カテゴリ:その他( 225 )

365日。

明日で震災から1年。

この1週間、テレビではたくさん震災関連番組をやっています。今もNHKで岩手の様子が流れています。きっと明日はどのチャンネルを回しても、震災関連一色になるでしょうね。

ちょうど今から半年前も「震災から半年」の番組で、テレビがいっぱいになりました。でも、それも数日でなくなりました。その頃に私は山田町にボランティアに行きました。途中、釜石や大槌を通りながら山田に向い、初めて現地であちこちで作業をしながら、まだまだ復興なんて言える状態ではない、これは自分が想像していた以上にとんでもない時間とお金が必要だ、とよく分かりました。

それまでもできる範囲で募金とかしてたけど、行ってみて、これはずっとやめたらあかんな、いつまでも忘れずに続けないとあかんなと実感できた経験でした。とにかく忘れないことが大事やなと。

本当はみんなにまんべんなくお金が行き渡るような支援が理想だと思うけれど、あまりにも影響を受けた範囲が広すぎるので、私はとりあえず自分がいった山田やその周辺を積極的に支援していこうと思っています。そして余裕があればその他もと考えています。

e0066369_11261521.jpg
これは、浜のミサンガ「環(たまき)」。かつてホタテや牡蠣の殻むきや、水産加工のお仕事をしていた三陸の浜の女性達が仕事を失っているのを支援できるようにはじまったプロジェクトです。浜のお母さんたちの手作りのミサンガ。真ん中の茶色い部分は魚を取るための網、周りの白いところは麻ひもです。大きいミサンガは器用なお母さん達、細いほうは、手仕事に慣れていないお母さん達が作ったものです。売り上げの半分ぐらいが、作り手さんの収入になります。

e0066369_11263329.jpg
三陸一帯のプロジェクトですが、通し番号が付いています。私のは山田町で9201番目に作られたモノです。



今、テレビの画面は福島の場面に変わりました。帰りたくても家に帰らせてもらえない人達。自主避難の結果、家族が離ればなれになってしまった人達、あるいは一旦避難させた子供達を家に戻す決断をしたもののこれでよかったのか悩み続けている人達。そして家族全員で福島から出て、「自分たちは故郷を捨てて逃げてきた」と悩む人達。

特に福島のことについては、何が正しい選択なのかなんて、誰にも分かりません。こうやって自分の家でテレビを見ながら…実際に当事者でない私が、軽々しく自分の意見を言うことはできませんが、だからといって、やっぱり忘れてはいけないし、無関心ではいけないということだけは間違っていないと思います。

この週末はいつも以上に東北のことを考える機会が多いはずですが、それは当然のこと。それよりも、その後もちゃんとこの気持ちを保てる自分でありたいな。そして、自分は何をできるのか、ずっと考えていきたい。
[PR]
by cita_cita | 2012-03-10 11:43 | その他

大切なあなたへ。

突然、大切な人がいなくなってしまいました。約20年近く、常に私の近くに一緒にいた親友でした。友達に順番をつけるなんて、本当は良くないことなのかもしれないけれど、私にとっては間違いなく一番と言える人でした。

私に無いものをたくさん持っている人でした。穏やかで辛抱強く、慎重で、でも周りに流されることなく自分の考えを貫く強さを持っていました。そしていつも自分のことよりも人への思いやりを忘れず、私が大変なとき、自分のことのように心を痛めて私のことを気遣ってくれる心のきれいな優しい人でした。性格は正反対というほど違うけれど、私たちは不思議と気が合い、これまでに数え切れないほど旅行に行ったり、お茶をしたりご飯を食べたり、カラオケやコンサートに行ったりしてたくさんの時間を一緒に過ごしてきました。

この先も、ずっと一緒にいると信じて疑わなかったし、これから歳を重ねて一緒におばあちゃんになっていくつもりだったのに。人生で色んなことがあるたびに、いつも彼女に報告し、相談し、励まされてきたのに、これからはそれもできません。

