ソウルどたばた日記 その2

e0066369_18585172.jpg
二日目の朝はあっさりめのものを食べたいと思い、明洞の神仙ソルロンタンへ。ソルロンタンというのは牛のスープ。牛骨や牛肉、牛舌、内臓などを大きな鍋で10時間以上煮込んだスープなんです。 と書くと、濃厚な感じがしますが、すっごく優しい味!それでいてしっかりうまみが出ている絶品スープなんです。ソウルに来るたび一度食べてみたい料理だったのですが、何しろいつも滞在時間が短いし(大体2泊3日だし)、その限られた時間の中で食べたい料理の種類は山ほどあるのでなかなか行く機会がなかったのでした。でも、今回はホテルから徒歩圏内にあるこのお店にようやく行くことができました。

e0066369_1859671.jpg
これが念願のソルロンタン。白濁スープにごく薄くスライスした牛肉が入っていて、上には刻みネギがたっぷりトッピングされています。ご飯とセットで食べます。ご飯をスープに入れてもOK。汁物大好きの私にはたまりません!

e0066369_1859212.jpg
このお店は付けあわせのキムチがおいしいことでも有名。各テーブルにキムチのたっぷり入った入れ物がセットされ、キムチ取り放題なんです!大きなキムチがそのまま入ってるので、ハサミで切るのが韓国流。

e0066369_18594124.jpg
明洞を歩いている途中、見かけたカフェにて。今、ソウルでは緑茶が大ブーム。コンビニにも緑茶系のドリンクがいっぱい並んでいるし、お菓子も色々な種類があります。このお店も緑茶のスイーツがずらりと並んでいました。

e0066369_190225.jpg
コンビニで売ってるお茶もこんな感じ。ん?どっかで聞いたような名前???一種類多い、その味の違いは私には残念ながらよくわかりませんでした(笑)

観光客と地元の韓国人でにぎわう明洞をウロウロ歩き回り、これまた徒歩すぐのロッテ免税店でコスメハンターと化した私達。わずか1時間ぐらいでGETした戦利品は、クリニークのマイクロモーションCセラム、スポッツコンセントレートコンシーラー、ラッシュパワーマスカラ、それからジバンシィのスキンドリンクマスク、へレナのウォンテッドグロス(10ゴールデングローブ!これ、めっちゃいい!)、以上5点。もうちょっとでエスティのナイトリペアコンセントレートに手を出しそうになったけど、すんでのところで思いとどまりました。とりあえず今使ってるのが無くなってからにしないとコスメ沼におぼれてしまう…。なおっちと2人、買い過ぎそうになったらお互いに牽制しあおうね!って言ってたのに、結局相乗効果で買いまくってしまった。ミイラ取りがミイラってこのこと?

興奮状態でロッテを出て、昼ごはんを食べるために新村(シンチョン)へ。ここは私の大好きな街。学生街なのですが、おいしい店やかわいいお店がわんさかあるのでお茶しながらブラブラ歩くには最適なのです。デパートもここのは明洞や江南のと違ってかなり庶民的。(現代百貨店があります)あのシンナラレコードもあります。「美しき日々」でイ・ビョンホンとチェ・ジウが出てきたビクトリーレコードがこれなんですが、韓流ファンにはたまらんでしょうね。でも私には残念ながらふつーのレコード屋なんですが(笑)

e0066369_1902547.jpg
ここでハプニング発生。新村でいくつもりだったソグムグイ(ブタの塩焼き)の店、「コバウ」が閉店したのかどうしても見つからない!兄弟カルビ(という店)の近くにあったはずなのになんで…?探し回ったけど結局見つからず、ソウルの意外な暑さになおっちもお疲れ気味になってきたので、諦めて方向転換し、第2候補の「釜山食堂」へ。ここも私のお気に入り。いかにも学生街の食堂という感じで安くてボリュームがあって美味しいのです。ここの定食メニューは単純明快。炒め物とチゲを1種類ずつ選ぶと、ずらりと10種類ほどのおかずとご飯が一緒に出てきます。

e0066369_1905797.jpg
見よ、このボリューム。これでなんと1人前4000ウォン。(500円ちょっと) ここからさらに炒めものとチゲが運ばれてきます。

e0066369_1912830.jpg
チゲはスンドゥブ(豆腐)と迷ったけど、結局イカ炒めとテンジャンチゲ(韓国みそ)を選択。このイカ炒めが甘辛くってめちゃくちゃウマい!

