<   2008年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ナラの椅子

e0066369_14161623.jpg
木の椅子を探していたのですが、昨日偶然入った店で見つけた椅子に一目ぼれして家につれて帰りました。無垢のナラ材の肘かけ付きの椅子です。

e0066369_14162975.jpg
座面がお尻の形に削られていて、見た目も座り心地も抜群です。
同じ椅子は他にはなく、これ一脚だけでした。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-31 14:37 | 暮らし

鴨鍋の会

年末は久しぶりに遠出せず、ずっと京都でのんびり過ごしている今年。休みの初日は会社でお世話になっている先輩が住む滋賀のご自宅に招かれて、鴨鍋をごちそうになりました。

e0066369_1434652.jpg
家の近所の専門店に注文しておいた鴨肉一式。レバーや、ミンチもちゃんと揃っています。

e0066369_14344691.jpg
お肉とお野菜を少しずつ投入して。鴨鍋にはネギは忘れちゃいけませんね!

e0066369_1435325.jpg
上のほうに見えるのが鴨丸(かもがん)。ミンチに卵黄と塩と山椒を入れて練って作りました。

e0066369_14361369.jpg
最後の締めは大好きなアンリ・シャルパンティエのケーキで。どれにしようか迷う~。結局4等分して、少しずつ盛り合わせにして食べました。Hさん、おじゃましました!来年もよろしくお願いします!
[PR]
by cita_cita | 2008-12-31 14:17 | おいしいもの

都鶴 しずく酒

e0066369_1423667.jpg
今年はひさしぶりに京都でお正月を迎えるので、以前友達のお父様からプレゼントして頂いたとっておきのお酒を出してきました。

伏見の都鶴の大吟醸しずく酒。、山田錦」を30%まで削って作った究極の大吟醸だそうで明日のおせち料理が楽しみです…(笑)
[PR]
by cita_cita | 2008-12-31 14:03 | おいしいもの

てくてく奈良

東京から親友なおっちとムロちゃんの2人が来てくれて、3人で奈良まで遊びに行きました!

e0066369_11231248.jpg
途中、東福寺で途中下車してちょっと寄り道。

e0066369_11233950.jpg
方丈庭園。絵になります。

e0066369_1136890.jpg
朝は寒いのだけどすっごく晴れていました。ぴーんと張り詰めた空気が気持ちいい。

東福寺からはJRで奈良へ。いつもは近鉄で行くのでちょっと新鮮な感じ。

e0066369_11363673.jpg
まずは腹ごしらえ、ということで、ならまちにある「ごはんcafe にこちゃん堂」へ。

e0066369_11365956.jpg
1000円の日替わりランチはもちもちの赤米ごはんに野菜がメインのおかずでとっても体によさそう。個人的には切干大根をカレー風味でアレンジしたのと、お味噌汁にしょうがのすりおろしを入れたのが気に入りました!

e0066369_11432164.jpg
ならまちは古い建物が多いです。これは墨のお店。奈良は日本一の墨の生産地なんだって。

e0066369_11382752.jpg
鹿はどこだーっ!と、探しつつ歩いていたのは最初だけ。1匹みつけたら、ここにもあそこにも。奈良では当たり前だけど他には決してない光景。

e0066369_11385232.jpg
おしりがハート型の鹿。

e0066369_11391382.jpg
春日大社の手水場も鹿。

e0066369_11392994.jpg
おみくじも鹿。

e0066369_11394859.jpg
仁王門の前にも堂々と鹿。

e0066369_1140653.jpg
鹿とびだし注意。

e0066369_1140247.jpg
鹿と記念撮影も撮り放題。

e0066369_11405953.jpg
そして忘れちゃいけない大仏さま。
e0066369_11411851.jpg


最後は、ならまちに戻ってお気に入りのヒヤシンスカフェでお茶して解散。あー楽しかった。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-27 22:41 |