知らせを聞いてから一週間、何か少しでも現実的なことをやっていないと悲しくて、事務的に仕事や家のことを淡々とこなしている自分と、突然彼女のことを思い出して泣いている自分が代わりばんこにぐるぐる入れ替わって、自分の中に人がふたりいるみたいな感じでした。

彼女とは思い出が多すぎて、家の中にいてもどこにいても逃げることなんて絶対にできないこともよく分かりました。彼女と堀江で一緒に選んだ洋服や、旅行に行ったときに買った物や、彼女にお勧めされて使い始めたシャンプーや、誕生日にプレゼントしてもらったクッションに囲まれて、車に乗ると、一緒に何度もコンサートに行ったサザンやトータスの曲が流れてきます。彼女に関係のあるものを部屋の中から100個探せといわれたら、きっとすぐに100個見つかると思う。

昨日、彼女にお別れをしに行ってきました。もう本当にいないのだということを実感するのは本当につらいけれど、私は彼女がいない世界に生きていかないといけないし、ここを乗り越えるためにも、少しずつ自分の気持ちを整理していこうと思います。

そして何十年か先、おばあちゃんになって胸を張って再会できるように、彼女に恥ずかしくないような生き方をしていかないと。

その日まで先は長いし、これからも色んなことがあると思うけれど、遠くから見守っていてください。そして、その日まで私のことを待っていてね。
[PR]
by cita_cita | 2012-01-15 11:32 | その他

ちょっとまじめな話。

私の働く会社では「哲学」をすごく大切にしているのですが、その創業者である稲盛和夫氏の考え方の中でこのような言葉があります。

”人間は万物の霊長として、この地球で大きな役割を与えられています。私たちはその役割を認識し、人生において魂を磨いてゆく義務があり、常に精進を重ねて行かなくてはならない。それが、人間は何のために生きるのかという問いに対する解答でもあると思うのです。一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、善い思い、正しい行いに努めること、素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高め続けること、そのような当たり前のことを一生懸命行って行くことに、まさに生きる意義があるし、それ以外に人間としての「生き方」は無いように思います”

私達社員は、毎日朝礼でこのような哲学をベースにした名誉会長の著書を輪読して、そのテーマについて自分の体験につなげた感想を順番にみんなの前で話す時間があります。私も、この習慣を10年以上毎日続けているわけですが、やっぱり継続は力なりというのはその通りだなと最近思います。多分、この考え方と出会わなければ、腰痛改善のためにヨガをやりはじめた時もそれほど自分に響くものは無かったような気はするし、ヨガのアーサナの練習はしても、ヨガ哲学の勉強はしなかったと思う。これまでにやってきた、他の趣味と同様に熱病的に数年がんばって、息切れして、遠ざかってしまったと思います。

稲盛氏の考え方を宗教じみているだとか、怪しいとか色々批判する人もいますが(っていうか、実際臨済宗の僧籍を持っているのだから宗教じみて当然)、私はどうせ何かの仕事をするならばこのような哲学をもつ会社で働いてこられてよかったと今になって改めて感じているし、やっぱり彼の言う「宇宙の意思」とか「魂を磨く義務」っていうのは存在すると、私は思います。怪しいかな?

ちなみに「宇宙の意思」っていうのはこういう話です。

”この世にはすべてのものを進化発展させていく流れがあります。これは「宇宙の意思」というべきものです。この「宇宙の意思」は愛と誠と調和に満ち満ちています。そして私達一人一人の思いが発するエネルギーと、この「宇宙の意思」とが同調するのか、反発しあうのかによってその人の運命が決まってきます。宇宙の流れと同調し、調和をするようなきれいな心で描く美しい思いをもつことによって運命も明るくひらけていくのです”
[PR]
by cita_cita | 2011-11-10 20:30 | その他

岩手だより その2

早いもので、明日の午前中の作業が山田町での最後のボランティア活動となりました。
本当に色々なことがあって、色んな人の話を聞いて、色んなことを思いましたがなかなかブログを開く時間もなく、今日の更新となりました。

