<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

初冬の仙台・山形紀行 その3

3日目。この日は再びSさんの案内で山形方面までドライブに連れて行ってもらいました。今回行ってみるまで知らなかったのですが仙台と山形は近いんですね。市内から1時間も車で走ればもう山形です。そして、道中、徐々に道路脇に積もった雪が見えて、あらためて「東北に着たんだなあ」と実感。山はまだ紅葉の名残があるのに、私が到着した数日前の寒波でたくさん雪が降ったのだそうです。近いとはいえ、間に奥羽山脈を挟んでいるため仙台側と山形側でまったく気候が違うということも今回知りました。

e0066369_23354589.jpg
まず連れていってもらったのが山寺。この地域一番の見所だそうです。東北といえば松尾芭蕉の「おくのほそ道」。「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と芭蕉がうたったのがこの山寺(立石寺)です。(ちなみに前日訪れた松島はあまりの絶景に言葉が浮かんでこず「松島や ああ松島や 松島や」と詠んだことで有名)

写真には撮っていないのですが、このあたりは「玉こんにゃく」が有名だそう。境内までの道にあるどのお土産物屋さんでもきまって店の前の鍋で丸いこんにゃくを煮ていました。これをお団子のように3つ串に差したものを食べながら参道を歩きます。お寺は山の上の岩にへばりついたように建っているので1000段ほどの階段を上っていきます。日頃は登山で鍛えているSさんも、雨が降っていたのと私に合わせて歩いてくれたのでなんとかばてずに上まで上れました。(とはいえ、まだ奥の院というのがありましたがそこまでは行ってません)。

e0066369_23361321.jpg
芭蕉さんもみじの葉っぱで秋化粧。

e0066369_23363227.jpg
上のお堂からはこんな眺め。

e0066369_23365478.jpg
向かいにはさらに上のお堂が。本当に岩にへばりついたよう。

e0066369_23371216.jpg
山寺を降りて、遅めのお昼ごはんはSさんイチ押しの「あらきそば」。最上川沿いの村山そば街道にあるお店です。山形はそばの名所が多いそうなのですが、この村山そば街道にも14軒もお店があるそうです。あらきそばはその14番目の札が付いていました。

e0066369_23381428.jpg
板そばといわれるのがこの地域のそばの盛り方だそうです。うす毛利と昔毛利があるそうで、毛利は「盛り」と読むそう。うす毛利がふつうの1人前、昔毛利は大盛りだそうで、これはうす毛利のほう。少なく見えるけど、そばが太くてものすごく噛みごたえのあるしっかりした麺なので、胃には自信のある私にも多かったです。おなかが空いていたはずなのに途中から箸が進まず、結局Sさんに手伝ってもらいました。

後で調べると、このあらきそば、とっても有名なお店だったみたいで(確かに到着したのはお昼時を過ぎていたのに店に入りきれないぐらい人が待っていました)そんなお店に連れて行ってもらえて感謝感謝です。Sさん、どうもありがとう。

さて、ここから今回の一番の楽しみだった蔵王の峩々温泉に向かいます。ここでもたくさん写真を撮っていますので続きはその4にて。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-30 23:26 |

初冬の仙台・山形紀行 その2

e0066369_22471269.jpg
2日目は同じ会社の東北営業所に勤務しているYさんと仙台駅で待ち合わせて、電車で松島へ。目的は今が旬の松島のカキ。TVでもよく紹介されている「かき小屋」というところに行きました。予約はいっぱいだったので、早めに行って待機リストに名前を記入。11時から開店なのに9時半にはもう先客がたくさんいました。

連休で混んでいることもあり10時半に開店が早まり、私たちは11時過ぎに入店することができました。焼きがき45分食べ放題のコースと、1時間食べ放題+かき汁+かき飯のコースがあります。カキばかりどれだけ食べられるか分からなかったので、45分のコースにしました。

e0066369_22473520.jpg
全部でテーブルは14卓ぐらいあったかな。1卓につき大体6~7名ずつぐらい相席で座って、同じテーブルのメンバーは同時に食べ放題開始になるシステムみたい。私たちが席に着くとおばちゃんが鉄板の上にカキを並べてフタをして蒸し焼きにしていました。それぞれお皿とお箸、ナイフが配られ、首には焼肉屋でもらうような紙の前掛けをつけて、焼き上がりまで待機します。

