カテゴリ:音楽( 47 )

歌う!トータス松本列伝@播磨中央公園

2009年のヤッサファイナルの後を継ぐ形で、同じ日に開催されてるトータスの野外ライブ。ヤッサ時代の万博から場所を移して、トータスの出身地である黒田庄(西脇市)の近く、播磨中央公園での公演です。

e0066369_23175955.jpg
会場ついたら、まずは空いてるうちにグッズ販売のコーナーへ。今年はタオルマフラーを買いました!そしてでかいトータス人形と記念撮影。手に持ってるのがマフラータオルです。

e0066369_23174956.jpg
青地に赤いTortoiseの文字も良いのですが、地模様が小さなトータスの絵がちりばめてあってめっちゃカワイイのです。

ここでウル友のましゅうちゃんと、そのお友達と久々の再会。ましゅうちゃんとは、彼女が自分のブログに書いてたヤッサファイナルの記事に私が感激してコメントしたことがきっかけで知り合った仲。ウルフルズが活動休止してから、ウルフルズがつないでくれたお友達なのです。歳も偶然私と一緒で、明るくて可愛くてオモロくて、2人の男の子を愛するお母さんで、そして私よりめっちゃお酒が強いましゅうちゃん。いつ会っても楽しい!大好き!ありがとうね。そしておいしい日本酒ごちそうさまでしたー!

e0066369_23183430.jpg
会場では私達は芝生席だったので、ビニールシート敷いて1時間ほど待機。照りつける太陽の下、お菓子食べたりビール飲んだりしてトータスと会える時間を待ちます。この時はまだピーカンだったんですよねー。

そしていよいよスタート!全部で25曲歌ってくれました!!

1.黒田庄中学校校歌
まずはトータスの出身校校歌にのせてトータス登場!演奏はもちろん母校の吹奏楽部の中学生たち。トータスと共演できるなんて、ええなー幸せやわー。
2.バンザイ~好きでよかった~(ウルフルズ) 
いきなりのバンザイでびっくり。そしてバンザイ!
3.サンキュー・フォー・ザ・ミュージック(ウルフルズ) 
うあーこれ大好きな曲。全力で振り回しすぎて既に腕が痛くなる。
4.THIS LITTLE LIGHT OF MINE(トータス松本)
これ、FIRSTの中でもカッコええーと思う曲。いきなりドラムだけでの歌い出しがたまらん。
5.みいつけた!(トータス松本)
教育テレビの番組テーマ曲。前に友達の家に行ったら子供が歌い狂ってた(笑)

e0066369_23195423.jpg
この辺りから空はどんどん怪しい感じに(汗)

6.僕がついてる(トータス松本)
ソロになってからはバラードが秀逸やねんけど、これは語りかけるみたいな優しい歌い方がすっごくいい曲。
7.僕の人生の今は何章目ぐらいだろう(ウルフルズ)
これ聞くたびに自分は何章目にいるかなって思う。30代半ばのある日、今って3章目じゃなくて4章目か5章目とちゃうん?と気付いて愕然とした(苦笑)
8.サムライソウル(ウルフルズ)
この歌、最初全然好きじゃなかった。それやのに聞くたびにどんどん好きになっていく。
9.ええねん(ウルフルズ)
まだまだ続くウルフルズナンバー。ええねんタオル振り回して一緒に熱唱しました。

 ―ここからトータスが中央の小さなステージに一人で出てきてくれた!近い!嬉しい!!!―
10.借金大王(ウルフルズ)
この曲ライブでやると盛り上がるんよなー。前にいたおっちゃん2人も大盛り上がりやった。私はなんかいつも竹内力の顔がちらついてしまう(笑)
 ―ここでゲリラ豪雨襲来!!!!そしてトータスがすかさず次に歌った曲はなんと...―
11.雨上がりの夜空に(RCサクセション)
ポツリと来た雨が一瞬でザーッと豪雨に。絶妙のタイミングで♪この雨にやられてエンジンいかれちまったー♪もう会場は大興奮。
e0066369_23204628.jpg

