カテゴリ:おいしいもの( 225 )

「料理処はな」@川端丸太町

お友達に紹介してもらってからお気に入りのお店、川端丸太町の「料理処はな」に行ってきました。

ここは日本料理の板前さんとイタリアンの料理人さんが一緒に経営されているお店です。夜がメインのお店なのですが、土日だけランチもあって、それがとてもお得な内容だというので行って来ました。

ランチは2種類、Aコース(スープ・八寸・メイン・〆膳・デザート・コーヒー )が1500円と、Sコース(Aコースにお造りと季節の一品がプラス)が2300円。せっかくなので今回はSコースをセレクト。

e0066369_15181987.jpg
金時にんじんのスープ。甘くてにんじんの風味が濃厚!

e0066369_15183865.jpg
八寸は右上から時計回りにふくさ卵、鴨ロース、生麩田楽。

e0066369_15184878.jpg
本マグロの中トロ、うに、もんごいか。器も素敵です。百人一首の紀貫之の歌が書いてありました。

e0066369_1519674.jpg
e0066369_15191881.jpg
季節の一品、蓮根と焼きごぼうの団子、白子の蒸し物。お椀がまた美しい。

e0066369_1520270.jpg
メインは近江牛のハンバーグとカリフラワーのグラタン。お肉がジューシーでとても食べ応えがありました。

e0066369_15201864.jpg
こちらは友達の選んだメイン。鳥羽の桃取産牡蠣の竜田揚げ。味付けは控えめな和風なので柔らかく煮いた大根とも良く合うのです。

e0066369_15202826.jpg
ほたてと大根の炊き込みご飯、わかめのお味噌汁。ほたては多分後からさっくり混ぜ込んであるのだと思います。貝柱がパサパサせずみずみずしくて感激しました。

e0066369_15204420.jpg
ココナッツのブランマンジェと完熟いちごのソルベ。いちごをつぶして砂糖とレモン汁を加えただけのシンプルなものですが実においしかったです。

そして食後のコーヒーをいただいて、これで2300円はいいの?という感じ。
お昼は500円のグラスワインがあるのですが、ありがちなコスパ重視のハウスワインとは違い、ボトルで頂きたいぐらいの質のいいワインが5種類。(スパークリングx1、白赤それぞれx2)

場所は少し街中から離れますが、窓側の席は鴨川の流れを楽しみながら食事ができるし、ちょっとフンパツして知り合いを誘っても、絶対に喜んでいただけると思うお店です!
[PR]
by cita_cita | 2012-03-05 22:06 | おいしいもの

冬の北陸旅 「乙女寿司」

e0066369_16222363.jpg
金沢一泊、富山一泊の旅を楽しんできました。
初日のランチに行った乙女寿司の芸術的なお寿司をご紹介します。

e0066369_162636100.jpg
まず、カウンターの席につくと寿司を置くところ(あれ何て言うの?)が輪島塗。そこに置かれたガリがいきなり絶品。歯ごたえがしっかりあって、フレッシュでいくらでも食べたい。今まで食べたガリの中で間違いなく一番でした。

e0066369_16311927.jpg
e0066369_1629498.jpg
寿司ネタを入れているネタ箱を開けて見せてくれました。なんと美しい!

e0066369_16343677.jpg
お酒は地元金沢の菊姫を注文。この後、手取川をおかわり。

e0066369_16295356.jpg
「すぐに握りますか?」と聞かれたので、少しつまむものを作ってもらいました。手前は平目、奥は寒ぶり。こんもり盛られた「けん」がまたおいしいのだ。

e0066369_1634584.jpg
この季節が旬のくもこ(タラの白子)のポン酢。全然臭みがなく、クリームのような濃厚な甘み。

e0066369_16342399.jpg
のどぐろをだしに漬けて焼いたもの。脂がのりきってふわふわの食感。九谷焼の器もステキです。

e0066369_16351454.jpg
お口直しに、と出てきた汁物は、白子をすりつぶしたスープ。おいしくないわけ、ないやん。

e0066369_16353351.jpg
さてここから握りに突入。一品目は甘エビ。

e0066369_1639145.jpg
赤いか。細造りにしたものに、さらにめちゃくちゃ細かく包丁を入れてあって口の中でほどけます。

e0066369_16392681.jpg
鯛の昆布〆め。上品!

e0066369_16394117.jpg
ぶり。お造りは背中側の身でしたが、こちらはお腹の身です。脂ののりが違う!

