<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネパール紀行 その2

リトリートの最中に、チベット医学の先生の講義を聞き、診察を受けるチャンスがありました。

チベット医学は、チベットのお坊さんの間に2500年以上前から伝わる伝統医療で、インドのアーユルヴェーダに中国医学の要素が加わったようなものだそうです。チベット医学では万物の起源は土、水、火、風、空の五元素からなると考えられています。万物ということはつまり人体もまたこの五元素が無いと成立しないということです。そして人間の体質・資質を3つの要素(ルン(風)、チーパ(火)、ペーケン(土、水))に分けて考えるところは、アーユルヴェーダに似ていますね。治療には漢方のような薬を使うのだそうですが、中国の漢方と違うところは、チベットに自生する高山植物を多く使うことと、鉱物をすりつぶしたものも一緒に混ぜたりするところだとか。

e0066369_22271633.jpg
カトマンズ市内のシェンチェンゴンパという僧院に付属しているクリニックから女医さんが来てくださいました。先生によるチベット医学の講義のあと、実際に簡単な診察をしてもらいました。人差し指、中指、薬指の3本を使ってかなり念入りに脈診します。また、舌を見てもらったりもします。正式には尿も含めて診断を下すのだそうです。

e0066369_22285665.jpg
ビクターとの2ショット。先生の服はチベット女性の民族衣装。なんとなく「チャングム」のお医者さん時代の服に似ていませんか?

e0066369_168871.jpg
この翌日、私たちもカトマンズ市内に移動して、実際にシェンチェンゴンパを訪問しました。ここは日本でいう薬師如来を本尊とするゴンパ(僧院)です。

e0066369_1683497.jpg
e0066369_169046.jpg
チベット仏教のお寺は外も内部もすごく鮮やか。日本だと密教(高野山とか比叡山)のお寺もこんな感じですよね。京都ではあまり見ないスタイルです。

e0066369_1695915.jpg
若いお坊さんがプジャ(お祈りの儀式)を続ける中、一番えらいお坊さんがやってきて、まだまだお祈りは続きます。チベット仏教のお祈りは日本のとは全然違って、お経を唱えたと思うと、突然楽器を鳴らしたり、手の指をパチパチならして祈ったり不思議な感じでした。すべてが終わると、私たち一人ずつにダガーという赤い糸が与えられ、聖水を頂いて口と頭を清めます。赤い糸は手首にくるくる巻いたり、首にかけたりしてお守りにします。

e0066369_16102678.jpg
e0066369_1612337.jpg
ゴンパを出ると、歩いてすぐのところに、シェンチェンクリニックという病院があります。ここはチベット仏教の病院です。ここで昨日の女医さんが働いていました。このクリニックは、貧しい人たちもいつでも来られるように診察料は無料なのです。薬を処方してもらうときだけ、薬代を払います。

e0066369_16132891.jpg
薬は丸薬みたいなもので、直径1センチぐらいの球体です。ヒマラヤの薬草やミネラル(鉱物)がはいっています。

私は首や背中の神経が圧迫されやすいのと、冷え性の傾向があるというので薬を処方してもらいました。朝、昼、夜、それぞれ違う薬だそうです。丸呑みしてもいいのですが、口の中で軽く砕いてから飲むと良いといわれました。ものすごく苦いのではないかと、ちょっとビビリましたが、意外とソフトな味で、大丈夫でした。帰国してから1週間ちょっと薬を飲み続けましたが、体調はいいかんじで、夜もぐっすり眠れるし疲れもたまらない感じです。薬が効いているのかな。

e0066369_22304516.jpg
これが先生が私に書いてくれた処方箋。チベット語で書いてるそう。ネワール系(カトマンズ周辺に多い民族)のネパール人に聞いても「チベット語だってことはわかるけど、ぜんぜん読めない。」って言ってました。

e0066369_22291774.jpg
袋には1回何錠飲むか、○印を使って書いてくれました。私たちが日本人だから、わかりやすくしたのかな。「大きい錠剤2つと小さいの2つ」の場合は○○。。みたいに書いてありました(笑)
[PR]
by cita_cita | 2010-10-29 22:31 |

