<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

飛騨高山と奥飛騨温泉

e0066369_034477.jpg
週末に温泉でリフレッシュしてきました。今日から木曜日まで名古屋方面と横浜・厚木方面で仕事です。温泉レポートは帰ってからアップしますのでお楽しみに。では温泉で注入したパワーで今週も頑張ってきます!
[PR]
by cita_cita | 2009-01-26 08:07 |

「ドリームガールズ」(ブルーレイ版)

e0066369_23225392.jpg
10月の末にSONYのブルーレイレコーダーを買ったものの、まだ一度もブルーレイで録画も再生もしたことがなかったのですが、アメトークの「家電芸人」でチュート徳井が「キレイすぎてリアルすぎて気持ち悪いぐらい」と言っていたので気になってました。最近TSUTAYAでもブルーレイのレンタルをやってるので、その中から「ドリームガールズ」を借りてきました。

これはモータウンの伝説の女性3人ユニット、シュープリームス(ダイアナ・ロスもその一員)を題材にした作品です。過去に、ホイットニー・ヒューストン、ローリン・ヒルなどが主演候補に挙がったそうですがお流れになり、最終的にビヨンセを起用して映画化が実現しました。ビヨンセはストーリーが進む中でどんどんゴージャスに洗練されていくのですが本当にキレイ。数日前もオバマ大統領の就任イベントで歌っていましたがスターのオーラがありますね。それと、この映画が実質的なデビュー作となったジェニファー・ハドソンの熱唱がまたすごい。ジェニファーは最近SEX AND THE CITYにもキャリーの有能な秘書役で登場してました。(これまたいい役柄でした)他にもエディ・マーフィー(ビバリーヒルズ・コップ、好きだったなぁ)が自慢の歌声を披露していたり、見どころ・聴きどころがたくさんあります。

ところで、この映画では、当時の黒人アーティストが抱えていたさまざまな苦悩があらゆる場面で浮き彫りになっています。どれだけすばらしい音楽を持っていても、白人社会に受け入れられなくては成功できない。自分たちが心血を注いで作った曲を、卑怯な手で白人に横取りされてしまう、それを指をくわえて見ていなければいけない悔しさ。でも、多くの人に聞いてもらうためにはそんな白人社会のスタイルに迎合したり、裏の手を使って取り入るしかないという葛藤。

でも、そうやってあれよあれよとスターダムをのし上がっていくと同時に、黒人らしさ、黒人の「ソウル」は次第に色あせて失われていき、そのことにまた苦悩する彼ら。逆に、その世界から追い出されて他に選択肢がなかったとはいえ、ひたすら黒人としてのソウルを失わずに、その世界の中で歌うことを余儀なくされたエフィー(ジェニファー・ハドソン)が挫折から立ち直って聴かせる歌声との対比が印象的でした。

アメリカ初の黒人大統領誕生という歴史的な時期にこの映画を見るのは、なんとも感慨深いものがありました。

で、肝心のブルーレイのキレイさの話なんですが…せっかくなので、夜、部屋の電気を全部消して映画館気分で見たら、 あまりにも明るくきれいすぎて、衣装やら舞台照明やらがキラキラとまぶしくて見ていると息がつまりそうなほど…思わず「シアターモード」でトーンを落としてみてしまいました。あーん、全く意味ないやん…(><)
[PR]
by cita_cita | 2009-01-21 23:23 | 映画

ゴールデン・ハニー・ダージリン

e0066369_14342727.jpg
基本コーヒー派(でもミルクがないとダメなので正確にはカフェラテ派)なのですが、コーヒーの飲みすぎは良くないなと思い、なるべく日本茶や紅茶もまんべんなく飲むようにしています。

