赤馬節

e0066369_23481258.jpg
三線を習い始めて2年半、先月末に昇級試験を受けて、なんとか今月から上級クラスに上がることができました。

上級の曲は本当に難しい曲ばかりで、大工先生のCDを聴いても聴いても分からない。最初にやる赤馬節(あかんまー)が、すでに私には大きな大きな壁になりそうです。CDを聴きながら一緒に唄えるようになるだけでも悲しいぐらいぜんぜんできないのに、これを自分で演奏して唄えるようになる日なんて来るのでしょうか…。

考えていても気持ちがしんどくなるだけなので、とりあえず赤馬節の背景になった八重山の物語を調べて読んでみました。そしたら思いがけずとってもいい話だったので、ちょっとだけ親しみが湧いてきました。もし、この歌でくじけそうになったら、歌詞の意味を思い出して頑張ることにします。
[PR]
by cita_cita | 2008-03-10 20:25 | 沖縄
<< 「日日是好日 お茶が教えてくれ... いわしのパエリア >>