ネパール紀行 その1

ネパールから帰って1週間。少しずつ旅の記録をアップしていこうと思います。

以前から興味があったネパールですが、今回の渡航を決めた一番のきっかけは陰ヨガのリトリート(合宿)に参加するためでした。私の陰ヨガの師匠であるビクター・チャン先生はふだんシンガポールや香港を拠点にレッスンを持っておられますが、その生徒さんたちが参加するリトリートに私も日本から参加させてもらいました。他にも日本からの参加者はあったのですが、カトマンズに現地集合だったので今回はタイ航空でネパールに向かいました。以前はロイヤルネパール航空が関空から直行便を出していたのですが、今は運休しているので、関空からはタイ航空でバンコク乗り継ぎか、キャセイで香港乗り継ぎになります。

e0066369_084686.jpg
カトマンズの空港の駐車場にて。インドもそうですが、なぜかネパールの人たちは車のウィンドウにSUZUKIとかTOYOTAのステッカーをベタベタ貼るのが好きみたいです。運転の邪魔じゃないのかなぁ。

まずは空港から直接ナガルコットという山の中腹にある村に移動しました。ここで3泊して、ヨガと瞑想三昧の毎日を過ごします。そこからカトマンズ市内に下りて2泊、そこでリトリートは終了、各自解散となります。私は解散後、ヒマラヤが見える湖沿いのポカラに移動してトレッキングを楽しむことにしました。私が参加したリトリートはこちらから申し込みました。来年はタイのコ・サムイや、ブータンでのリトリート企画もあるようです。

e0066369_091114.jpg
ナガルコットで宿泊したHotel Country Villa。周辺ではかなり立派なホテル。

e0066369_15222330.jpg
テラスからの眺めは絶景。毎日の食事はここで食べました。

e0066369_0133719.jpg
e0066369_0135151.jpg
食事はビュッフェ形式。ネパール・インド料理がメインで、そこに洋食と中華が少し混じったかんじ。ネパール産の紅茶で入れる、毎食の後のマサラチャイが楽しみでした。

e0066369_0142525.jpg
朝食はオーソドックスに洋食メインでした。

e0066369_0152195.jpg
ホテルのスタッフ。3食ここで食べてたから、すごく仲良くなりました。ネパール語も色々教えてもらった。

e0066369_0154815.jpg
スタッフの一人、かわいいでしょ。

e0066369_15215274.jpg
ホテルは山の斜面にあって晴れると遠くのほうにヒマラヤが見えます。

e0066369_15225384.jpg
でも朝もやや霧がでるとこんなに真っ白。

e0066369_15235032.jpg
2日目の早朝ヨガの直前、すばらしい日の出に遭遇して、神聖な気持ちでいっぱいになりました。

ナガルコット滞在中は、6時半に朝ヨガ(陰&陽ヨガ)、朝食のあと昼まで自由時間、ランチの後ヨガ哲学の講義と瞑想、少し休憩して夕方から陰ヨガと瞑想、そして晩御飯の後、寝る前の瞑想…というような毎日でした。

e0066369_012443.jpg
e0066369_0121712.jpg
e0066369_0122927.jpg
ここがレッスン会場。ホテルの中の多目的ホールです。

e0066369_013159.jpg
参加メンバー。先生を中心に、香港とシンガポールからの参加が多数派。そして日本人は私を含めて5人。うち1名はドバイ在住。みんな陰ヨガでつながっているから、初めて会ってもすぐに意気投合。

