オリジナル枕をオーダーしました

e0066369_1674249.jpg
万年、首の後ろ側の張りと肩こり、腰痛に悩まされている私。ヨガをするとマシになるんだけど、なぜか夜ふとんに入る前よりも、朝起きた直後が痛くてたまらない。

これまでもテンピュールの枕だとか固めの枕とか色々試してきたのですが、どれも首の痛みには効果が無かったのです。テンピュールは確かに気持ちいいのだけど、夏には暑く、やわらかすぎるし、寝返りを打ったときの沈み方がスキじゃない。固めの枕は高さが高すぎるのか、首の収まりも良くないし首以外の部分も痛くなったりする。でも枕をこれ以上増やすのも抵抗があって「まあ、眠れないわけじゃないし、」と半分あきらめていたのです。

だけどやっぱり眠りは大切だよなあー、人生の3分の1眠るわけだし…と考え直し、快適な眠りを求めて今度こそという気持ちでオーダー枕を頼んでみました。デパートなどに店舗を展開している「ロフテー枕工房」にも行ってみたのですが、今まで枕選びで失敗しているだけに「お好みの素材(中身)を選んでください」といわれても、自分の選択眼に全く自信が持てず、絞り込めない私。そこで、色々調べた結果、思い切って通販でオーダーしてみることにしました。山形県の天童市(将棋の駒の名産地)にある天童プップという小さなお店です。「枕マイスター」という売り文句に引かれたのがきっかけですが、お店のホームページからなんとなくご主人の人柄や職人気質な部分が感じられてこのお店に全てをゆだねることにしました。

寝転んだときの首のアーチと床の間にできる隙間の大きさや、後頭部の形、身長・体重、今使っている枕の高さや素材などを答え、自分が今抱えている不調や悩みなどを記入して注文すると1週間で枕が届きます。到着した箱を開けてみると、枕と一緒に高さを微調整するための枕の中身と、計量カップ、それからお店からの手紙が入っていました。枕の中は4つに分かれていて、それぞれ私にあわせた量の中身が入っています。

e0066369_23574393.jpg
ちなみに私のは両サイドと後頭部が210g、首の部分が170gなんですって。私の送ったデータから寝姿勢を想定して作ってくれたとか。

手紙にはこんなことが書かれていました。「最初はちょっと低く感じるかもしれませんが、しばらくこのままお使いください。一般的に市販の枕は女性には高すぎる傾向にあり、寝起きの首の痛みなどは高すぎる枕を使い続けたときに起こりがちです。お使いのテンピュールの枕はおそらく高すぎるのではないでしょうか。枕が高すぎると、首の無理な負担を長時間続けることになり、首や肩、背中が緊張してこりや痛みになります。夜の間に昼間の緊張を緩和する機会がないため、昼のこりと夜のこりが累積して慢性化します。」

なるほど。自分では低めを選んでいるつもりだったのですが、それでも高すぎたのかも。ふかふかの枕、気持ちいいのだけど、枕に関しては存在感がありすぎる枕は、寝返りのたびに枕が眠りを邪魔してしまうので、あまりよくないそう。逆に、気持ちいいとも悪いとも感じない、良い意味で存在感のない枕がおすすめなんだそうです。そういう意味ではこの枕は合格点。とりあえずまだ使い始めて3日目なので、もう少し使い続けて様子を見てみようと思います。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-25 23:41 | LOHAS
<< 博多水炊き「蟻月」 今を楽しむこと。 >>