<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Kezako(ケザコ)

祇園のフレンチレストラン、Kezako(ケザコ)に行ってきました!夜は2種類のコースがあるのですが、今回は8400円の方をチョイス。

e0066369_15292481.jpg
お店は祇園、建仁寺から歩いて5分ほどのところにあります。かなりシンプルな外観で間口も狭いので、知らなければ見落としてしまいそう。祇園でフレンチというと、最近は町家をアレンジした店が多いのですが、ここはモダンアートのギャラリーのように洗練された雰囲気のお店です。シェフはフランス出身のステファンさん。以前フィリップ・オブロンで料理を担当されていました。

e0066369_15293819.jpg
まず前菜は果物(野菜かな?)をかたどった白い器でサービスされました。こういう器って和食では多いけれど、今回の器は和食器ではなかったと思います。洋食器は和ほど器のバリエーションがないと思っていたので、とても新鮮なかんじでした。お楽しみの中身は…根セロリのムースを敷いた上に、いかやあさり、ムール貝などをふんだんに使った魚介のマリネを盛り、最後にトマトのシャーベットをトッピングしてあります。トマトのシャーベット、最初見たとき明太子かと思いましたが(想像力が貧困な私)とってもひんやりして酸味が爽やかでおいしかった!そして根セロリのムースの味が濃厚でさっぱりマリネとぴったり合いました。いきなり最初の一皿からこんなものが出てきて、私達の期待も高まります。

e0066369_1530317.jpg
これはこの店の定番の一品だそうです。フレッシュフォアグラの周りに京都の大根で作った奈良漬を巻きつけ、1週間熟成させたものに南国のフルーツ(パッションフルーツやマンゴーなど)のソースをからめていただきます。赤カブを思わせるこの盛り付けもほほえましい。さてフォアグラですが、ものすごく濃厚かつまろやかで私達一同しばし無言になるほどおいしかったです。なんでこんなにおいしいのかと思い、尋ねてみると、やっぱり奈良漬のうまみが1週間かけてフォアグラの味を深めてくれるそうで、意外な組み合わせも食べて納得の一品でした。この一皿を食べるだけでも、Kezakoに行く価値ありです。

e0066369_15301855.jpg
スープです。下のオレンジの部分は牛テールを使って作ったコンソメのジュレ、底に生しょうがが隠れています。その上にうずまき模様にビシソワーズをプラスして、最後にあさつきと雲丹醤(うにひしお)をアクセントにトッピングしてあります。雲丹醤は初めて知りましたが、その名の通り、うにをベースに作った贅沢な魚醤なんです。ほんの数滴トッピングされているだけなのに、食べると口の中にふんわりうにの香りが広がってたまらないおいしさです。

e0066369_15371210.jpg
続いては季節の魚ということで、鮎を使ったお料理です。これはまず盛り付けの見事さにうなってしまいました。まるでオブジェみたいに美しい一品です。鮎はまず骨の部分を抜き取り、骨はパリパリ食べられるようにから揚げにしてあります。それをまるで泳いでいるようにお皿の上に上手に立たせてあります。身からは内臓を抜いて、苦味を和らげるようにバターやミルクでペースト状にして、別に焼き上げた身の中に戻してあります。そして上にはサマートリュフをスライスしたものがちりばめてあって、骨と身の間には鮮やかな緑のソースが。このソースは松の実をベースに、ルッコラ、水菜、からし水菜で作ったものだそうです。お料理・盛り付けともにここまで造りこまれた料理って、日本料理でもそうそうないのではないかと、感動しながらいただきました。食べている最中にこれほどワクワクした気持ちになるお料理ってすごい。この日は3人だったので、1Fのカウンターではなく、2Fの個室だったのですが、一刻も早くシェフのステファンに会って感激を伝えたくなるほどでした。

e0066369_15372854.jpg
お肉料理は鴨肉のローストでした。すっごく柔らかい鴨肉に、加茂茄子のグリルというかも・かもコンビが絶妙にマッチしてます。赤じそと梅のソースと青じそのソースがこれまた絵画のように回しかけてあってもう参りましたという感じ。

e0066369_1537411.jpg
プティフールはガラスの階段のような器(というか飾りだなみたい)に盛り付けてあって、このセンスにはもう脱帽。これはエジプト製のガラスだそうです。

e0066369_15375383.jpg
最後、デザートは桃をつかった一品。白桃を生のもの、コンポートと2種類組み合わせ、そこにフランス産の赤い桃をプラス。そこにシャーベット(多分シャンパンか何か洋酒だったと思うんだけど…どうしても思い出せない!)をトッピングしてあります。