金沢の冬の味

先週末、金沢に行ってきました。
冬の金沢のおいしいものを食べるついでにお正月の買出しもしちゃおうかと。
母から頼まれた買い物は、塩数の子、明太子、いくらしょうゆ漬け、加賀れんこん、かぶら寿司など。その他、ぶり大根など煮物においしい源助大根を調達したり、白えびの昆布〆めや甘エビも注文してきました。

e0066369_1494742.jpg
e0066369_1410178.jpg

昼ごはんは麩の専門店、不室屋がやっているカフェ、FUMUROYA CAFEにて。友達は「ふやき御汁弁当」、私は「生麩と豆のベジタリアンカレー」をチョイス。

e0066369_14102241.jpg
久しぶりにひがし茶屋街にも足を伸ばしました。これは高木糀店。かぶら寿司に使われる糀(こうじ)やお味噌の専門店です。かぶら寿司っていうのは寒ぶりの塩漬けをかぶらに挟みこんで、昆布やにんじんの薄切り一緒に米麹に漬けて熟成させた冬の加賀のごちそうなんです。糀と同じくお米がベースの日本酒とは抜群の相性だと思います。歴史を感じる立派な店構え。ここのかぶら寿司、ちょっと高いけど最高です。

e0066369_14103742.jpg
こちらはお米屋さん。のれんの後ろ側に袋入りのお米が並んでいます。渋すぎ。

e0066369_1410543.jpg
夜の21世紀美術館。暗闇に浮かび上がるプールの青がきれい。

この日の晩御飯は片町の「福虎」にて。ふぐが名物のお店ですがそれ以外のものもたくさん揃っています。
e0066369_1411760.jpg
つきだし。右からかぶら寿司、ふぐ皮の煮こごり、さばの生ぶし。煮こごりにはしょうがの刻んだのが入っていて、口の中の暖かさですぅーっと溶けていきます。すっごくおいしかった。

e0066369_14121260.jpg
造り盛り合わせ。冬の北陸の魚がおいしくないはずありません!最高。

e0066369_14122680.jpg
香箱がに。これぞ冬の金沢の醍醐味。

e0066369_14124327.jpg
銀杏天ぷら。軽く塩をまぶして。私は炒ったものよりこっちが好き。

e0066369_14132553.jpg
そしてこれ!ばい貝の煮付け。ばい貝はにぎり寿司でしか食べたことなくて、こんなの初めて食べました。私、実はサザエの黒いとこ(内臓?)、あまり好きではないのです。だからいつも人にあげちゃう。だけど、ばい貝はその部分までずーっと身があって、しかもめちゃくちゃおいしい!感激しました。

e0066369_14142236.jpg
そぉーっと身をひっぱり出すと、ほら中身はこんな感じ!

日曜日は昼から滋賀の友人宅で忘年会があったので、翌朝とんぼ返りでゆっくりできず、今回は本当に「買出し旅行」のようなあわただしさでした。21世紀美術館の企画展示も見ていないので、また冬の間、魚がおいしいうちに行こうと思います!!
[PR]
by cita_cita | 2008-12-26 22:14 |

いくらとたらこのパスタ

e0066369_1131494.jpg
金沢でいくらのしょうゆ漬けをかってきたのでいつものたらこパスタにいくらをプラス。ちょっと贅沢なおうちごはんです。でも、もみのりをトッピングするの忘れちゃった。彩りにのりとしそがあると全然違うんですけどね。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-26 00:32 | おいしいもの

マダムシンコのバウムブリュレ

e0066369_11364425.jpg
先日クラブハリエのを食べたばっかりですが…こっちもたまらなくおいしい。バウムクーヘンの表面にメープルシロップをじゅわーっとしみこませて、クレームブリュレのようにバーナーでキャラメリゼしたもの。表面パリッパリで中はしっとり、おいしいーです!!
[PR]
by cita_cita | 2008-12-25 23:56 | おいしいもの

祇園Kezakoのランチ

祇園のKezako、先日後輩Aちゃんとの再会を祝し、1年ぶりに行ってきました。ランチタイムは初めてでしたが、相変わらずすばらしい料理の数々。

e0066369_11152077.jpg
一皿目はすっかり定番となっているフォアグラの前菜。フォアグラを大根の奈良漬を薄切りしたもので包み、1週間じっくり熟成させたものです。ソースは4種類のトロピカルフルーツを使った甘酸っぱい味。何度食べても、うなるぐらいおいしい。これだけ食べるためにここに来るリピーターも多いと思います。

e0066369_11144328.jpg
これ見てください!まるで水平線に上る初日の出を描いたような、作品といってもいいほどの一皿。海の部分はお米を使ったまろやかなスープ、赤く丸い太陽はかぶらをワインビネガーに漬けたもの、そのかぶらの葉で牡蠣を包んで蒸したものを手前に浮かべて、生のパンチェッタの薄切りを水平線のように横に渡し、牡蠣の汁で炊いたお米を揚げたものを散らしてあります。食べるのがもったいなかった…。

