北海道 旅の記録

実家の家業の関係で、祇園祭の宵々山から山鉾巡行までの3日間は両親はお休み。私も会社で休みを取ることができたので(部署の皆さん、ありがとうございます)念願かなってラベンダーの季節の北海道を訪れることができました。

e0066369_23301897.jpg
飛行機の窓から見た美瑛の大地。ほんと、パッチワークみたい。

今回は旭川空港を利用したので、空港から宿のある美馬牛までは30分とずいぶん余裕。去年のお盆に行ったときは千歳からだったので、3時間以上かかったものなあ。やっぱり北海道、広~いです!大阪から旭川までは1日1便しかなく、2時ごろに到着します。東京からだともっと便が多いみたいでうらやましい。大阪からはチケット取るの自体が大変だもの。

初日はお天気が良かったので宿にチェックインする前にラベンダーを見に行くことにしました。宿に電話すると、あのファーム富田に先月から新しい畑ができたとのこと。場所はファーム富田から車で10分ほど。まだあまり知られていなくて、人も少ない穴場だとのことで、まずそちらに行ってみることにしました。

e0066369_233171.jpg
e0066369_23315285.jpg

これがそのラベンダーイーストといわれるラベンダー畑です。こちらはファーム富田と違い、ラベンダーしかありません。車を降りるとあたり一面ラベンダーの香りが立ち込めて、「あぁ富良野に来たんだ!!」と改めて興奮。

e0066369_2340225.jpg
その後、本家のファーム富田にも行きました。こちらは彩りの畑。カレンダーや絵はがきでもおなじみの場所ですね。

e0066369_23431862.jpg
この時期はポプリ作りの最盛期。どんどんポプリが加工されていきます。

e0066369_23441354.jpg
長さを揃えて束ねた後はこうやってさらに乾燥するんですね。

e0066369_23391127.jpg
実は今回は運転とビデオ撮影に忙しくて、あまりたくさん写真を撮ってくることができなかったのです。が、ドライブ中に見たこの風景は印象的だったので、車を停めてシャッターを押しました。緑の草と麦の穂でつくられたひとすじの道。美瑛を走っているとこんな、はっとするような風景にたくさん出会います。華やかな富良野も大好きだけれど、私はやっぱり美瑛のこんな雄大な風景がいいなあと思います。
[PR]
by cita_cita | 2008-07-26 23:44 |
<< プチにぎり ふらのラベンダー >>