無印良品の落ちワタふきんと奈良の白雪ふきん

e0066369_15115926.jpg
昨年発売されて以来、無印良品で久々の大ヒット商品になっているらしい「落ちワタふきん」。バングラデシュの紡績工場で糸をつむぐときに出る綿のくず(落ちワタ)を利用して作ったふきんです。12枚で500円とウソみたいに安い。

薄手でざっくりしているので、あまり吸水性は無いですが、丈夫で安いのと枚数がたくさんあるので、家中のあちこちにおいて色んな用途に使えます。食器を拭いたり、拭き掃除に使ったり、ほこりよけに上に掛けておいたり。ちょっと使ったらジャブっと洗って干しておけば、すぐに乾きます。

e0066369_1558782.jpg
逆に、吸水性がいいのが欲しいときは白雪ふきんを使います。蚊帳の記事を何枚も重ねて縫い合わせたもので、大仏さまの「お身拭い」にも使われている優秀ふきんです。とっても丈夫で、でもふんわりした風合いがやさしくて、名前通り真っ白なのでこぼれたしょうゆなんか拭くのにはもったいない感じですが、手でゴシゴシ洗うと、さっと汚れも落ちてくれます。こちらはもっぱら台ふきんとして使っています。
[PR]
by cita_cita | 2008-04-27 00:12 | LOHAS
<< 味ろっこん トラットリア サルティンバンコ >>