初冬の金沢紀行2007 「源左エ門」 

すっかり寒くなりましたね!でも、寒くなるとおいしくなる食べ物も多いですよね!というわけで、この時期恒例の金沢旅行へ行ってきました。

金沢はあまりにもおいしいものが多すぎて、1泊2日の日程だと晩御飯をどこで食べるかは私にとって、かなりの重大問題。いつもお店選びに真剣に悩んでしまうのですが(たぶん国内旅行でここまで真剣に悩むのは金沢ぐらいだと思う)今回は数々の候補の中から、香林坊裏の木倉町にある源左エ門というお店に決めました!

e0066369_11432530.jpg
まずは今の時期が旬の香箱ガニ。メスのズワイガニを金沢ではこう呼びます。関西人がカニと言って想像するのはやっぱり「オスの大きなズワイガニでかにすき」なんですが、金沢をはじめ北陸に住む人は、でっかいズワイよりも香箱のほうが好き!という人が多いそうです。とっても小ぶりのかになので、はっきりいって足はそんなに身も多くありません。足ではなく、甲羅の部分がメインなんです。甲羅の中には卵とかにみそがたっぷり入っていて、これを時間をかけてゆっくり楽しみます。

e0066369_11434227.jpg
上の写真、カニ身を食べていくと、その下から赤い卵と味噌が現れます。サイズが小さい分だけ、味が凝縮していてとってもおいしいのです。金沢の人にとっては香箱ガニを日常的に家で食べるのは普通だそうで、カニなんて奮発して気合いれないとそうそう口にできない私にとっては本当にうらやましい話です。

e0066369_11444860.jpg
お造り盛り合わせ。寒ぶり、ヒラメ、アジ、しめ鯖、さざえ、甘えび、たこの六点盛り。どれもこれも新鮮でおいしかったですが、中でも寒ぶりといったら最高でした。

e0066369_22472344.jpg
がすえび。数多いえびの種類の中でも、私が大好きなえびです。関西ではおいている店はほとんど無いのではないでしょうか。甘エビと比べて数が少ない上、足が速いので北陸でほとんどすべて消費してしまっているとのこと。サイズは甘えびより大きく、ぼたんえびよりは小さいかな。甘えびやぼたんえびよりも、一段とプリプリしていて、しかも考えられないほど甘くて味が深い。お刺身やお寿司で頂くとたまりません。何年か前、初めて金沢でがすえびを食べたときは、そのおいしさに驚いて無言になってしまったぐらい。

e0066369_11453186.jpg
鴨肉の治部煮(じぶに)。金沢を代表する郷土料理です。すだれ麩という弾力のある麩や、野菜、しいたけなどと一緒に小麦粉や片栗粉をまぶした鶏肉を甘辛く炊いてあります。小麦粉が入っているので、ちょっととろみがついていて、やわらかい鴨肉によーく味がからまったて芯から温まる料理です。

e0066369_11491443.jpg
金時草(きんじそう)の酢の物。加賀野菜のひとつです。初めて食べましたが、少し苦味がありさっぱりしていてなんとなく体にすごくいいような感じがしました。後で聞いてみると、やはり栄養価も相当高いとのことです。

e0066369_1150719.jpg
白えびのかきあげ。白えびは、がすえびの次に私の好きなえびです。富山湾で獲れるそうですがこのえびも北陸でほとんど消費してしまうため他の地域には出回りません。とっても小さくて、白く透き通っていて「富山湾の宝石」と呼ばれています。

e0066369_11463265.jpg
寒ぶりを使ったぶり大根です。小さなお鍋が出てきて目の前で火にかけてくれました。思ったよりもずっとあっさりした上品な味付けで、それが逆にぶりのおいしさを引き立ててくれました。金沢って、薄味の味付けが多くて京都出身の私にも素直においしいと思えるものが多くて大好きです。

e0066369_11465627.jpg
干しほたるいか。ほたるいかといえばお造りか酢味噌和え、沖漬けや塩辛が定番だと思っていたのですが…干しほたるいかは初めて頂きました。うわーっ、とにかく味が濃厚!ただでも味のしっかりした、ワタが入ったままのほたるいかをそのまま干しているものだからものすごく旨みが凝縮されています。これはビールより、焼酎よりも日本酒でしょう。まさに酒のアテという一品です。

e0066369_11472319.jpg
揚げぎんなん。マスカットみたいにキレイな色!

e0066369_11473848.jpg
あと、ふぐの白子のてんぷらや茶豆も頼んだのですが、写真を撮り忘れてました…。それにしても4人でこれだけ食べて飲んで、1人4000円とは恐れ入ります。ビバ!金沢!
[PR]
by cita_cita | 2007-12-10 23:22 |
<< 初冬の金沢紀行2007 「松の寿司」 世界のナベアツ >>