<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

パクチーのグリーンカレー

e0066369_1095380.jpg
河原町丸太町にある「タイキッチン・パクチー」。人気店なので、夜は予約必須、昼も待つことが多いので時間に余裕を持っていくのがおすすめ。

e0066369_1010132.jpg
店内にはタイから直輸入した麺屋台がどどーんと。もちろん、これでクイッティオ(お米の麺)も作ってくれます。

e0066369_10103958.jpg
ランチのグリーンカレーは580円。日本で、この値段でおいしいグリーンカレーが食べられるなんてうれしい限り。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-29 21:12 | おいしいもの

NBのトレッキングシューズ

e0066369_14553327.jpg
今度10月にネパールに行くのですが、せっかくヒマラヤのおひざもとに行くので、ついでにトレッキングでもと思ったら、それ用の靴がない…(去年、乗鞍に行ったときはスニーカー)。必要な装備は現地でほとんど揃うので、余計な荷物は増やしたくなかったのですが、靴だけはちゃんとしたものをと思い、いい機会だったので登山用の靴を見に行きました。

登山といっても1、2泊のショートトレッキング程度なので、本格的な登山靴でなく、なるべく使いやすいものを探してみたいのですが、お店の人とも色々相談した結果、ニューバランスのWT703GHというのにしました。これは、もともとトレイルランニング用で人気のあった靴をベースにハイカットにアレンジしたもので、GOATECの防水加工もあります。ちなみに撥水タイプのもあって、もう少し安かったのですが防水と撥水は根本的に違うとのこと。撥水加工って、単に表面処理なので、長くはいている間にだんだん効果がなくなってくるんですね。防水の場合は生地の間に完全防水の素材を入れ込んであるらしいので、水たまりなんかにハマったときやどしゃ降りの時も格段に快適に過ごせるそうです。

あと、このモデルは通常のEEワイズのほかに4Eもあって、外反母趾がきつくて足幅も広い私にはぴったりだとのこと。

デザインもカッコいいし、何よりものすごく軽い(300g台)のでトレッキングのとき以外に履いても負担になりません。 写真後ろのダークアースもすごくいい感じの茶色で、かなり悩みましたが、ヒップバックとおそろいのパープルのほうを選びました。

よし、あとは出発までこまめに履いて足を慣らすのみ。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-28 20:50 | その他

奈良パワースポットめぐり

e0066369_13345892.jpg
1週間前の話になりますが…奈良に行って来ました。三輪山のふもとにある大神神社(おおみわじんじゃ)です。三輪明神とも呼ばれてます。場所は天理と飛鳥の間ぐらい…知る人ぞ知るパワースポットなんですが、私は今回5年ぶりぐらいに行って来ました。

e0066369_13343946.jpg
大神神社では、三輪山そのものがご神体と考えられているので、拝殿のうしろに本殿がありません。拝殿から山をそのまま拝む形になります。今回は神社の方にお願いして、拝殿の裏側にある三つ鳥居(神様の通り道といわれます)を見せていただきました。写真は禁止だったのでありません。

そういえば、大神神社の境内で、いしだ壱成を偶然見かけました。プライベートで来ていたみたいで、たった一人でゆっくり参拝している様子でしたが、なんというか、やっぱり普通の人とは違う芸能人オーラが漂っていました。

大神神社に行った後、西の京駅で下車して薬師寺と唐招提寺にも行って来ました。

e0066369_13363433.jpg
薬師寺は今、東塔と西塔の内部が両方公開されているビッグチャンスです。こちらは西塔。火事などで長い間消失していたものを1981年に創建当時の姿のままに再現したものです。鮮やかな色が目を引きます。

e0066369_13365426.jpg
一方こちらが東塔。なんと1300年前の創建当時から、そのまま残っている貴重な建造物です。1300年前を再現した西塔の姿と比べると、長い年月の間に色が失われ、このような姿になるということがよく分かります。京都にあるのは平安時代以降の建物がほとんどなので、1300年前の奈良時代の建物が残っているなんて本当にすごいこと。ちなみにこの東塔、10月31日までは内部の天井を拝観することができるのですが、11月1日からは周囲を覆って、なんと10年間の修復期間に入ります。次に見られるのはたぶん2020年。10年後の自分ってどうなってるんだろ(怖)。今のうちに見ておきたい人は急ぎましょう!

e0066369_13371746.jpg
そしてここでは現在たびたびコンサートが開催されています。先日はKinkiKidsの堂本剛(地元出身)のライブも開催され、昨日はAKB48のライブもあったそう。私が行った日は何かと話題の玉置浩二率いる安全地帯のライブでした。参拝者は結構冷たい反応でしたが(笑)

e0066369_13373396.jpg
その後徒歩で唐招提寺へ。ここは759年に鑑真が建てた修行の場としてのお寺です。朱色が鮮やかな薬師寺と対照的に、どっしりと重厚なイメージです。

