中津川の栗きんとん

e0066369_11561457.jpg
岐阜の中津川は栗の名産地として有名なんだそうです。秋から冬の終わりにかけて、たくさんの和菓子屋さんで栗きんとんが並ぶそう。その中で、松月堂というお店の栗きんとんをいただきました。

お正月に食べる大きくてねっとりした栗きんとんとは全然違い、蒸した栗の実に砂糖を加えただけのシンプルな材料。ほっこりさせるためには大釜で水分を飛ばす必要があるのですが、そのときにおこげが出来てしまうそうで、そのおこげも一緒に入っています。また、生栗から加工するので、渋皮が少し混じってしまうことも。渋皮を除きたければ裏ごしをすれば簡単なのですが、そうすると栗の本来の風味や感触がなくなってしまうのであえてしないのだそう。

私が今まで食べていた栗きんとんと比べると小ぶりで、最初は「1個じゃ物足りないかな?」と思ったのですが、そんなことは全くなく、栗の実のつぶつぶした食感も残っていて、風味も濃厚でとってもおいしくいただきました!
[PR]
by cita_cita | 2008-02-24 11:56 | おいしいもの
<< 「まぼろしハワイ」 よしもとばなな Ohkuraのチーズケーキ >>