久しぶりにマジメな話など…

昨日、ほぼ3年ぶりに会った大学時代の後輩Aちゃんと、久しぶりに再会。彼女は本当に頑張り屋さんで、大学を出て就職後、一念発起してアメリカに留学。そして帰国後勉強を続けて数年前に弁理士の国家試験に合格。それだけでもすごいのですが…。法学部出身で工業の知識が少なく、特許の仕事をする上で工学部出身の弁理士さんとの差を痛感、私と会っていなかった3年間の間、仕事が終わると毎日大学に通って3時間の講義を受け続け、ついに卒論を残すのみとなったそうで、来春には晴れて電子情報通信工学の学位を取れそうだとのこと。それに比べ…毎日会社との往復だけであとは自分の好きな事をやってるくせに、疲れたとか忙しいとか、ブツブツ言ってる自分のヘタレ加減に涙が出ます(泣)。

でも一日一緒に過ごして思ったのは、いい意味で、人の本質的な芯の部分って本当に変わらないんだなぁということ。大学時代、私の3年下に入学してきたときの彼女と今の彼女では、年齢はもちろん、喜びや努力や苦労を含めた経験値も、仕事のスキルも社会的なポジションも人脈も全く違うのだけれど、相手をほっとさせるおっとりしたしゃべり口調や、聞き上手で心のゆったりしたキャラクターは今も全く変わっていません。今では自分よりずっと年上のクライアントから「先生」と呼ばれるような難しい仕事をしている彼女だけれど、過去に私と一緒に台湾に行ったり、タイやベトナムを旅して珍しいものやおいしいものを前に大はしゃぎしたときの思い出が、短い時間の間にたくさん思い出されてきて、3年間会っていなかったのがうそみたいで、そのブランクの期間が数時間の間に一気に縮まりました。

自分の大好きな人といい時間を過ごして相手からいいエナジーをもらえたとき、自分は同じく相手に何かを与えることができたのかと考えます。そういうときは、自分を見つめ直す時期に来ているのかもしれないですね。毎日に流されて、前に進むことばかり考えて空回りしたり、自分を見つめる代わりにキョロキョロよそ見してはまわりの人に置いていかれるような気がして意味なくあせったり。そんなときは先の心配をするより、一旦立ち止まって今の自分と対峙するほうが大切なはず。

ヨガでも今の自分の体調や心の状態を分からないままに、形だけ先生のマネをして無理なアサナを取ろうとしたら、きっと体を痛めます。旅をしていても、今自分がどこにいるか分からないのに、どこに行きたいかなんて、ましてやそこまでの行き方なんて分かるはずがない。それを人生に当てはめても全く同じ。ヨガを学んで、何年も続けていく中で、そういうことって分かっていたつもりなのに、またポロッと忘れていたことに気づいてハッとしました。2008年の最後にそれに気づけてよかった。この気持ちを持って、新しい年を迎えられることに感謝。3年ぶりに連絡をくれたAちゃんにも感謝。

そういえば今、日本ヨーガ・ニケタンのヨーガインストラクター養成講座に通っているのですが、先週の講義でバクティ・ヨーガの教えの中で3つの大切な言葉を学びました。”取引しない(見返りを求めない)”、”恐れない”そして”比べない”。今の自分に本当に必要な言葉だと、改めて思います。このタイミングでこの言葉に出会えたことにも感謝。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-16 00:25 | その他
<< インドア寝袋 ローム本社のイルミネーション >>