♪こんなこといつまでも長くは続かないー♪で、うおーっ!とみんな最高に盛り上がる。いや、ええ時間やった。
12.大丈夫(ウルフルズ)
♪僕は大丈夫♪ 進研ゼミのCMでも使われましたね。
 ―ひどい雨にも負けずうたい続けたせいでギターが2本ダメになり、トータスも諦めて「一旦戻るわ」って30分ぐらいライブ中断。そしてようやく再開...―
13.マイウェイ ハイウェイ(トータス松本)
ソロ活動開始後2枚目のアルバムのタイトル曲。これも聞いてるうちにどんどん元気になれる曲。
14.あっというま!(トータス松本)
これも「みぃつけた!」のテーマ曲ですねー。カワイイ曲です。
15.僕は海じゃない(トータス松本)
一転して静かに聞かせるバラード曲。サビがまたかっこいいんだわ。
16.ミュージック(トータス松本)
FIRSTの中で「花のように星のように」の次に好きなバラード。トータスの熱い思いがいっぱいにこもってる曲。
17.愛がなくちゃ(ウルフルズ)
ここで来たウルフルズ。結婚式で聞きたい曲ナンバー2!(ナンバー1はバンザイ)
18.クリア!(トータス松本)
おなじみクリアアサヒのCM曲。これ聞いたら外でビール飲みたくなるのは完全にアサヒの戦略にハマってる?
19.ガッツだぜ!!(ウルフルズ)
キターッ!!!でも、正直、この曲だけは、演奏が違うことが気になってしまった。あと、途中で倒れるパフォーマンスがなかったことも(涙)
20.明星(トータス松本)
♪何もかも間違いじゃない 何もかもムダじゃない たったひとつの輝きになれ 人はみな一度だけ生きる♪
ソロデビュー曲。あのときはウルフルズ活動休止がショックで正直避けてた曲。でも、今こうやって聞いたら、なんか最近沈みがちだった自分をぐっと後押ししてくれるみたいな歌詞に、改めて聞き入って、泣いてしもた。ホンマにええ曲や。トータス、ありがとう。
 ―そしてアンコール曲。「アンコールありがとう」ってトータス出てきたんやけど、雨のせいかみんなあまり時間の感覚なくて「え?アンコール?」って薄い反応(笑)―
21.生まれ変わっても(トータス松本)
トータスが「一日一歌」で発表した曲。すぐにましゅうちゃんが「めっちゃええ曲や」ってブログで紹介してくれて知った曲。ようやく生で聴くことができた。
22.ハッピーアワー(トータス松本)
コーラス隊と一緒に歌うトータスにあわせて、会場で配布されたペンライトを振る私達。暗闇にオレンジと黄緑の光がめっちゃキレイで何度も後ろを振り返ってしまった。
e0066369_23212513.jpg

23.ポーチライト(トータス松本)
寛平ちゃんのアースマラソンのために贈った曲。ポーチライトってのは家の明かり。寛平ちゃんはものすごい遠回りをして家に帰ってくるんだなという意味がこもってる。
24.ストレイト(トータス松本)
トータスが伸び伸び歌ってるのがすごく好きな曲です。力強くて前向きで、でもメロディーもキレイで。
25.笑えれば(ウルフルズ)
そして最後にこのチョイス!!! ♪とにかく笑えれば 最後に笑えれば♪ ♪あきらめない 逃げたくない 自分を見失いたくない♪でさっきの明星に続きまた涙。