これは最近のお気に入り。コロラドのボルダーに本社があるセレッシャル・シーズニングスというハーブティーメーカーのものです。ボルダーといえば陸上選手が高地トレーニングしたり、有森選手がボルダー在住なので有名ですが、実はロハスの聖地とも言われてるんですって。ハーブティーの種類はいっぱいあるんですが、私が今はまっているのはゴールデンハニーダージリンというブレンド。ダージリンティーをベースにしてオレンジピール、カモミール、はちみつなどがブレンドされたものです。ストレートでもいいんですが、ミルクをちょっといれると甘~い香りにまったり…ほぇーっと癒されますー。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-20 22:34 | おいしいもの

「チュートリアリズムⅡ」

e0066369_7291344.jpg
チュートリアルの名DVD「チュートリアリズム」の2本目が出ています。(ちなみに1本目はM1優勝以前に発売。冷蔵庫ネタの原型も入っています。)前作はレンタルした後で、結局購入までしてしまい、ネタの順番を暗記するぐらい見たんですが、コントと漫才はこっちのほうがさらに面白くなったかも。福田コレクションのコーナーはちょっとしつこかったけど…(同じコーナーが続編で3編もある)。

特に、漫才で「きゅうり」のネタってのがあって、これはよかった。徳井がなぜか突然きゅうりの魅力にハマって、福田の話お構いなしに突っ走っていくというネタで、路線としては「冷蔵庫」「バーベキュー」「チリンチリン」と同系列の組み立て方。あの3つが好きならぜったいこの「きゅうり」も好きだと思う。このネタの中で徳井がすっごい顔する場面があるけどこれは必見。人のあんな怖い(いろんな意味で)顔はなかなか見れないと思う(笑)

特によかったのがコント「東大阪宇宙センター」。自分たちで開発したロケット「いくで1号」の打ち上げを明日に控えた徳井と福田っていう設定なんだけどあの息の合い方と演技力はさすが。幼稚園から予備校までずっと同級生だからこそのネタ。特に関西の人間にとっては、まさに「あった!! こんな会話あったわ!」と激しく頷くこと請け合い。

あと、「今まで ありがとう さよなら」って小ネタがあるんだけど、最後に数秒だけ映る福ちゃんの表情が…(笑)
[PR]
by cita_cita | 2009-01-20 06:13 | お笑い

昨日のアメトーク。

昨日は「中学のときイケてなかった芸人」の完全版でした。
リアルタイムで見て夜中に涙出るほど笑い、寝不足なのですが…
しかも年末スペシャルで既に見た内容とかぶってるところもあるのですが…
あまりにも面白かったので、今また録画したのを見ています。

博多大吉はとってもとってもよかった。イケてないあだ名は「捕虜」ってひどい(笑)
運動会のとき、走者がコースの内側に入り過ぎないよう、足でガードする係だったとか…
「お前が一番存在を消していて走りやすかった」なんて言われてもうれしいはずもない。

他にも…
よゐこの濱口が、同級生の検尿を変わってあげたら検査で引っかかって怒られたとか。
サバンナ高橋が架空のマンガ(「勝手にジュンペイ」「流れシェフ牙」)作って遊んでたとか。
麒麟川島が夏休み、同級生が遊びまくってる間にベンツ一台塗り上げたとか。

そして最後の、「あの頃の自分にメッセージ」のコーナーが秀逸でした。
出演者ひとりひとりが全部よかったなぁ。
切ないやらおかしいやらで、ちょっと泣き笑いしてしまった。
その時はみんな結構イタイ思い出だったはずなんだけど、それを今こうやって笑いに
変える場ができて本当によかった。あんなに深夜にやったら、見るのも難しいと思うけど、
今のイケてない中学生に見て元気だしてもらいたかったなぁ。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-16 23:41 | お笑い

