熊野梅酒と請福梅酒

梅酒、大~好きなんです。
子供のころは、おばあちゃんが漬けた梅酒に入ってた梅をカリカリかじるのが大好きで、お母さんに内緒でこっそり数日おきに1個ずつかじってたのですが、山盛りあった梅が残り数個になって初めて「やばい」と気づき、そこでストップしたのだけど時すでに遅し…。ひさしぶりに梅酒のビンを見た母親に見つかり、こっぴどく怒られました…。

e0066369_23315788.jpg
この熊野梅酒は、南高梅の本場、和歌山のみなべに住む私の友人をたずねて「梅まつり」に行ったとき、見つけたもの。いろんな梅酒を試飲させてもらった中で、こっくりした味とまろやかさが気に入って買ったのが最初でした。その後通販でも気軽に手に入ることが分かり、何度か取り寄せて飲んでいます。味が濃厚で、甘みも程よいのでビールやお酒は強くないけど梅酒は好き!という人におすすめの梅酒です。

e0066369_23321683.jpg
一方こちらの梅酒は、八重山を代表する泡盛「請福」と黒糖で仕込んだ梅酒です。三線教室の仲間から「これはうまいで!」と噂を聞いて、先日の沖縄旅行で買ってきました。こっちは熊野梅酒とは打って変わって、キリリとしつつうまみもあり、後を引く香りがたまりません。甘さもあまりなく、他にはあまりないタイプの梅酒です。日本酒仕込みの梅酒よりさらにカラリとした感じかな。こっちは「酒飲み」の梅酒という感じです。「梅酒は甘いからいらなーい」と言う人におすすめ。

そういう私はどっちも甲乙つけがたく、毎日変わりばんこに飲んでもいいぐらいなんですけどね(笑)。しいて言うなら熊野梅酒は「ちびちび」、請福梅酒は「ぐびぐび」飲むのが好きかなぁ。
[PR]
by cita_cita | 2007-10-25 23:21 | おいしいもの
<< 「沖縄のおさんぽ―なつかしい島... 「ホームレス中学生」 田村裕 >>