<   2011年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

タルト・フロマージュ@モンプリュ・ペイザンヌ

e0066369_23304032.jpg
私が一番おいしいと思うチーズケーキ、モンプリュのタルト・フロマージュ。
ゴルゴンゾーラのチーズケーキなんです。
めっちゃ濃厚で、ひとくち食べるともうやみつき。
神戸と大阪にしか店がないので、出かけたときにたまに買ってきます。
お土産にしても喜ばれるけど、自分用に買うのもぜいたくで大好き。

e0066369_23315367.jpg
こんなかわいいパッケージに入れてくれます。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-31 23:31 | おいしいもの

仙台からのメッセージ

2000年の夏、ベトナム旅行中にサイゴン(ホーチミン)で出会ってから11年来の友達が仙台で被災しました。最初は連絡がとれずとても心配だったけれど、最近こんなコメントをくれました。


日本~ベトナムの友たち、阪神淡路大震災で被災した友たち・・・
みんなからのエールに、わたしたち夫婦ともに励まされ、とても嬉しく思っています。
この3月でベトナムより帰国してちょうど2年。
ベトナムに戻りたい、名古屋に帰りたい、と弱音を吐くこともあった2年間だったけれど、
この度の震災を経験したことでようやく”東北人・仙台人”になれたような気がしています。
復興に向けて何かできること・・・小さなことから考えていこうと思っています。
仙台人の一員として。
LOVE SENDAI!


言葉では伝えられないほど怖く、悲しい思いをしたはず。まだまだ不便なこともいっぱいあると思うけど…彼女のこの文章を見て大丈夫だと確信しました。落ち着いたら絶対に仙台に会いに行くからね。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-30 22:24 | その他

食堂おがわ

友達が遊びにきたので、四条河原町の「食堂おがわ」に行ってきました。

e0066369_2391082.jpg
新鮮なほたるいか。しょうがとお酢でさっぱりと。

e0066369_23105236.jpg
海老芋のかに身あんかけ。海老芋、大好物なんだけど関西以外ではあまり無いみたい。

e0066369_23115339.jpg
鴨ハム。かめばかむほど…お酒とベストマッチ。

e0066369_23123785.jpg
しょうがのかきあげ。かなり細く切った千切りしょうがにかぼちゃや白魚(白えびかも)などが入って美味。塩が合います。

e0066369_2314688.jpg
そして仕上げのぐじご飯。ほっこり炊き込んだ釜飯を蒸らすタイミングでぐじ(甘鯛)の刺身を載せて、食べるときにさっくりと混ぜ込んでいただきます。ぐじ料理は「食堂おがわ」の名物というだけあります。最高!

おいしいものを時間をかけてじっくり味わいながら、ゆったりと過ごせました。今日のお酒は、伏見の富翁でした。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-29 23:10 | おいしいもの

「日本の友人たちへ」 アンジェイ・ワイダ

ポーランドの映画監督、アンジェイ・ワイダ氏のメッセージです。(産経新聞より)

日本の友人たちへ。

このたびの苦難の時に当たって、心の底からご同情申し上げます。深く悲しみをともにすると同時に、称賛の思いも強くしています。恐るべき大災害に皆さんが立ち向かう姿をみると、常に日本人に対して抱き続けてきた尊敬の念を新たにします。その姿は、世界中が見習うべき模範です。

 ポーランドのテレビに映し出される大地震と津波の恐るべき映像。美しい国に途方もない災いが降りかかっています。それを見て、問わずにはいられません。「大自然が与えるこのような残酷非道に対し、人はどう応えたらいいのか」

 私はこう答えるのみです。「こうした経験を積み重ねて、日本人は強くなった。理解を超えた自然の力は、民族の運命であり、民族の生活の一部だという事実を、何世紀にもわたり日本人は受け入れてきた。今度のような悲劇や苦難を乗り越えて日本民族は生き続け、国を再建していくでしょう」

 日本の友人たちよ。

 あなた方の国民性の素晴らしい点は全て、ある事実を常に意識していることとつながっています。すなわち、人はいつ何時、危機に直面して自己の生き方を見直さざるをえなくなるか分からない、という事実です。