こうやってみるとトータスの曲が13曲、ウルフルズが10曲。トータスが、ソロになってからウルフルズの曲を歌うことについては、ちょっと複雑に感じたこともあった。もう聴けないと思っていたウルフルズの曲が聴けるのが純粋にうれしい気持ちと「そんなにウルフルズの曲歌いたいなら、解散なんてしてほしくなかったな」という気持ちがないまぜになってしまって。あと、他のメンバーの顔も浮かんできてしまって。だけど、今日、ましゅうちゃんから、なぜウルフルズの曲を歌うのか質問されたトータスが「曲が古くなってしまわないように」と答えたことを聞いた。斉藤和義さんにも「曲に罪はない。歌わないのは曲が可愛そうだ」と言われて、また歌い始めたのだと。この日、ソロになったトータスの歌うウルフルズの曲を聴いていて、やっぱりこの歌を歌えるのはこの人しかいないんだ、この人が歌ってくれなかったら大好きなあの曲達がどこかで置き去りになってしまうかもしれない、そんなのは絶対にイヤだと思った。なにか、私の中でもようやくモヤモヤが吹っ切れた気がする。トータス、そしてましゅうちゃん、どうもありがとう。
[PR]
by cita_cita | 2011-08-29 23:26 | 音楽

SNSD

先週発売になったGirls’ Generationをヘビロテで聴いてます。
これまではシングルをダウンロードしたものとか、You Tubeで見るばかりだったので、日本語版の色んな曲が一気に聴けてうれしい。

MR. TAXI、今リプトンのCMで流れてるのがこっち。初めての日本オリジナル曲。

こっちは大好きなRun Devil Runって曲。韓国語版がかっこいいなと思ってたけど、日本語版もいい。

そして、これは昨年8月、デビュー前に有明コロシアムで行われたショーケースライブ。最初の演出がかっこよすぎる。
[PR]
by cita_cita | 2011-06-05 11:03 | 音楽

「遠く遠く」 槇原敬之

今日、FNSの特別音楽番組でマッキーが歌ってた。久しぶりに聴いたな。いい曲だな、改めて。

 
遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい 輝ける日を
この街で迎えたい

外苑の桜は 咲き乱れ
この頃になるといつでも
新幹線のホームに舞った
見えない花吹雪思い出す
まるで七五三の時のように
ぎこちないスーツ姿も
今ではわりと似合うんだ
ネクタイも上手く選べる

同窓会の案内状
欠席に丸をつけた
「元気かどうか心配です。」と
手紙をくれるみんなに

遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を
この街で迎えたい

いつでも帰って来ればいいと
真夜中の公衆電話で
言われたとき笑顔になって
今までやってこれたよ

どんなに高いタワーからも
見えない僕のふるさと
失くしちゃだめなことをいつでも
胸に抱きしめているから

遠く遠く離れた街で
元気に暮らせているんだ
大事なのは
‘変わってくこと‘
‘変わらずにいること‘

同窓会の案内状
欠席に丸をつけた
誰よりも今はみんなの顔
見たい気持ちでいるけど

遠く遠く離れていても
僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を
この街で迎えたい

僕の夢をかなえる場所は
この街と決めたから
[PR]
by cita_cita | 2011-03-27 21:42 | 音楽

トータスが♪


ACの新しいCMに出るらしい。
今日ぐらいから放送かな。まだ見てない。早く見たいな♪
[PR]
by cita_cita | 2011-03-24 06:43 | 音楽

「何度でも」 Dreams Come True


もともと、大好きな歌のひとつだった。カラオケでも「何度でも」歌ったことのある曲。
昨日、FMから、震災のニュースの後、この歌が流れてきた。
誰かがリクエストしたみたいだ。
いつかブログで紹介しようとしていた曲。こんな形で紹介するとは夢にも思わなかったけど。

こみ上げてくる涙を 何回拭いたら
伝えたい言葉は 届くだろう?

誰かや何かに怒っても 出口はないなら

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみを思い出すよ

10000回だめで へとへとになっても
10001回目は 何か 変わるかもしれない

口にする度 本当に伝えたい言葉は
ぽろぽろとこぼれて 逃げていく

悲しみに支配させてただ 潰されるのなら

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
落ち込んでやる気ももう底ついて がんばれない時も きみを思い出すよ

10000回だめで かっこ悪くても
10001回目は 何か 変わるかもしれない

前を向いてしがみついて胸掻きむしってあきらめないで叫べ!

