タグ:おいしいもの スイーツ ( 26 ) タグの人気記事

「世界のホットドリンク」

e0066369_18102150.jpg
これからの季節にぴったりな、こんな楽しい本を見つけました。
世界各地、全部で85種類ホットドリンクのレシピが、きれいな写真と一緒にいっぱい詰まっています。ひとことでホットドリンクといっても、子供も大好きな甘ーいのから、リキュールやウイスキーの入った大人のドリンクまでさまざま。カプチーノや中国茶、アイリッシュコーヒーのように、日本にいても手軽に飲むことのできるものもあれば、名前を聞くのも初めてという珍しい飲み物も紹介されています。

e0066369_18104570.jpg
そんな珍しい飲み物のひとつがこれ。「ゴゴリッモゴリッ」というなんともユーモラスな名前の飲み物です。東欧にあり、ポーランドやロシアと国境を接する国、ベラルーシのホットミルクセーキで、名前の由来はスプーンでこの飲みものをグルグルかきまぜるときの音を表しているそうです。変わった名前とは対照的にレシピは結構シンプルで、牛乳を小鍋で温めてホットミルクを作り、沸騰する直前にレモンジュースを加えます。最後に卵黄とハチミツを混ぜたものを加えて、好みでバターを浮かべてできあがり。今、家にあるものだけでできちゃいそうですね。

この他にも掲載のホットドリンクレシピを紹介したかわいいサイトがありました。こちらからリンクしていますので、寒~い夜には要チェックです!
[PR]
by cita_cita | 2007-12-05 21:04 | 読書

MangoTangoのマンゴ・タンゴ!

e0066369_109738.jpg
バンコクでもたくさんのお店や映画館が集まってにぎやかなサイアムエリアにMangoTangoという店があります。名前のとおり、マンゴーを使ったデザートの専門店。ごらんの通り、お店のショーケースには山盛りのマンゴーがゴロゴロ。

e0066369_1092679.jpg
看板メニューのマンゴ・タンゴです(100バーツ、約360円)。 生のマンゴーとマンゴープリン、そしてマンゴーアイスの黄金トリオ、無敵の3点盛り。1種類でも幸せなのに、それが3つも!幸せすぎます~。

日本だと代官山に支店があるそうですが、代官山に用事があるようなオシャレ女子でない私にとっては、むしろバンコクに行くほうが現実味があったりして・・・(笑)
[PR]
by cita_cita | 2007-12-04 21:06 |

松屋常盤の「味噌松風」

e0066369_1132653.jpg
e0066369_11322765.jpg

宮内庁御用達のお菓子で、明治天皇の銀婚式に献上されたり、昭和天皇の好物だったというこの味噌松風は、西京味噌と小麦粉に砂糖を加えて練り、表面に黒胡麻を散らして焼きあげたお菓子です。ぱっと見た目はカステラの茶色い部分が味噌味…という感じなのですが、切り分けるとカステラよりはもっとしっかり固めでもちもちした生地だと分かります。カステラのように玉子を使っていないのでもっとあっさりしてコーヒー・紅茶よりは日本茶と合うお菓子です。初めて食べる味なのに、なんだかなつかしさを感じるのは、やっぱり味噌とゴマのおかげでしょうか。

前から名前は知っていて、雑誌などでもよく見かけて気になっていたこのお菓子。お店も御所の南と、うちからも比較的行きやすい場所にあるにもかかわらず、基本的に予約販売のみになるということでこれまで食べる機会がありませんでした。でも、友人が京都に遊びに来たときに私の分も一緒に予約しておいてくれたおかげで、初めていただくことができました!Oさん、ありがとうございます!!
[PR]
by cita_cita | 2007-10-29 22:09 | おいしいもの

どじょう掬いまんじゅう

e0066369_10425874.jpg
職場で山陰のおみやげをいただきました。地元では有名なお菓子だそうですが初めて見てその表情に一目ぼれ。こんなの旅先で見かけたら、お土産の「ジャケ買い」してしまいそう。

e0066369_10431487.jpg
おまんじゅうひとつの大きさは縦5センチほどでしょうか。たまにもっと巨大なバージョンも売っているそうです。
[PR]
by cita_cita | 2007-08-10 22:09 | おいしいもの