 それにもかかわらず、日本人が悲観主義に陥らないのは、驚くべきことであり、また素晴らしいことです。悲観どころか、日本の芸術には生きることへの喜びと楽観があふれています。日本の芸術は人の本質を見事に描き、力強く、様式においても完璧です。

 日本は私にとって大切な国です。日本での仕事や日本への旅で出会い、個人的に知遇を得た多くの人々。ポーランドの古都クラクフに日本美術・技術センターを建設するのに協力しあった仲間たち。天皇、皇后両陛下に同行してクラクフを訪れた皆さんは、日本とその文化が、ポーランドでいかに尊敬の念をもって見られているか、知っているに違いありません。

 2002年7月の、あの忘れられないご訪問は、私たちにとって記念すべき出来事であり、以来、毎年、私たちの日本美術・技術センターでは記念行事を行ってきました。

 日本の皆さんへ。

 私はあなたたちに思いをはせています。この悪夢が早く終わって、繰り返されないよう、心から願っています。この至難の時を、力強く、決意をもって乗り越えられんことを。

 ワルシャワより、

 アンジェイ・ワイダ

[PR]
by cita_cita | 2011-03-29 21:18 | その他

思いが通じないって…悲しいね。

ニュースで、「タイから援助するといったタイ米(日本人の口に合うようにもち米を混ぜる配慮あり)をお米が余っているからという理由で断わった」と言っていたので、ホントかなと思って調べたらこんな記事が…。ホントだったんだ…。個人的な意見としては、「悲しい」。東南アジアが大好きだから、余計にアジアの友達たちのがっかりする顔が目に浮かんでしまって、本当に申し訳ない。自分たちにできることを探して何かをしたいという気持ちは、今の私達ひとりひとりが感じているものと同じはずだから。受け入れ側には受け入れられない事情があったにせよ、援助したいという気持ちをソデにした事実に間違いがないなら、きちんとそれなりの配慮をもった断わり方をしたんだろうか。それが気になる。(以下、産経ニュース3.24より)


日本に対する諸外国からの善意と支援の一部が行き場を失っている。混乱の中で日本側の受け入れ態勢に不備があるのみならず、食品安全基準などが大きな障害になっているようだ。「日本に恩返しをしたい」という各国の思いが宙に浮く格好となっている。

 東南アジアのある国は、毛布を数万枚送ると申し出た。だが、日本政府はサイズ(80センチ×80センチ)を指定し、送られる予定の毛布が20センチほど「規格」に合わないとわかると、受け入れに強い難色を示した。「規格外」の毛布は、すったもんだの末にようやく日本に届けられた。

 日本政府から救助犬の派遣を真っ先に要請され、それに応じて送り出そうとした矢先に「待った」をかけられたケースもある。その際の説明は「空港での検疫に1カ月かかる。1週間に短縮できるが、救助犬をその間管理できない」(支援を申し出た国の高官)だった。結局、この国の救助犬が日本の地を踏むことはなかった。

 コメ数万トンの援助を事実上、断られた例もある。送る予定のコメは日本人の口には合わないだろうと、もち米を交ぜる工夫も施されていた。しかし日本政府は「国内に余剰米がある」と回答。すでに空輸準備が終わっていた一部を除き、日本には届けられなかった。

 食料品を送ろうとして「食品安全基準のチェックがされていない。日本語の表示ラベルもない」と、拒否された例もある。

 日本側には支援を受け入れても保管場所の確保や、被災地への輸送がままならないという事情もある。

 だが、「日本からはいろいろな支援を受けてきたので、その恩返しをしたい。受け入れ側の事情も理解しており、不必要なものを送るつもりもない。それでも日本政府の対応は首をかしげる」(東南アジア筋)という声は小さくない。

