ソウル 食と買と美の女子3人旅 その3

今、写真を整理してて分かったこと。ソウル3日目の写真が食べ物しかないことが判明(笑)

朝ごはんは、これまでおかゆやソルロンタン(牛スープ)を食べに行くことが多かったので、今回は初めてのものに挑戦してみようということで、スンドゥブチゲの専門店に行きました。明洞にあるチョンウォンスンドゥブという店です。ここは市庁の近くに本店があるチョンウォンスンドゥブの支店で、メトロホテルの1Fに入っているので分かりやすいです。もともと明洞の他の場所にあったところから移転したそうなので、まだ内装も新しくて、とてもキレイなお店でした。

スンドゥブは最近日本でも流行ってきましたが、豆腐のチゲです。ここは専門店なので具にも色々バリエーションがあり、豚肉やきのこ、牡蠣など色々選べます。私はヘムル(海鮮)スンドゥブを選びました。

e0066369_1151117.jpg
注文してしばらく待つと、グラグラ煮立ったチゲがやってきます。ここに卵を落として混ぜて食べます。

e0066369_11513282.jpg
手前にある器の中にはモヤシ、ニラ、海苔とコチュジャンが入っています。これと別に石釜で炊いたアツアツのご飯が出てくるので、ご飯を少しずつとって、この器に入れて混ぜると、ミニピビンパになるのです。

e0066369_11432129.jpg
さらにそこにチゲをすくって入れると...うわー、想像するだけでおいしさがよみがえってきます。

このお店、スンドゥブのほかにもサムギョプサルなどのがっつり系メニューがありましたので、晩御飯に行くのもいいかもしれません。ちなみに私の食べたヘムルスンドゥブは7500ウォン(560円)、ベーシックな豚肉やキムチのスンドゥブは6000ウォン(450円)でした。こんなにおいしくて安くていいのか。

大満足の朝食の後は明洞で各自自由行動。この間にお目当てのコスメショップはほぼ全制覇。店を回るのに忙しかったので写真はまったくありませんが、立ち寄ったのはIt's Skin、Nature Republic、ARITAUM、Too Cool For School(またもや)、MISSHA、Skin Food、Etude House、Holika Holika、Innisfree、The Saem。前を通ったけど今回はスルーしたのはBanila co、Baviphat、Faceshop、Tony Moly。それにしてもこの10年でまさに雨後のタケノコのように増えたなぁ。10年前にソウルに行ったときは、ソウルのお土産って竹塩石鹸かしょーもないシートパックか垢すりミトンぐらいしかなくて、女の子にあげても全然喜ばれなかったのに、今やソウルに行く前に色々頼まれるようになったもんなぁ。すごいなぁ。

で、昼過ぎにまた集合して一旦荷物を置きにホテルへ。昼ごはんはホテル近くのハンイルジャンにて。

e0066369_115286.jpg
大好物の野菜ピビンパ。あったかいゴハンに野菜がいっぱい載って、さらに半熟目玉焼き。

e0066369_11523432.jpg
これをぐちゃぐちゃっとかき混ぜていただきまーあす!! うーん、やっぱりおいしいよ。

e0066369_1153050.jpg
そしてもうひとつ、カルビチム。カルビを根菜と一緒にスープで煮込んだもので、カルビはホロホロと崩れるほど柔らかくて、大根は味がしみておいしい!ごはんとぴったりの相性です。

ハンイルジャンはお店のおじさんがすごく愛想がよくて大好き。私たちが食べ終わった頃に、本来はセルフサービスのはずのコーヒー(甘ーいネスカフェ)を持ってきてくれました。回りを見回すと、このときのお客さんは韓国人ばかりで、みんなそれぞれ全然違うものを注文してる。チゲの定食を食べてる人もいれば、昼間っから焼肉の女子グループもあり...日常使いにぴったりのお店なんでしょうね。野菜ピビンパは絶対はずせないけど、他のメニューも食べてみたいなぁ。

Yokoちゃんはちょっと休憩するというので、私とChikaはホテルから徒歩10分ぐらいのところにある「ソウルレコード」へ。ここはK-POP関連のCDやDVDの宝庫。私は友達に頼まれたCDが山ほどあったので、ここで15枚ほど物色。ついでに自分用に少女時代の韓国版ライブアルバムも買いました。このお店は、廃盤になったものの中古品や超レア版なども置いていて、店の人もとにかく詳しくて日本語も上手なのでCDの買い物するなら絶対ここ。普通のCDショップに行って自分で探すよりも早く見つかるし、なにより安い。そう、ここは卸値販売の店なのです。だから例えば10枚ぐらいCDを買っても全部で7000円ぐらいだったり。信じられないけど。ポスターなどのおまけももらって(これもって帰るの大変やった…)ホテルに戻りほっと一息。

待っていたYokoちゃんとChikaはソウル駅のロッテマートにお土産(食料品)の買出しに。私はちょっと疲れたのでとうもろこしのひげ茶とコチュジャンだけをお願いしてホテルで2時間ほど休憩しながらパッキング。

