北京あれこれ

e0066369_17585082.jpg
出張で3日間北京に行ってきました。北京空港では新しい第3ターミナルの立派さにびっくり。国内線と国際線が同じフロアでチェックインできるのでとにかく横にも奥行きも大きい。まるで巨大な展示会場みたい。オリンピックにあわせ、今年の春にオープンしたのだそうです。

e0066369_2214021.jpg
北京中心部国貿(グオマオ)の街並み。保存地区となっている古い建物群の後ろには近代的な高層ビルが乱立しています。

観光するような時間は全くないので、楽しみといえば食事だけ。初日の夜は北京ダックをいただきました。鴨王という北京ダックの有名店へ。ここは北京ダック以外のものもおいしいので地元の人にも人気が高いそうです。確かに私が行ったときも8割が中国人、2割外国人という印象でした。

e0066369_22192710.jpg
サイドメニューでおいしかったカニ味噌豆腐。マーボー豆腐みたいに見えますが、味はしっかりカニ味噌です。そういえばもうすぐ上海蟹の季節ですね。

e0066369_22202633.jpg
鴨のレバー。かなりの大きさにびっくり。私はあまりレバー系は得意ではないのですが、これはおいしかった!すごく新鮮で全然臭みがないのです。ちょうど上等なあん肝やフォアグラを食べているような感じ。

e0066369_22215691.jpg
そしていよいよ北京ダックが登場。8人いたので2羽頼みました。大きな包丁で器用に薄ーく取り分けてくれます。

e0066369_22234889.jpg
皮目の部分とちょっと肉がついた部分。これまで北京ダックは数えるほどしか食べたことはありませんが、今までのは何だったんだ!というぐらいおいしかった。もう全員思わず笑いがこぼれるぐらい。とにかく皮の裏についた脂が本当においしいんです。皮をかじると、パリッと皮が割れて、その中からじゅわーっと脂がこぼれてきます。脂がなんでこんなにおいしいの?と思うけれど、もう理由なんてどうでもいい。とにかくおいしいんです。甜面醤、白ねぎ、きゅうり、かいわれ、おろしにんにく、砂糖がそえられていて好みで味付けて小麦粉で作った生地でくるくるっと包んで食べます。

e0066369_22325915.jpg
翌日は羊肉のしゃぶしゃぶへ。羊は内モンゴルで飼育されたラムの肉で、やわらかくてまったくクセがありません。これをまんなかの筒に炭のいっぱいつまった変わった形の火鍋でしゃぶしゃぶして、ごまの風味たっぷりの特製ダレで食べます。これまためちゃくちゃおいしい、北京名物の料理だそうです。ここは東来順というお店で創業100年以上の老舗だそうです。

e0066369_22463279.jpg
食後の腹ごなしに地元のスタッフに今人気の后海エリアを案内してもらいました。ここは湖の周りにびっしりとバーが並んでいるのです。平日の夜なのに、大勢の人たちが踊ったり、セパタクローみたいな遊び(みんな重りのついた羽を蹴ってあそんでいた。羽もレンタルしてるみたい)を楽しんでいます。

e0066369_22464213.jpg
湖沿いのバーはにぎやかに明かりがともっていて、生演奏をしている店も多いです。昼間はカフェになるみたいで茶芸館みたいな雰囲気。建物自体はとても古いものばかりで、なんとなくベトナムのホイアンを歩いたことを思い出しました。
[PR]
by cita_cita | 2008-10-16 22:50 |
<< パスタに柚子こしょう 北大路でごはん >>