アヌサラヨガWS by ジャッキー・プリティ

e0066369_0133256.jpg
この週末、心斎橋のスタジオヨギーで開催されているジャッキー・プリティ先生によるアヌサラヨガのワークショップで、縁あって今日と明日の2日間通訳の仕事をすることになりました。今日、その1日目が終わり、半分終わってほっとした気持ちもあり、また明日に向けての緊張とともにまだ半分あるんだーというワクワクを感じています。

ちょうど2年前、Consciousという雑誌でアヌサラヨガとともに紹介されていたジャッキー先生を見て、なんだかすごく心ひかれるものを感じました。優しく暖かそうで、大きくて…。調べてみて彼女は当時ニューヨークでしか教えていないということを知り、日本でそのアヌサラヨガを教えているスタジオということでスタジオヨギーを知り、そしてAIC(アヌサラ集中トレーニングコース)を受けました。ジャッキーにはいつかニューヨークで会えればいいなと思いつつ…。ちょうどそのConsciousを読んだ頃の日記をブログに書いているのを、今見返して懐かしく思い出しています。

そんなジャッキーの語る言葉を間近で聞き、それを生徒さんに伝えるお手伝いができる日が来るなんてそのときは想像もしていませんでした。ヨガって本当にめぐり合わせを感じる瞬間が多いですね。今日はジャッキーが語る一言一言に感激しつつ、そしてジャッキーや生徒の皆さんの暖かさ、優しさが自分に乗り移ったかのような感じであっという間に時間が過ぎてしまい、自分でも何をどうやって話したのか、ちゃんとうまくできたのかどうか恥ずかしながらあまり覚えてないのです。明日はもうちょっと意識しながらできればなーとも思うけど、でも、とにかく自分自身楽しんで、ジャッキーの言うことをかみ締めながら、やって来れればと思います。いくら心配しても、がんばっても自分の中に持っているもの以上は出すことができないですもんね。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-22 22:07 | LOHAS
<< 今を楽しむこと。 レーシック経過報告。 >>