2人が戻ってきたので、最後の夜はこの時期の韓国のお楽しみ、ケジャンを食べに行きました!今までに行った新沙のプロカンジャンケジャンや三成のコッジもおいしかったけど、今回は違う店でということで、三清洞にあるクンキワチプというお店に行きました。ここは場所柄もあって、伝統的な韓国のお屋敷という感じの造りです。

e0066369_11534470.jpg
ケジャンはいくら物価が安い韓国でも高級料理なので、それなりにお値段はします。1人前(ワタリガニ1パイ)で40000~50000ウォン。定食になっていて、量が多そうだったので3人でカンジャンケジャンを2人前と、海鮮チヂミを注文。そしたら案の定テーブルに乗り切らないぐらいのお皿が…。しかもどれも手が込んでて相当おいしい。余談ですが、ここのお皿、高級店らしく真鍮製の贅沢なものだったので、おはし(これも真鍮製)が当たるたびに”チーン♪”というなんか懐かしいようなありがたいような音がして面白かったです(笑)

e0066369_1154936.jpg
主役のカニはというと…あぁぁぁぁ、やっぱりおいしい。この時期、韓国と北朝鮮の間で漁業権をめぐって必ず毎年ひと悶着あるっていうの、分かるわぁ。(韓国が主張する領海と北朝鮮が主張する領海で重なってる部分があって、そこはワタリガニがたくさんとれる漁場だというのは有名な話)

e0066369_1155261.jpg
指でぎゅーっと押して、むにゅーっと出た身をしゃぶります。

e0066369_11555876.jpg
そして、チヂミもなんじゃこりゃというぐらいにおいしかった(笑)このアップ、たまりませんな。

e0066369_11561951.jpg
そして最後はやっぱりカニ味噌とカニのエキスをたっぷりまぜたゴハンを韓国のりで包んでいただきます。これやらないと、終われない。

e0066369_11564323.jpg
それでも足りなかったら、最後はカニの甲羅にゴハンをぶっこんでぐちゃぐちゃ混ぜて食べましょう。はー、おいしかった。

そして、この後私たち一行は梨泰院の近くの龍山まで移動して、ドラゴンヒルスパというチムジルパン(健康ランドみたいなの)に行きました。垢すりもしてゴロゴロして、最後にカッピングもして(これは痕が気になる人とか、夏はやめたほうがいい。私も1週間ちょっとでようやく背中の痕が消えました)ソウル最後の夜を惜しみつつホテルに帰ったのでした。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-22 23:56 |

ソウル 食と買と美の女子3人旅 その2

ソウル2日目。この日は午前中エステの予約を入れていたので、ホテルで朝食をすませ9時に出発。

YokoちゃんとChikaは狎鴎亭のSoo&Boneというところを予約していました。ここは筋肉や骨にターゲットを絞ったマッサージや漢方を使ったパックなどで有名なサロンです。

e0066369_1038530.jpg
一方私は、宣陵路にあるイ・ピョンソンというところに行きました。ビルの中にあって場所はちょっとわかりにくいです。

正確にはイ・ピョンソン伝統韓方薬酒皮膚研究所というすごい名前なのですが、去年の夏にソウルに行った際に予約しようとしたところ、東京に出張中とのことで泣く泣くあきらめた経緯があり、今回こそはと早めに予約していました。以前からモデルのアン・ミカさんや八木アナが紹介していたいりして知る人ぞ知るという感じだったのが、最近になって日本でも雑誌やテレビなどで何度も紹介されてます。実は、私が行く直前にも旅サラダやおはよう朝日で紹介されたので、今は予約が取りにくくなっているそうです。

このサロンでは、本来の自然治癒力を引き出すことを重視していて、10年以上寝かせた薬酒や白土・黄土、韓方など自然の材料をお客さんにあわせて調合し、オールハンドでの施術行ってくれます。施術は必ず「ゴッドハンド」を持つと言われるイ先生本人がやってくれるのもポイントです。

e0066369_10394638.jpg
マンションの1室みたいな室内にびっくりするほどたくさんの漢方材料や薬酒がびっしりと並んでいる光景は実際に見ると圧巻です。

e0066369_1040641.jpg
これ、ひとつずつ把握するだけでも大変そう…。

施術中の様子はもちろん写真がありませんので、ご参考までに…旅サラダで紹介されたときの内容は、こちらのブログで紹介されています。http://ameblo.jp/eriecoproject/entry-10884475196.html

私にしてもらった施術を通訳の方に教えてもらったところ、このような説明をもらいました。
「頬の骨のあたりに老廃物やセルライトがたまり、重く下がってきてしまうことによりほうれい線が目立つのでそこをほぐして、軽くすれば顔全体がリフトアップする。輪郭もぼやけているのでVラインを目指す。」
「パックは、ミルクパックで肌を鎮静させた後、ほうれん草、ブロッコリー、緑茶のビタミンCパックをしました。肌のコラーゲンを作る細胞に働きかけ弾力のあるうるおい肌に整える効果があります。温熱器に入った時パックは韓国産黒人参のパックで、抗酸化作用が高いため、肌のデトックスと美白、肌が錆びる(老化防止)のを予防する働きがあります。 最後に15年ものの漢方エキスの配合されたパックで毛穴まで入り込み蒸しながら柔肌、小顔にしていく効果があります。」
なんか分からないけど、すごいでしょう(笑)

e0066369_10475973.jpg
施術が終わったあとは、本当に肌の調子がよくて、輪郭もくっきり!!まあ、これをキープするのが難しいんですが(苦笑)。サロンオリジナルの製品のうち白土パックとクレンジング用の石けんを購入、それから「前来たとき居なくて1年待たせてしまったから」と、なんとBBクリームをプレゼントしていただきました!

