天王寺どうぶつえん

e0066369_1056675.jpg
週末、10年以上ぶりに天王寺動物園に行きました。
あの旭山動物園の影響もあるのか、来場者(大人、子供含め)を楽しませようとする工夫が随所に見られました。ちょうど1年前にアフリカサバンナゾーンが完成して、それまでコンクリート床のオリの中で暮らしていたトラも今は植物のいっぱい生えた土の上でのびのびすごしています。空いたオリは「哺乳類ヒト科ヒト」という札がかかり、自由に中に入って記念撮影できるというような遊び心もみられます。

e0066369_10563459.jpg
週末には「ワンポイントガイド」と称して、飼育係が動物舎の中や前で、その動物の説明をしたり、園長さんとの動物園ツアーなどさまざまな試みが見られます。動物舎の前の看板の説明も動物が自己紹介をするような(なぜか全部大阪弁)内容になっていて、面白かった。その看板を使って子供に説明するお父さんやお母さんの姿を見て、とても心が温まりました。単に愛らしい動物を見て楽しむ場としての動物園ではなく、動物や自然保護に対する理解を深め、動物や自然との共存について考えてもらうきっかけを与える場になろうと考えているのだなあと感じた1日でした。

時代とともに変わりつつある動物園の姿を見ることができてとっても有意義な時間でした!今度はまた違う動物園にも行ってみようかな。
[PR]
by cita_cita | 2007-09-10 21:56 | その他
<< 大島保克ライブ@拾得 大阪ウルフルカーニバル☆ヤッサ... >>