<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イチローズ・モルト

e0066369_1675335.jpg
阪急百貨店で、こんな名前のウイスキーと出会いました。

肥土伊知郎(あくと・いちろう)という創業者の名前を冠したこのウイスキーは彼が以前経営していた埼玉県羽生の東亜酒造が倒産した後、廃棄される予定だったウイスキーを自ら買取り、少しずつ製品化をしているウイスキーだそうです。

東亜酒造が倒産したとき、関西の酒造メーカーであるキング醸造(日の出みりんの生産元)のに売却されたのですが、キング醸造はウイスキーに関心がなかったため、一時は廃棄される運命だった熟成中の約4000樽のウイスキーの原酒。肥土氏は「我が子を捨てるような事は出来ない」として、一人で独立して、販売を続ける事を決断したとのこと。

当初酒造免許もなかったため、買い取った原酒は製造免許を持つ福島県郡山市の「笹の川酒造」にお願いして、一時的に預かってもらい、資金を集めてようやく2004年9月にベンチャーウイスキー社を立ち上げ、販売を再開したそうです。

サントリーの見学に行ったときも思いましたが、お酒ってそれぞれストーリーがあるんですよね。

このIchiro’s Molt Cardシリーズのうち、私がテイスティングしたのはFour of Spade (スペードの4)という銘柄。社長自ら、ミズナラの丸太を旭川の材木市場で買い付けるところから始めた思い入れのある熟成樽を使用しているとのこと。

e0066369_226185.jpg
ボトルで買うには予算オーバーで悩んでいると、テイスティングの対応をしてくれた店員さんが「量り売りもできますよ」とのこと。100mlだけお願いして量り売りしてもらいました。(100mlのボトルが切れていたので、特別に200mlボトルに入れてもらいました)

すごーくいい香りにほれ込んだのですが、アルコール度数58.6%もあるので、なめる程度にしておかないと、ひっくりかえってしまいそう。長い夜、DVDを見ながら、ネコがミルクをペロペロなめるように楽しんでいます。

「やや赤みが勝った褐色。オーツクッキー、ココナッツ様のトップノート。ハチミツのスイートさの中に、焙煎したコーヒー豆のビター差を感じる。フィニッシュで上品なハーブティー、甘草、スイート&ビターの余韻。」…だそうです。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-30 22:04 | おいしいもの

おかゆ三昧

e0066369_050840.jpg
私は結構くじ運が良くて、抽選とかもよーく当たるんですが、今回はフリーズドライのお粥がいっぱい(ほんとにいっぱい)当たりました。キリン協和フーズのCayu-na(かゆ-菜)っていう商品です。なんか寛平ちゃんを彷彿とさせるネーミング(笑)

梅がゆと鮭がゆ、玉子がゆの3種類があって、1ケース6パック入りなのですが、3種類が各4ケース、合計72個もお粥が届いて、周りに配るのに大忙し。配りきれなかった分は朝ごはんにしてみようと思います。

e0066369_0501843.jpg
今日のお昼ごはんに、玉子がゆを食べてみました。うま味がぎゅーっと詰まってて、ほうれん草もはいってて、おいしかったー。いっぱいあるので当分楽しめそう。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-27 00:50 | おいしいもの

無印のインスタントチャイ

e0066369_16165348.jpg
今、会社で気に入って飲んでるもの。無印のインスタントチャイ。

ジンジャーとシナモン風味だそうですが、結構マイルドです。けど、ちょびっとネパール気分に浸れます(笑) チューブのおろし生姜を入れたら、もうすこしスパイシーになるかも。

このほかに、「黒糖入りジンジャーラテ」も出てました。きっとおいしいだろうな。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-24 23:16 | おいしいもの

ネイル新調

e0066369_2358617.jpg
ジェルネイルを新しいのにしてもらいました。

ピンクのピーコック柄です。なんか、キャンディーみたい。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-23 23:58 | その他

わかやま紀行

e0066369_1516881.jpg
週末は南紀の友人宅に行ってきました。いつもここに来ると、せわしない日常から離れて、心の余裕をチャージして帰ってきます。

e0066369_15162620.jpg
「幻の魚」といわれる高級魚、クエ。お魚屋さんでさばいてる最中でした。シメてから2,3日冷蔵庫で熟成したほうがおいしくなるのだそうです。この大きさでなんと1匹20万円!