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみの歌を思い出すよ

この先も躓いて傷ついて傷つけて終わりのないやり場のない怒りさえ
もどかしく抱きながら
どうしてわからないんだ?伝わらないんだ? 喘ぎ嘆きながら
自分と戦ってみるよ

10000回だめで 望みなくなっても
10001回目は 来る

きみを叫ぶ声 力にしていくよ 何度も
明日がその10001回目かもしれない…

[PR]
by cita_cita | 2011-03-17 21:46 | 音楽

「ねぇ」 Dreams Come True


いい曲。本当に。心が痛いときに聴いたら、きっと泣いてしまうだろう。
映像もすばらしいと思う。
[PR]
by cita_cita | 2011-01-29 09:54 | 音楽

幸せの黄色い手紙ではなく…

e0066369_2248310.jpg
ブルーの封筒にはいって、こんなブルーなお知らせが来ました。
「ウルフルクラブ活動休止に関する重要なお知らせ」

ウルフルズの活動休止から1年半、ずーっとずーっと、いい知らせを待っていたのだけど…。悲しい(T_T)
[PR]
by cita_cita | 2011-01-25 22:47 | 音楽

冬至の月

e0066369_062735.jpg

今日の月、本当にキレイだった。思わず写真を撮った。その後、友達からも「びっくりするぐらいお月様がきれいやで」とメール。なんかうれしいね。

月のキレイな夜には、かならず桑田佳祐の「月」という曲を思い出します。大好きな曲。

[PR]
by cita_cita | 2010-12-23 00:07 | 音楽

When You Gonna Learn


m-floのメンバーの母親がジャミロクワイのアルバムを聞いて「和田アキコかと思った」というエピソードをを知ってから、When You Gonna Learnを聴くたびにどうしてもアッコさんの顔が浮かんでしまう(笑)。とくに2'26’’ぐらいからのところ。

それにしても、この時期(1992年)にもろ環境問題その他の社会問題を真正面から歌ってたんですよね、JKは。今、初めて聴く若者にはどう聴こえるんだろうか。
[PR]
by cita_cita | 2010-08-03 00:11 | 音楽

情熱大陸LIVE2010

e0066369_1195474.jpg
去年のヤッサ以来の万博記念公園!情熱大陸のライブに行ってきました。

例年通り葉加瀬太郎がホスト役となって、押尾コータロー、KREVA、Sing Like Talking、JUJU、鈴木雅之withゴスペラーズの村上てつや&酒井雄二、秦基博、森山直太郎、森山良子、おいしいうたファミリー、中孝介、植村花菜ほかの出演陣。

今年は小田和正が出なかったのが残念やけど、それでもやっぱり楽しかった。

e0066369_11101429.jpg
夏フェス!という感じの一枚。暑さ(熱さ)が伝わってくるでしょうか。

e0066369_111425.jpg
森山良子のステージに直太郎が登場。「はじけている母親を見るのは気恥ずかしい」と、素直な感想。

e0066369_11141195.jpg
鈴木雅之は最初ソロの曲をいくつか歌った後、ゴスペラーズメンバー・葉加瀬太郎と組んで、なんと「め組のひと」と「ランナウェイ」を熱唱。どっちも私が小学生の頃の曲。初めて生で聴いたよ…。ちなみにこの衣装はスーツ柄のTシャツなんです(笑)

そして最後はもちろん葉加瀬太郎による、「情熱大陸」と「Etupirka(情熱大陸のエンディング曲)」。他に9月発売予定のアルバムから新曲3曲を演奏。そのうちのひとつがアイリッシュ系の曲で、超かっこよかったです。

e0066369_11142764.jpg
太陽の塔に見送られて帰りました。暑かったけど楽しかったー。やっぱ夏は暑さも楽しまないとね!
[PR]
by cita_cita | 2010-08-01 11:11 | 音楽