メリッサの生マシュマロ

リーガロイヤルホテルの1Fにグルメブティック「メリッサ」があります。ここは関西のメジャーな百貨店にはよく出店しているのですが、やっぱりホテル内の本店はさすがに品揃えも豊富でテンション上がってしまいます。

e0066369_1114435.jpg
これがその店舗。まるでデパ地下!! いや、それ以上!! パンのバリエーションはトータル150種あるそうです。

e0066369_1115978.jpg
ここの人気商品、生マシュマロをはじめて購入しました。生というだけあって、少し冷していただきます。イチゴ、グレープ、パッションフルーツの3つの味。口に入れるとむっちりした食感にびっくり。スーパーで売ってる袋入りのマシュマロと全然違う!紅茶と一緒に食べていると口の中でしゅわしゅわーっと溶けてなくなります。この感じ、何かと似てる!そうだ、メレンゲだ!と思ったら、マシュマロってメレンゲとゼラチンで作ってあるのだと判明。新しい発見についうれしくなってしまいました。余談ですが私のパソコン、「ましゅまろ」を変換するとなぜか「マシュ麻呂」になってしまいます(笑) なぜだ?
[PR]
by cita_cita | 2007-07-24 23:02 | おいしいもの

「京はやしや」の特製あんみつ

e0066369_1575526.jpg
まだ学生の頃から数え切れないぐらいこのお店に通ったけれど…やっぱり何度食べてもおいしい、はやしやのあんみつ。とくにぷるんぷるんの抹茶わらびもちが秀逸です。量もたっぷりめで満足度高し!
[PR]
by cita_cita | 2007-07-09 21:35 | おいしいもの

最近食べたおいしいものたち

e0066369_17241298.jpg
ツマガリの「紅玉パイ」
これは最近のNo.1ヒット。関西の洋菓子好きなら知らない人はモグリだといわれる甲陽園の名店、ツマガリの季節限定商品です。これは通販のみの販売だそうです。指定した日の前日に焼き上げてその日のうちに発送するだけあって、届いてすぐに食べるとサクサクのパイ生地にまず感動します。そして中にギッチリつまったリンゴのおいしいこと!大量生産のリンゴの甘煮ではぜったいにありえないシャリシャリ感と、ちょうどいい酸味と香りのよさ!このリンゴのコンポートだけでも十分おいしいデザートになると思います。届いたらまずラウンドのケーキを1つ切り分けてアルミホイルに包んで、オーブンで暖めてお茶と一緒に。もうたまらないおいしさです。3月下旬までの限定発売なので、これを逃すと次は来年の冬。それまでにもう一度頼んでしまいそうな予感…。

e0066369_17141052.jpg
ツマガリの「チーズ職人」
数多い商品ラインナップの中で、「ツマガリ唯一の甘くないお菓子です。オランダ産のエダムチーズを自家挽きして一味唐辛子と混ぜ込み、表面にもチーズをふりかけて焼き上げました。」だそうです。ビールやワインのつまみに合う辛党のクッキーを作ったら、職人気質な味に仕上がったから、というのが名前の由来だとか。クッキーとクラッカーの中間のような軽~い不思議な味わいです。うん、確かにビールやワインに合います!

e0066369_1716463.jpg
e0066369_17201992.jpg

甘納豆かわむらの「季節だより」
金沢の同僚から送ってもらったこの甘納豆。これまで金沢に行く度、行きたいと思いつつ、お店の場所がにし茶屋街ということもあって結局時間がなく一度も行った事がなく、したがって食べたこともなかった憧れの甘納豆です。単品でも購入できますが、「まずはこれで色々食べてみて気に入ったのを次回単品買いしては?」という彼女の気の利いた選択でこの商品が送られてきました。まずパッケージのセンスのよさにやられました。和菓子のパッケージと思えないほどおしゃれなんですよ! ワクワクしながら箱を開けると色とりどりの中身にまたため息。「すはま其の豆」「栗蜜甘納豆」の2種類と、「ひよこ豆」「とら豆」「白花豆」「金時豆」「大豆」「えんどう豆」、「大納言」の中から4種類が入っています。4種類の組み合わせは時期によって変わります。この中で特に気に入ったのは栗蜜甘納豆とひよこ豆。とくにひよこ豆はもともと大好きな豆で、ひよこ豆のカレーなど目がないんですが、甘納豆にしてもこんなにおいしいとはびっくりです。ぽくぽくしてて、やさしい甘さで豆の味もしっかり残っていて…。次回金沢に行ったらひよこ豆、たくさん買ってきます!

