みんなでルネッサーンス♪な夜

e0066369_1654412.jpg
会社の組合イベントで「ワインを楽しむ会」に参加しました。今回のテーマはピノ・ノワール。カベルネ・ソーヴィニヨンと並ぶ赤ワインの品種ですが、今まであまり意識したことのないジャンルでした。が、今回講師で来てくださった先生によればすごくデリケートで安定した栽培も難しく、当たり外れの大きな品種だそうで、そのピノ・ノワールだけを飲み比べるというのが非常に面白い試みなのだそうです。ちなみにあのロマネ・コンティはピノ・ノワール種なのだそうです。

e0066369_16541939.jpg
全部でワインが9種類。本当のテイスティングだと飲んではいけないのでしょうが、もちろん誰も吐き捨てる人など皆無で、参加者全員思いっきり飲んでました(笑)。産地は最初、イタリアやニュージーランド、オーストラリアの軽めのものからスタートし、南フランス、そしてブルゴーニュのものに移行するにつれてしっかり深みのある味わいに…それにつれて私の書くコメントも(一応コメント用紙があったのです)徐々に(酔いが回るにつれて)どんどんシンプルに…。最初は「華やかな開いた香り」とか「ヴィンテージだけでなくぶどうの樹齢によって味が異なる」とか難しげなことを書いているのに、最後の2本ぐらいは「おいしい」とか「これが一番好き」とか(笑)

9種類のワインを捨てずにテイスティングするということは、結局最低グラス9杯分は飲んだということで、しかも気に入ったのはお代わりもして…そりゃ酔いも回りますな。でも、今回はとっても楽しく、しかも勉強になりました!最初小さいグラスに入れて少し飲んでから、あの例のでっかいグラス(髭男爵の持ってるみたいな)に入れてぐるぐるやると、印象がこんなに変わりますよーなんてのもやらせてもらえておいしく楽しい時間でした。
[PR]
by cita_cita | 2008-12-05 21:40 | おいしいもの
<< 伊勢・鳥羽 親子旅 八海山 しぼりたて生原酒2008 >>