左ききという生き方

だいぶ以前にも書きましたが、私は左ききです。
ミクシイで「左きき」の人のコミュニティがあって、そこで「これまでで左ききとして何らかの差別を感じたことはあるか」というテーマで盛り上がっていたのですが、やっぱりみんな多かれ少なかれ何か経験しているようです。その中で印象的だったものをいくつか…

その1:大人になってから会社のおばさんに「あらぁー左ききなの?親は直さなかったのねえ」と言われ親のことまで馬鹿にされたような気がしてひどく腹が立った
これは頭にくると思いますよ。こういう人がいるから、子供が将来不憫な思いをしないようにと思って矯正(矯正という言葉自体差別だ!)させる親がいると思いますが、ホント、悪循環です。左ききは何も悪いことじゃない。利き足に右と左があってOKなのに、なぜ腕は右と左で優劣を付けたがる人がいるのか分からない。
その2:「船舶2級の免許を取りにいき、右利きの先生には違和感があったらしく間違っていないもやい結びを何度もやり直しさせられた挙句実技中止。怒りを通り越して悲しくなってきた…
これは…この試験官の試験をすべきじゃないでしょうか???
その3:中学のころ塾の先生が「自分の子供がスプーンを持てるようになったけど、左で持とうとするからやばいと思って右に持たせるようにしつけている」と言っていて、「左ききってヤバいことなんだ…」とショックを受けた
私もそういう経験あります。うちは祖父が昔気質の人だったので、盆暮れ正月に田舎に行くたび、私を見て「まだ直らないのか」と幼稚園から高校生まで言われ続け祖父の前で字を書かないようにしていました。日頃両親に言われないだけに(習字教室に通わされたけど、結局毛筆は右、硬筆は左で練習した。両親も小学生の低学年で何も言わなくなった。)まるで左ききが異常なことみたいに言われたことが本当にいやだだったし、おかげで大人になるまで長いこと祖父が嫌いでした。子供って子供なりに色々感じています。こういうことを言うのは絶対にやめたほうがいいと思う。
その4:身内ならともかく他人から右に直すことを強要されると「アタシが左だったらあんたのナニが困るのよ~!」と思った。
あはは、その通りですよね。私もそう言ってやればよかった。
その5:左で書いたという理由で国語の成績を下げられた。左で書いていることについて先生にうるさく言われ続け、親が抗議した。 
きっとこれはだいぶ昔に小学生時代を送った人だと思いますが…もし今の時代にこんな先生がいたらとんでもないですよ。

私は、世の中の色んな道具が右利き用に作られていることは差別だとは思いません。だって需要が多いものをたくさん作るのは当然のことだから。だけど、上に書いたようなことは差別と言われても仕方ないなって思います。

でも、これを読んでる方の中で、もし子供の左ききを右利きに変えようとしてる方がおられたら、考え直してもらいたい。右利きの人は直された経験がないから分からないと思いますが、あれは非常に精神的に辛いものです。たとえ左ききで多少不便な思いをしたり、まわりの心無い一言で傷つくことがあったとしても、それ以上に、そのままの自分を親に認めてもらえないほど辛いことはないです。左ききにとって、左ききを認めないことは自分を認めないことと同義なんですよ。私は、自分が左ききでなければ気付かないことが、これまでの人生でいっぱいあったと思うし、何かを考える時、目の前に見えていることだけでなく、それ以外の見方があるのではと考えるように(難しいけれど)心がけています。あらゆる分野のマイノリティといわれる存在に関して、色々考える機会も多いです。それは自分が左ききであることが大きく影響していると思います。左ききであったということが、今の自分の考え方の一部を形成したといっても過言ではありません。少なくとも私は親が左ききを強引に矯正しなかったことに感謝しているし、左ききでよかったと思うことはあれど、後悔したことは一度もありません。確認したわけはないけれど、多くの左ききの人がきっと同じことを言うだろうと思います。なんだかとりとめのない文章ですが…ちょっと熱くなってしまった。すみません。

ただね、左ききだけで団結して小さくまとまったり派閥を作ったりして右利きに対抗する必要はないと思うんですよ。大切なのは右利きでも左ききでも、それがその人自身だということ。それさえ分かっていれば右か左かなんてどっちでもいいと思う。右利きにもメリットがたくさんあるように、左利きにもいいところがあるんだし…全員がどちらか1つだったら、つまらない世の中だと思いません?

ところで世界では左手を”不浄の手”とする文化がある一方、セルジオ越後によると「ブラジルでは左ききが生まれると"神様からの贈り物だ!”と喜ぶ」のだそうです。なんていい国なんだ…。
[PR]
by cita_cita | 2006-07-27 00:17 | その他
<< 五感(GOKAN)のお米の純生... 「タビリエ 沖縄」 JTBパブ... >>