ちなみにこの日の食前酒はミモザ、ワインは白で、アルザスのゲベルツトラミネールをセレクトしました。ワインの種類はそんなにたくさん知らないので、たいてい同行者にお任せするか、無難にシャルドネばっかり頼んでしまうのですが、この長ったらしい名前のワインは特別に好きな味なので、リストにあるとつい気になってしまう、そんなワインなのです。フォアグラとこのワインがすっごく合ったのでうれしかったなぁ。今日はあまりにもお料理がおいしすぎたため、自然と料理が主役!という感じになり、ワインはいつもより控えめになってしまいました。これもまたいいものですね。
[PR]
by cita_cita | 2007-07-31 21:02 | おいしいもの

めぐりあわせって…

ヨガをやりはじめてから、不思議な力というかめぐり合わせを感じることが結構あるのですが、昨日はまさにそんなできごとがおこりました!

実は私、1ヶ月ほど前に左ももから足にかけて痛みが出てきて、最初は筋肉痛かと思ってそのままにしていたのですが1週間しても症状が変わらず、これは変だなと感じていきつけの接骨院で見てもらったところ、腰椎の4番目が左にずれていて神経を圧迫しているとのこと。このまま進行すると坐骨神経痛になるところでしたと言われて、それから接骨院通いをしているのです。おかげでヨガに行く回数も激減し、行っても症状が悪化するのが怖くて思い切り動けず、結構ストレスが溜まっていました。一応いつでもヨガに行けるよう、会社のロッカーには常にウェアを忍ばせていたのですが出番のないまま数週間。

すると昨日のお昼に思いがけないメールが届きました。ヨガスタジオTAMISAのスタッフ、Kさんからのメールでした。内容は「腰の調子はどうですか?自分も同じような経験があるので、心配しています。自分の場合はマイペースでヨガを続けているうちに自然に回復しました。無理は禁物ですが、調子がよさそうなときはぜひまた来てくださいね。」というものでした。一レッスン生でしかない私を気にかけてくださってことにも感激したし、ずっと、TAMISAに行けていないことがひっかかっていたので、猛烈に「あー!スタジオでヨガしたいよー!」という気持ちが高まり、教室に行くべきか行くまいか、迷いながら就業時間を迎えました。

そして、更衣室に行くと偶然先に居た後輩のYちゃんが「cita_citaさんも今日TAMISA行くんですか?」と声をかけてきて、ますます行きたい気持ちが盛り上がってきて、慌ててレッスン予約の電話をしたところ、あと1人ならいけるとのこと。三条スタジオが出来てからは、ここ5ヶ月ずっとご無沙汰だった七条スタジオに行くことになりました。

スタジオに到着すると、見覚えのある女性がいて、私を見つけて「あーっ!」とびっくりしてる。なんとスタジオヨギーのT先生でした。T先生とは、昨年、ヨギーでAIC(アヌサラ集中トレーニング)を受講したときに初めて知り合って以来、私にとって憧れの先生なのです。会いたくてもなかなか会えない人にこんなところで偶然に会うなんて!T先生もこの日初めてTAMISAに来たそう。ヨギーといえば、この夏のTTC(ティーチャーズトレーニング)を受けるつもりで、私は今年の春からずっとお金を貯めて準備していたのに、腰を痛めてしまったせいで申込みを躊躇していたのです。そのクラスがまだ定員に満たないため延期の可能性が高いと聞いてびっくり、そしてさらにそのTTCに関してサプライズ情報を聞いてまたびっくり。その内容については未確定なので、まだ詳しくは書きませんが、私にとってはこれ以上の選択肢はないだろうと思えるほどのうれしいニュースでした。

この日、偶然七条スタジオに行くことになったのも、そこでT先生に会ったことも、さらにサプライズ情報に関しても、めぐり合わせというものを強く感じた夜でした。この日までは、思わぬ時期に腰を痛めて計画通り行かないことに対して、なんてアンラッキーなんだろうと凹んでいたのですが、何か、全てがぱあっとクリアになったというか、道が開けたというか…。ちょっと大げさかもしれないですけど(笑)
おかげで久しぶりのヨガも非常に気持ちよく、集中できて、大いにリラックスできました。やっぱりヨガはサイコー!!
[PR]
by cita_cita | 2007-07-26 23:58 | LOHAS