ここに来て何日か滞在して、まわりの光景にも少しは慣れて来たと思っていたのですが、今日、若いボランティアの女の子が現場で辛いことがあったようで、「なんで何もしていないのに東北の人ばかりがこんな目にあわないといけないの?あれを見て何も感じないの? 」と問いかけてきました。本当は私も同じ気持ちだったし、泣きたかったけれどぐっと我慢しました。何も感じないわけありません。感じたからこそ、みんなボランティアとして東北までやってきたのです。

これまでにした作業は、がれき処理、保育園での絵本の読み聞かせ、小学校の物品移動、支援物資搬入などさまざまですが、どれも誰かが必要としている大切な仕事でした。

ここに来なければ分からなかったことがたくさんありました。直接会わないと聞けない話もありました。



また、帰ったら記憶が薄れないうちにここであったことを書こうと思います。
[PR]
by cita_cita | 2011-09-22 23:54 | その他

岩手だより その1

疲れはあるけど、いい仲間も出来たし、ちゃんと眠れているので元気です。

昨日と今日は同じ場所のがれき処理でした。津波でまわりのお家が4軒も流されてきて、そのお宅の後ろの高台の壁面にみんな一緒に当たって止まったそうで、色んなところから流れてきたものが混じっていました。依頼主さんの家の表札や、お祖父様の古い手帳が出てきて、とても喜んでもらえました。近所の別のお宅の仏壇のご位牌も見つかりました。

ここにきて思うのは、まだまだ人手は必要だということです。自分なんかが行って何ができるのかと思っていましたが、やれることはいくらでもあります。それを知ることが出来て、帰ってそれを人に伝えることができるだけでも、来て良かったです。
[PR]
by cita_cita | 2011-09-19 21:55 | その他

東北へ

昨日で震災から半年。

今週末から、岩手の復興支援のボランティアに参加することにしました。トータル8日間だけど、往復はバス車中泊になるので実質の活動は現地6日間です。京都や大阪から出発できるプランを探してみたけれど私が休みを取れる日程に合うものがなかったので、三重県の災害ボランティア支援センターの募集したチームに入ります。この1週間は「チームみえ」の一員として活動することになります。

震災の直後から、自分で何かできることはないか、色々考えて自分ができる範囲内のことをしてきたけれど、今ここにきてそのタイミングがやってきたのかなと思います。たまたまこの時期に休暇を取っていたことと、まだ現地でボランティアの助けが必要とされている状況が続いていること、1週間家を空けても大丈夫な状況にあること、日中の屋外の活動でも暑さがマシな季節に入ってきたこと、逆にもっと寒くなると寒さに弱い自分が耐えられるのか自信がないこと、など考えて今に決めました。

とはいえ、私はもともとそんなに意志が強いほうでもなく、優柔不断な人間。決断する前も、決めた後もモヤモヤと不安が付きまとっておりました。実は当初、この休暇は大好きなバリ島に行くつもりでした。6月にチケットを発券してしまっていたので1ヶ月悩んで迷った末、東北に行くことにしたわけですが、決めてからも自分が頑張りきれるのか心配で、見知らぬ仲間と1週間、体育館での生活で心折れそうになったらどうしようとか不安になったりしておりました。周りの人の反応も様々で、賛成して励ましてくれる人もたくさんありましたが、それ以上に「なんでまたわざわざ?」という反応が多くて、「日ごろ疲れてるんやから、バリでゆっくり癒されて来たら?」と言われたとたんに「ホントそうだよなー」って弱気になったり。ええ、とにかく優柔不断なんです、私。ええ歳して情けない。

けど、先週の金曜日に私が尊敬する人と会って自分のグラグラした迷いを吐露した翌日、その人から送られてきたメールを見て何かがストンと落ちました。そのメールにはこう書いてありました。「決心されたときに、全ては決まったからね。あなたなら大丈夫。」短いメールだったけど、そっか、そうなんだなーと思ったらなんか急に気が楽になりました。人の言葉の持つ力ってすごいなぁ。