e0066369_17232436.jpg
甘泉堂の「栗蒸し羊羹」
祇園のよーじやさん近くの路地を上がったところにある小さなお店です。蒸し羊羹といっても、一般的な丁稚羊羹よりぐっと肉厚で食べ応えがあります。むっちりした上品な甘さのようかんの中に、大粒の栗の実がゴロゴロ!このボリューム、栗が好きな人にはたまらないと思います。栗蒸し羊羹は秋から3月ごろまでの販売。それが終わると、水羊羹の販売が始まるそうです。

e0066369_17233744.jpg
祇園小石の「酒かすにて候(そうろう)」
祇園小石といえば、季節ごとや、月ごとに変わる飴のラインナップが楽しいお店ですが(もちろん、イートインの黒糖パフェもおいしいです)、今の時期だけの限定販売商品がこれ。なんと酒粕を使った飴なんです。それだけ聞くと、「一体どんな味?それっておいしいの?」なんて思われそうですが、かす汁や甘酒が好きな人は必ずはまると思います。酒かすの香りがそのまんま残っていて、他にはない味です。1月はこれと別に「御酒飴」というのもあって、こちらは日本酒の香りです。ちなみにお酒シリーズでは「梅酒にて候」ってのもありますよ~。

こうやってみると、なんだかんだ美味しいものたくさん食べてますねえ。どうりで運動してるのにやせないはずだ…(汗)
[PR]
by cita_cita | 2007-01-25 23:50 | おいしいもの

金沢うまいもん「和平の豆板」

e0066369_012619.jpg
これも金沢の同僚に教えてもらいました。近江町市場の中にある和平というお店の商品です。豆餅なのですが、お餅というよりはほとんど豆です。大豆と黒豆ともち米を合わせてありますが、ご覧のとおり豆がびっしり。そのままかじってもおいしいのですが、トースターやレンジでほんの少し暖めるとお餅が柔らかく溶けてきて、豆も香ばしさを増してなんともいえずおいしいのです。味は塩味だけなので、砂糖の甘さはありません。だけど、ゆっくりかみ締めていると、だんだん豆とお餅の自然な甘さがじわりじわりとでてきて素朴な味がたまりません。あなたが豆好きなら、金沢に行ったらぜひ!
e0066369_014190.jpg

[PR]
by cita_cita | 2006-12-04 23:50 | おいしいもの

金沢うまいもん「中田屋のきんつば」

e0066369_0213497.jpg
中田屋のきんつば(うぐいす)と毬栗(いがぐり)。
以前金沢の同僚から定番のきんつばを送ってもらって初めて食べたとき、上品な味と豆の美味しさにびっくりしました。今回は青えんどう豆を使った「うぐいす」と、12月末まで期間限定発売の毬栗(いがぐり)を買ってきました。

e0066369_0214826.jpg
うぐいすの豆は大粒で、でも皮まですごく柔らかい。中田屋のきんつばの特徴は、うすーく柔らかい衣と、中のあんのひかえめで上品な甘さ。うっすらと塩もきかせてあって、ほんとうにおいしいのです。正直、私は中田屋のきんつばを食べるまで、あまりきんつばが好きではありませんでした。ちょっと甘さがしつこすぎるし、軽くお茶するにしてはお腹にもたれるし。でも中田屋のは全然違うんです!食べたらだれもが「あれっ?」と思うほどあっさりしていて豆の味がしっかり感じられるはず。

e0066369_02439100.jpg
そしてこちらが期間限定の毬栗。ご覧の通り、大粒の能登栗がたーっぷりはいってます!栗を使ったお菓子は洋菓子・和菓子ともに山ほどありますが、この栗はほんとうに素朴な本物の栗の味。「自分で拾って、ゆがいて、剥いた栗」の味がします。これが食べられるのがあと1ヶ月だけなんて…とりあえずまた同僚に頼んで追加で送ってもらおうかなあ…笑
[PR]
by cita_cita | 2006-11-30 00:25 | おいしいもの

「茶香房 長竹」の"極上"抹茶パフェ

e0066369_11293213.jpg
友達と3人でお茶をすることになり、先斗町の「長竹」へ。
ここは何度か来たことがありますが、いつも中国茶を飲むばかりだったのです。
今回は「甘いものが食べたいねー」というわけで3人ともパフェを注文。

いやあ、おいしかった!大げさではなく「京都に住んでて良かった!」と思ったほど。
抹茶アイスや抹茶寒天のおいしさは言うまでもないですが、特に!小豆アイスのおいしかったこと!ねっとりした控えめな甘さのアイスに柔らかい小豆がたっぷり入っていて、小豆の色がほんのりアイスをピンクに染めて見た目も美しい!そしてふんだんに使われているフルーツ(この時期は柿やラズベリー、りんごなど)はどれもまさに「旬の味」。おいしさのピークの状態に達した絶妙な熟し加減のものが選ばれていました。アイスとフルーツとチョコたっぷりのパフェもおいしいけれど、このパフェはまさに「大人が楽しめるパフェ」。子供に食べさせるのはもったいない(笑)
[PR]
by cita_cita | 2006-11-21 01:29 | おいしいもの