<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

脱!捨てられない病

私、本当に「モノを捨てられない人」なんですよ。
実家の自分の部屋は、もともとめちゃくちゃ狭い(京間の4.5畳)のに、そこに本棚やらチェストやらテレビ台があるもんだから、本当に狭い。幸い、ふとん派なのと、押入れがでっかいのでかろうじてくつろぐスペースを確保できている状態。大きな部屋にあこがれるけど、どれだけ念じたって部屋が急に大きくなるわけではないし、与えられた空間が4.5畳なら、それなりのモノで暮らしていかなければならないのに、困ったことに「捨てられない」。

毎年会社主催のバザーがあるので不用品はそこに寄付したり、海外の関連会社に出向している日本人社員向けに本を寄付したり、それなりにできることはやっているのですが、悲しいかなどちらもチャンスは年1回。一番困るのが洋服。会社のバザーでは古着は受け付けてもらえないんですよ。フリマに出店したことも2回ほどありますが、あれはかなりエネルギーが要りますよね。事前の準備とか、当日もそうだし。家族とか友達数人で…とかだと楽しそうなんですが。本やCDならアマゾンやヤフオクを活用して売るって手もあるのですが、服はオークションで売れるほどのブランドものを持ってるわけでもないし。じゃあウダウダ言ってないでさっさとゴミとして捨てればいいじゃないか~って叱られそうですが、それができれば「捨てられない人」にはならないわけで。

夏物は、バリに行くときに定宿スナルタハウスの家族にTシャツやらいろいろ持っていって喜んでもらっているのでいいとして、問題は冬物。セーターとかコートとか、夏服と比べて元の値段がそれなりに張っているのもあるし、貰い手もないし、しかもかさばるし…。散々頭を悩ませていたのですが、一念発起して色々調べた結果、「救援衣料センター」という団体が引き受けて、アジア・アフリカ・中南米の難民に送ってくれるとのこと。センターまでの送料と、センターから海外へ発送するときの送料はこちらで負担しなくてはいけませんが、「捨てられない」以上、こうでもしないといつまでも手元でたんすのこやしになるだけなので、「えいやっ!」と一念発起。1梱包につき10kg程度にまとめるようにとのことなので(海外までの運賃は10kgで1500円程度が目安)、とりあえず10kg分の冬服をピックアップして洗濯をすませ、ダンボールに詰め準備完了。そして週末の引越しの途中、ローソンからYahoo!ゆうパックで発送しました。思い出や愛着があって、なかなか捨てられない服も難民に着てもらえるとなると、意外とすっぱり気持ちが切り替えられるものですね。

ちなみに救援衣料センターは神戸にありますが、東京周辺ではデパートなどで直接持ち込みできるイベントも開催されているみたい。ユーズドで受け入れてもらえるものは「毛布、ズボン、ジーンズ、Tシャツ、ポロシャツ、 トレーナー、セーター、ブラウス、カーディガン、ジャンパー、オーバーコート」だそう。逆に、「スーツのジャケット、ブレザージャケット、スカート、ワンピース、和服、ベビー服、ベビー用品、ふとん、 小物類(ネクタイ、ベルト、帽子、手袋、マフラー)、 くつ、かばん、 雑貨、文具、食品」はダメなんだとか。

まだまだ、「捨てられていないモノ」はたくさんあるので、家を出ている2ヶ月の間に、ちょくちょく実家のモノを減らしていって、戻ったときには少しでも快適に過ごせるようにしたいです。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-31 23:05 | その他

心機一転

e0066369_9335543.jpg
ちょっと事情があって、2ヶ月間限定で一人暮らしすることになりました。

昨日が引越しだったのですが自宅から徒歩で10分ほどのウィークリーマンションなので、私一人で車で2回ほど往復して、あと近所のスーパーで買出しをしただけで完了。インターネットも光が来ていたので、LANケーブルをプチッと差し込んでちょっとセッティングするだけで無事開通。10年ぶりの一人暮らしですが、賃貸といってもずいぶん便利になりましたね。こうやって、ブログ更新できるのもありがたいです。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-30 09:34 | 暮らし