e0066369_1914514.jpg
またまた腹いっぱいになり、散歩が必要だろうということで今度は仁寺洞に移動。ここはもともと昔の官僚や貴族の家があった場所で、骨董屋さんや画廊、焼き物屋、韓国喫茶など伝統的なものを売る店が多い場所…のはずなんだけど最近は新しいビルがどんどんできて、訪れる人も多くてものすごい混雑状態。本当は細い路地裏に入り込むととってもおもしろい発見がある場所なんですが、この日はとにかく暑い!なので体力消耗してしまった私達はメインストリートだけをざーっと流して見て、伝統茶院でお茶タイム。

e0066369_192165.jpg
これが伝統茶院。耕仁美術館の敷地内にあります。すごく有名だし人気もある店ですが、席数も多いので、意外とすんなり座ることができました。外の様子をゆったり眺めながら一服。私は水正果(スジョンガ)を頼んだのですが、出てきたのはなぜかシッケでした。シッケはお風呂上りにシャリシャリ氷まじりの冷たいのを飲むのが最高なんですが、これも好きな飲み物なのでまあいいや。ちなみにスジョンガは生姜汁に砂糖、干し柿の粉末、シナモンを入れて松の実を浮かべたもの、シッケは麦芽粉でお米を発酵させたもので、どちらも韓国の代表的な伝統飲料です。

e0066369_192146.jpg
これはシッケ。お米が浮いているの、わかりますか?ほっとする味です。

通りを歩いていて妙な人だかりを発見。中を覗いてみると、そこで売られていたのは金のブタのおもちゃ。これがまたすごいんです。ぱっと見は丸いブタの人形、いたって普通なんですが、これを平らな面に投げつけるとスライム状にぺっちゃんこになってしまいます。そこからジワリジワリ、ムクムクともとの形に復元を始めるのです。これがなんともいえずおかしい。実際に見てみると分かるのですが、かなりのインパクトです。今、ソウルではこのおもちゃがメチャクチャはやってるみたいで、街中のいたるところで見かけました。1個1000ウォンと手軽なので買って帰りましたが、私の周囲でも予想以上の反響で大人にも子供にも大ウケ。こんなに喜ばれるならもっと買ってくればよかった。

e0066369_1923752.jpg
これがまさにペチャンコになった瞬間のブタとその原型。右上には袋に入った売り物がワンサカ。なんで金のブタ?と思っていると、2007年は韓国(中国も)では60年に一度しか巡ってこない「金のブタ年」なんだそうです。日本だといのしし年ですが、その原型はもともとブタ年なんだそう。(日本に干支が入ってきたとき、まだ日本ではブタが普及していなかったからという説あり)で、十二支、十干、陰陽五行の組み合わせが最高で、この年に生まれた子供は将来お金持ちになると信じられているとか。そのせいで、今年の韓国はすごい結婚ブーム&出産ブームらしい。気をつけて見ていると、貯金箱や携帯ストラップなど色んな「金ブタ」グッズが売られていました。