昨日の夜、事務局から連絡が来て、チームのサブリーダーを担当することになりました。それでさらにもう逃げられないぞーと覚悟が決まった気がします(苦笑)。現地に出発するのは17日。帰ってくるのは24日。出発まであと5日。まだ準備物が整ってないけど、出発までになんとかそろえないとね。そうそう、食料もある程度用意しないといけないので、無印良品のミネストローネとか、トムヤムクンとかフォーのフリーズドライのを持っていこうかなと画策中。遊びに行くわけではないけれど、「人間、食べ物が乏しいと気分がクサクサしてくるから、ちゃんと食べなあかん」という話を聞いたので、できる範囲内で好きな食べ物を準備していきます。これは先日陸前高田にボランティアに行った友達がそのグループのコーディネーター役の人から聞いた言葉だそう。無理して体調崩して周りに迷惑かけたら、一体何しに行ったのか分からなくなっちゃうので、うまく気分転換しつつやろうと思います。

復興支援の役に立つだけでなく、自分にとってもいい経験になればいいな。
[PR]
by cita_cita | 2011-09-12 21:31 | その他

Happy Wedding!!!

e0066369_0101779.jpg
大学時代のサークルの後輩がめでたく結婚することになり、挙式と披露宴に出席してきました。会場は中之島の中央公会堂。ここは私達の入学式・卒業式が行われた思い出深い場所です。

e0066369_0123346.jpg
中央公会堂で結婚式ができるなんて知らなかったのですが、この日も数組が挙式と披露宴を行っていました。ほぼ1世紀前に立てられた重要文化財だけあって、こんなに天井が高く、重厚な雰囲気なんです。「レトロ風」ではなく、本物のレトロです!

e0066369_014148.jpg
挙式が行われた特別室はチャペル形式。キリスト教式での挙式でした。

新婦の彼女は大学を出て一般企業で働いてお金を貯めた後、自力でアメリカに留学。帰国してから特許事務所で事務担当として勤務しながら試験勉強を続け、見事難関の弁理士試験に合格。でもそれでは終わらず、文系出身で技術的知識が少ないことを補うために工学部に編入し、昼間は弁理士として、夜は大学生として勉強をして学士号をとった頑張り屋さん。私にとって、とてもとても大切でかわいい、そして自慢の後輩なのです。そんな彼女がこのたび7年半のお付き合いをめでたく実らせ、同じく弁理士仲間の旦那様と一緒にワシントンDCに渡ってアメリカで弁理士としての生活をスタートさせることになりました。

今までのように簡単に会えなくなるのは寂しいけれど、これでワシントンに行く口実ができた…かも。

e0066369_0233274.jpg
Aちゃん、結婚おめでとう!!どうぞ末永くお幸せに!
[PR]
by cita_cita | 2011-09-05 00:23 | その他

はじめてのタカラヅカ

子供の頃、私の住む関西では土曜日の夕方に毎週「OH!タカラヅカ」という番組が放送されていて、子供だった私はあのキラキラした衣装に驚き、なんでだか分からないけど劇の最中に突然音楽が流れて歌いだすミュージカルというものを初めて見て釘付けになったものでした。

それから10年ほどたって大学の同級生で熱心なヅカファンの友達ができたのだけど、その頃の私は他の色んなことに夢中で、いまさらタカラヅカを見に行こうという気にはなりませんでした。

それが今頃になって、生まれて初めてその舞台を見る機会が訪れたのです。会社の同僚の女の子がタカラヅカをたまに見に行くというので、「一度ぐらい見に行ってみたいなぁ」と言っていたら(数ヶ月前の出来事)、最近になって、彼女から「以前プレゼント応募していた招待券が当選したので、よかったらどうですか?」ってありがたいお誘いを頂いてしまいました。

e0066369_16202556.jpg
演目は月組の「アルジェの男/ダンス・ロマネスク」というもの。休憩を挟んだ二部構成になっていて一部がミュージカル劇、二部はダンス中心のショーだそうで、タカラヅカの公演はだいたいこのような形式になっているのだそうです。主役を演じるのは月組トップの霧矢大夢(きりやひろむ)さんと蒼乃夕妃(あおのゆき)さんです。この名前がもうタカラヅカ!って感じでうれしくなりますね。