メリッサの生マシュマロ

リーガロイヤルホテルの1Fにグルメブティック「メリッサ」があります。ここは関西のメジャーな百貨店にはよく出店しているのですが、やっぱりホテル内の本店はさすがに品揃えも豊富でテンション上がってしまいます。

e0066369_1114435.jpg
これがその店舗。まるでデパ地下!! いや、それ以上!! パンのバリエーションはトータル150種あるそうです。

e0066369_1115978.jpg
ここの人気商品、生マシュマロをはじめて購入しました。生というだけあって、少し冷していただきます。イチゴ、グレープ、パッションフルーツの3つの味。口に入れるとむっちりした食感にびっくり。スーパーで売ってる袋入りのマシュマロと全然違う!紅茶と一緒に食べていると口の中でしゅわしゅわーっと溶けてなくなります。この感じ、何かと似てる!そうだ、メレンゲだ!と思ったら、マシュマロってメレンゲとゼラチンで作ってあるのだと判明。新しい発見についうれしくなってしまいました。余談ですが私のパソコン、「ましゅまろ」を変換するとなぜか「マシュ麻呂」になってしまいます(笑) なぜだ?
[PR]
by cita_cita | 2007-07-24 23:02 | おいしいもの

里山カフェ

e0066369_1531076.jpg
今日は振替休日をもらったのでリーガロイヤルのデイ利用でのんびりすごしています。
お昼は肥後橋の里山カフェでランチ。
ソルビバ農園直営のカフェで、オーガニック野菜たっぷりの農園御膳をいただきました。
玄米ご飯ともよく合っておいしかった!
今からプールで泳いできます!(私あんまり泳げないのだけど)
[PR]
by cita_cita | 2007-07-23 15:30 | おいしいもの

「三好和義楽園写真展~ハワイアン・スピリッツ」

e0066369_19314473.jpg
私が最も好きな写真家の一人、三好和義さんの写真展が京都伊勢丹で開催中です。「楽園写真展~ハワイアン・スピリッツ~」と銘打ったこの写真展、世界中の楽園を撮影してきた写真家として知られる三好さんがこれまでに数え切れないほど訪れたハワイに半年の間滞在して撮りだめた珠玉の作品が多数展示されています。この作品展のためにとった新作写真ばかり、そしてその作品を集めた写真集も同時発売されています。

e0066369_19412778.jpg
私が三好さんの写真に初めて触れたのは、彼の「RAKUEN」という写真集でしたが、その後、実際に三好和義という名前を深く印象付けられたのは、5年ほど前に雑誌「Oggi」で彼が連載していたフォトエッセイの中で見た、西表島のサガリバナを撮影した一枚がきっかけでした。その写真は、西表島のマングローブが生い茂る川で撮影されたもので、夏の一時期、夜にだけ開花し、明け方にポトリポトリと川に落ち、川の流れにのって流れていきます。そのとき、あたりにはサガリバナの香水のような甘い香りが一面に漂うとの説明が書いてありました。私はその写真の圧倒的な美しさに目を奪われ、あたりに漂う甘い香りという言葉、そして夜にだけ開花して朝には落ちてしまうという神秘的な話に、その場面を想像して、鳥肌が立つようなゾクゾクした感じを味わいました。それからこの写真のことが忘れられず、その年の7月に生まれて初めて沖縄を訪れました。もちろん、目的地は西表島です。朝4時すぎに宿を出て、川下からカヌーを漕ぎ出し、サガリバナが群生する場所まで川をさかのぼって上流に進み、サガリバナが落ちて川面に浮かぶのを息を潜めて観察しました。それが私にとって八重山、沖縄との出会いとなりました。あの写真を見るまでは、その後わずか5年の間に、こんなに何度も沖縄を訪れることになるとは、そしてついには三線まで習い始めてしまうとは想像もしていませんでした。めぐり合わせって不思議なものですね。

e0066369_20112122.jpg
ちなみにそのサガリバナの写真は、ニライカナイという写真集の中に収められています。(上の写真とは違うものです)この写真集は私が今までに見た沖縄の写真集の中でも屈指の作品だと思います。この写真集の中に載っているビーチを自分の目で見たくて、そのために訪れた島がいくつもあります。