e0066369_224822.jpg
しばらくするとフタがぱかっと外され、あたりいちめん湯気とともにカキの匂いが広がります。鉄板の上には100個以上のカキが!すごい迫力です。これをおばちゃんが次々に私たちのお皿の上に置いていきます。それを渡されたナイフでこじあけてひとつずつ食べるのですが、あけるのが難しければおばちゃんが手伝ってくれます。

e0066369_22481438.jpg
あとはただひたすら食べる食べる!松島のカキは海の香りが強く、味が濃くてうまみがぎゅっと詰まっているという印象。途中数え忘れたのですが、たぶん40個以上は食べたと思います。でも、60個ぐらいは女性でも普通に食べるそう。1年分カキを食べたという感じ。すっごくすっごくおいしかったけど、当分カキはいいです(笑) でも食べたりない人は横にある直売店から格安でおいしい生牡蠣を全国発送できます。

e0066369_22482895.jpg
かき小屋の裏手には殻が山となって捨てられていました。これはあとで肥料や、鶏のえさとして再利用するそうです。

e0066369_22492033.jpg
腹ごなしを兼ねて、瑞巌寺まで散歩。松島きってのお寺です。境内入り口は背の高い木がまっすぐ伸びた参道が。なんとなく高野山の奥の院を思い出させるような雰囲気。

e0066369_22493286.jpg
瑞巌寺の近くには円通院というお寺もあります。ここはもみじがとってもキレイでした!

e0066369_22494378.jpg
夕方近くなり、寒くなってきたので仙台に戻り、ホテルでゆっくりしてから夜ごはんへ。会社の人に教えてもらった文化横丁の源氏というお店へ。看板もいいですが、店内もものすごく雰囲気のあるお店で、中にはコの字型にカウンターがあって、みんな静かに飲んでいます。ここはお酒を一杯頼むごとにおつまみが一品ずつついてくるというシステムだそう。なんだか昭和の古い映画の中で飲んでいるような感じで、一見の私は最初緊張しました。でも、そのうち隣に座ったお客さんと話が始まり、だんだんと居心地のいい空間に。結局、岩手の南部美人と秋田の新政、東北のお酒を3杯飲んでお店を後にしました。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-27 22:50 |

初冬の仙台・山形紀行 その1

e0066369_0541617.jpg
連休に初めて東北に行ってきました。もともとANAのマイルが貯まっていたので、空きがある場所の中で興味のある土地、しかも行ったことのない場所ということで仙台空港までの往復便を予約して、それから色々調べて旅の計画を立てました。

仙台に到着して驚いたのは空港から中心部までのアクセスのよさ。なんとJRの快速を使うと17分で仙台駅に到着してしまうのです。この路線はつい最近開通したそうで、それまではバスで1時間かかっていたそうです。

チェックインして、仙台在住の元同期Sさんと晩御飯へ。彼の一番のお勧めということで、仙台の牛タン発祥の店という旨味太助というお店に連れていってもらいました。初めての本場の牛タンです。

e0066369_052164.jpg
太助の厨房。左の店員さんの前にあるのが牛タンの山。それを網の上に載せて、どんどん焼かれていきます。

e0066369_0521636.jpg
お待ちかねの牛タン。ステーキみたいに分厚くて、しかもやわらかい!お漬物みたいなものと唐辛子の味噌漬け(なんばん味噌というそうです)が付け合せに出てきます。これが仙台の牛タンの定番みたい。定食には、テールスープとごはんが付きます。Sさんによれば太助は他店と比べると味つけが濃すぎず、テールスープも抜群においしいのだそう。あ、ちなみにこれは2人分の量です!

この日はあと2軒行きましたが、結局盛り上がって宿に帰ったのは1時すぎ。翌朝も楽しい予定が詰まっていたので慌てて就寝。では、今回はここまでにして続きはまた明日以降に…。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-27 00:52 |

ゆたんぽ生活

あー寒い!先週までの快適な気候は一体どこにいったの?というぐらい急激に冷えてきましたね。東南アジアと沖縄大好きで、寒いのが苦手な私にとってはつらい季節の到来です。