阪急の宝塚駅から10分ほど歩くと宝塚大劇場に到着します。入口から入ると、壁際に名前を書いたボードを持った女性が何人か立っています。友達に聞くと、どうやらお目当ての出演者さんに渡したい差し入れや手紙などをここに預けるようです。

グッズ販売コーナーにも寄ってみました。色んな俳優さんの絵葉書や写真集があるのですが、トップスターになると自分のオリジナルの監修グッズがあるのにびっくりしました。そのスターが自分の好きな色やイメージコンセプトなどアイディアを出してデザイン監修するのだそうで、パッと見、タカラヅカ関連のグッズだとは全然わかりません。好きなアーティストのライブに行ったら、つい会場でグッズを買ってしまうのと同じで、タカラヅカでもひいきのスターがいる場合は、やっぱり買ってしまうんだろうなぁ。ちなみにこの日主演の霧矢さんのグッズはこんなデザインでした。

他に写真館があって、そこでは予約をしておくと、タカラヅカの衣装とメイクをして、写真をとってもらえるのだそう。ベルばらのオスカルとか、マリーアントワネットとか、ダンスレビューのときの黒燕尾服とかも選べるのだとか。京都だと舞妓さん体験の写真館がたくさんあるけど、私はこっちのほうが面白いなーと思いました。

e0066369_1622407.jpg
ロビーには今日の主役級の4人の写真が。これを見るとやっぱり男役トップ(霧矢さん)が一番上、娘役トップ(蒼乃さん)がその次、そして男役の2番手(龍真咲さんと明日海りおさん)がその次という感じなのかな。このほかにも、今回の舞台を見ていて、色んな場面でトップスターから続く細かい序列があるのがよく分かりました。衣装の派手さも、飾りも、最後の大階段で背中に背負って出てくる羽飾りの大きさと豪華さも、全て細かく差がつけてあるのです。トップまで昇りつめるのは並大抵のことではありませんね。

e0066369_1623669.jpg
会場はこんな感じ。オーケストラピットの前にかぶりつきのSS席から順番にS席、A席、B席があります。私はA席の最前列でした。前に見えるのはS席、他に2階にも席があります。オーケストラピットと客席の間には銀橋といわれる花道があって、公演中なんどもここで踊りや歌が披露されるため、ファンにとっては憧れの席なのでしょうね。私もあんな近くで見てみたいと思いました。

公演中の写真はもちろんないのですが、最初はやっぱり、ストーリーの途中でいきなり脈絡もなく歌いだしたり踊ったりするミュージカル独特の空気になじむまで少し時間がかかりましたが、慣れてからは歌や踊りはもちろん、衣装や、舞台装置(転換の速さなど見所がいっぱい)、観客の反応など楽しめるところが満載でした。特に不思議だったのは、拍手のタイミング。何か暗黙の了解というか、ルールがあるようで、意外な場面で後ろのほうから拍手が起こるので、それにあわせて拍手をしました。あれはタカラヅカ独特のものなのかなと思ったのですが、よく考えると歌舞伎にも似てるかも。肝心のストーリーは最後、全く予想できない終わり方をして、しばらくあっけに取られてしまいました。友達に聞くとこんなパターンは彼女も初めてでびっくりしたそうです。詳しく書くと、見に行く人に悪いので書きませんが、ハッピーエンドではなかったです。

そして、休憩を挟んで2部のショーはこれぞTHE タカラヅカ!という感じで豪華な衣装や大勢での迫力ある踊りのオンパレード。とにかく現実離れした華やかな別世界で、舞台の上でしかありえないような衣装やメイクに圧倒されました。フィナーレの大階段で順番に俳優さんが降りてきて、一番最後にトップスターがド派手な衣装に孔雀の羽を背負って出てきたときには、子供の頃のテレビの中の世界が目の前の現実になって現れたようで、私も思わずにわかファンになってしまいました。

