母からのメール

この週末、ヤッサに行ったり、三線の試験があったりで、そのことを書くつもりだったのですが・・・

今日三線の試験が終わり、久しぶりにあった友達とゆっくり語り合ういい時間を過ごして帰ってくる最中、携帯に届いた母のメールに胸を揺さぶられてさっきからずっとエグエグ泣いていました…。別に母とは遠く離れて会えないわけでもなく、ひとつ屋根の下暮らしているのですが。

メールにはこんなことが書いてありました。
「付き合ってくれてありがとう。最近くさくさする事ばかりで…私姉妹で旅行するの初めてです。これが最後かもね。だから○○(私の名前)が協力してくれてうれしいです。」

これを見た瞬間涙がぶわーっと出てきて電車の中で往生しました。
友達と居酒屋にいた最中に見なくてまだよかった…。

この文章だけだとわけがわからないですよね。
秋の連休に旅行に行かないかと、母の妹(つまり私のおばですね)から連絡があったそうです。おばと、おばの娘(私のいとこ)夫婦が旅行に行くのに、私の両親も誘ってくれたのです。先方の車が小さいのと、私の父が少し体が不自由なので、うちからも1台車を出した上、運転手も必要ということになり、私が運転手を頼まれました。で、(しぶしぶ)OKした後に来たのがこのメールでした。

母は4人姉妹の長女ですが、他の3人と年が離れていたことや、結婚して家を離れたこともあって、あとの3人とは一緒に旅行に行ったり遊んだりしたことがなかったみたいです。最近いろいろ家の事情で大変なこともあり、私も色々話を聞いていて母の気持ちは理解していたつもりだったのですが…でもこんなメールが来て、私は何も母のことを分かっていなかったのではと愕然としてしまいました。
これを見たら、自分がすごくうっとおしそうに「えー?運転手。別にいいけど。だって他にやる人いないんやろ?」って答えたこととか色々思い出してものすごく後悔しました。

おかあさん、そんな悲しいこと言わないでよ。
まさか親子の旅行もこれで最後なんて思ってないよね...。
そう返事のメールを出したかったけど、明日顔を合わすときの照れくささを考えると出せないのでなぜかブログで書いてしまいました...。

私、普段えらそうに、家族を大事に、周りの人を大事になんて書いてるくせに、結局一番大切にすべきこと、それも自分の力でできることを全然できてなかったんだなあと思うと自分に腹が立ってしまって...

あーこんな個人的なこと、しかも面白くもないこと、ブログに書いてごめんなさい。
ウルフルズのことも三線のことも今日書きたかったけど今日は無理です。明日書きます...。おやすみなさい...。
[PR]
by cita_cita | 2006-08-28 00:40 | その他
<< 愛 ヤッサ博’06 トータスに会いたいか~?オーッ! >>