ヨネマースのおはなし

e0066369_10392398.jpg
沖縄に旅したことある人に馴染みのある沖縄の塩といえば、空港の売店やお土産屋さんの店頭に並んでる「ヌチマース(命の塩)」とか「粟国の塩」、「雪塩」などがよく知られていますよね。(ちなみに黒糖はといえば、各島数え切れないほど銘柄がありますが・・・私は波照間産のが好きです) でも、沖縄の人に言わせれば、沖縄の塩はこのヨネマースなのだそうです。この塩が沖縄の多くの家庭で長年一般的に使われているのだそうです。言われてみれば、ヌチマースも雪塩も、家で毎日料理塩として使うにはかなり高いですもんね。そのヨネマースを京都でも売っている店を教えてもらい、早速買ってきました。一袋たっぷり入って210円でした。これが沖縄ではなんと一袋100円以下で販売されているそう。まさに日常の塩なんですね。ちなみにヨネとは沖縄の豊見城にある与根という地名なんだそうです。マースは沖縄好きの人ならご存知、塩って意味です。

これを教えてくれた友人のかじまやぁさん(正真正銘のうちなーんちゅ)から面白い話を聞いたので書いておきます。今は滋賀県在住のかじまやぁさんは、沖縄復帰の前後を経験しています。彼が子供の頃、家でお母さんが使っている塩は自然塩しかありませんでした。みんなそれが塩の味だと思っていたのです。ところが1972年の沖縄日本復帰とともに、当時の日本の国策によって旧専売公社(日本たばこ産業の前身)が扱ういわゆる食塩だけしか販売できないことになったため、沖縄の塩がその時を境にすべて食塩に変わってしまったのだそうです。この食塩、オトナの皆さんならお分かりだと思いますが、ただ塩辛いだけでうまみが全然ありません。その理由は、イオンの性質を利用して電気の力で海水から塩化ナトリウムだけを集めたものなので、塩化ナトリウム純度がほぼ100%、ミネラルなんてほとんど入っていないからです。

この塩を初めて口にしたとき、かじまやぁさんは「なんだこの辛い塩は!」とびっくりしたそうです。でも味だけではなくほかにも問題が発生しました。それまで伝統的に沖縄の塩を使って作られていたスクガラス(小魚の塩辛)やスーチカー(豚の塩漬け)などがうまくできずに傷んでしまったのです。ミネラルが入っていないからなのでしょうか?それで、沖縄の人達が熱心に抗議した結果、沖縄だけは例外を認められて、海外から塩を仕入れて加工できることになったのだそうです。だから、このヨネマースも純粋な日本産ではなく、オーストラリア産の天日塩と沖縄の海水から取れたにがりを薪で炊き上げてできています。

塩の専売廃止について調べてみると、なんと1997年までは一定の規制があったみたいですね。今はちょっと大きなスーパーにいけば日本だけでなく世界中のいろんな塩が当たり前に手に入りますが、これがつい10年前まで当たり前じゃなかったんですね…。そういえば、私が中学の頃、家庭科の調理実習でも当然のように「食塩」を使っていたのを思い出しました。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-15 23:39 | 沖縄

特命係長・只野仁

e0066369_0362278.jpg
ついに我らが只野仁がゴールデンに!!(ホンマにええの?)

このシリーズ大好きで5年前のシーズン1から見てるんですが、ゴールデンなんて大丈夫?と思ってたら初回は奥様向きに韓流ドラマも取り入れたりしてました。笑(でも韓流スターのカン様は高橋克典が一人二役だった)さすがにお色気シーンは少なくて、恒例のサウナシーンも無くてちょっと残念。久しぶりに田中美里見たけど、結構韓流ドラマっぽい顔かも。

高橋克典はもともと、和久井映見と共演してた「ピュア」ってドラマで好きになったのだけどその後キャラが変わってサラリーマン金太郎あたりでますます好きに。友達に「あんな埴輪みたいな顔、どこがええの?」と笑われた頃もあったけど、只野仁が当たったからもう誰にもそんなことは言わせません(笑)
[PR]
by cita_cita | 2009-01-09 23:02 | その他

カメラあそび

e0066369_23465726.jpg
e0066369_23493415.jpg

クリスマスに買った新しいカメラ、RICOHのR-10ですが、噂どおりマクロに強いです。で、すっかりマクロ撮影にハマっています。これは角砂糖とスモークサーモンをアップで撮ったもの。手軽にこんな写真が取れるとうれしくなっちゃいます。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-08 14:59 | その他