e0066369_10494462.jpg
最後に先生の写真を撮らせてもらいました。これからご友人の結婚式に行くからということでおめかしされています。

ここからタクシーでSOO&BONEへ行き、2人と合流。さて、お昼ご飯は何を食べようか。

晩ご飯はお肉を食べるつもりだったので、さっぱりしたものにしようということになり、ポリパッ(麦ご飯)がおいしいというお店に行くことにしました。狎鴎亭駅近くのサウォレポリパッというお店です。

e0066369_10563828.jpg
ポリパッは麦ご飯の上におかずを載せていただくのが一般的。このお店では10種類の山野菜のナムルと麦ご飯、自家製味噌で作ったテンジャンチゲ(味噌鍋)、キムチ、海苔、唐辛子の醤油漬けなどのおかず、そして生野菜がセットになってます。このナムルの盛り合わせがすごくキレイ!麦ご飯にも緑の野菜が載っています。

e0066369_10573763.jpg
ごはんの上にナムルをキレイに並べてみたところ。くずすのがもったいない!けど韓国料理は思いっきり混ぜてこそ。

e0066369_10585580.jpg
で、まぜたご飯を付け合わせの野菜に包んで食べます。絶対体にもいいんだろうなぁ。

e0066369_1125777.jpg
隣のお客さんが頼んでいたものがおいしそうだったので1品追加してみました。パサップルコギというもので、私たちがイメージする鍋で作る汁だくのプルコギとは違い、網で挟んで焼く、炭火焼きプルコギなのです。少し甘めの味付けて、日本人ならたいてい口に合うはず!!

e0066369_22555988.jpg
ランチの後は、徒歩でカロスキルへ。カロスキルは街路樹通りっていう意味で、カフェや雑貨店、ブティックなどがたくさん並んでいて、代官山とか青山みたいな感じのところです。やっぱり歩いている人も、全体的に男女ともおしゃれさんが多い気がします。

e0066369_22561996.jpg
この通りには、少女時代とかKARAのメンバーも愛用の靴屋さん(BABARA)やブティックがたくさんあるのですが、さすがに自分が着るわけにはいかないのでそこは見るだけにして(笑)、これぐらいだったらいいだろうと、手作りのヘアアクセサリーで人気のFARMERに行ってきました。ここも韓国の芸能人愛用のお店。

e0066369_2256376.jpg
インテリアも可愛いお店の中にはシュシュ、バレッタ、クリップやカチューシャなどがところ狭しと並んでいます。これだけあれば、気に入ったものが見つかるはず。

e0066369_22565687.jpg
色のバリエーションもすごく豊富。

カロスキルでは、結構はじけてしまい、アクセサリーや雑貨を色々買いました。そして、通りを見下ろせる2Fのカフェでまったりとお茶時間。場所柄か、カフェの店員さんもイケメンが多いのです♪

e0066369_153439.jpg
Too Cool For Schoolというコスメショップにもハマってしまいました。ここは内装とか商品のパッケージデザインがすごく個性的なのです。機能性でいうと、他にもいい店は山ほどあるのですが、とにかく発想とかデザインが他にはない感じ。ここで、BBクリームとコンシーラー、ハイライトが一緒になったものを買いました。下の部分にBBクリーム、上の赤いつまみをぱかっと空けるとコンシーラーとハイライトが出てきます。

夕方になったので場所を移します。向かった先は弘大エリア。弘益大学がある学生街ですが、美術学科があるので、学生向きの気軽な居酒屋からアートが楽しめるオシャレなカフェやクラブまであって、本当ににぎやかな場所です。

e0066369_22584837.jpg
晩御飯はトジョッというお店。大きなサムギョプサルで人気のお店です。店内はやっぱり若いグループやカップルが多いですね。

e0066369_2314515.jpg
ここの名物、カルサムギョプサル。カルというのは刀って意味だそうで、かたまりのまま焼いたお肉を途中で包丁で切ってから食べるのでそう呼ぶのだそうです。

e0066369_232021.jpg
表面がある程度焼けた時点で、一旦店員さんがまな板にお肉を載せて厨房に持っていき、小さく切り分けてから持ってきてくれます。

e0066369_232377.jpg
さあ、焼けました!キムチも一緒に焼いて野菜に包むとおいしいです!この後、別の部位も頼んで、3人で飲んで食べて40000ウォン(3000円)なり。

e0066369_2325634.jpg
おなかがふくれたので、散歩をすることに。週末ということもあって、すごい人出です。これは2Fにあるお店の窓から撮ったものですが、まるでお祭り状態。

e0066369_2335590.jpg
途中、すごく派手なカラオケを発見。チェーンで展開する秀ノレバン(=カラオケ)の弘大店です。なんと部屋が外から丸見えなんです。びっくり。

散歩の最後に、トゥッタッというマッコリバーに入りました。マッコリバー、前から行ってみたかったのです!

バーといっても、ちゃんと食べ物メニューも充実しています。が、私たちはお腹いっぱいなのでおつまみを1品だけ頼んであとはマッコリを楽しむことに。

e0066369_2341841.jpg
まずはベーシックなマッコリから。チャムサリというマッコリでした。なんと1リットルで6000ウォン(450円)!

e0066369_235477.jpg
続いて一緒にフルーツマッコリも。私たちはキウイマッコリを頼みました。1リットルで8000ウォン(600円)。これは、マッコリにフルーツをミックスして作ったマッコリカクテルなんです。果実の種類によって少し値段が変わりますが、他に桃、パイナップル、いちご、柚子、ざくろ、ブルーベリーなどなどおいしそうなものがたくさんあってすごく迷いました。

e0066369_2344928.jpg
二つ並べて代わりばんこに飲むのもサイコー。フルーツマッコリですが、かなりおいしくて気に入りました。ヨーグルトドリンクみたいでチューハイとかより全然飲みやすい。ベースは同じマッコリなので2種類飲んでもチャンポンにはならないと思います。

