灘の清酒仕込み「福寿梅酒」

e0066369_2347162.jpg
お酒飲まない方には全く参考にならず申し訳ないですがまたまた梅酒の話題です。

御影(神戸の近く)に落語を聴きに行ったので、寄席が終わったあと近くを散歩しました。このあたりは海沿いを中心にずらりと酒造メーカーが並んでいる、いわゆる「灘の酒蔵」の地域です。今回はその中でたまたま一番近くにあった「福寿」というお酒を造っている酒蔵に行きました。

酒心館と名づけられたこの建物は、酒蔵を利用したレストランやイベントホールなんかもあって、お酒や、地元兵庫産のものをはじめ、日本全国のおいしい「酒のつまみ」を販売しているショップも併設されています。そこで見つけたこの梅酒がかなりヒット。梅酒用に醸造された清酒原種と徳島県美郷村の梅で作られているそうです。和歌山のみなべ贔屓の私は梅はやっぱり紀州の南高梅やろ!と思っていましたが、こちらの美郷村(みさとそん)というところも、「梅とホタルの里」として知られていて、青梅が有名だそうです。この福寿梅酒はすっごく香りがよくて、まったりして濃厚!しっかりお酒の風味も残っています。まさにペロッとなめるように飲みたい梅酒。なかなか売っているところは少ないようですが、酒心館の通販などで手に入るようです。
[PR]
by cita_cita | 2007-10-30 19:20 | おいしいもの
<< 出前田辺寄席&御影公会堂のオムライス 松屋常盤の「味噌松風」 >>