博多水炊き「蟻月」

久しぶりに会う友達と、心斎橋の「蟻月」へ行ってきました。ここは博多風の鶏の水炊きが食べられる店。今、博多風の水炊きが流行っているとかで、あちこちにいろんな店ができているのですが、先日長野の松本に出張した際、松本駅近くの「鳥蔵」という店で地鶏水炊きを食べてそのおいしさに開眼。実は、学生時代、博多で食べたことがあったのですが、まだ若かった私にはそのおいしさが分からなかったのですねー。ラーメンや中洲の屋台の方が印象に残ったぐらいですから(笑)。それに、その頃は水炊きよりもつ鍋ブームまっさかりでしたし。(歳がばれるな…)

e0066369_0593251.jpg
博多風水炊きの特長は、なんといっても鶏のうまみたっぷりの白濁スープ。鶏がらをじっくり煮込んでうまみを出し切ったスープをまずお通しでそのままいただきます。それから、鶏肉、つくね団子のみ入ったスープが登場。お肉のうまみを味わったら、野菜を投入していきます。

e0066369_0594799.jpg
そして最後の締めは、ラーメンで。うどんやご飯でなくラーメンというのがミソ。ごま風味が効いておいしいです☆
[PR]
by cita_cita | 2008-03-29 23:56 | おいしいもの

オリジナル枕をオーダーしました

e0066369_1674249.jpg
万年、首の後ろ側の張りと肩こり、腰痛に悩まされている私。ヨガをするとマシになるんだけど、なぜか夜ふとんに入る前よりも、朝起きた直後が痛くてたまらない。

これまでもテンピュールの枕だとか固めの枕とか色々試してきたのですが、どれも首の痛みには効果が無かったのです。テンピュールは確かに気持ちいいのだけど、夏には暑く、やわらかすぎるし、寝返りを打ったときの沈み方がスキじゃない。固めの枕は高さが高すぎるのか、首の収まりも良くないし首以外の部分も痛くなったりする。でも枕をこれ以上増やすのも抵抗があって「まあ、眠れないわけじゃないし、」と半分あきらめていたのです。

だけどやっぱり眠りは大切だよなあー、人生の3分の1眠るわけだし…と考え直し、快適な眠りを求めて今度こそという気持ちでオーダー枕を頼んでみました。デパートなどに店舗を展開している「ロフテー枕工房」にも行ってみたのですが、今まで枕選びで失敗しているだけに「お好みの素材(中身)を選んでください」といわれても、自分の選択眼に全く自信が持てず、絞り込めない私。そこで、色々調べた結果、思い切って通販でオーダーしてみることにしました。山形県の天童市(将棋の駒の名産地)にある天童プップという小さなお店です。「枕マイスター」という売り文句に引かれたのがきっかけですが、お店のホームページからなんとなくご主人の人柄や職人気質な部分が感じられてこのお店に全てをゆだねることにしました。

寝転んだときの首のアーチと床の間にできる隙間の大きさや、後頭部の形、身長・体重、今使っている枕の高さや素材などを答え、自分が今抱えている不調や悩みなどを記入して注文すると1週間で枕が届きます。到着した箱を開けてみると、枕と一緒に高さを微調整するための枕の中身と、計量カップ、それからお店からの手紙が入っていました。枕の中は4つに分かれていて、それぞれ私にあわせた量の中身が入っています。

e0066369_23574393.jpg
ちなみに私のは両サイドと後頭部が210g、首の部分が170gなんですって。私の送ったデータから寝姿勢を想定して作ってくれたとか。

手紙にはこんなことが書かれていました。「最初はちょっと低く感じるかもしれませんが、しばらくこのままお使いください。一般的に市販の枕は女性には高すぎる傾向にあり、寝起きの首の痛みなどは高すぎる枕を使い続けたときに起こりがちです。お使いのテンピュールの枕はおそらく高すぎるのではないでしょうか。枕が高すぎると、首の無理な負担を長時間続けることになり、首や肩、背中が緊張してこりや痛みになります。夜の間に昼間の緊張を緩和する機会がないため、昼のこりと夜のこりが累積して慢性化します。」

なるほど。自分では低めを選んでいるつもりだったのですが、それでも高すぎたのかも。ふかふかの枕、気持ちいいのだけど、枕に関しては存在感がありすぎる枕は、寝返りのたびに枕が眠りを邪魔してしまうので、あまりよくないそう。逆に、気持ちいいとも悪いとも感じない、良い意味で存在感のない枕がおすすめなんだそうです。そういう意味ではこの枕は合格点。とりあえずまだ使い始めて3日目なので、もう少し使い続けて様子を見てみようと思います。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-25 23:41 | LOHAS

今を楽しむこと。

e0066369_15532285.jpg
ジャッキーのワークショップ、2日目が終わりました。やってみるまでは、実際にちゃんとできるか不安もいっぱいでしたが、ワークショップの最中、「うまくやろう」とか「間違ったらどうしよう」という気持ちが全く消えて、ただただ、そこに居られることを楽しんでいる自分を発見する瞬間が何度もありました。

