの明治屋へ。居酒屋好きなら誰もが知っている名店です。

e0066369_002023.jpg
建物自体が大阪の財産みたいなお店。この雰囲気は絶対に他では味わえないと思う。

e0066369_003220.jpg
湯豆腐。かなり大きくて、つゆもたっぷり。このスープが品のいいお吸い物みたいな味でおぼろ昆布との組み合わせもすばらしい。

e0066369_004751.jpg
あべのHOOPのイルミネーション。まるでルミナリエのミニチュアみたい。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-06 22:51 | おいしいもの

水茄子の浅漬け

大阪に住むおばから、泉州名物水茄子の浅漬けが送られてきました。
バンザーイ!大好物なんです。

さっそく今日の朝ごはんに。果物みたいにみずみずしくて、ほんっとにおいしい。
おばさん、どうもありがとう!!
e0066369_1093941.jpg

[PR]
by cita_cita | 2008-08-14 10:09 | おいしいもの

きときと釣谷鮮魚店@名古屋

出張で名古屋に行った翌日、市内在住の友達とランチ。

e0066369_15421882.jpg
「きときと釣谷鮮魚店」は伏見にある富山直送の新鮮な魚介類が自慢の居酒屋さん。お昼のウリは、富山湾特産の白海老をたーっぷり使った天丼や魚介満載のちらしずしなど。私は白海老天丼をオーダー。ご覧くださいこのゴーカイな盛りっぷり。

無心でもぐもぐしてたら中京テレビのニュースの取材が来て、私たちが食べてるところをひとしきり撮影していった…来週の平日の夕方に東海地区で放映されるらしい(笑)。
[PR]
by cita_cita | 2008-06-30 23:15 | おいしいもの