ボランティアwith三線クラブ

e0066369_0362886.jpg
三線クラブのグループで、大阪西区にある老人ホームにボランティア演奏に行ってきました。なのにこの肝心な時に、2,3日前から風邪気味で声がうまく出なくて焦った...

この日は1時間ぐらいで、演奏した曲は新安里屋ゆんた、十九の春、てぃんさぐぬ花、芭蕉布、花、目出度節、島人の宝、涙そうそう、満月の夕でした。オジー自慢のオリオンビールは密かに練習してたけど結局やりませんでした。(”オジー”はちゃんと弾けないからもっぱら唄担当の私...次回までにはちゃんと練習せな...)クリスマスの飾りがにぎやかなホームの談話室で沖縄民謡というのがなんともいえずミスマッチでおかしかった。前を見ながら歌うと、節に合わせて一生懸命うなずいてくれてるおじいちゃんおばあちゃんもいて、うれしかったです。慰問に行ったはずが、こっちが元気もらいました。

今回みんなで弾いてて思ったけど、目出度節はやっぱり大勢で大きな声で歌うと楽しいなぁ。家で練習するとつぶやくようにしか歌えないからつまんないや(笑)
[PR]
by cita_cita | 2006-12-14 00:36 | 沖縄
<< 「父親たちの星条旗」 「無花果の顔」 >>