今回の写真展のテーマはハワイでしたが、偶然にも私が会場を訪れた日は、ちょうど三好さん本人による作品解説が行われる日でした。ずっと憧れていた写真家の生の声を聞き、そしてサインをもらえる貴重な体験ができて、本当にいい思い出になりました。サガリバナの写真が沖縄との付き合いのきっかけとなったことと、そのお礼は自分の言葉で三好さんに伝えることもできました!また、今回の写真展で驚いたのは、コンパクトデジカメの画質向上についてです。展示作品のうちの一部はソニーのサイバーショットDSC-W200で撮影されたものですが、このカメラはごく普通のコンパクトタイプのサイズなのになんと1210万画素!それを引き伸ばし、エプソンのプリンターでキャンバス地に油絵仕様で印刷したものが展示されていましたが、写真そのものはもちろん、その緻密な画質さえも目を見張る美しさでした。この写真展を見て、このカメラを買ってしまった人も絶対いると思います。(っていうか、私も欲しくなった…)しばらくカメラはいいやと思っていましたが、またまたカメラ購入熱が高まってしまいました。目の毒ですね。

e0066369_2025935.jpg

さて、今回の作品展の被写体は、花、鳥、海などハワイの美しい自然、キラウェア火山のまるで生き物のように形を変える真っ赤な溶岩、深い深い緑のジャングルや、緑ひしめく岩肌に幾筋にもなって流れ落ちる滝や水しぶき、そして大地に足をつけて空に祈るようなフラの踊りとそのバックに突然現れた虹の奇跡のような美しさ…どの写真も、一枚一枚、食い入るように見てしまいました。写真集を購入して家でじっくりと眺めていると、いつかここに行ってみたいという気持ちがむくむく湧いてきて、それがいつのまにか「多分行くんだろうな」という予感に変わってきて、やばいです。ああ~またまずいものを買ってしまいました…。
[PR]
by cita_cita | 2007-07-18 21:36 | その他

祇園祭2007

e0066369_1425246.jpg
今年の祇園祭は3連休とバッチリ重なりましたね。初日は台風による雨で訪れる人の数も控えめでしたが、宵々山、宵山と人は増え、いつもの通りの大混雑でした。

e0066369_1445189.jpg
写真は上が14日夕方の(たぶん)菊水鉾(もしかしたら放下鉾)、下は15日の長刀鉾です。

e0066369_145193.jpg
祇園祭の最中は、近隣の旧家に代々伝わる屏風や掛け軸、着物などをこの時だけ特別に一般に披露してくれる習慣があります。(=屏風祭) 普段は決して見ることのできない立派な町家の中を垣間見ることもできる貴重な機会です。

e0066369_1420421.jpg
祇園祭限定バージョンの一番搾りもあります(笑)
[PR]
by cita_cita | 2007-07-16 18:26 | 京都

手づくり虫よけスプレー

e0066369_21373496.jpg
いきなりですが、私、ものすごく蚊に刺されやすいんです。
だから外に出るときはもちろん、家に居るときも虫よけスプレーと虫刺されの薬は必需品です。バリとかタイとか沖縄に出かけるときなんてなおさら。
虫よけスプレー、以前はサラテクトとか、市販のものを使っていたのですが、使い終わった後のゴミがかさばるし、匂いもちょっと苦手。そもそも、虫が嫌がるスプレーを大量に吸い込んだら人間の体にもあまりよくないような気がするし。市販のものに多く含まれているディートっていう化学成分は実際、体への害があるという報告もされているようです。

それで最近は自分でスプレーをつくるようにしています。材料は、アロマオイルと精製水、無水エタノール。これをミックスして100円ショップで売ってる詰め替え用のスプレー容器に入れて使っています。アロマオイルは、シトロネラが虫除けには一般的らしいのですが、私はたまたま家にあったもののうち、虫除けに効果的といわれるものとして、シトロネラのほか、レモングラス、ユーカリ、ラベンダー、ローズウッドを好みで適当に混ぜて使っています。シトロネラとユーカリ精油はお正月に南インドに行ったときに買ってきたものです。シトロネラは結構香りがキツイので、他との混ぜ加減が難しいのですが、めんどくさがりな私はいつも匂いをかぎつつ結構適当に作っているため、作るたびに違う香りになっちゃいます(笑)でも、これだと体中にスプレーしても、市販のスプレーのようにむせてしまうこともないし、匂いで気分が悪くなることもないので気に入っています。それでも蚊が多いところに行ったり、お酒を飲んで薄着で油断していると刺されてしまうので、効果のほどはまだ定かではないのですが…笑
[PR]
by cita_cita | 2007-07-12 21:32 | LOHAS