e0066369_16395274.jpg
ずわい蟹。かに味噌がとっても濃厚でおいしい。

e0066369_16401217.jpg
中トロ。溶けます。

e0066369_16434652.jpg
うに。軍艦にするか、そのままか選ばせてくれました。

e0066369_16435835.jpg
ばい貝。金沢で貝といえば、これです。

e0066369_16441072.jpg
しめ鯖。本当に軽くしめただけなので、とてもフレッシュ。

e0066369_16441989.jpg
e0066369_16571663.jpg
お味噌汁の器は金蒔絵の輪島塗。具は蟹のすり身だんご。

e0066369_16452583.jpg
蒸しあなご。塩と柚子皮がふってあります。

以上、飲んで食べて9800円でした。分不相応に贅沢してしまったけど、せっかくの冬の金沢。お寿司だけならおまかせ10貫で4200円の納得料金です。
[PR]
by cita_cita | 2012-01-25 20:30 | おいしいもの

ぜいたく忘年会@天六Mush-Up

年末の話になりますが天満のMush-Upで仲間内の忘年会をしました。その時のお料理が相変らずすごかったのでご紹介します。

e0066369_1214919.jpg
まずつきだし代わりにうるめいわしときびなご。すだちを絞っていただきます。苦味があっておいしいー。

e0066369_12144012.jpg
そしていきなり!ぶりです。めっちゃでっかく切ってあります。真ん中に盛り付けた小さい切り身をそのままお刺身としていただき、周りの身はぶりしゃぶで。

e0066369_1215882.jpg
ぶりしゃぶ用の鍋がこれ。たっぷりのキノコと大根おろし、柚子皮がのっけてあります。まずはキノコ類をいただきつつ、少しずつぶりをしゃぶしゃぶして味わっていきます。

e0066369_12163831.jpg
Mush-Upはお酒も豊富。いつも見たことのない日本酒がたーくさん揃っています。この日はお料理に合わせていくつか選んでもらいました。

e0066369_12172485.jpg
お口直しのサラダ。根菜を中心にめずらしい野菜がたくさん。さっぱりマリネ風。

e0066369_12175888.jpg
出ました、ウニ!いか!いくら!!わさび醤油もおいしいけれど、小皿に盛った藻塩と一緒に食べると濃厚な味が余計にひきたちます。

e0066369_12195355.jpg
岡山産生牡蠣。海のめぐみ、潮の香りがたっぷり。

e0066369_12201841.jpg
いいキハダマグロが入ったので...ということで珍しいまぐろのカマ焼き。

e0066369_1221571.jpg
そして最後にぶりの旨みたっぷりの雑炊で〆。

e0066369_12214631.jpg
と思ったら最後にかす汁が出てきました。

これでもかというほど食べて飲んで(ビールのあと日本酒も4,5種類は飲んだ)6000円台。あー最高。Mush-UPホンマ大好きやー。あっしーさん、いつもおいしいものをありがとう!
[PR]
by cita_cita | 2012-01-19 22:01 | おいしいもの

和洋酒菜ひで@心斎橋

心斎橋の「和洋酒菜ひで」に行ってきました。見落としそうな細い路地にあるお店です。
単品で頼むこともできたのですが、初めてだったのでおまかせで色々お願いしてみました。

e0066369_22184976.jpg
突き出しはのホルモンのカレー煮込み。ハチノス、すじ、ホソなどがよく煮込まれています。だしが濃すぎないのが私好み。

e0066369_2219913.jpg
お造りを少しずつ。まずは伝助アナゴのお造り。アナゴって造りで食べられるんですね!プリプリしておいしかった。

e0066369_22193063.jpg
こちらは鰆のたたき。鰆って身が柔らかくて足がはやいから、京都では西京漬けが一般的。たたきで食べられるなんて新鮮でないとできないですよね。

e0066369_22204247.jpg
よこわまぐろ。しっかり脂がのっています。このあとに、もう少し骨に近い部分が出てきました。さらに脂が乗っていて最高。

e0066369_2221695.jpg
たいらぎ貝の貝柱。しっかり甘くて歯ごたえ抜群。

e0066369_22212987.jpg
炙り牡蠣。これは口に入れて噛んだとき、美味しくてうなってしまった。

e0066369_22214974.jpg
そしてなんとクジラ2種。ナガス鯨の尾の身とミンク鯨のさえずり。めっちゃ久しぶりに食べた!!!