今年の1月に北海道に行ったとき泊まった美瑛の「とぅもろう」で、宿泊客全員そろっての夕食が終わってからひとりひとりにゆたんぽが配られました。ゆたんぽって、小学生になる前ぐらいに母親が毎晩布団にいれてくれたのが最後で、それ以来だったので本当に懐かしくて、しかも思った以上に暖かく快適でした。

e0066369_0395253.jpg
そこで今年は無印良品でゆたんぽを買って来ました。カバーも無印。一日の最後に、ホカホカに温まった布団に入るのは本当に幸せな気分です。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-20 23:29 | 暮らし

マルティナのクリスマスコフレ

e0066369_13574677.jpg
友達のブログで見てすぐに河原町のオペークに問い合わせ、取りおきしてもらっていたマルティナのコフレを受け取りに行きました!マルティナはドイツのオーガニックコスメメーカーで、日本では全国のオペークで取り扱っています。有機栽培農法で作られた材料を使う、動物実験をした材料を一切使わないなど、徹底したポリシーのある会社です。オーガニックコスメってドイツの会社が多いんですよね…。だから去年ドイツに行ったとき、ドラッグストアとかでDr.ハウシュカとかヴェレダとかふつーに売ってて(しかも安い)買いあさりたい衝動に駆られたもんです。

マルティナは、以前ジンセン(朝鮮人参)のシリーズをスターターキットで使ってみてかなりよかったので気になっていたブランドでした。ジンセンは朝鮮人参のイメージを裏切るめちゃくちゃいい香りで大好きだったんですが、今回のコフレはジンセンではなく、ローズのシリーズ。クレンジングミルク、ローション、クリームとハーブティーがセットになったものです。ローズの匂いがこれまた最高!癒されます!! 手で顔につけたあと、思わず手のひらをクンクン嗅いで、ほぇぇっとなっております。これから乾燥バリバリの季節になるので、しっかり使いたいと思います!
[PR]
by cita_cita | 2008-11-14 21:50 | LOHAS

ギィ・マルタンの包丁

e0066369_23441131.jpg
いままでセラミックの包丁2本(三徳とぺティナイフ)で料理をしていたのですが、切れ味はいいけど硬いものに弱くて不安なので、前からずっと狙っていた刃と柄が一体になったタイプの包丁を追加しました。新潟の燕市にある藤次郎の包丁です。これは霞流しといって、日本刀と同じようにキレイな波模様が入っています。一本一本、それぞれ模様が違うそうです。フランスの三ツ星レストランのシェフが監修したそうで、デザインがとってもカッコいい。

セラミックの包丁より適度に重みがあって、手になじむ感じがとってもいいです。今、ちょっと忙しくてあまり料理できないのですが、落ち着いたら色々使ってみたいです。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-13 23:44 | 暮らし

紅葉の万博公園

民族博物館のチケットをもらったので、万博公園に行きました。夏のヤッサ以来です。

e0066369_14285624.jpg
真夏の風景とはうって変わってしっとりと落ち着いた秋の風景。

e0066369_14291029.jpg
太陽の塔も心なしか物思いにふけってるような…?
[PR]
by cita_cita | 2008-11-10 22:01 | その他

IKEA鶴浜

振替休日で平日にお休みをもらったので、今日ならすいてるかも!と前から狙っていたIKEA鶴浜店に行ってきました。関西2店舗目のIKEAです。

e0066369_11313746.jpg
e0066369_11315771.jpg

IKEAは昔(10年以上前)、日本ではまったく無名だったころにアメリカで行ったことがありましたが、さすがに家具を買うわけにも行かず、ただ指をくわえて見ているだけでした。2Fのトータルコーディネートされた部屋の数々。本当に素敵。こんなインテリアで暮らせたらいいなーと、そこに暮らす自分を妄想するだけでも楽しい。

以前7月の平日に神戸のIKEAに行ったときは電車で行って重いものを運べず悔しい思いをしたので、今回は車で行って正解でした。新しいTV用のラックとアウトレットで出ていたライトスタンドを購入することができ、満足満足。さーてこれからはなるべく早く家に帰ってAVライフを楽しむぞー。

e0066369_0104949.jpg
これが新しいTVラック。まだ下段は空っぽだけど何を入れようか慎重に検討中。

e0066369_0105892.jpg
そしてこちらがアウトレットのびっくり価格でGETしたスタンド。私の理想通りの色と形。これを見つけただけでもIKEAに行ってよかった!
[PR]
by cita_cita | 2008-11-07 23:28 | 暮らし

