最近食べたおいしいものたち

e0066369_17241298.jpg
ツマガリの「紅玉パイ」
これは最近のNo.1ヒット。関西の洋菓子好きなら知らない人はモグリだといわれる甲陽園の名店、ツマガリの季節限定商品です。これは通販のみの販売だそうです。指定した日の前日に焼き上げてその日のうちに発送するだけあって、届いてすぐに食べるとサクサクのパイ生地にまず感動します。そして中にギッチリつまったリンゴのおいしいこと!大量生産のリンゴの甘煮ではぜったいにありえないシャリシャリ感と、ちょうどいい酸味と香りのよさ!このリンゴのコンポートだけでも十分おいしいデザートになると思います。届いたらまずラウンドのケーキを1つ切り分けてアルミホイルに包んで、オーブンで暖めてお茶と一緒に。もうたまらないおいしさです。3月下旬までの限定発売なので、これを逃すと次は来年の冬。それまでにもう一度頼んでしまいそうな予感…。

e0066369_17141052.jpg
ツマガリの「チーズ職人」
数多い商品ラインナップの中で、「ツマガリ唯一の甘くないお菓子です。オランダ産のエダムチーズを自家挽きして一味唐辛子と混ぜ込み、表面にもチーズをふりかけて焼き上げました。」だそうです。ビールやワインのつまみに合う辛党のクッキーを作ったら、職人気質な味に仕上がったから、というのが名前の由来だとか。クッキーとクラッカーの中間のような軽~い不思議な味わいです。うん、確かにビールやワインに合います!

e0066369_1716463.jpg
e0066369_17201992.jpg

甘納豆かわむらの「季節だより」
金沢の同僚から送ってもらったこの甘納豆。これまで金沢に行く度、行きたいと思いつつ、お店の場所がにし茶屋街ということもあって結局時間がなく一度も行った事がなく、したがって食べたこともなかった憧れの甘納豆です。単品でも購入できますが、「まずはこれで色々食べてみて気に入ったのを次回単品買いしては?」という彼女の気の利いた選択でこの商品が送られてきました。まずパッケージのセンスのよさにやられました。和菓子のパッケージと思えないほどおしゃれなんですよ! ワクワクしながら箱を開けると色とりどりの中身にまたため息。「すはま其の豆」「栗蜜甘納豆」の2種類と、「ひよこ豆」「とら豆」「白花豆」「金時豆」「大豆」「えんどう豆」、「大納言」の中から4種類が入っています。4種類の組み合わせは時期によって変わります。この中で特に気に入ったのは栗蜜甘納豆とひよこ豆。とくにひよこ豆はもともと大好きな豆で、ひよこ豆のカレーなど目がないんですが、甘納豆にしてもこんなにおいしいとはびっくりです。ぽくぽくしてて、やさしい甘さで豆の味もしっかり残っていて…。次回金沢に行ったらひよこ豆、たくさん買ってきます!

e0066369_17232436.jpg
甘泉堂の「栗蒸し羊羹」
祇園のよーじやさん近くの路地を上がったところにある小さなお店です。蒸し羊羹といっても、一般的な丁稚羊羹よりぐっと肉厚で食べ応えがあります。むっちりした上品な甘さのようかんの中に、大粒の栗の実がゴロゴロ!このボリューム、栗が好きな人にはたまらないと思います。栗蒸し羊羹は秋から3月ごろまでの販売。それが終わると、水羊羹の販売が始まるそうです。

e0066369_17233744.jpg
祇園小石の「酒かすにて候(そうろう)」
祇園小石といえば、季節ごとや、月ごとに変わる飴のラインナップが楽しいお店ですが(もちろん、イートインの黒糖パフェもおいしいです)、今の時期だけの限定販売商品がこれ。なんと酒粕を使った飴なんです。それだけ聞くと、「一体どんな味?それっておいしいの?」なんて思われそうですが、かす汁や甘酒が好きな人は必ずはまると思います。酒かすの香りがそのまんま残っていて、他にはない味です。1月はこれと別に「御酒飴」というのもあって、こちらは日本酒の香りです。ちなみにお酒シリーズでは「梅酒にて候」ってのもありますよ~。

こうやってみると、なんだかんだ美味しいものたくさん食べてますねえ。どうりで運動してるのにやせないはずだ…(汗)
[PR]
by cita_cita | 2007-01-25 23:50 | おいしいもの
<< 「しゃべれども しゃべれども」... 南インド年越し旅行 その7 >>