e0066369_0454342.jpg
仁寺洞にあったお店の看板。ハングル読めなくても「タコ料理の店」と一目瞭然。

この後、ソウル駅横のロッテマート(大型スーパー)でお土産をまとめ買い。しかしこのスーパー、なんでも売られているサイズがでかい!ちょっとアメリカのスーパーみたいな感じ。ここで購入したのは韓国のり、禅食(30種近くの穀物・野菜・海草を粉末状にした韓国の健康食。お料理に混ぜたり、豆乳などで溶かして朝食代わりにしたりします)、お菓子、そしてなぜか歯磨き粉(韓国はホワイトニング歯磨きの種類が多くて安い)。そしてずっしり重い買い物袋を持って一旦ホテルに帰り、さすがに強行軍の疲れがどっと出て二人とも1時間ほど爆睡。(時差もないのに…)でもパチリと目が覚めると気分もおなかもすっきり。すっかり元気になり、よっしゃ晩御飯食べに行くベーと再び外に繰り出したのでした。

晩ごはんはこの度のハイライト、カンジャンケジャンを食べに行きました。向かったのは新沙(シンサ)駅近くにあるアグチム(アンコウ蒸し)の店がひしめく通り。回りからの客引きを振り切り、この界隈で一番有名なお店「プロカンジャンケジャン」に一目散に向かいます。カンジャンケジャンはワタリガニのしょうゆ漬けのこと。生のワタリガニをニンニクなどで味付けした醤油タレに漬けて作ります。結構高級料理なのですが韓国人も大好き。お店の中もほとんどの席が韓国人で埋まっていました。ちょうど今がワタリガニの旬でカニみそや卵もたっぷり。高くてもやっぱり食べなくちゃ!というのは、日本人が冬にカニを食べに行くのと同じ感覚かも。

e0066369_1932820.jpg
e0066369_1935057.jpg

ジャーン!これがカンジャンケジャンです。このカニみそ!この卵!見た目のインパクトで言うと昨日のタッカンマリよりはこちらが数段上でしょう…(でもタッカンマリ、ウマいんだよなー)甲羅の幅が12センチほどの小ぶりのカニですが、さすが旬だけあって、めちゃくちゃ身が詰まって食べ応え十分。あの金属の箸でうまくほじれないのがもどかしくて、チューチュー吸うと、とろーりとした半透明の身が口の中で溶けて…至福。

e0066369_1943884.jpg
さらにカニみそビビンパを別注文。これもたまらなくウマーい!!気分はカニ祭り!

e0066369_1952228.jpg
そして甲羅の中にわざとカニの身とみそを残しておいて、そこにご飯を投入し、スプーンで混ぜ混ぜしてセルフかに味噌ご飯を作って食べます。あぅーたまりませーん。これはまさに味の宝石箱や~!!!(by彦○呂)

e0066369_1954447.jpg
あまりのウマさに、かなりアホになった私達。満腹中枢もおかしくなってしまい、勢いでホテルに戻る途中にある卵焼き横丁へ。駅からホテルに帰る途中にあるので便利!このどでかい卵焼き!一体卵何個使ってるんだろう…とちょっと恐ろしくなりつつ、でも食べる。うまーい!でもどう頑張っても2人で食べきれないー!半分取り分けて、熱いうちに近くに座った団体さんに差し入れしました(笑)

e0066369_1971218.jpg
この後なおっちはホテルに戻り、私は近くのチムジルパン(健康ランドみたいなとこに低温のサウナが色々ある)へ。パンパンになったお腹を抱えてゴロゴロしてから帰りました。

e0066369_1981656.jpg
で、やっとホテルに帰って就寝。2日間暴走しまくったのと、ケジャンと一緒に飲んだジンロが悪さをしたのか、翌朝は軽く二日酔いでいきなり朝からテンション低い私↓。結局最後の朝ごはんも食べに行く時間もなく(なおっちごめんー)そのまま空港に直行。ソウルどたばた旅行はこうして幕を閉じたのでしたー。

e0066369_1991220.jpg
おまけ。空港ゲート前にて。飛行機&なおっち。
[PR]
by cita_cita | 2007-06-20 23:36 |
<< 「フランス日記」 高山なおみ ソウルどたばた日記 その1 >>