晩御飯は、いつもの奈良駅とは違う場所で食べてみようということになり、降りたことのない新大宮駅へ。西大寺と奈良の間にある駅です。駅から徒歩2分ほどのTruchaというお店に行きました。

e0066369_1338110.jpg
アジア料理をアレンジしたメニューがたくさんあります。これは青菜の炒め物。味付けはタイ風かな。

e0066369_13381861.jpg
e0066369_13384011.jpg
こちらのサラダ、上に乗っかってるのは餃子の皮を刻んで揚げたものだとか。ざっくり混ぜて食べると食感も楽しめてすごくおいしい。

e0066369_13401082.jpg
ミーゴレン風の焼きそば。そんなに辛くはなかったです。

奈良は京都と比べるとエスニックのお店が少ないのですが、こちらは結構人気があるようです。私たちが行った日も満席で断わられている人がありました。また機会があればいってみたいと思います。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-27 21:08 |

横手やきそば

e0066369_10131556.jpg
B級グルメのチャンピオンを決めるB-1グランプリにもなった秋田の横手やきそば。気軽に作れるキットをもらったので休日のお昼ご飯に作ってみました。

特長はもちもちの太麺、トッピングの目玉焼き、福神漬けと青のりだそうです。あとお肉は豚バラではなく、豚ミンチが定番だそう。

ダシのきいた甘めのソースがなかなかおいしかったです。ビールが進むわぁ(^0^)
[PR]
by cita_cita | 2010-09-27 20:44 | おいしいもの

THE SCREEN

横浜から友達が京都に来たので、寺町二条のフレンチ、LE BOUCHON(ブション)で晩御飯。その後、宿泊先のTHE SCREENへ。御所の南東にある知る人ぞ知るラグジュアリーデザインホテル。13部屋、それぞれまったく違うコンセプトでデザインされています。

e0066369_1254050.jpg
友達の部屋は101号室。まるで「チャーリーズ・エンジェル」とか「キル・ビル」とかに出てくる「欧米人がイメージした日本」。

他の部屋も見たければこちらへ
[PR]
by cita_cita | 2010-09-24 22:28 | 京都

中華そば笑麺

e0066369_1149296.jpg
シルシルミシルで紹介されてた堀川下立売上るの笑麺に行って来ました。看板メニューの笑めん。鶏がらスープの背油醤油系ラーメン。のりと半熟卵のトッピング。思ったよりあっさり、でもしっかりした味。おいしかったー。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-24 22:01 | おいしいもの

だんじり2010 写真編

2年ぶりに行った岸和田のだんじり。会社の岸和田出身(宮本町)の同僚と一緒だったので、いいタイミングで場所を見つけて回ることができました。

e0066369_1445280.jpg
岸和田の人のだんじりにかける思いは私たちには計り知れないものがあります…。友達に聞いた話ですが、だんじりを曳くメンバーはもちろん、撮影係なんかは本番まで毎日夜のランニングが欠かせないそうです。確かにあの暑さの中で2日間、走り回るには相当の体力が必要なはず。ベストショットを撮るためには影の苦労があるんですよねぇ。

だんじりが終わったら、大人でも感極まって泣く人が大勢いるそうです。無事祭を終えた達成感と、今年のだんじりが終わってしまった寂しさでいっぱいになるんだとか。町全体がひとつにまとまって、大人も子供もそんな一生懸命になれることがあるなんてホントにうらやましい。

会社の同僚は、昔はだんじりを曳いていたそうですが、今は京都に勤めているので見る側での参加です。もしやりたければ今の会社を辞めて岸和田に戻るしかないとのこと。数ヶ月前からしょっちゅう寄り合いがあり、それに参加しないと、直前にふらっと帰って参加するわけにはいかないのでしょうね。ちなみに彼の弟は、だんじり曳きたさに大学も、就職も実家のすぐ近くを選んだそうです。今回も後テコ(だんじりの後ろでかじを取る係)の担当をしていました。

e0066369_1343167.jpg
テレビ岸和田でずっと生中継しています。だんじりがアーケードを通るのを待つ間、じーっと街頭テレビの中継に見入る人々。テレビ岸和田(ケーブル)はだんじり開催中以外は基本的に一年中、ずっとだんじり(解説もなしでただずーーーっとだんじりの映像だけ)を流してるそう。どんだけ好きやねん…。

e0066369_13441932.jpg
いろんなグッズも売っていますが、DVDだけでこんなに。名場面集もあれば「2010年試験曳き」とか、「事故白書~悲しみの傷跡~」なんてびっくりするタイトルのDVDもあり…。ちなみにだんじりカレンダーは9月始まりでした。

