久しぶりのバリ旅行 2006秋

e0066369_8425152.jpg
9月中旬に8泊10日でバリに行ってきました。通算9回目、じつに2年半ぶりの渡バリです。私にとってバリは初めてのアジアの旅先であり、初めての一人旅を経験した場所であり、そして初めて英語以外の外国語を本気で話せるようになりたいと思わせてくれた、そんな場所であります。そのバリに行って、やっぱりここは自分にとって、他のどことも違う特別な場所だなと感じた今回の旅でした。

とはいえ、これを果たして旅と言っていいのか、自分でも良く分からないのです。何も新しい場所には行かなかったし、いつも泊まる場所に泊まり、会いたい人たちと再会し、お気に入りの店でお気に入りの食べ物を食べてきた、そんな8日間でした。だから今回は、いつものような旅日記は書けません。私は旅先であまりメモは取らないのですが、それでもなんとなくどの日にどんなことをしたかは覚えています。でも今回は本当にほとんど同じ場所で同じような毎日を過ごしたので「紀行文」的なものを書くことはできないのです。でもそんな毎日の中で撮影してきた写真をもとに、私の大好きなバリの、大好きな場所や、お店や、食べ物や、大好きな人たちを紹介することはできると思います。いつもとはちょっと違った私の旅の中でのバリへの思い、今日から少しずつ紹介していきますので、お楽しみいただければうれしいです。

とりあえず、滞在中の典型的な私の日常をご紹介しますね…。

6:30 起床 
    早いときは5:30に起きて6:00に宿のお母さんとパサール(市場)に行きます。
7:00 シャワー(ウブドの夜は涼しいので汗はかいてないのですが目覚まし代わりに)
7:30 コーヒーとフルーツ(このあとヨガに行くので朝ごはんは後にして控えます)
8:15 バイクでヨガのレッスンへ。ウブドではBali Spiritというスタジオに通いました。
8:30 ヨガのレッスンスタート。日によって先生が変わります。
10:15 レッスン終了。1Fのカフェでお水かお茶を飲んで一服することも。
10:30 部屋に戻りシャワーを浴びます。
11:00 遅めの朝食。または元気があればバリ舞踊のレッスンを受けることも。
12:00 (バリ舞踊のときは)シャワー&昼食
12:30 午後は毎日フリータイム。過ごし方は色々…
      ①部屋の前のテラスで読書、昼寝、手紙を書くなど…
      ②向かいに住んでいる友達の家に遊びに行っておしゃべりタイム
      ③宿のお母さんや家族達とおしゃべりタイム
      ④ウブドの散策&ショッピング(スーパーでの買出しも含む)
      ⑤楽器を習う
      ⑥美術館やギャラリーに行く
      ⑦景色のいいカフェでお茶&読書タイム
      ⑧ネットカフェでメールチェック&自宅に連絡
      ⑨お気に入りの街エステで極楽マッサージ
      ⑩バリ人の友達を前ぶれなしに尋ねていってびっくりさせる
18:00 日が暮れたら一度部屋にもどってシャワーの時間。
      バリの人も夕方に一度水浴びをすることが多いんです。
19:00 夜の自由時間。バリ舞踊の公演を見に行ったり晩御飯を食べに行ったり…。
21:30 部屋に戻り、あとはゆっくり部屋で過ごします。
23:00 就寝。バリでは日本より早寝の私です。
[PR]
by cita_cita | 2006-10-13 00:29 |
<< 私のバリ <その1> 「スナル... 「読めば宮古!」 さいが族 >>