e0066369_15165018.jpg
日曜日はポカポカ陽気に誘われて、梅苑のある山を散歩。2月には梅の花が、初夏には南高梅の実でいっぱいになりますが、この時期は人気もまばら。でもいいハイキングコースです。

e0066369_15173079.jpg
お弁当を食べてる3人をこっそりパチリ。そしたら「背中が曲がってかっこ悪いから、もう一枚!」と撮り直しさせられました。

e0066369_15174748.jpg
でも、こっちの方が変じゃない???(笑)

e0066369_15182252.jpg
梅干しを漬けるための樽。でかすぎ。

e0066369_1519286.jpg
途中で道を教えてくれた地元のおじさんが、私たちを軽トラで追い抜きざまに車を停めてまた道案内。ホント、このあたりの人は親切なのです。こころがあったかくなりました。

さて、今週もがんばりますか。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-22 21:39 |

ネパール紀行 その4

今回はチベット仏教寺院の話。

ネパールにはヒンズー教の人が一番多い(80%)のですが、仏教徒もたくさん住んでいます。仏陀の生誕地といわれるルンビニもネパールにあります。私が行ったカトマンズ周辺には、ネワール族といわれる人たちが多く住んでいて、この人たちは主に仏教徒(大乗仏教)です。また、チベットの混乱時にネパールに移民してきたチベット人も多く、彼らももちろん仏教徒(チベット仏教)です。

e0066369_239933.jpg
インドが多民族というのは有名ですが、実はネパールもかなりの多民族国家で、シェルパ族などの山岳少数民族も含め70以上の民族が住んでいるそうです。町を歩いていても、結構色々な系統の顔の人がいます。考えてみれば、日本や韓国のようにほとんどの人が同じ系統の顔っていうほうが世界的には珍しいのかもしれないですね。特に日本は島国だから、余計にそうなっちゃったのかも。

e0066369_237432.jpg
カトマンズを代表する光景といえば、ここかもしれません。スワヤンブナート寺院。カトマンズ盆地の中にぽっこりそびえる小高い丘の上にあるネパール最古の仏教寺院です。約2000年前に建立されたとのこと。このあたりには、チベット系の人が多く住んでいて、ヒンズー教寺院でインド系ネパール人をたくさん見た後に彼らの顔を見るとなんだか日本人に近くてほっとします(笑)

e0066369_2381520.jpg
365段の急な階段を上った先に、ドーンとそびえ立つストゥーパ(仏塔)はあまりにも有名。

e0066369_23103499.jpg
ストゥーパに描かれている仏陀の智慧の目は、森羅万象あらゆるものを見る力を持ち、額にある第三の目はさらにその物事の奥底までを見抜いてしまうといわれています。鼻の位置にある?マークのようなものは、ネパールの文字で数字の1を表します。悟りに到達するためには仏教というただひとつの道しかないことを意味しています。

これまでに何度となく、写真やテレビでこのお寺を見てきましたが、やはり本物を目の前にしたときは、「あぁー、ついにネパールに来たんだなぁ!」と感動しました。

e0066369_22573173.jpg
ここに限らず、仏教のお寺はすべて時計回りに歩くのがしきたりになっています。周りにあるマニ車を回しながら歩きます。

e0066369_22574986.jpg
マニ車というのは、チベット仏教で用いられる法具です。「オーム・マニ・ぺメ・フーム」という真言(仏教でいう南無阿弥陀仏みたいなもの)を唱えながらマニ車を回していきます。マニ車の中には経文が入っており、1度回すと、お経を1回唱えたことになり、功徳を得られるというものです。おみやげ物やさんでは、小さなミニチュアのもの(でんでん太鼓みたいに手で持って回す)も見ました。ちなみに、逆方向に回すと、悪いカルマ(業)が生じるそうなので、絶対に方向は間違えないこと!!