この日の冒頭、ジャッキーが話してくれたのは「今日はみなさんにとってチャレンジングなポーズがいくつかあるかもしれない。でも、今日は難しいことは考えず、新しいおもちゃを前に目を輝かせる子供のようにワクワクした気持ちを忘れず、ひとつひとつのポーズと向き合い、楽しんでいきましょう」ということ。また、「生まれて初めて歩くことを覚えた赤ちゃんが、転んでも転んでもケラケラ笑って、また立ち上がって歩くように、できないことさえも楽しみましょう」とも。

この言葉は生徒さん一人一人にも大きく響いたと思うし、そして、私にとってもすごく大きな勇気をくれる言葉でした。ジャッキーがさまざまなメッセージを発するたび、私は「生徒さんに上手に伝えなくては!」と自分を追い詰めるのではなく、「ジャッキーのこの思いやエナジーを余すことなくそのまま生徒さんに早く伝えたい!」と切望し、自分が喋っているときはそれを聞いている生徒さんの表情の変化や、笑顔や、頷きながら聞く様子を見ながら最高に楽しい気分を味わうことができました。こんなすばらしい経験をさせてくれたジャッキーや、スタジオヨギーの皆さん、そして生徒さんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

今日出勤時に見かけた桜のつぼみが少しだけ膨らんでいて、空気が暖かくて、いよいよ春が来るんですね!新しい季節にもこのワクワクした気持ちを持っていって、たとえ仕事や色々なことで忙しくても、その中に楽しみを見つけられる自分でありたいです。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-24 22:53 | LOHAS

アヌサラヨガWS by ジャッキー・プリティ

e0066369_0133256.jpg
この週末、心斎橋のスタジオヨギーで開催されているジャッキー・プリティ先生によるアヌサラヨガのワークショップで、縁あって今日と明日の2日間通訳の仕事をすることになりました。今日、その1日目が終わり、半分終わってほっとした気持ちもあり、また明日に向けての緊張とともにまだ半分あるんだーというワクワクを感じています。

ちょうど2年前、Consciousという雑誌でアヌサラヨガとともに紹介されていたジャッキー先生を見て、なんだかすごく心ひかれるものを感じました。優しく暖かそうで、大きくて…。調べてみて彼女は当時ニューヨークでしか教えていないということを知り、日本でそのアヌサラヨガを教えているスタジオということでスタジオヨギーを知り、そしてAIC(アヌサラ集中トレーニングコース)を受けました。ジャッキーにはいつかニューヨークで会えればいいなと思いつつ…。ちょうどそのConsciousを読んだ頃の日記をブログに書いているのを、今見返して懐かしく思い出しています。

そんなジャッキーの語る言葉を間近で聞き、それを生徒さんに伝えるお手伝いができる日が来るなんてそのときは想像もしていませんでした。ヨガって本当にめぐり合わせを感じる瞬間が多いですね。今日はジャッキーが語る一言一言に感激しつつ、そしてジャッキーや生徒の皆さんの暖かさ、優しさが自分に乗り移ったかのような感じであっという間に時間が過ぎてしまい、自分でも何をどうやって話したのか、ちゃんとうまくできたのかどうか恥ずかしながらあまり覚えてないのです。明日はもうちょっと意識しながらできればなーとも思うけど、でも、とにかく自分自身楽しんで、ジャッキーの言うことをかみ締めながら、やって来れればと思います。いくら心配しても、がんばっても自分の中に持っているもの以上は出すことができないですもんね。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-22 22:07 | LOHAS

レーシック経過報告。

レーシックの手術をしてから3ヶ月がたちました。
今、視力は右・左とも1.5です。

以前ブログに書いたときも結構質問がありましたので、3ヶ月経ってみての感想を書いてみます。

まず、朝起きて、すぐに時計の文字がくっきり見えるのが本当にうれしい。そして、顔を洗った後、その流れのままコンタクトをつけていたのですが、その作業を省略できるようになったこと、これも大きいです。特に、朝起きてすぐの時って、なんだか目がショボショボしていて、そこにコンタクトを入れるのってかなりのストレスだったんだなあって、今さらながら気づきました。

お化粧もそうですね。前はまずコンタクト入れないと化粧もできなかったし。目の調子が悪いときなんかはメガネをしていたんですが、そのときに困ったのがアイメイク(笑)。でも今はそんなこと気にせずすぐに化粧できます。

あとは、旅行や出張のとき、もって行く荷物が減りました!予備のコンタクト、保存液、コンタクトケース、メガネ。すべて不要になったし、家にコンタクト用品をストックする必要もなくなりました。以前は使い捨てコンタクトの残りが少なくなってくると「あーいつ買いに行こうかなー」と頭を悩ませていたのですがそんな心配ももうしなくて済みます。