「雲の世界」 山田圭一

e0066369_13445415.jpg
梅雨に入って、毎日うっとうしい天気が続いていますね。たまに雨が降るのはいいけれどこれだけ曇りや雨が続くと、そろそろスカッと晴れた青空が恋しくなりますね。さすがに雲ばかり見るのも飽きてきた今日この頃ですが、こんなときこそこういう本を読んで空を見上げ、雲の観察をするのにうってつけなのかもしれません。

この本は季節や気象条件によってさまざまに変化する雲の表情を、地上から、飛行機から、そして宇宙からと、あらゆる視点から撮影した写真を集めた写真集であり、その雲の特徴を詳しく、しかも素人にもわかりやすく解説してくれています。

本の内容はこんな感じです。
1 雲の世界は千差万別
2 雲の分類―十種雲級
3 雲の組み合わせ
4 空の色と雲の色
5 珍しい雲
6 山の雲
7 美しい雲
8 飛行機雲
9 空から見る雲
10 人工衛星から見える雲


この本を読んでいると、雲にも様々な種類があって、その雲が発生する高さや、含まれる成分の状態(高度が低いところでは水蒸気、その上は雪、もっと高くなると氷…)がそれぞれ異なることや、朝夕と昼間で空や雲の色が異なって見えるしくみ、雨が降るしくみ、あられやひょうが降るしくみ、虹のできかた、雲・霧・もやの違いなど、身近だけれど誰も教えてくれなかった色んなことを知ることができます。雲の名前もちょっとだけ覚えちゃいました。今、窓の外から見えるあの雲はどれかなーなんて、考えたら、こんな曇り空でも少しは気分転換になるかな。
[PR]
by cita_cita | 2007-07-10 22:45 | 読書

「京はやしや」の特製あんみつ

e0066369_1575526.jpg
まだ学生の頃から数え切れないぐらいこのお店に通ったけれど…やっぱり何度食べてもおいしい、はやしやのあんみつ。とくにぷるんぷるんの抹茶わらびもちが秀逸です。量もたっぷりめで満足度高し!
[PR]
by cita_cita | 2007-07-09 21:35 | おいしいもの

「レモンブック」 北村光世

e0066369_21573793.jpg
本屋さんで表紙を見て、そのさわやかで酸っぱそうなレモンのイラストに目を引かれた一冊です。

タイトルの通り、一冊まるごとレモンに関しての本です。作者の北村さんは青山学院大学で約30年近くスペイン語を教えた後、ハーブと各国の食文化の研究に専念してこられました。ハーブに関する著書もたくさん出版されています。今は、イタリアのパルマにも家を持っていて、日本とイタリアの文化交流にも貢献したとして表彰もされています。そんな北村さんが、イタリア人の暮らしに深く根付いているレモンの数千年にわたる歴史、その効用、イタリアの家庭で愛されている、レモンを取り入れた料理のレシピなどレモンのさまざまな魅力を、シチリア、アマルフィー、ポンペイなど現地での取材を織り交ぜながら紹介してくれます。

この中で紹介されているレモンのリキュール、リモンチェッロが飲んでみたくなりました。私たちがレモンを使うとき、主に果汁だけを使いますが、香りの源は皮にあるそうです。このリモンチェッロはレモンの皮から作るリキュールで、日本の家庭で梅酒を作るように、イタリアの家庭では昔はどこでも自家製のリモンチェッロを作っていたそうです。今は市販のものもたくさん作られていて、レモンの産地では特産品として店頭に並んでいるそうですが、手作りリモンチェッロのレシピを見て、いつか作ってみたいなーと思いました。そのためには、無農薬の、自然なレモンの皮が必要なんですが、それが簡単に手に入らないのが難点ですよね…。誰か庭にレモン育てている人、いませんか~?
[PR]
by cita_cita | 2007-07-08 21:58 | 読書