年末お笑い番組を考える。

年末に録りだめたお笑い番組を、空いた時間を探しては見ています。これまでに見たのは「朝まで生つるべ」、「ちりとてちんの落語」、「アメトークSP」「すべらない話SP」などなど。アメトークは家電芸人、やっぱり面白い。宮迫がビックカメラに行って「いっちゃんええやつ下さい」を連呼するのに劇団ひとりがキレて、「もう”いっちゃん”は禁句です」、徳井が「関西人の恥!」、品川が「僕たちは宮迫さんが憎くて言ってるんじゃないんですよっ!」って集中攻撃。あー笑った。あとは大賞を獲った江頭の「フランスのテレビ」とか(笑)。すべらない話では、私はジュニアの「トキエ」の話が絶対トップ、次点はほっしゃんの「手作りアメ」の話だと確信していたのに、なぜ勝又の「欽ちゃん」の話がMVSになったのか納得いかないなーと思いつつ、また繰り返しDVDを見ています。

実は「M-1グランプリ」まだ全部見てないんです。結果が分かってしまったのでなんだか気分が乗らなくて。近々ちゃんと見ないとなぁ。それから「ダウンタウンのガキの使いSP」も。
あ、最後にひとつ。そういえば昨日やってた「お笑いメリーゴーランド」、絶対友近のチームがよかったのに…と思った人、私の他にもいませんか?あのチーム編成(友近、中川家、麒麟川島、COWCOW多田)で負けるはずないと思うんやけど。あ、でも超新塾の「鉄砲の弾をより早くする職人」と「ポッキーのチョコをなめているだけの祭」は好きでした。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-07 23:53 | お笑い

仲良し忘年会@あべの

年末に同い年の3人で忘年会をしましたので忘れないうちにその記録を。

e0066369_23525662.jpg
ちょっと早めに大阪に移動して、玉造のいけてる家具屋さん、TRUCKに寄り道。やっぱり最高。でも高くて簡単には手が出せないのでインテリアのヒントだけ盗んじゃおうと、時間をかけて店内をウロウロ。ここのFKソファー、めちゃくちゃ気持ちいい。欲しい!でもこんなオオモノを買ってしまうと(いろんな意味で)動きがとれなくなるからダメだ(笑)

e0066369_23565740.jpg
結局私が買ったのは雑貨コーナーで売ってたプラスティックのコップのみ。うがい用にしようっと。

e0066369_23571231.jpg
忘年会はあべのの「和源」にて。私がかつて大阪にヒトリグラシしていた時代からもう10年以上愛用しているお店です。昔はあべのアポロの裏にひっそり怪しく建ってた隠れ家的な店だったのですが、土地再開発の関係で2回移転し、現在はあべのHOOP側裏で立派なお店になっています。

e0066369_23572016.jpg
和源名物、よこわのタタキ。

e0066369_03248.jpg
おでん。和からしではなく、柚子風味の唐辛子が添えてあって本当においしい。

e0066369_23592294.jpg
野菜てんぷら。サックサクです。

e0066369_23583831.jpg
海老芋の揚げだし。海老芋がホクホクでまったりしてて最高。

e0066369_00991.jpg
2軒目は雰囲気を変えて、同じくあべのの明治屋へ。居酒屋好きなら誰もが知っている名店です。

e0066369_002023.jpg
建物自体が大阪の財産みたいなお店。この雰囲気は絶対に他では味わえないと思う。

e0066369_003220.jpg
湯豆腐。かなり大きくて、つゆもたっぷり。このスープが品のいいお吸い物みたいな味でおぼろ昆布との組み合わせもすばらしい。

e0066369_004751.jpg
あべのHOOPのイルミネーション。まるでルミナリエのミニチュアみたい。
[PR]
by cita_cita | 2009-01-06 22:51 | おいしいもの