e0066369_2258596.jpg
チベット仏教寺院の周りに無数に飾られているこの5色の旗のような布は、タルチョーといわれています。青は空、白は雲、赤は火、緑は水、黄色が土を表しています。旗の中央には「風」「速さ」を象徴する馬が描かれていて、願いごとが早く成就することを意味していたり、仏画が描かれています。その他に虎、獅子(キリンビールのシンボルである「麒麟」)、鳳凰、龍が描かれています。そして生命力を高め、幸運、富、健康に恵まれるようにという意味のチベット語や、さまざまな真言(マントラ)が印刷されています。

e0066369_2313537.jpg
このタルチョーが風にはためくと、功徳が風下に流れていくと言われています。なんだかステキですね。そのためお寺だけでなく、家の屋根に飾ったり、ヒマラヤのベースキャンプや山頂などにも見られます。

e0066369_22595831.jpg
なぜかお寺の周囲にはたくさんのサルが住みついています。日光や箕面(バリのモンキーフォレストもそうですね)と同じく、中には悪さをするヤツもいるので持ち物(特にスーパーの袋など)には気をつけましょう。

e0066369_2301726.jpg
寺院からはカトマンズの町並みが一望できます。でも晴れていても、なんとなくいつもうっすら白い感じ。実はカトマンズ市内は、メキシコシティと並び称される「大気汚染の町」。メキシコシティが世界一、カトマンズは二番目に空気が悪いと言われています。どちらも高地(カトマンズは海抜1340m)にあって、大昔は湖だったといわれる場所がそのまま盆地になって汚れた空気の逃げ場がなく溜まりやすい地形であること、急激な車の増加にもかかわらず排ガス規制が遅れていること、さらに未舗装の道路が多くて砂ぼこりがすごいこと…など、大気汚染の要素をバッチリ満たしているのです…。カトマンズに行くときは、マスクを持っていくことをおススメします。

e0066369_2323781.jpg
街中でも舗装されていない道が多く、また、建設ラッシュのためレンガ工場のばい煙がすごくて、マスクせずに長時間ウロウロしてると、ちょっと口の中がジャリつくことも(汗)

e0066369_2305294.jpg
e0066369_2325718.jpg
あと、カトマンズの道路事情は非常に悪いです。舗装されていてもでこぼこ、道にはごみや、トラックからの落し物などがそのまま落ちたままだし、狭い道にはヤギや牛もいるし、交通ルールもあってないようなもの。道を間違ったら逆行も当たり前。中心部でも信号もほとんどありません。道路を渡るのもかなり本気の命がけです。私は今まで、ベトナムの道を横切るのが一番怖いと思いましたが(次はインド)、今回カトマンズに行って、ここがNo.1になりました。あ、でも田舎の道はそんなことないですよ。

e0066369_233951.jpg
申し訳程度に存在する信号機の周りもすごいことになっています。この無秩序な電線…。しかも信号は機能してなくて、結局警官が交通整理してたり。ほぼ毎日計画停電(予告された時間に電気がストップする)があるので、信号もあまりアテにならないのかも。

e0066369_2332321.jpg
そんな中で、この道はめっちゃキレイやん!と思ったら、日本の援助でできた道路だそうです。すごいぞ、ニッポン。

そして、別の日に行ったのは、ボダナート寺院です。こちらは先ほど紹介したスワヤンブナートと違い、低地にあるのですが、ストゥーパの大きさではこちらがネパール最大ということです。ちなみに以前紹介したシェンチェンゴンパ(僧院)やクリニックもこちらボダナート寺院から歩いてすぐの場所にあります。

e0066369_234524.jpg
交通量の多い道路から、ひと筋入ったところに、忽然とこの巨大ストゥーパが姿をあらわします。これはかなり感動ものです。私は、スワヤンブナート寺院より、こちらのボダナートのほうが強い癒しパワーを感じました。観光地というよりも信仰の場所なんだなと実感できた場所です。機会があれば、ぜひもう一度行きたいと思っています。このお寺の近くに泊まって、早朝に散歩をしてみたい。

e0066369_2341847.jpg
ちなみにこちらの道路がボダナートから徒歩30秒のバス通り。まさかこの裏にあんな荘厳な景色が待っているなんて思えないですよね。

e0066369_2342972.jpg
寺院の周りには古い建造物がたくさん並んでいます。決して手入れが行き届いているとはいえませんが、ひとつひとつの建物が美しいと感じました。これらの建物は、今はホテルや食堂、仏具屋さん、土産物屋さんなどになっています。

e0066369_2344110.jpg
このお寺に吸い寄せられてきたかのように、周辺にはたくさのチベット系住民が住んでいます。この女性のように特徴のある柄の民族衣装を着ています。

e0066369_235553.jpg
ストゥーパの正面にも寺院があり、こんなに巨大なマニ車があります。

e0066369_2352285.jpg
また、このお寺の二階に上るとストゥーパを少し高い位置から見ることができます。人のサイズを見るとストゥーパがどれぐらい大きいか分かるでしょうか。