それから、以前より目を大切にするようになりましたね。前は、目がかなり乾いても目薬とかあまりしなかったり、目がかゆいときゴシゴシ平気でこすったりしてました。要するにあまり目をいたわってあげていなかったんですね。でも、今はそんなこともなくなりました。

反対に悪いことは?ってよく聞かれるのですが、今のところはそんなに無いかなあ。夜、信号なんかの光がぼやけて見にくくなるって聞いていたのですけど、そんなに気になるほどでもないです。私の場合、以前乱視がひどかったせいでコンタクト入れてもやっぱり月や信号の光が二重に見えていたんですね。レーシックで乱視も矯正できたので、二重に見えるということがなくなった分ストレスは減りました。確かに、信号や車のテールランプを見ていると、月にかさがかかったような感じで、周りがぼんやりにじんで見えたりするんですが、たとえば車を運転していて危険を感じるほどではないですね。

あとは、この視力は100%ずっとキープし続けられるというものではないので、(目が悪くなるような生活をしているとやっぱり下がってきたりするそう)今後は目をいたわりつつ、視力をキープしていけるように心がけるっていうのが大切ですね。せっかく20年以上ぶりに手に入れた1.5の視力、ちゃんと保っていけるように心してがんばります。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-21 00:20 | その他

事件だッ!(自慢しちゃっていいですか?)

今日、残業を終えて遅くに家に帰ってきたらすごいことが判明。
ウルフルズのライブチケットが届いていたのですがなんと!なんと!

1階1列目のどまんなかだったんです!!

e0066369_1195778.jpg
あーなんてサイコー。
こんなことあっていいのでしょうか。仕事のつかれもぶっ飛びました!(涙)
今年は大阪公演が2月の平日だったので、どうせだったら旅行と絡めていけるようにと
あえて倉敷公演に申し込んでいたのですが・・・ウルフリィ歴7年、初めての1列目です!

実は前にも同じ理由で長崎公演に申し込んだとき4列目だったんですよね…
大阪を外して地方公演って、意外とねらい目なのかも。

では、最後に一言。
バンザーイ!ウルフルズを好きでよかった♪
[PR]
by cita_cita | 2008-03-18 00:24 | 音楽

残り物でカルボナーラ

e0066369_1525659.jpg
週末のお昼はカルボナーラ。冷蔵庫にチーズと卵と牛乳はあったけど生クリームとベーコンがない。でも食べたい…というわけで、牛乳とマヨネーズを生クリーム代わりに、父が朝食に食べ残した焼き鮭(切り身の1/4だけ中途半端に残ってた)をベーコン代わりに。おまけにひとかけだけ残ってたかぼちゃの煮つけを一緒に入れて作りました。が、結構いけました。クリーム系パスタにかぼちゃと鮭、おすすめです。かぼちゃで甘くなっちゃうので黒こしょうは多めに。

じつは最近、残り物をいかに上手く使うかに凝っています。大好きな高山なおみさんの「日々ごはん」やいしいしんじさんの「ごはん日記」なんか読んでるとその無駄のない毎日の献立(しかもおいしそう)に触発されるのですが、エコを意識しているのもあるし、やりくり上手になりたいなーと切実に思っていることもその一因。飽きっぽい私のことだから、いつまで続くか保障はないんですけどね…でも続けようと思っています。

やりくりといえば、恥ずかしい話なんですが…今の会社に転職するまで、7年ほど一人暮らしをしていたのですが、転職がきっかけで実家に戻ったものの、思ったより貯金が増えるペースが遅い…。一人暮らしのときはちゃんとやりくりできてたはずなのに、ちょっと余裕が出来たせいでなんとなーくお金を使ってるんですね。今年から真剣に金銭の管理をしようと、家計簿(というか金銭出納帳?)を付け出したのですが、1ヶ月ごとに見返すとあまりにもしょーもないものにお金を使いすぎてて唖然。(1個あるのにまた1個買い置きしたりとかのパターンも多い…)1月、2月と同じパターンで来ているので、今月こそは改善したいのですが…今のところ上手くいってますが今月もあと半月、さてどうなることやら。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-17 01:52 | おいしいもの

さつま揚げ

e0066369_13265653.jpg
1日だけの鹿児島出張。時間が無くてあわただしく帰ってきたのですが、帰りの空港でなんとかさつま揚げだけGET。ホイル焼きして食べると甘さと香りが増しておいしいんですよねぇ。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-15 13:27 | おいしいもの