e0066369_22221429.jpg
岩手の白金豚ソーセージと自家製ポテトサラダ。

e0066369_22223233.jpg
イノシシの炭火焼。

e0066369_22225534.jpg
小坂れんこん(加賀野菜)の炭火焼。ムッチムチです。

e0066369_22231015.jpg
絶品の玉子かけごはん。

このほかにもあん肝が出たのに撮るのを忘れてました。

カウンターのみ、10人弱でいっぱいになる小さな店ですが、とても落ち着いてお酒が飲めました。また、ここのご主人の弟さんは京都でフレンチレストランMAEKAWA、繩手ワイン食堂、ワインビストロMERを経営されているそうなので、また行ってみたいと思います。
[PR]
by cita_cita | 2011-12-17 22:22 | おいしいもの

タイカレー三昧の日々

お盆休みのはじめにグリーンカレーを作って2日で食べきってしまったので、お盆の最後にはイエローカレーを作ってみました。

グリーンカレーのような突き抜ける辛さはないけれど、私はこっちも好きです。ジャガイモとにんじんとナスとしめじ、お肉は鶏ももを入れました。たっぷり作ったので残った分はお鍋ごと冷蔵庫へ。

明日からまた仕事。帰ってきたらタイカレーが待ってると思えば頑張れる…かな。
e0066369_21522095.jpg

[PR]
by cita_cita | 2011-08-17 21:51 | おいしいもの

アルザス@一乗寺

ひさしぶりに行ってきました、アルザス。

e0066369_15462023.jpg
周りは昭和っぽいエリアやのに外から見ると、ここだけフランス。

e0066369_15464862.jpg
この日はシードルが切れていたので、アルザスワイン(ゲベルツ・トラミネール)を頼んで、まずは大好きな豚のリエットとにんじんのサラダから。リエットって何?って聞かれたとき、いつも説明に困るねんけど、お肉をハーブ・スパイスと一緒にコトコト煮込んでホロホロになったものをほぐして、背脂と混ぜてペースト状にしたもの。ってなんか不味そう?でもめっちゃおいしいんです。あったかいパンに塗りつけていただきます。

e0066369_15471580.jpg
こちらはさばの冷製。たっぷりの自家製マヨネーズと一緒に。

e0066369_15473535.jpg
ボリュームのあるものが欲しかったので、シュークルートを頼みました。シュークルートって?と聞かれるといつも「ドイツ風のポトフみたいで、ソーセージとザワークラウト(キャベツの酢漬け)がいっぱい入ってる」としか説明できない私。ホンマはどうなんやろと思って、調べてみたらなんとシュークルートはザワークラウトをフランス語にした「キャベツの酢漬け」そのものを指すことが判明。そうか、そういえば、シュークリームって皮がキャベツの形に似てるからシュー(キャベツ)クリームっていうんだって、どっかで聞いたことある。シュークルート=ザワークラウトやったのか。はぁー目からウロコ。で、そこから転じてキャベツの酢漬けをソーセージ、ベーコン、豚のすね肉など一緒に煮込んでジャガイモをつけ合わせたアルザス料理のことも指す様になったらしい。へぇぇぇぇーそうなんや、そうなんや。

e0066369_15475285.jpg
そんなことも知らずに腹いっぱいになるまで食べまくったこの夜も、やっぱりアルザスの店内は満席で、でもマスターの人柄のせいか、相変わらずのんびりしたええ雰囲気でした。
[PR]
by cita_cita | 2011-07-01 21:57 | おいしいもの

ナイトスイーツバイキング@グランヴィア京都

ホテルグランヴィア京都で人気のナイトスイーツバイキングに行きました。ナイトというだけあって、設定時間は平日の21:00-23:00。こんな時間にスイーツ食べるなんて絶対アカンって分かってるけど、食べたい気持ちが勝っちゃいました。

会場は2Fのル・タンというカフェ。ホテルのカフェだけあって、落ち着いた雰囲気でステキ。

e0066369_12194193.jpg
e0066369_1220292.jpg
ディスプレイの仕方も洗練されててキレイ!バイキングという雰囲気ではないです。

そして、うれしいことにスイーツ以外のフードも結構充実。サンドイッチやパン類、スープにパスタ、自分で好きな具をいれて作るハンバーガーもあります。

e0066369_1220334.jpg
ハンバーガーが結構おいしくて、ついガッツリ食べちゃった。

e0066369_1220564.jpg
チョコレートファウンテンもありますよー。

e0066369_12211684.jpg
e0066369_12213620.jpg
もう夜中だというのに、好きなもの並べてやりたい放題。オトナだから、たまにはいいよねー(笑)

写真とってないけど、他にクレープを焼いてくれるコーナーとか、アイスやソフトクリームなんかもありました。

飲み物も充実してて、特にアイスティーが5種類もあったのはうれしかった!普通のブラックティーのほかに、桃の香りのアールグレイとか、ローズヒップティーとかアップルシナモンティーとか、しかも全部おいしいのです。