e0066369_1115446.jpg
魚料理は、金目鯛の皮目に白味噌ベースのソースを塗ってローストしたもの。下に、京都大原・静原の野菜をたっぷり敷いてあります。まわりのソースは金目鯛の骨で取ったダシをベースにレモンやバニラビーンズで風味をつけたとか。

e0066369_1115418.jpg
メインの肉料理は羊でした。スパイスをなじませたラム肉を真空パックし、湯せんで6時間かけて熱を通したものをスライスし、最後に表面をロースト。その下にはポレンタ(とうもろこしの粉を水で練り上げたもの)をまとめ、バターでカリッと表面を焼いたものが敷いてあり、周りに堀川ごぼうが散らしてあります。上にはスパイスとドライフルーツを春巻きで巻き込んで棒状に揚げたもの。ソースは羊を焼いたときの肉汁をベースにワインを加えて煮詰めたものと、自家製ミントオイルのコンビネーション。レースをモチーフにしたお皿はそのまま壁に飾れそうなぐらい素敵。フランスのロワール地方の窯に、料理のイメージにあったものをシェフのステファンさんが直接オーダーしているのだそうです。

e0066369_11161351.jpg
本日のデザートは、グラスの底にビスキュイを砕いてコーヒーに浸したものを敷き詰め、その上に豆腐とマスカルポーネチーズのムース、さらに落花生のアイスをトッピングし、上から梨とコーヒーゼリーを細かく切ったものを散らし、レモンのソースを掛け、きわめつけにビスキュイを飾り付けたもの。どの部分をすくうかによって、いろんな味が楽しめます。

いつもkezakoに来ると思うのが、ステファンさんの料理を最大限に楽しむ」という姿勢。食べる側にとってはいつも新鮮で驚きのある料理。あの席に座ってコース料理を頂いている間、ずっとステファンさんのプロデュースしたショーを楽しんでいるような気がします。そして、あまりにも複雑で手の込んだ、考えつくされた味の組み合わせ。一皿ごとに説明を聞いてまずその複雑さに驚き、よくそんな組み合わせを考えたものだと関心させられます。それを食べた時、ひとつひとつの食材の味、そしてそれが少しずつ合わさったときに起こる味の変化を、自分の舌の上という狭い空間で楽しむことができるって、本当にすごいことだと思う。そして人間の舌ってそんなに微妙なところを感じ取ることができるんだーという発見があってびっくりします。そんな料理を生み出すことは並大抵の苦労ではないと思いますが、きっとステファンさんも時には楽しみながらあのレシピを考えてくれてるんじゃないかと思うのです。ステファンさんが京都でこんな店を開いてくれたことに感謝です!
[PR]
by cita_cita | 2008-12-24 23:18 | おいしいもの

ひさびさの新しいカメラ ~RICOH R10~

e0066369_22541794.jpg
約5年ぶりにデジカメを買い換えました。
これまでずっとキャノンのIXYの小さいものを使っていたのですが、いつも持ち歩いてかなりヘビーユースしていたせいか、傷だらけの上レスポンスが遅くなったような気が。それで最近は簡単に携帯(カシオのEXILIMケータイ)のカメラで間に合わせていました。

今日、少し早いですが自分へクリスマスプレゼントという言い訳をつけつつ、新しいのを購入しました。リコーのR10です。GR-Digitalユーザーの友達2人のお墨付きということで、売り場で散々触りまくって納得の末、購入。リコーのカメラはフィルム時代を含めて初めてなので、しばらく使い方を探りながらの撮影となりそうですがそれもまた楽しいんですよね。

さあ、まずはどこに連れて行こうかな。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-23 22:57 | その他

つげのくし

e0066369_10265194.jpg
さらさらロングヘアーが自慢の友達のお勧めで、本つげのくしを買いました。四条河原町にある「二十三や」のものです。

使ってみて実感したのですが、プラスチックのくしと違い、静電気が発生しません。水に濡らすとよくないので、椿油を使ってお手入れすると良いのだそうです。椿油はつげの木にも良いし、髪をとかしたときにその油が髪に馴染んでくれるのだとか。長く使うとあめ色になってくるそうで、今から楽しみです。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-22 01:31 | 暮らし