終了後、2Fにあるミュージアムに行って見ました。ここでは今日の主演スターがこれまでに来た衣装や歴代トップスターの写真などが飾ってあります。その中には黒木瞳、大地真央、真矢みき、天海祐希、壇れいなど、今芸能界で活躍している人たちのタカラヅカ時代の写真があってとても面白かったです。

e0066369_16234774.jpg
e0066369_16241032.jpg
これはトップスターがフィナーレで着る衣装。間近で見るとすごい迫力です。

e0066369_16245280.jpg
私も調子にのって小さな羽根(ラインダンサーがつける一番小さいサイズ)をつけて記念撮影させてもらいましたが、この羽の大きさの差がトップまでの道のりなのでしょうね。

タカラヅカ、初めてのことだらけで、すごくいい経験になりました!また機会があれば行ってみたいです。
[PR]
by cita_cita | 2011-08-08 20:21 | その他

分相応という考え方。

e0066369_10315344.jpg
20代の後半、新しく転職した会社で働いて3年たったとき、何か一生ものといえるものを自分で買おうと思って、検討の結果、カルティエのタンクフランセーズという腕時計を買いました。ブランド物をほとんど持っていない私にとってはものすごく大きな決断でした。候補としてバッグなども検討したのですが、ズボラな私は、きっとカバンの扱いも悪くて、どこかに不具合がでても、きっとちゃんとしたメンテナンスを怠ってしまうだろう、そうなったらせっかくのバッグがタンスの肥やしになってしまうに違いないと判断。そんなズボラの私でもさすがに時計が止まったら電池交換も、修理にも出すだろうと考えてのことでした。

タンクフランセーズは、当時の私にとって、いや、今の私にとっても清水の舞台から飛び降りるほどの大きな買い物で、分不相応だとは思ったのですが、やはり「一生大切にできるものを」と思って無理をして手に入れたのです。

それが最近、遅れが出始めたので、電池交換に行きました。ところが電池交換して、ふと見ると、また遅れてる。あ、ついにこの時期がやってきたかと落胆しつつ、覚悟を決めて、再度、カルティエサロンに時計を持ち込みました。トータルメンテナンスのタイミングがやってきたのです。だいたい5年に一回は、このような時期がきて、銀座のカルティエに時計を送って中の機械を交換してもらわなくてはいけません。カルティエでは部分修理ではなくて、機械部分を全て新品に交換する(コンプリートサービス)の方式なので、修理箇所や故障のレベルがどの程度であっても、等しくサービス料金がかかります。それが43,050円。かなりの出費です。っていうか、国産のそこそこええ時計買えるやんね(苦笑)

カルティエの店員さんによれば、別に私の使い方が悪いわけではなく、大体5年に1回ぐらいはこのようなメンテナンスが必要なのだそうです。5年前、同じ経験をしてその金額にびっくりし、「おばあちゃんになるまで、今後5年ごとにコンプリートサービスを受け続けられるだろうか…いつか時計を手放さないといけない日がくるかも。」と不安になったのを思い出しました。

「一生ものを手に入れる」というのは、買ったら一生もつ、というような単純なことではなく、「一生メンテナンスしていく」覚悟と経済力が必要なわけですね。やはりカルティエにはカルティエにふさわしい持ち主があるわけで、私のような小市民が本来手を出してはいけないジャンルなのだなぁとちょっぴり切なくなりました。

というわけで「分相応」という言葉の意味を身をもって実感した最近のできごとでした。
[PR]
by cita_cita | 2011-07-07 19:45 | その他

ムートン無事到着!

今日、ソウルでセミオーダーした例のムートンコートが無事に届きました!

e0066369_0151462.jpg
全体の色はチャコールグレーで、内側はメリノウールの短毛タイプ。袖と襟まわりはミンク(!)です。短毛なのでもこもこしない点、Aラインのデザイン、それからポケットや裾、ベルト部分のステッチがアクセントになってるところが気に入りました。

e0066369_0173223.jpg
着てみるとこんな感じです。今は薄着ですが、冬にもっと厚着になってもいいように、身頃のサイズには余裕を持たせて作ってもらいました。

このくそ暑いのに着ていくところはないので、次に袖を通すのはきっと半年近く先になると思いますが…。これ着て、極寒のソウルに行けたらいいなあー(笑)
[PR]
by cita_cita | 2011-06-29 00:19 | その他