2007GW in BALI ~バリでエステ~

バリといえばスパ!エステ!マッサージ!という人も多いと思います。バリには、タイマッサージや台湾式の足つぼマッサージほど強くツボに働きかけるようなものは少なく(個人的な経験から言うと、マッサージとしてはタイが世界No.1だと思う…)アロマオイルや自然素材のパックを使ってやさしく撫でるようにマッサージされ、香りに癒されるタイプのところが多いような気がします。

街中にある気軽な店から、ホテルのゴージャススパまで、値段も雰囲気もピンキリですが今回はその中で私のお気に入りの場所をいくつか紹介したいと思います。

<ゴージャス編>
e0066369_21411464.jpg
バリの高級スパで一番気に入っているのがマヤ・ウブド・ホテルのスパです。ここはとにかくロケーションが最高。エステシャンの腕もとてもいいです。料金は決して安くないので滞在中1回行くのがやっとだけど。
今回はハーバル・リチュアルという2時間半のコースを選択。
フットバス→ アロマオイルを使った全身マッサージ→ハーバル・ボール→ハーブ・バスに入りながらお茶とデザートを頂くという盛りだくさんのコースです。
ちなみにハーバル・ボールっていうのは、10種類以上のハーブ(薬草が多い)を布で包んだボールをスチームで蒸して、それを使ってやさしくマッサージするというもので、もともとはタイの民間療法だそうです。自然治癒力を高める効果があるそう。

e0066369_21412649.jpg
これが施術用のヴィラ。1部屋ずつ、完全に独立したヴィラでマッサージを受けることができます。

e0066369_21415529.jpg
マッサージ用のベッド。鳥の声にうとうとしながらふと顔を上げると目に飛び込む一面の緑。

e0066369_21425134.jpg
こんな絶景を眺めながらのお風呂は最高です。


<お手軽編>
e0066369_21322287.jpg
日常使いのスパとして一番愛用しているのがモンキーフォレストの近くにある「ジェラティック」。ここは滞在中に2、3回行くこともあります。色んなメニューがあるし、料金も手ごろで、しかもエステシャンのレベルも高いので大好きです。旅行者も、バリ在住の外国人にも大人気の店です。

e0066369_21324289.jpg
ここで必ずやってもらうのがクリームバス。クリームバスというのはバリ式のヘッドスパのことで、アボカドなどを使ったマッサージクリームで頭皮をたっぷりマッサージしてもらい、その後クリームの成分が浸透するまでじっくりヘアパック(この時髪をスチームするところが多い)、その最中に肩から手の先にかけてハンドマッサージをしてもらい、最後にシャンプーで洗い流し、ブローまでしてもらうというものです。最近日本の美容院でも取り入れているところがあるから知名度は高いですよね。髪もツルツルになるし、何より終わったあとは頭がすっきり!頭のマッサージだけで全身の疲れも取れる感じです。ちなみにジェラティックのクリームバスは1時間で7万ルピア。(今のレートだと950円ぐらい)ジェラティックは町スパとしてはちょっときれいめな方なので、ローカル向けの店だとさらに安くて4万ルピアぐらいのところもあります。

e0066369_2135629.jpg
ジェラティックのマッサージ室。個室なんだけど、マヤウブドと違い窓はなく小さい部屋。これが値段の差に出るのかも。でもジェラティックの部屋は清潔なので合格点。マッサージ中、目を閉じてたら結局景色はわからないわけだし(笑)

<足ツボ編>
今回はじめて、ウブドで足ツボマッサージを体験しました。現地在住の友達に紹介してもらった「imagine」という店で、場所はハノマン通りにあります。ウブドにも何軒かある、「KENKO」というチェーン店出身の2人だけで開いた店で、地元に住む人のおススメだけあってかなり上手で癒されました。台湾式の足ツボのように痛くはなく、かなり独特なマッサージの仕方で新鮮でした。何というのかな、ツボをぐいっと押すのではなく、親指の爪先と腹を使って少しずつ皮膚をたぐり寄せるように揉み進めていくのです。くすぐったくはなく、でも痛くもなくとても気持ちよかったです。1時間のコースだと足ツボと上半身のマッサージもついていて大満足でした。これで1時間6万ルピア(800円)は安い!店内はチャクラを現したヨガをイメージさせるようなイラストや落ち着いた音楽、控えめな灯りでヒーリング度満点。

e0066369_21465142.jpg
こじんまりした店内の様子と、オーナーのカデ君。マッサージを担当してくれたもう一人のオーナー、クトゥ君は恥ずかしがってどこかに行っちゃった。

<番外編>
番外編は前回のバリ滞在時に訪れた2箇所。スミニャックにあるザ・ヴィラスというホテルに併設されたプラーナ・スパと、系列店のチルという店です。

e0066369_21353244.jpg
プラーナスパはエスニック度満点のインテリアでなんだかアラブかモロッコの宮殿の雰囲気。非日常ムードはバリでもピカイチです。この時はアーユルヴェーダのコースを試しましたが、とってもよかったです。

e0066369_2153047.jpg
チル(Chill)は、足ツボ専門のお店。ここはびっくりするほどスタイリッシュなデザインにびっくり。日本でもこんなおしゃれな足ツボの店見たことない。店内は気持ちのいいアロマの香りが漂い、さらに施術イスに座るとなんとiPodを渡される。もちろん中にはヒーリング系の曲からロックまで盛りだくさんのデータが入っていて、お客は自分のお気に入りの曲を選曲し、聴きながら足ツボマッサージを受け夢見心地に…。ペパーミントとオレンジのオイルがブレンドされたマッサージ専用クリームの香りも大好き。思わず後でお土産に購入したほど。スタッフのマッサージの技術も素晴らしかったです。ここは機会があればぜひまた行きたい店。

e0066369_2154868.jpg
施術室はこんな感じ。スタッフはバランスボールのような丸い椅子(?)に座り、いろいろ座る向きを変えながら足をマッサージしてくれます。
[PR]
by cita_cita | 2007-05-10 23:30 |
<< なにわばなし かみなり亭 2007GW in BALI ... >>