実際、質のいいマッコリって眞露などの韓国焼酎と違って二日酔いになりにくい気がします。私、眞露を飲むとかなりの確率で次の日相当つらいんです。でもマッコリでは二日酔いになったことありません。まあ、こればかりは体質もあるのかもしれませんが。

e0066369_235276.jpg
最後にお店を出るとき気付いたのですが、ランプシェードがマッコリのボトルでした!
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-20 23:03 |

ソウル 食と買と美の女子3人旅 その1

3泊4日でソウルに行ってきました!2月に釜山に行きましたが、ソウルは例のパスポート紛失事件をやらかした去年の8月以来、10ヶ月ぶりの訪問です。

e0066369_964783.jpg
今回はUAのマイルでチケットGETできたので、アシアナ航空利用。エプロン姿がキュートなCAさん。韓国美人です。

13時に金浦空港に到着して、地下鉄でホテルに移動、チェックインしてすぐに向かった先は...

記念すべき1食目は乙支麺屋(ウルチミョノク)。北朝鮮出身の家族がやってる冷麺のお店です。このお店、場所は地下鉄の乙支路3街駅近くで便利なのですが、入り口が非常に分かりにくくて、両側を工具屋さんに挟まれた細い通路を突き抜けたさらに奥にあります。

e0066369_9445561.jpg
看板らしきものはこれだけなので、見落とさないように。

実は韓国冷麺には2種類あって、一つはジャガイモやサツマイモのでん粉を主原料にしたコシがすごく強い咸興(ハムフン)式と、そば粉とでん粉が主原料の平壌(ピョンヤン)式(があります。どちらも北朝鮮がルーツだそうなのですが、ここは平壌式のほう。

e0066369_9475916.jpg
人気の店だそうですが、ピーク時間を過ぎていたのでお客さんはちらほら。男性2人連れが多かったです。

e0066369_9483777.jpg
メニュー。上から水冷麺、ピビン冷麺、温麺、サリ(替え玉)、サリ(ピビン麺の替え玉)と書いてあります。あと、ソコギクッパ(牛クッパ)、プルコギなどなど。

e0066369_10121038.jpg
e0066369_9514913.jpg
2人で行ったので、水冷麺とピビン冷麺を1つずつ、それと蒸し豚を頼みました。冷麺は想像していたものよりも細麺で、噛み切れないような強いコシはないですが、もちもちして、そばの香りがしてすごくおいしい。水冷麺のスープは豚と牛から取ってるらしくて、あっさりさっぱり。ピビン麺のほうは旨みのあるコチュジャンが効いててこれまたおいしかった!代わりばんこに食べるのが最高。

e0066369_949647.jpg
e0066369_9492594.jpg
蒸し豚は辛みそや、アミの塩辛、キムチやお漬物と一緒にいただきます。余分な脂が全て落ちて、でも豚肉のうまみはしっかり残っていて、噛めば噛むほどおいしかったです。

ここからは、明洞にマッサージに行くというYokoちゃんとお別れして、一人で地下鉄に乗って梨泰院へ移動。梨泰院に来るのは久しぶり。前着たときは地下鉄の駅がなかったときだから...もう10年近く前だと思う。ここに来た目的は、ずばり「皮のコート」。6月に皮?と思いますが、シーズンオフなので、逆に落ち着いてじっくり見られるかなと思って...。

最初に老舗のNorth Beachに行きましたが、ここはやはり全体にお高め。客層もお金もちっぽい。いかにもリッチな中国人マダムが「これ、いただくわ」なんてやってました。私はといえば、最初に目に付いたムートンを何度も着たり脱いだり。かなり気に入って勇気を出して値段を聞くと、完全に予算オーバーだったので、とりあえず他の店も見ますと外に出て、周辺にいっぱい並んでいるお店を順番に見て行きました。

何軒か見たのですがどこも似たような感じで、やっぱりNorth Beachはモノもセンスもいいんだなーと実感しはじめたところで、もう一件事前にチェックしていたお店、Ferrara Koreaに入ってみると、ここは他とは違う感じ。すごくこじんまりしたお店ですが商品はかなりたくさん並んでいます。バッグや財布などの小物も豊富で、特にハラコのバッグが素晴らしく可愛かった。

e0066369_973264.jpg
色々試着した末、ベージュのショートジャケットを購入。ウォッシュ加工のレザーなので傷や汚れを気にせず着られそう。

ムートンはどの店で見ても、最初見たものより安いけど、やっぱりあれが一番よかったなぁと再確認し、もう一度North Beachへ。でもやっぱり初日からいきなりの大物買いをする勇気はなくて、最終日にまた来ますと言って店を出ました。

その後新羅免税店経由、東大門に移動してミリオレ16Fのネイルモールをチェックして、20時にDoota!前に集合。ここで午後便で来たChikaも合流し、3人でタッカンマリ横丁へ。