そういえば、ひとつびっくりすることがありました。初日の夕食のとき、日本人参加者のうち山口県から参加していたYukikoさんが私を見て、「私たち、前に会ってますよね?」と思いがけない一言。そうです、実は私たち、5年ほど前にバリで会っていたのです。旅行中、ウブドのBali Spiritというヨガスタジオでレッスンを受けていた中に日本人らしき女性がいて、スタジオに併設されているカフェで一緒にお茶を飲んだことがありました。その後メルアド交換をしたものの、なんとなくそのままになっていたのですが…なんとネパールの、しかもこんな場所で再会するだなんて!!! この5年の間に、まったく別々にお互い日本でヨガを続け、陰ヨガを知ってビクターのティーチャートレーニングを受講して、そしてリトリートへの参加を決めていたんですね。考えれば考えるほどすごいことですよね。

…と今日はこの辺にしておきましょう。ネパールの旅、まだまだ紹介したいことはたくさんありますので、お楽しみに。
[PR]
by cita_cita | 2010-10-26 23:57 |

ただいま(^-^)

e0066369_13161892.jpg
遅くなりましたが、ネパールから戻ってきました。

前半はヨガと瞑想の旅、後半はヒマラヤのミニトレッキングの旅でした。

なんか、うまくいえないけれどいい旅だったと思います。
心が洗われたような、お風呂に入ってさっぱりしたような気分です。

伝えたいことがいっぱいあって、なかなか旅レポまとめられてないけど、写真もたっぷり撮ってきたので、少しずつアップしていきたいと思ってます。

まずは、帰国あいさつまで。
[PR]
by cita_cita | 2010-10-20 22:10 |

いってきます(^~^)/

仕事終わって、家に帰って、今関空です。

チェックインも終わって、ようやくほっとひといきです。

フライトは0:30。早朝にバンコク到着、で5時間のトランジット待ち時間。空港でタイマッサージでもやってもらうつもり。

それから10時過ぎの飛行機でカトマンズに向かいます。初めてのネパール。インドよりはずーっと過ごしやすいはずだけど、やっぱり初めての場所に行くのはワクワク半分、ドキドキ半分です。

会社で風邪が流行ってて、私もちょっと風邪気味ですが、ヒマラヤ見ながらのヨガとアーユルヴェーダで元気になって帰ってきます。

それでは。。。
[PR]
by cita_cita | 2010-10-07 22:42 |

SAKISHIMA meeting@京都

e0066369_23374177.jpg
SAKISHIMA meeting(新良幸人+下地勇)のライブを聴きに、寺町丸太町の下御霊神社に行ってきました!

新良さんは石垣島、下地さんは宮古島の出身。SAKISHIMA(先島)は沖縄の中でも、宮古諸島と八重山諸島のこと。ソロでもたくさんのファンがいるこの二人の歌を一緒に聞けるなんて、またとない機会でした。

演奏してくれたのは、どれも甲乙つけがたい歌ばかりだったのですが、特にこの、夏至南風(カーチバイ)という歌がすごく良かったです。

e0066369_23592071.jpg
この夜は神社の神楽殿が舞台に。夜空の下、涼しい風に当たりながら演奏を聴いていると、なんだか京都じゃない場所にいるみたいでした。

観客も、演奏者の二人もオリオンビールや泡盛を…特に新良さんは下地さんのソロで舞台袖にいる間にも相当飲んだのか、ほろ酔いを通り越したような様子。けど、それでも歌も三線もますます調子がよくって、さすがプロですね…。

下地さんは、最高に泣ける名曲、おばあを熱唱してくれました。そしてMCではワンポイントみゃーくふつ(宮古島方言)講座も披露してくれました。予想はしてたけど全く何言ってるんだかわからなかった(笑)。この動画を見ればどれぐらい分からないか、実感してもらえるかな?絶対日本語とは思えないです。

二人の歌声、最高でした。会場に入らなかった人も、外を通りかかってきっと聴き惚れたはず。

あーなんか無性に沖縄行きたくなってきた!!!
[PR]
by cita_cita | 2010-10-03 23:57 | 沖縄