基本は1名2,200円なのですが、女性や男性のみの4人グループだと1名無料とか、大人3人で行くと1人1,900円とかお得なプランもあります。思った以上においしくて充実してたので、また時間作って行きたいなぁ。
[PR]
by cita_cita | 2011-06-30 21:45 | おいしいもの

もずくうどん

e0066369_14444717.jpg
お友達からおいしいとおススメの沖縄のもずくうどんをいただきました。

沖縄の伊平屋島特産のもずくが麺に練りこんであって、茹でるとトゥルンとぬめりのある食感ともずくの香りがたまりません。もずく好き&麺好きの私にぴったりでした。

関西では売ってるところがあまりないので、デパートの沖縄物産展や、通販でのお取り寄せになるようです。今度見つけたらまた買いたいな。
[PR]
by cita_cita | 2011-06-06 21:35 | おいしいもの

和彩厨房KATURA@中崎町

e0066369_1833476.jpg
天満のお魚屋さんにおすすめだと教えてもらった中崎町のお店KATSURAさんに行ってきました。梅田からも歩いて行ける場所にあるのですが、住宅街の中のマンションの1Fにあります。若い女性ばかりで切り盛りしているとっても居心地のいいお店です。

この日食べたものの中からいくつかご紹介。

e0066369_18284821.jpg
お造り盛り合わせ。お魚は見るからに新鮮そうで、それを板場担当の女性が見事な手さばきでお造りにしてきれいに盛りつけてくれます。ネタのラインアップは毎日変わります。どれもこれも本当に新鮮でおいしい。とり貝の甘さと歯触りに感動。あと、ここではわさびの代わりに、わさびの葉と茎をしょうゆ漬けにしたものを添えてくれます。これがピリ辛で香りがよくて最高。わさび漬けをうーんとフレッシュに、スパイシーにした感じといえば分かるかな。

e0066369_18285470.jpg
海鮮サラダ。上に三つ葉がたっぷり載せてあり、すごくさっぱりいただけます。海鮮はもちろんお造り用のお魚なので新鮮この上なし。お隣のお客さんが食べていた牛たたきのサラダもおいしそうだったので次はそれにもチャレンジしてみたいな。

e0066369_1829370.jpg
しまあじのかま焼き。ダイナミック!塩のふり加減もよく、お魚に脂がのっててこれまたおいしかった!

e0066369_18291010.jpg
とうもろこしのかき揚げ。桜バーではとうもろこしといかのかき揚げなのですが、ここは潔くとうもろこしのみ。このシーズンならではですね!

この他になすのオランダ焼きや、ふぐの白子の醤油焼きなどもいただき、大満足。お酒のセレクトもよく、ついつい飲み過ぎてしまいそう。

予約をしていったので問題なく座れましたが、 たくさんのお客さんが満席で断られているようでした。とっても人気があるようなので、予約がBetterだと思います。
[PR]
by cita_cita | 2011-06-05 18:28 | おいしいもの

桜バーで舌鼓

私にとって京都で一番好きといっても過言ではない居酒屋、桜バーに久しぶりに行ってきました。

e0066369_23234430.jpg

とうもろこしといかのかき揚げ。地味な食材コンビによる地味なネーミングの地味な料理・・・と思わせておいて、思いっきり裏切られます。はっきりいって、一回でもこれ食べてしまったら、次回からスルーできないと思う。鉄板です。

e0066369_2325424.jpg
上バラ肉のあぶり焼き。魚が売りの桜バーにしては珍しくお肉メニュー。でも、レベルは高い!実はレバニラ炒めとかもあったりする、不思議なお店なのです。

e0066369_23251188.jpg
これが今日の意外なヒット、あじのたたき。「にんにくどうしましょ?」って言われたので、深く考えずに入れてもらったらこれがめちゃくちゃおいしい。かつおのたたきレベル。思わずうなります。

e0066369_2325189.jpg
締めはクリームパスタ風うどん、たらこのっけ。(あさりのっけもあり)稲庭うどんっぽい乾麺を、ゆるめのクリームソースに絡めてしそとたらこを載せた一品。これまで、他の人が頼んでるのを横目で見ていたのだけど。これまたうまかった。

このほかに頼んだそら豆塩ゆでともやしナムルもうまかった。今日はいつも頼むメニューを我慢しつつ、奇をてらって普段頼まないメニューを中心に頼んだにもかかわらず外れがない。スキがない。おそるべし、桜バー。
[PR]
by cita_cita | 2011-05-23 23:24 | おいしいもの