ちょこっと出雲

仕事ではじめて島根県の出雲に行きました。

e0066369_1120157.jpg
お昼ごはんは出雲大社の門前にたくさん並ぶ出雲そばのお店の中から、「おくに」というお店で食べました。出雲そばは、少し平べったい感じで黒いのが特徴です。そばの実の黒皮も一緒に挽いて作るので、他の土地のそばより黒く、そばの香りが強くなるのだそうです。そして少しずつ割子そばの形で出てくるのが一般的みたいです。ここにあご(トビウオ)やうるめいわしでだしをとった甘めのそばつゆを直接かけて食べます。具はもみじおろし、もみのり、ネギっていうのが定番みたい。このもみじおろしとおそばと、そしてしっかりしたそばつゆの組み合わせが絶妙で、本当においしかった!ぜひもう一度食べたいです。

e0066369_11202515.jpg
縁結びで有名な出雲大社の有名な大綱。この綱に小銭を投げて願掛けする人が多く、お金が刺さったら願いがかなうという迷信(昔はなかった)が最近はやっているので綱の下には何度も何度もトライする人でいっぱい。結構勢いよく投げるのであちこちでお金が飛び回ってちょっとあぶないかも。本当は、これをやると綱がすぐに傷んでしまうので良くないのだそうですが、私もやっちゃいました。同行のお客さんたちは結構すぐに綱に入ったのに私がいつまでもダメなので、あきらめて帰ろうかと思ったのですが、あきらめずに入るまでやれとみんなに励まされ、なんとか無事達成しました。あきらめないでよかった…(笑)

e0066369_11205140.jpg
その後おみくじを引いたらかなりいい内容で(出雲大社のおみくじは大吉とか凶とかの記載はありません)私はそのままもって帰ってきたのですが、周りの木の枝は結んだおみくじでいっぱい。仕切りの柵もこんな状態でした!一緒に来たお客さん(ドイツ人)に「おみくじの結果が悪かったらここに結ぶといい」と伝えると、「こんなにたくさんのアンラッキーな人がいるんだ!!」と言われ思わず苦笑い。

短い時間だったけど、お魚も美味しくて、帰りの飛行機からの宍道湖の眺めもすごくきれいでした。空港は宍道湖のほとりにあるんですよ。出雲はとっても素敵なところで、もっとゆっくりしたかったです。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-06 23:21 |

東京下町ぶらりぶらり

5日間ほど東京出張に行ってきました。
滞在中1日だけ休日があったので、前から行ってみたかった東京江戸博物館へ!

e0066369_10233587.jpg
館内には江戸時代歌舞伎公演が行われていた中村座(最初の名前は猿若座)の正面玄関を原寸大に復元した舞台があり、週末はイベントもあります。この日は立川談幸師匠による「時そば」。上方の「時うどん」と同じ点、違う点がよく分かっておもしろい。「うどんみてぇに太いのはいけねぇや!」とか言ってるし(笑)。

e0066369_1023521.jpg
あちこちに見事な精巧さのジオラマがいっぱい。江戸城下の町人の生活などが生き生きと表現されています。これは両国で隅田川の花火と夕涼みを楽しむ人々のようす。

e0066369_1024731.jpg
さらに近づくと…!

e0066369_10242191.jpg
さらにさらに近づくと…!すごい、表情やきている着物の柄、手に持っているものまでひとりひとり全部違うんです!

e0066369_10244075.jpg
その後、東京在住の友達に連れてもらい浅草散歩を。これは浅草演芸ホール。一度来てみたかったのです。このときは時間がなくて、残念ながら公演は見れませんでしたが、演者の都合により急遽林家正蔵師匠(こぶ平といったほうがわかるかな?)が代役で出ていました。この日行った人はラッキーですね。

e0066369_10251757.jpg
夜は月島に移動して、もんじゃ焼きという下町王道コース。友達は小学生のころから、学校が終わると友達ともんじゃ屋さんに集合して焼いていたとかで、さすがに年季が入ってる!次々と具を変えながら、定番もんじゃ、代わりもんじゃ(明太・ブタ・クリームもんじゃなんてのもあった!)、ソース焼きそば(関西の甘辛ソースと違って、本当のソース焼きそば!)など色々食べました。
[PR]
by cita_cita | 2008-11-06 00:25 |