e0066369_2354897.jpg
e0066369_236283.jpg
ストゥーパの周りを歩くとこのような木の板がありました。ここはあの五体投地でお祈りするための板なのです。五体投地って聞いたことありますか?チベット仏教でのお祈りの方法で、五体(両手・両膝・額)を地面に投げ伏して大地にひれ伏し、仏様や高僧に礼拝することで、仏教における一番丁寧で正しい、最上の礼拝方法とされています。チベットでお坊さんが聖地を目指すとき、この五体投地を繰り返しながら、少しずつ少しずつ前に進んでいく巡礼(というか修行?)の方法があるそうです。普通に歩けば数日、数週間で進めるような距離を何ヶ月、何年もかけて行くのです。常人の私には、気の遠くなるような話ですが本当です。ちなみに、ここではみんな五体投地を数回したら、後はストゥーパの周りを普通に歩いて回っていました。

仏教のお寺の紹介も、書き出すと結構長くなっちゃいましたね。次はポカラでのトレッキングの様子を紹介したいと思います。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-17 23:06 |

ネパール紀行 その3

今回はヒンズー教のお寺について。

ヨガのリトリート中に訪れたのはカトマンズにあるパシュパティナート寺院。ネパール最大のヒンズー教寺院です。

e0066369_1737348.jpg
参道には、色鮮やかな顔料が。これを使って顔や額に印をつけたりします。

e0066369_1738417.jpg
ヒンズー教の行者(サドゥー)。この人は大丈夫でしたが、サドゥーによってはポーズをとって写真を撮らせておいて、後でお金を請求してくるので注意。

e0066369_17394341.jpg
この人もサドゥーですね。オレンジ(黄色)の布を体にまとっていて、顔には灰を塗りつけて顔料でお化粧(?)していたりします。お風呂にはあまり入らないので(川には浸かると思う)髪はドレッドの人も結構多いです。

e0066369_17403477.jpg
この寺院はガンジス川の支流にあたるバグマティ川に面しています。ヒンズー教徒はお墓を持たないので、この河原の火葬場(ガートといいます)で荼毘に付し、その後、遺灰を川に流します。

e0066369_17422919.jpg
e0066369_17432496.jpg
川ではインドと同じく、洗い物をする人や、身を清める人などがいます。水は決してきれいではありませんが、ヒンズー教徒にとっては聖なる川です。

e0066369_1744026.jpg
火葬場はカーストによって2つに別れています。こちらはカーストが低い人のための火葬場。

e0066369_17443839.jpg
こちらはカーストが高い人のための火葬場です。どちらもすぐ近くなんですが、こちらのほうが少しだけ上流側にあります。

e0066369_17452020.jpg
ちょうど火葬の最中でした。遺体を水で清めた後、組み上げた薪の上に遺体を安置し、わらに火をつけて、それを薪の下にくべます。


e0066369_17494025.jpg
周りでは観光客を含め大勢が見守っています。ヒンズー教では、輪廻転生の考えがあって、死はその中のひとつの過程でしかないので(だからお墓も作らない)、日本のように泣いている人はありません。泣くと、魂が引き止められてしまうと考えるのかもしれません。でもやはり身内は心の中では涙を流しているのだろうと思います。

私は、今までにバリでも何度か火葬を見たことがあったので(バリヒンズーでは火葬は人生最大のイベント)、それほどショックではありませんでした。でも、一緒に見ていたYちゃん(ヨガのリトリートで同室だった女性)は、何の知識もなく来てしまったので、かなりショックだったみたいです。ここに行く人は、事前に知っていったほうがいいかもしれないですね。

いろんな意味で、死ということ、そして同時に生きることについて深く考えさせられる場所です。ネパールだけでなく、インドやバリも含めてヒンズー教では、死が、私たちの生活のすごく近い場所に存在しています。

e0066369_2251683.jpg
火葬は大体3時間で終わります。毎日大勢の人が火葬されるので、炭になった薪は集めてどこか別の場所に運ばれます。ここでは子供が作業をしていました。

e0066369_17505527.jpg
この火葬場の後ろ、お寺に隣接してホスピスがあります。右奥にある白い建物で、マザーテレサが作ったそうです。末期がんなど死の近い人たちがここに入って、最期のときを待ちます。死がいよいよ間近になると、川岸に連れてきて横たわらせて、牛乳を飲ませるのだそうです。(もうほとんど飲む力も無くなっている人が多いので、口を牛乳で濡らすというほうが正しいかも)