いい写真がいくつか撮れたので、紹介します。
e0066369_146369.jpg
宮本町
e0066369_1465739.jpg
北町
e0066369_1471636.jpg
e0066369_1473370.jpg
本町
e0066369_1475141.jpg
春木南
e0066369_1485161.jpg
e0066369_1491310.jpg
中北町
e0066369_14143135.jpg


そういえば、だんじりが目の前を駆け抜けていくときには曳いている人たちとぶつかるぐらいの至近距離にあるんですが、そのとき必ずエアサロの匂いがぷーんとします(笑)。みんなパンパンの筋肉痛だから、エアサロがかかせないんだそうです。

ちなみに、昼から夜まで見ましたが、清原には会えませんでした。清原みたいな人はいっぱいいましたが(笑)
[PR]
by cita_cita | 2010-09-21 23:06 |

だんじり2010 動画編

昨日は岸和田にだんじりを見に行ってきました。暑い1日でしたが、岸和田はどこよりもアツかった!!!
iPhoneでいくつか動画を撮ってきましたので、まずは昨日の様子をアップします。

写真も撮ったので、詳しいレポはまた後ほど (^^)

これはらんかん橋近く。3時ごろ撮影。


こっちは駅前商店街のアーケード内にて。5時過ぎごろかな。

[PR]
by cita_cita | 2010-09-20 14:28 |

韓国料理もいいけど和食もね。

e0066369_2334273.jpg
昨日は急遽、担当者不在のためピンチヒッターとして客先のセッティングしてくれた会食へ。

新都ホテルの料亭「京大和」でした。目にも美しく味も素晴らしい料理の数々。
仕事だから写真撮れる雰囲気ではなかったけど、かろうじて強引に盗み撮りした一枚。

栗のイガは抹茶を練りこんだそうめんを揚げたもので、全部食べられます。
カエデの葉っぱはサツマイモのチップス。
それから百合根の団子にみょうがの握りずし、銀杏を松葉に刺したもの、
マツタケに見立てて飾り切りした里芋と
飾りは重陽の節句(というのがあるらしい)にちなんだススキの穂。

とまあ、風流でステキなんですが、これをどうやって英語で説明しろと????(汗)
[PR]
by cita_cita | 2010-09-15 23:06 | おいしいもの

事件だッ!ソウル編

今回の旅でちょっとしたハプニングがあったと書きましたが…実は…私…パスポートを紛失してしまったんです。何たる初歩的ミス。しかもかなりの一大事。まあ、長くなりますが、よければ聞いてやってください。

初日の深夜、ソウル駅から地下鉄に乗ろうとしてカバンの中にパスポートケースがないことに気づいて、すぐにそれまで買い物をしていた大型スーパーと駅の係員さんに忘れ物がなかったか確認してみましたが、無情にも無いとの答え。しかも言葉がうまく通じないから中途半端なコミュニケーションしかできず…と、そこに通りかかった駅構内の警察官を見つけ、また同じことを説明。この警官はなんとか簡単な英語なら理解してくれて、コトの重大さを察知して「交番に来てください」と案内されました。

交番に行くと、今度は当直の警官が2人。1人は少し日本語OK、もう一人は少し英語OK。そして私は韓国語ほとんどNG。そんな状況で、「いつ?」「どこで?」「何が入ってた?」「どんな状況で?」「名前と生年月日は?」「韓国での滞在先?」「日本の住所は?」などなど一問一答形式で答え、最後に出来上がってきた書類を目の前に出されて「これを確認して、OKならサインしてください」。でも、そこにはほとんどハングル文字が並んでるだけで、自分の住所や名前(ここはアルファベットだった)、生年月日や時間などの数字しか分からない。確認しようがないけど、とりあえずサインしたら、書類をたたんで封筒に入れて、「はい、お疲れ様。今日はこれで終わりなので帰っていいですよ。」と。

e0066369_23563510.jpg
はい??あ、そうですか。そうか、これって事件でも何でもないから警察は捜索とかはしないんだよね。だから、書類(後にこれが紛失証明書だと判明)だけ発行すれば、一応警察の仕事は終わりってわけで…あとはブツが届いた場合だけ私に連絡してくるんだなぁ。