いつものお店(陳ハルメ元祖タッカンマリ)は、日本で紹介され過ぎたせいか予想通りすさまじい順番待ちだったので、今回はあえて他で冒険してみたいと思い、その手前にある明洞タッカンマリに入りました。ここも前から気になっていたお店です。

e0066369_959550.jpg
(ソウルに行くたびブログで紹介してますが)タッカンマリは鶏肉がまるごと1匹入ったお鍋で、博多の鶏の水炊きみたいなお鍋です。入ってるものは鶏と、じゃがいもと、ねぎというシンプルさなのですが、想像を超えるおいしさなのです。材料をただグラグラと煮立てていくと、どんどんスープがおいしくなっていきます。

e0066369_9534018.jpg
店内はほぼ満員状態。ほとんど韓国人で、2組だけ日本人らしきお客さんがありました。

e0066369_9544063.jpg
ここは隣のお店ほど殺人的な忙しさではないので、お店のおばちゃんたちが結構世話を焼いてくれます。隣のお店は忙しすぎて、呼び止めるのも一苦労だから、これは助かりました。頼まなくても、鶏をハサミで切りにきてくれたり、たれを調合してくれたりします。あと、違う点は最初からちょっとだけトッポギが付いてること(隣の店はオプション)と、タデギ(たれ)にニラを混ぜること。
e0066369_9541951.jpg


e0066369_9545739.jpg
いつもお腹いっぱいになるからトッポギは注文したことなかったけど、これがおいしかった!! 今回の旅ではタッカンマリ+トッポギの組合せに開眼しました。

e0066369_9554356.jpg
e0066369_9563144.jpg
もちろんメインの鶏肉もおいしーい。夢中で食べているうちに、どんどんスープがいい感じになっていきます。

e0066369_957286.jpg
最後にお待ちかねのククス(うどん)投入。うどんの粉がスープにとけてとろみが付いて、もう最高。

e0066369_9572982.jpg
そして、今回なんと、最後にゴハンを入れてポックンパッ(炒めごはん)に挑戦。

e0066369_9575872.jpg
チキンスープのリゾットみたいになったー!!! めちゃくちゃおいしかったです。

e0066369_958132.jpg
混雑がひと段落して、まかないの夕食を食べるおばちゃんたちにご挨拶。みんな愛想がよくて明るい人たちばかりでした。

この後、夜中になってますます活気が出てきたミリオレやDoota!を少しウロウロしてからタクシーで鐘路3街に戻りました。初日にしては内容が濃かったぁ。では、おやすみなさい。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-18 09:58 |

もずくうどん

e0066369_14444717.jpg
お友達からおいしいとおススメの沖縄のもずくうどんをいただきました。

沖縄の伊平屋島特産のもずくが麺に練りこんであって、茹でるとトゥルンとぬめりのある食感ともずくの香りがたまりません。もずく好き&麺好きの私にぴったりでした。

関西では売ってるところがあまりないので、デパートの沖縄物産展や、通販でのお取り寄せになるようです。今度見つけたらまた買いたいな。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-06 21:35 | おいしいもの

ただいま、バリ その5

e0066369_1855937.jpg
Kori Ubudで朝ごはん。周りに緑が多いオープンなレストランで、とっても気持ちいい。

e0066369_18553185.jpg
何種類か選べるのだけど、インドネシアンスタイルのメニューの中からブブル・アヤム(鶏のおかゆ)をセレクト。

e0066369_18554341.jpg
朝食の後は庭を散歩。ちょうどスタッフの女性がお供えをしている最中だったので後をつけていきました。

e0066369_1856599.jpg
e0066369_18561669.jpg


e0066369_1935178.jpg
e0066369_18564376.jpg
午前中はプールでのんびり。

お昼にチェックアウトした後、ナシアヤム・クデワタンとイブ・オカという2大人気食堂でブンクス(お持ち帰り)して、スナルタに戻って食べることに。

e0066369_18571351.jpg
ブンクスというのは「包む」って意味。文字通り、油紙にこうやって上手に包んでくれます。

e0066369_1857225.jpg
こちらはイブ・オカのバビグリン。豚の丸焼きをナイフで切り取って、いろんなパーツをのっけたバリのごちそうごはん。

e0066369_18574165.jpg
こっちはナシアヤム。鶏のいろんなパーツがのっています。

どっちもバリ人好みなので、結構辛口です。辛いのが苦手な人はご注意。

ランチのあと、最後の散歩。ということで、スーパーでおみやげ物を調達したり、友達に挨拶周りしたりして、そろそろ戻ろうとおもったところにKartaさんから電話が。今、ちょうどガイドの仕事の休憩中に王宮前にいますというので、そのままスナルタに帰る途中の交差点でバイクを停めてキョロキョロしてると…。

e0066369_18575534.jpg
あ、いたいた。もう会えないと思ってたのに、ちょうどガイド中のお客さんがウブドで買い物をしている間の待ち時間だったそうで、グッドタイミングでした。最後に記念撮影。滞在中、一度も会えないときもあるのに、今回は2回も顔を見られてよかったです。

e0066369_18584085.jpg
宿に戻ったら、アユが正装してた。なんでも、近所で結婚式があるとかでこれから出かけないといけないとのこと。私たちが出発する時間に合わせて見送りに戻ってくるからねといって、いそいそ出かけていった。

e0066369_18585041.jpg
あれっ、ワヤンもなんか軽く正装してる。結婚式?と聞くと隣村の行事の準備にお手伝いに行くとか。

なんか忙しい日だなぁ。バリには普通のカレンダーのほかに、バリ独自の暦があって、お祭りにいい日や、結婚式をするのに良い日、お葬式に向く日など色々細かく決まってる。ちょうど日本の六曜がもっと厳密になった感じ。きっとこの日はおめでたい催し物にぴったりの日だったのだろう。

e0066369_18591832.jpg
二人を見送って、最後のパッキング。入ると思ったけどこれまでより小さいスーツケースで来たせいか、やばい、入らないよう…。パズルのようにあちこち並べ替えて、なんとか無事、フタが閉まりました。あーあせった。