e0066369_22105764.jpg
これはヒンズー教寺院では、シヴァ神のシンボルとされるリンガ(男性器をシンボル化したもの)。女性器の象徴であるヨーニとセットになっていることが多いですね。ヒンズー教のお寺には必ずとといっていいほど見られるものです。このお寺にはやたらといっぱいありました(笑)

e0066369_2153941.jpg
ここはホームレスや行き場の無いお年寄りのための施設だそうです。ここもマザーテレサが作ったとか。

e0066369_21532858.jpg
ここはお寺の境内に入る前に、履物を預かる場所です。ヒンズー教の寺院では裸足になる必要があります。

e0066369_2154090.jpg
ここがお寺の正門になりますが、ここから先はヒンズー教徒以外立ち入り禁止。異教徒はここまできたら引き返しましょう。ちなみに、真ん中に見える金色のものは、ヒンズー教の聖なる動物である牛の像です。なぜか、こっちにお尻を向けてます。

e0066369_21544954.jpg
この時期はヒンズー教の大きな祭りであるダサインの最中だったので、正装した女性をたくさん見かけました。ダサインについては、別の機会にまた説明します。

次の回では、仏教のお寺を紹介したいと思います。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-15 22:04 |

衝動買い?それとも?

e0066369_21175254.jpg
パソコンの写真データがいっぱいになったので会社近くの家電量販店に外付けのHDDを買いに行ったら、エコポイント半減前のせいか、それとも京都駅に新しくオープンしたヨドバシカメラとの対抗のせいか、テレビ売り場がかなり盛り上がっていました。

東芝のREGZAがかなり人気で、しかも予想外に安かったので、色々話を聞いているうちに両親のクリスマスプレゼントにしようかなーと思いつき…結局買っちゃいました。部屋がせまいので32インチです。

両親が今使っているのはテレビがシャープのAQUOS、DVDレコーダーがパナソニックのDIGA。2つのリモコンを使ってゴチャゴチャ格闘してますが、よく間違って録画したり、予約したつもりができてなかったりしてガッカリしてるのを見てたんです。今回買ったREGZAは外付けHDDをつけるとテレビのリモコン操作だけで、番組表から簡単に録画できて、容量も増やしていけるとのこと。これなら失敗がなさそうだなと思い、決めました。

だけど、かなりの品薄みたいで、入荷予定は1月中旬とのこと。クリスマスプレゼントには何か他のものをねだられてしまったりして…(><)
[PR]
by cita_cita | 2010-11-12 22:54 | その他

ビストロ・バキュース@新町(西大橋)

日曜日は南船場から堀江をおさんぽ。
ランチは西大橋駅近くのビストロ・バキュースへ。あの「エプバンタイユ」出身のシェフが開いている小さなビストロです。

e0066369_19295834.jpg
前菜はフォアグラと鴨のテリーヌ、ぶどう風味のマスタード サラダ仕立て。

e0066369_19301934.jpg
本日のメインは魚料理。白身魚のシャンピニヨン風味、黒米のバターライス添え

パンはビゴの店のバケットでした。おいしかったぁ。他のメニューも少し味見させてもらいましたが、どの料理も、ひとつひとつ丁寧に作られているのが印象的でした。一人で切り盛りしているのにすごい。ランチの終わりの時間で、他のお客さんがいなくなってからシェフと少しお話しましたが、笑顔がステキな気さくな方でファンになってしまいました。私の好きな京都の「ガスパール」のシェフも来店したことがあるそう。やっぱりおいしいものを作る人同士って、つながりあうんですね。

その後、南堀江でショッピング。そしてショップ店員さんおススメのカフェBAKUでお茶してほっこり。

e0066369_19305690.jpg
タルト・タタン。ラムレーズンアイス添え。うまーい。

e0066369_19311535.jpg
この週末の戦利品。スモックショップのキルティングコート。この冬活躍してもらいます。フードがとりはずせて、中がフリース生地であたたかーいのです。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-11 20:16 | おいしいもの