なんか釈然としないまま、とりあえずホテルへ戻ったものの…これってまだ何も解決してないやん(汗)。冷静になればなるほど、コトの重大さが身に染みる。しかも、今回一緒に行ったYokoちゃんにまで迷惑と心配かけまくってるし…。とりあえず、もう夜中の1時過ぎてて、今何もできないんだったら、明日からのために早く寝るしかない!で、さっさとベッドに入ったもののやっぱり寝つきが悪く、夜中に何度も目が覚める。目が覚めてとりあえずボンヤリした頭でトイレに行ってしばらくすると目が冴えてきて「ああ、私パスポート落としたんやった…」と現実が戻ってくる。このとき私が思っていたのは「会社どうしよう」と「このままじゃYokoちゃんの旅行時間も台無しになっちゃう」の2つ。

こんなことをモヤモヤ繰り返しつつ朝を迎えたけど、こうなったらもう気持ちを切り替えるしかない。朝が来たからモヤモヤするのはもうおしまい、パスポートケースには現金4万円が入ってたから、もう99%戻ってこないと覚悟を決めて、じゃあ今からどうしようかと6時に行動開始。フロントが忙しくなる前にスタッフに昨日のことを報告し、念のため駅とスーパーに電話して韓国語でもう一度忘れ物なかったか確認してもらうってのを何度か繰り返してくださいとお願いして、もしかしたら帰国が遅れるからその分宿泊延長するかもと報告。それからロビーのインターネット(これがあってホントにホントに助かった)でパスポートを無くした場合どうしたらいいか、日本領事館の場所、手続きの必要書類、帰りの飛行機を予約するための旅行会社の連絡先などなど検索しまくった。

パスポートの再発行にはどうやら3日以上かかりそうだけど、調べてるうちに「帰国のための渡航書」を発行してもらえることが判明。これはその名の通り、1回きり有効、日本に帰国するためだけの書類で、発行後2日以内に出国する必要があるんだけど、書類に不備さえなければ即日発行できることがわかったのでまずこれを狙うことに。

領事館は土日空いてないので、手続きは月曜までできないことが早々にはっきりし、当初予定の日曜に帰国できないことが決定してしまったので逆に気持ちはスッキリ。パスポートが万一戻ってきた場合の可能性もつなぎとめつつ、後は今できることと、できないことを順番に書き出してみると、結構暇な時間がたくさんできることがわかってしまった。やることは午前中に済ませることにして、午前中エステのYokoちゃんとは別行動、午後に合流することにして朝食を食べて一旦解散。

この日の午前中にしたことは、領事館まで行って、場所を確認すると共にダメもとで開いてないかチェックすること(もちろん開いてなかった)と、渡航書申請のための証明写真を撮ること。あと、現金が乏しかったので、クレジットカードでウォンをキャッシングしておくこと。会社の同僚・上司への連絡。それから現地の旅行会社に電話して、事情を話し、現時点で用意できる一番安い航空券で、月曜日の最終便の価格と空き状況を調べてもらった。ただし土日は予約が入れられないので、月曜朝イチで予約してもらい、渡航書の発行が順調にいけば昼ごろ進捗を連絡し、発券のGOサインを出してクレジット決済、その後1時間でEチケット発行というかなり綱渡りなスケジュール。

まあ、でもここまでやったのでここからはYokoちゃんと合流して、当初の予定通りおいしいケジャンを食べに行ったさー。

それから忘れちゃいけないのが免税品の受け取り日をずらすこと。これ、簡単にいくと思ってたらとんでもない。新羅免税店の日本語カスタマーサービスに電話して事情を話すと、変更はできないし、パスポートが変わってるので無理だとのこと。はぁ?じゃあ受け取れないの?お金はどうなるの?というともう一度免税店でひとつずつキャンセルの手続きをするしかないと言う。もぅーーー他にもやることいっぱいあるのに、そんなことしてられないよぅ、何とかならないの?と聞くと、「仁川空港の免税品受け取りカウンターの番号を教えるので直接電話で交渉してみてください。もしかしたらOKになるかも。」だって。で、かけたんだけど全然つながらない。夕方、夜、朝、何回かけても。実は、これが今回一番ストレスだった。

仕方ないので日曜日の朝、今から新羅免税店に行って直接交渉してくるから、午前中もう一度別行動をお願いしますとYokoちゃんに伝え、彼女が明洞を散策してる間に免税店を再訪。で、直接事情を説明して、きちんと伝えたら、なんとそこから空港カウンターに電話してくれてあっさり変更OKになった!あとは空港でパスポートなくても押し切るだけだと、担当してくれた人の名刺をちゃっかりもらい(空港カウンターで揉めたら「この人がいいって言ったもん」で通すつもりだった)達成感いっぱいのウキウキ気分でYokoちゃんと合流。このころにはもう暗い気持ちより楽しい気持ちのほうが大きくなってたなぁ(笑)