無事にパッキングを終えて部屋から出ると、残ってたメンバーが待っててくれました。あーもうお別れなんだね。寂しいなぁ。

e0066369_18593866.jpg
そして結婚式の会場から駆けつけてくれたアユもまじえて最後の記念撮影。

e0066369_18595828.jpg
バイバイ!!と手を振った後、アユは猛ダッシュでまた結婚式会場に戻っていったのでした。

こうして短いバリでの滞在はあっという間に終了。今となってはホントに夢みたいに過ぎた6日間。次回はもう少し長く行くぞ…とココロに誓った私でした。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-05 19:00 |

和彩厨房KATURA@中崎町

e0066369_1833476.jpg
天満のお魚屋さんにおすすめだと教えてもらった中崎町のお店KATSURAさんに行ってきました。梅田からも歩いて行ける場所にあるのですが、住宅街の中のマンションの1Fにあります。若い女性ばかりで切り盛りしているとっても居心地のいいお店です。

この日食べたものの中からいくつかご紹介。

e0066369_18284821.jpg
お造り盛り合わせ。お魚は見るからに新鮮そうで、それを板場担当の女性が見事な手さばきでお造りにしてきれいに盛りつけてくれます。ネタのラインアップは毎日変わります。どれもこれも本当に新鮮でおいしい。とり貝の甘さと歯触りに感動。あと、ここではわさびの代わりに、わさびの葉と茎をしょうゆ漬けにしたものを添えてくれます。これがピリ辛で香りがよくて最高。わさび漬けをうーんとフレッシュに、スパイシーにした感じといえば分かるかな。

e0066369_18285470.jpg
海鮮サラダ。上に三つ葉がたっぷり載せてあり、すごくさっぱりいただけます。海鮮はもちろんお造り用のお魚なので新鮮この上なし。お隣のお客さんが食べていた牛たたきのサラダもおいしそうだったので次はそれにもチャレンジしてみたいな。

e0066369_1829370.jpg
しまあじのかま焼き。ダイナミック!塩のふり加減もよく、お魚に脂がのっててこれまたおいしかった!

e0066369_18291010.jpg
とうもろこしのかき揚げ。桜バーではとうもろこしといかのかき揚げなのですが、ここは潔くとうもろこしのみ。このシーズンならではですね!

この他になすのオランダ焼きや、ふぐの白子の醤油焼きなどもいただき、大満足。お酒のセレクトもよく、ついつい飲み過ぎてしまいそう。

予約をしていったので問題なく座れましたが、 たくさんのお客さんが満席で断られているようでした。とっても人気があるようなので、予約がBetterだと思います。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-05 18:28 | おいしいもの

SNSD

先週発売になったGirls’ Generationをヘビロテで聴いてます。
これまではシングルをダウンロードしたものとか、You Tubeで見るばかりだったので、日本語版の色んな曲が一気に聴けてうれしい。

MR. TAXI、今リプトンのCMで流れてるのがこっち。初めての日本オリジナル曲。

こっちは大好きなRun Devil Runって曲。韓国語版がかっこいいなと思ってたけど、日本語版もいい。

そして、これは昨年8月、デビュー前に有明コロシアムで行われたショーケースライブ。最初の演出がかっこよすぎる。
[PR]
# by cita_cita | 2011-06-05 11:03 | 音楽

ただいま、バリ その4

e0066369_2248153.jpg
本日の朝ごはんはミーゴレン。今朝もこれまた胡椒たっぷりです。慣れると結構クセに(笑)

e0066369_22481649.jpg
そして今日も市場で買ってきたサテを一緒に頂きました。辛い麺に甘口のサテがおいしい!

e0066369_22483243.jpg
この日、アユは私が日本からおみやげで持って行った「月桂冠」の前掛けをしてお供え物を作っていました。もともとはワヤン(お父さん)の大工仕事のためにと思って持ってきたのだけど、アユが気に入ってつけてるので、まあいいか。たしかにこれ以上ないぐらい丈夫だし、汚れやすい作業にはぴったりだもんね。

e0066369_22484296.jpg
それにしてもこれでウブドを歩いてたら、日本人から注目の的だな。オトコマエすぎ(笑)

e0066369_22485249.jpg
バイクに乗ろうとしたら、座席にもお供えが乗っけてあったので、前にはさんでもらいました。他にも金属にお供えをする日があって、バイクや車、テレビ、パソコンや冷蔵庫(!?)などにもっと豪華なお供えをするそうです。このあたりの詳細は奥が深すぎて、何度バリに通っても詳しくは分かりません。

e0066369_22491197.jpg
朝食を食べてからBurat Wangiの石鹸工場にお土産を買いに行きました。ここは手作りのココナッツ石鹸を作っている場所です。

e0066369_22492137.jpg
石鹸は自然乾燥で数ヶ月かけて作り上げます。とっても時間のかかる工程です。

e0066369_22493231.jpg
ミニサイズのゲストソープや工場限定のチューベローズ(月下香)やレモングラスの石鹸など、たくさん買い込みました!

e0066369_22494753.jpg
工場はこんなにのどかな田園の真ん中にぽつんと建っています。

さらに、ハヌマン通りをずーっと南下。新しく出来たSISIのカバン屋さんへ。

e0066369_2250551.jpg
今までで一番大きく、広々とした店舗。

e0066369_22501883.jpg
かわいいポーチやカバンがたくさんあります。

e0066369_22503056.jpg
お茶とお菓子のサービスまで!お客のココロをくすぐるのが上手だなぁ。

さて、最後にSISIのすぐ近くにあるUtama Spiceへ。ここは手作りのオーガニックアロマグッズのお店です。

e0066369_22505246.jpg
お店といっても普通の民家の門をくぐった、普通の家の中にあります。看板を見落とすと絶対に行き着かないと思う。

e0066369_2251231.jpg
小さなコーナーにアロマオイルやお香、リップバームやシャンプー、ボディーソープや石鹸などオーガニック好きにはたまらない商品がいっぱい。しかも安い!