焼鳥「市松」@北新地

e0066369_2251519.jpg
以前から行ってみたいと思っていた北新地の鶏料理「市松」に行ってきました。

e0066369_2252498.jpg
ここのメニューは5000円のコースのみの一本勝負。とにかく感激の2時間、品数は小さいものを入れると20品以上。ぜひ、目で見て楽しんでください。

席につくとすぐにメニューが出てきて、焼き野菜の希望を聞かれました。この日は加賀れんこん、マッシュールーム、しいたけの3種類。私は大好きな加賀れんこんをチョイス。

e0066369_22522284.jpg
まず最初に出てきたのは肝のブリュレ。バケットにつけていただきます。すりつぶした玉ねぎも一緒に入っているのか、ほんのり甘くておいしい!

e0066369_22524117.jpg
焼きものの1品目。これはモモ肉かな?上にはわさびと自家製鶏のからすみ(普通はボラの卵巣だけど、鶏の卵巣で作っているそう!)がトッピング。鶏はすべて比内地鶏とのことで、噛めば噛むほどうま味が出てきます。

e0066369_22525481.jpg
お造り、前菜盛り合わせ。上から時計回りに、鶏肝の低温煮、砂肝の煮込み、藤井寺のいちじく(トッピングは味噌みたいなものだったかな…)、毛馬きゅうりの粕漬けマスカレポーネチーズ和え、河内鴨の造りあけがらしのせ。前菜からいきなり凝りまくってます。

e0066369_2253550.jpg
つくねの玉ねぎソースのせ。つくねのミンチも大きめで歯ごたえ十分!

e0066369_22533064.jpg
砂肝の焼き物とカスサンド。油かすと鳥皮をカリカリにしてサンドイッチに仕立てたもの。

e0066369_22534218.jpg
地玉子の燻製ポルチーニ茸ソース。温泉玉子のようにゆるゆるの半熟なので、スプーンですくっていただきます。もぉ、とろっとろです。

e0066369_22535452.jpg
吉田牧場チーズの瞬間燻製。さかさにしたワイングラスを開けると…

e0066369_2254294.jpg
中からは燻製の煙とともに、とろける吉田牧場のチーズが。

e0066369_22541448.jpg
テールスープ。土瓶蒸しの器で出てきます。

e0066369_22542523.jpg
中は白濁した鶏がらスープ。博多鶏なべのスープみたいで濃厚なお味が最高。スープの中にはちゃんとぼんじり(お尻の部分)も出てきます。

e0066369_22543981.jpg
最初に選んだ焼き野菜。3人で、1種類ずつ頼んだので全部味わうことができました。

e0066369_22545179.jpg
自家製豆腐。なめらかまったり。

e0066369_22551672.jpg
せせり。いわゆるネックですね。私の大好きな部位なんです。これ、ホントいつまでも食べてたかった(笑)

このへんで手羽先が出たのですが…あまりの品数の多さに写真撮り忘れてます。でも手羽先、今まで食べた中でも一番ブリンブリン(思わず出た造語。プリップリを通り越した表現)ですごい弾力。びっくりしました。ホンマにおいしかった。

e0066369_2255391.jpg
鶏のきんかんしょうゆ漬け。卵管の中にある黄身をしょうゆ漬けにしたもの。「ひとくちで食べてください」といわれて、その通りにすると口の中でぷっちんハジけてびっくり。あー、これまた食べたい。

e0066369_22562713.jpg
焼いた海老芋とかぶらのあんかけ。京料理っぽい。ぎんなんは秋だけど、海老芋もかぶらも冬の味覚ですねー。

e0066369_22564716.jpg
ここにきて真打登場、ねぎまです。定番なだけに、他の店との違いがよーーーく分かりました!

e0066369_2322225.jpg
フォアグラといちごのバルサミコソース。チコリの上に載っていて、一口で食べます。このイチゴとの組合せが絶妙。

e0066369_22572188.jpg
そしてシメは自家製チキンラーメン。もちろん日清のではなく。鶏がらスープから作ったおいしいラーメンです。

e0066369_22573641.jpg
デザートは季節のフルーツのゼリーよせ。上に生姜のシャーベットがのっています。めっちゃさっぱりでおいしかった!

はぁぁぁ。ご馳走様でした。目で見て楽しめって、余計に腹が空いたわ!とお怒りの皆様は、ぜひ舌でも楽しむためにお店に予約を!!堂島アバンザから歩いてすぐです。
[PR]
by cita_cita | 2010-11-08 22:55 | おいしいもの