フラゴナールの練り香水

e0066369_11135339.jpg
先日ヨーロッパ旅行に行った同僚からお土産に、フラゴナールの練り香水をいただきました。以前から興味のあったブランドです。ANAに乗るたび、機内販売のパンフを眺めては気になっていました。南フランス、プロバンス地方とコートダジュール地方の州境にあるグラースというところに本社があるそうで、このグラースというのは香水の名産地として有名だそうです。(エッセンシャルオイルの名ブランドGAIAもここが本拠地だとか)プロバンスといえば日本ではロクシタンが有名だけれど、このフラゴナールも最近めきめき知名度が上がってて、この間行った梅田のOPEQUEでも取り扱っていました。

私がもらったのは「ミランダ」という香り。ミランダというと、どうしてもSATCのミランダか、最近だと「プラダを着た悪魔」のミランダが浮かんできて、なんだかキャリアウーマン系のきつくてくせのある香りをイメージしてしまうのですが、ところがこの香りはそれとは程遠い、甘~い香り。ブランドの説明によれば、「遠い島から風とともに訪れるココナッツの香りとふわふわと漂うバニラの甘美な香りに、さんさんと光り輝くジャスミン、イランイランが加わってできた香り。まるで海の向こうの遥か彼方から手招きされているように感じるエキゾチックな香りです。」とか書いてある。結構甘さが強いので、普段香水をあまりつけない私にはオー・ド・パルファムとかトワレなんかのタイプだと酔ってしまいそうなのですが、練り香水ならちょうどいい。つけた直後からキツさがなくって、柔らかく香ります。そして意外なほど香りが長持ち。ココナッツが入ってるというのが、なんとなくバリやタイのリゾートを思い出させて、この冬の寒い時期にも南国気分を手軽に味わえます。私は会社のデスクの引き出しに入れて、気分転換(現実逃避ともいう)につけていますが、直径3.5センチとかさばらず、こぼれる心配もないので、普段の外出とか旅行にもぴったりだと思う。今、ANAの機内販売でも練り香水とトワレのセットを取り扱っていますが、ぜひ他の香りも試してみたいな…。
[PR]
by cita_cita | 2006-12-22 23:09 | その他
<< 今年のM-1グランプリ考察 我が家の"初”沖縄旅... >>