短時間でお土産を買い込んで、一旦スナルタへ戻りました。

この日は1泊だけちょっと贅沢しようと、Kori Ubudという宿に泊まることにしました。スナルタからはバイクで10分ぐらいのところにあります。

e0066369_22513334.jpg
ウェルカムドリンクはピンク色で、甘くてかわいくておいしかった。

e0066369_22515638.jpg
e0066369_22521332.jpg
お部屋はこんな感じ。一番小さな部屋しか予約できなかったので、結構こじんまりしています。

e0066369_2341495.jpg
部屋の前のお庭。緑が綺麗。

e0066369_2253817.jpg
プールです。今日はちょっと肌寒いので、明日泳ぐことにします。

e0066369_22533112.jpg
昼ごはんは宿から歩いてすぐのNuri's Warungでランチ。

e0066369_2254030.jpg
ここは店の前で焼いてくれるBBQが人気のお店です。接客はイマイチだけど味はおいしい(笑)

e0066369_22541219.jpg
やっぱりここに来たらBBQスペアリブでしょう。これを2人で食べたらもうお腹いっぱい。

e0066369_22542246.jpg
こちらはつけ合わせに頼んだVegetable Taoco(タオチョ)。タオチョっていうのはインドネシアの味噌みたいなもので大豆を発酵させたもの。実はVegetable Tacoだと勘違いして、野菜のタコスが出てくるのを想像してたから、お皿が来たときは「違うよー!」って言ってしまった。良く見たら、メニューにも”Not taco! Mixed vegetable with bean sauce”ってしっかり書いてあった…(恥) でも、これが意外においしくてヒット。今度から堂々と「タオチョください」って頼もうっと。

e0066369_22544246.jpg
e0066369_2255713.jpg
ランチ後、Nuri's Warungからさらに少し歩いて、友達の勤めるUma Ubudというホテルへ。ホントはこっちに泊まりたかったけど、残念ながら私には予算オーバー。

e0066369_22552527.jpg
こちらが友達のDwi。彼がこの宿の前にいたワカ・デ・ウマ、その前のワカ・バロン、さらにその前のアリラ・ウブドの時代からの知り合いだからもう8年ぐらいになる。この間まではフロント担当だったけど、今回行ったらマネージャーに昇格したのか、オフィス勤務になっていた。

で、Dwiにお願いして、空いてる部屋を見せてもらうことに。プールヴィラが空いてるというので案内してもらいました。

e0066369_22563012.jpg
白くて広くてピカピカのお部屋、しかもお花のいいにおい。

e0066369_22564436.jpg
e0066369_2257665.jpg
e0066369_22572384.jpg
e0066369_22573927.jpg
e0066369_2257485.jpg


e0066369_2258716.jpg
もちろんプールも専用です。

e0066369_2311883.jpg
ちゃっかりバーでウェルカムドリンクまでいただいちゃいました。仕事の邪魔しに行っただけなのにごめんね(笑)

e0066369_22585676.jpg
Uma UbudのテーマはZEN(禅)だそうです。確かに、空間の使い方やシンプルさなど、納得。

e0066369_2259559.jpg
あちこちにステキな演出が見られます。

さて我が宿に戻って、しばらく部屋でのんびりごろごろ。夕方に、6年ぶりぐらいに会う友人と約束してたので一旦王宮前に移動します。

相談の結果、ワルン・タマンで中華を食べることに。ここも安くておいしいおなじみの店です。

e0066369_2303134.jpg
私がスナルタに泊まりはじめたころからの長年の友人、Kartaさん。全然変わっていませんでした。

e0066369_2343356.jpg
お腹が空いてないのに、思わず調子にのって色々頼んでしまった。

この後、踊りを見にプリアタンに行っていた友人Oさん夫妻と合流し(この日のグンタ・ブアナ・サリの公演が期待以上に良かったとのこと)、ちょっとオシャレなイタリアン(店の名前は忘れた)へ行き、その後仕事が終わったDwiも誘って、どこかで飲もうということに。でもいい場所が見つからず、結局また飲み物とおつまみを買い込んでなぜかスナルタに乱入。先に寝てたHちゃんを午前0:00に起こしてまで仲間に巻き込んで宴会。すっかり昨夜の再現となりました。バリ最後の夜は更けていきます。
[PR]
# by cita_cita | 2011-05-30 23:11 |

ただいま、バリ。 その3

3日目の朝は早起きして、アユの買い物についていった。

e0066369_21112648.jpg
e0066369_21114668.jpg
朝6時のウブド市場。この時間はお土産屋さんのシャッターは閉まり、生鮮品や生活雑貨のお店ばかり。

e0066369_21271956.jpg
お供え用のお花を売るお店。

e0066369_21141536.jpg
e0066369_21142712.jpg
野菜を売る店、果物の店、お花の店、同じようなお店がひしめき合うなか、アユは自分の行きつけのお店を目指してぐんぐん歩いては立ち止まり、買い物を済ませていく。