で、最大の関門であった免税品の件が解決したことを二人で祝い、仁寺洞&三清洞を散策、サムギョプサルとマッコリで乾杯!となったわけです。(っていうか、この時点でまだパスポート問題は解決してないんですが)

最終日、いよいよ勝負の時。朝ご飯を食べていざ領事館へ出陣。9時半からなので、混んでることを想定して9時15分に到着したら、時間まで下で待つようにいわれました。待つのももどかしく9時半にダッシュで戻るとなんとガラガラ。実は数年前までは、韓国人が日本に行くのにビザが必要だったので、いつもめちゃ混みだったらしいのですが、ビザが無くなった今、いつもかなり空いているそうなのです。実際、私が受付してもらってから書類を受け取るまでの1時間ちょっとの間、1人しか来訪者はありませんでした。思っていた以上にスムーズに事が済んで一安心。でも、この手続きのときに功を奏したのが警察でもらった「紛失証明書」。これ、めちゃめちゃ重要な書類だったんです。これがないと、領事館で受付してもらえなかった…ホント、わけが分からないままでも警察に行っておいてよかった。ただし、警察では紛失の届出しかできないので、パスポートを失効させるためにはちゃんと領事館での手続きが必要になります。ご注意を。

e0066369_073786.jpg
e0066369_074990.jpg
これが苦労の末(?)手に入れた「帰国のための渡航書」。表紙の取れたパスポート数ページって感じです。こんなことがなければ一生見なかったと思う。皆さんも見ないで済むように気をつけてください(笑)

e0066369_01008.jpg
思ったより早くパスポートが受け取れたので、日本領事館のすぐ近くにある景福宮で記念撮影。やりとげた感でいっぱいの私(笑)

最後に、海外でパスポートをなくしたらやるべきこともろもろを書いておきます。不運にも私と同じような目にあって、今、海外で必死でネット検索されている方のために。
①(何をおいても)警察への届出
②領事館でのパスポート再発行(または渡航書)手続き
・警察の紛失(盗難)証明書
・証明写真 3.5X4.5センチ 2枚
・身分証明書(免許証があればいいけどなかったら戸籍抄本取り寄せとかややこしいよ!!!)
・なくしたパスポートコピー(あればなお良し。もしかしたら身分証明の代わりになるかも)
③会社や知人への連絡
④帰国便の変更、あるいは取り直し
⑤延泊の場合、宿泊場所の確保
⑥(買っていれば)免税品の受け取り変更

これが最重要項目ですかね…
あとは、帰国してから迷惑をかけた人へのお土産とか???(笑)
私はみんなに余計なことを思い出させないため、今回は韓国色の強いお土産は極力避けましたが…(汗)

他に、海外旅行保険に入っている場合はダメもとで問い合わせを。現金や帰国便の手配費用などは保証されませんが、私の場合、パスポートケース代と、渡航書の申請費用(33,000ウォン)、写真の撮影代と領事館や警察までの交通費などは保証されることになりそうです。まあ、たいした金額ではないですが、せっかく保険に入っているなら、ということで。

あと、海外旅行の持ち物の基本として「写真とパスポートのコピー」というのがありますが、これはやっぱりもっていたほうがいいですね。海外で自分が日本国籍であり、何者であるかを証明するものが全くないのと、たとえコピーでもあるのでは全然違うと思います。写真もそうです。今回は韓国、しかもソウルという大都会だったので、すぐに写真を撮る場所も見つかりましたが、時間の余裕がなかったり、パニックになってるときにそんなことまで気にしないといけないのはかなりのストレスだと思います。私がラッキーだったのは、これがインドとかベトナムとかインドネシアとかじゃなくて(誤解のないように言っておきますが、これらの国はいずれも大好きだし、何度でも行きたい国です。決してバカにしているわけではありません。)、韓国だったってことです。警察やホテルの人やいろんな社会的システムが信用できるものであり、それを疑う必要がないってのはものすごい安心だと、身に染みてありがたく思いました。

ただし、アルファベットや漢字の国と違って、ハングル読めないのはかなりストレスでした…。なので、帰国してからハングルの勉強中です。とりあえず読み書きはできるようになります、とここに宣言しておきます(苦笑)

e0066369_9143618.jpg
というわけで、なんかちょっとまじめなレポートになってしまいましたが…自分への戒めも含めてブログに残しておこうと思います。ここまで読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。これから旅行される方、パスポートにはくれぐれも気をつけて良い旅を!!!
[PR]
by cita_cita | 2010-09-14 00:09 |