[PR]
by cita_cita | 2011-03-28 22:01 | その他

天六MUSH-UPで俺コース

またMUSH-UPに行ってきました!もちろん今日も俺コースを注文です。

e0066369_13303671.jpg
やかんに入った生ビール。ジョッキ5杯分で2000円とお得。って、全然節酒してないやん。

e0066369_13331229.jpg
名物宇和島じゃこ天。熱々のふわっふわ。やっぱりおいしい。

e0066369_13342972.jpg
別注文の俺のからあげ。朝締め丹波地鶏。ボリューム満点。

e0066369_13512664.jpg
今日の魚料理はなんと金目鯛のおかしらの煮付け。キンメですよ。しかもこのドクロ柄の超個性的なお皿に注目。

e0066369_1341144.jpg
横尾忠則デザインの美濃焼のお皿でした。

e0066369_13413429.jpg
刺身盛り合わせ。左上のみる貝がおいしくてびっくり。他にはうに、つぶ貝、ほっき貝、かつお、かんぱち。

e0066369_13433393.jpg
生わかめのしゃぶしゃぶ。お豆腐と新鮮なぜんまい、三つ葉が山盛り載ったお鍋に生わかめをくぐらせて、手作りのポン酢で。

今日もめちゃくちゃ堪能しました。アッシーさん、おいしい料理をありがとうございます!
[PR]
by cita_cita | 2011-03-27 22:32 | おいしいもの

「遠く遠く」 槇原敬之

今日、FNSの特別音楽番組でマッキーが歌ってた。久しぶりに聴いたな。いい曲だな、改めて。

 
遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい 輝ける日を
この街で迎えたい

外苑の桜は 咲き乱れ
この頃になるといつでも
新幹線のホームに舞った
見えない花吹雪思い出す
まるで七五三の時のように
ぎこちないスーツ姿も
今ではわりと似合うんだ
ネクタイも上手く選べる

同窓会の案内状
欠席に丸をつけた
「元気かどうか心配です。」と
手紙をくれるみんなに

遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を
この街で迎えたい

いつでも帰って来ればいいと
真夜中の公衆電話で
言われたとき笑顔になって
今までやってこれたよ

どんなに高いタワーからも
見えない僕のふるさと
失くしちゃだめなことをいつでも
胸に抱きしめているから

遠く遠く離れた街で
元気に暮らせているんだ
大事なのは
‘変わってくこと‘
‘変わらずにいること‘

同窓会の案内状
欠席に丸をつけた
誰よりも今はみんなの顔
見たい気持ちでいるけど

遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を
この街で迎えたい

僕の夢をかなえる場所は
この街と決めたから
[PR]
by cita_cita | 2011-03-27 21:42 | 音楽

ea cafe@西院

e0066369_12524141.jpg

オリジナル黒ひげバーガーにチェダーチーズとアボカドをトッピング。


e0066369_12524286.jpg

上からぎゅーっと潰してからかぶりつきます。至福。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-27 12:19 | おいしいもの

電気ケトル考察

e0066369_15231276.jpg
2年ぐらいずーっと、買おうかどうか迷っていたのですが、電気ケトルを買いました。
コーヒーはコーヒーメーカーで入れてるのですが、最近健康のために中国茶や紅茶を飲むことが多くなったのでいい機会かなと思い。

ギリギリまでティファールを買うつもりだったのですが、アマゾンのレビューなどをじっくり比較検討の末、タイガーの電気ケトルにすることにしました。

決め手になった理由は色々あるのですが…
・内部がフッ素加工のステンレス(ティファールはプラスチック)
・ふたが取り外せるのと口が広いので洗いやすい
・内部にメモリがあるので、お湯を入れるときに量が見やすい
・ひっくり返ったときもお湯が漏れない
・小容量(0.6リットル)サイズがある
・コードが土台に巻きつけられるので見た目がすっきり
・注ぎ口から中にほこりが入りにくい
・シンプルなデザインと色
・実勢価格もティファールと変わらない

こんなところです。
注文してから2日で届きました。さっそく愛用しています。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-26 00:02 | 暮らし

お上が決めることじゃない。

22日の巨人 滝鼻オーナーの発言。ありえない。
それを言うならあんたが決めることでもなかろうに。

野球は好きなほうだし、生まれてから今まで、別にアンチ巨人でもなかったけど、アンチ巨人になってしまいそう。
こんなリーダーの下でやらないといけない選手がかわいそうだ。
私だったらこんなトップのいる会社のために働くのは嫌だ。
モチベーションがあがらない。

とりあえずは4/12セパ同時開幕で落ち着いたみたいだから、まだよかった。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-24 20:54 | その他