e0066369_21121188.jpg
野菜は分銅と天秤で量り売り。

地下に入ると、魚と肉、卵や乾物、スパイスなどのお店が並んでて迷路みたいになってる。ここで朝ごはんの卵を購入。

e0066369_21124835.jpg
サテ屋さん。鶏の串焼きにピーナツソースたっぷり。

e0066369_21144698.jpg
宿に帰ると姪っ子のコミンが朝のお供えの準備をしてた。

e0066369_21151540.jpg
これでお供え1回分。

e0066369_211745100.jpg
水浴びを済ませて正装した長女のプトゥがお供えをして回る。

この日は新月。新月と満月の日は、子供たちはいつもの制服でなく、バリの正装で学校に行くことが決まってる。

e0066369_21154881.jpg
末っ子のコマンは恥ずかしがって後ろ姿しか撮らせてくれなかった。

e0066369_21161016.jpg
次女のティカはベージュのクバヤ姿。かなり長めの裾が今の流行りみたい。

e0066369_21251917.jpg
コミンの家族が飼ってるワンちゃん。おとなしくて、とってもいい子なのです。うしろにいるのは家人ではなく、同じく宿泊中の私の友達。すっかり溶け込んでおります。

e0066369_21181960.jpg
この日の朝ごはんはナシゴレン。さっき買った鶏のサテもつけてくれた。最近アユは胡椒味にハマってるみたい。前はスパイスミックスを使ったオレンジ色っぽいナシゴレンだったのに、今回はシンプルに野菜と卵と塩胡椒で味付けしたものだった。でも胡椒がめっちゃ効いてて、びっくり。慣れたらおいしいけどこれを朝からってのは、バリならでは…。

e0066369_21183645.jpg
ウブド王宮前はすごくきれいになった。ビナ・ウィサタ(観光案内所)も前は見落としてしまいそうな控えめな建物だったのに、こんなに立派に…。

e0066369_21185720.jpg
この日は友達の友達であるリンちゃんに迎えに来てもらって、車で色々連れていってもらった。テガラランのライステラスを見ながらテラスパディ・カフェでお茶でも…と思ったら、雨が降ってきて、白いカーテンを通して景色を見てるような感じに。まあ、これも面白かったけど。

e0066369_21192052.jpg
その後、タンパクシリンのティルタ・ウンプルへ。初めてバリに来たときにウブド観光で連れて行ってもらって以来、大好きなお寺です。すっごくキレイな聖水が湧き出していて、バリの人たちはここで身を清め、お祈りをします。

e0066369_21193171.jpg
この日は新月だったのでいつもより多くの人がマンディ(沐浴)していました。

e0066369_2120588.jpg
これが聖なる水がわき出る泉。思わず息をのんでしまうほどキレイで、神聖な場所です。

e0066369_21213897.jpg
昼ごはんは私が目下一番おいしいと思うナシチャンプルの店、パッ・セダンにて。

e0066369_21215378.jpg
ここはジャワ人がやってるので、辛さは比較的マイルドでとってもおいしい。バリ風のつくねみたいなサテ(サテ・リリッ)がついてるのもうれしい。ナシチャンプルとアイスティーで12000ルピア(約120円)。

遅めの昼ごはんの後は、前もって予約していたスパ、アジアン・プロパシーで3時間トリートメント…の予定が色々丁寧にやってもらってたら、気付いたら5時間弱経過。びっくり。

帰りに寄り道してから帰ろうと思ってたけど、もう暗くなってしまったし、また雨が強くなると困るので急いでバイクで帰宿、そしたら同じくバリ旅行中の友達と、バリ人の友達も待っててくれてみんなで一緒に晩御飯に行くことになった。

e0066369_21223260.jpg
全部で5人集まったので、量が多いとうわさのビストロ、Pignou di Penyuで晩御飯を食べることに。

e0066369_21231925.jpg
これ、前菜盛り合わせ(リスタフル)。メニューには2人分と記載されてるけど、5人でも多い!(笑)

e0066369_2123435.jpg
他にオリジナルのフレンチナシゴレン(リゾットみたい)やサラダ、ハッテンワインを頼みました。

e0066369_2124244.jpg
ウブドは夜が早いので、続きは飲み物とおつまみを買って宿でのんびりすることに。ここに、タナロットから戻ってきたリンちゃんとYさんも加わって7人でプチ宴会。閉店時間がないから、ついつい1時ごろまで夜更かししちゃいました。
[PR]
# by cita_cita | 2011-05-28 21:23 |

桜バーで舌鼓

私にとって京都で一番好きといっても過言ではない居酒屋、桜バーに久しぶりに行ってきました。

e0066369_23234430.jpg

とうもろこしといかのかき揚げ。地味な食材コンビによる地味なネーミングの地味な料理・・・と思わせておいて、思いっきり裏切られます。はっきりいって、一回でもこれ食べてしまったら、次回からスルーできないと思う。鉄板です。

e0066369_2325424.jpg
上バラ肉のあぶり焼き。魚が売りの桜バーにしては珍しくお肉メニュー。でも、レベルは高い!実はレバニラ炒めとかもあったりする、不思議なお店なのです。

e0066369_23251188.jpg
これが今日の意外なヒット、あじのたたき。「にんにくどうしましょ?」って言われたので、深く考えずに入れてもらったらこれがめちゃくちゃおいしい。かつおのたたきレベル。思わずうなります。

e0066369_2325189.jpg
締めはクリームパスタ風うどん、たらこのっけ。(あさりのっけもあり)稲庭うどんっぽい乾麺を、ゆるめのクリームソースに絡めてしそとたらこを載せた一品。これまで、他の人が頼んでるのを横目で見ていたのだけど。これまたうまかった。

このほかに頼んだそら豆塩ゆでともやしナムルもうまかった。今日はいつも頼むメニューを我慢しつつ、奇をてらって普段頼まないメニューを中心に頼んだにもかかわらず外れがない。スキがない。おそるべし、桜バー。
[PR]
# by cita_cita | 2011-05-23 23:24 | おいしいもの