三線合宿 IN 淡路島

e0066369_18274625.jpg
7月15日からの3連休で、淡路島に三線合宿に行ってきました!
全国的に雨模様の時期だったのですが(祇園祭もすごい雨)、最終日は今にも降りそうだったものの、滞在中はなんとか運よく雨雲から守られたようで、宿を出発する直前に雨が降り出すというなんともラッキーな私達…。3日間、海で泳いだり釣りをしたり、花火を楽しんだり、一足早い夏を満喫できました。

とはいえ、メインはもちろん三線の練習。初日の昼ごろ到着して、軽く昼ご飯をすませてから早速みんなで合同練習です。この雰囲気、すごく懐かしい。学生時代のサークルの合宿を思い出します。お世話になった民宿は、日本の夕日100選にも選ばれている慶野松原海水浴場のすぐ近くにあって、各種サークルの合宿にもよく利用されているそうです。だから、とっても気楽で家族的な雰囲気。なんといっても、おかあさんがすごくいい人。私達が海に行く度に、お昼でも夕方でも関係なく何回もお風呂を沸かしてくれたり、帰りに家で取れた野菜をたっぷり持たせてくれたり、温かいもてなしに感謝カンゲキでした…。

e0066369_1828064.jpg
宿はこんな田んぼの真ん前にあります。ちょっとバリ島みたいでなごむなあ。

e0066369_18281932.jpg
合宿というだけあって、皆かなりヤル気満々。滞在中は、朝・昼・晩、いつも誰かが三線を弾いているという感じでした。部屋や海や中庭で誰か一人が弾きだすと、隣で別の人が一緒に弾いて、そこにもう一人が歌で加わるという感じ。まるで沖縄の民宿にいるような錯覚まで感じてしまいました。こういうのって、同じ曲を同じエエ四で練習しているからこそできることですね。三線の練習の合間に、みんな思い思いに海に泳ぎに行ったり、釣りをしたり、はたまた食料の買出しに行ったり。何度も言いますが、本当に学生時代に戻ったような楽しいひと時でした。

私達が今回練習したのは、安里屋ゆんた、芭蕉布、十九の春、てぃんさぐぬ花、満月の夕、涙そうそう、新美田良浜夜曲、なりやまあやぐ、花など。 あと、私を含め何人かが海に泳ぎにいった隙に、残っていたメンバーが猛練習したらしく、帰ってきたらなんと全員「オジー自慢のオリオンビール」を弾けるようになっていた!何度も何度も狂ったように繰り返し弾き続けた結果らしい。やられたー! 他にも、私達の中で一番たくさんの曲を知っていて、練習もいっぱいしてるSさんがBEGINの「昔美しゃ今美しゃ」のエエ四を持ってきてくれて、みんなで声を合わせて歌いました。これが収録されているCD「オモトタケオ」は持っていて、何度も聴いた曲なのに、実際に譜面を持って一緒に歌ったら、歌詞が胸に響いてきて何かぐぐっとこみあげるものがありました。こんなにいい歌だったとは!! 難しいと思うけれどぜひこれを弾けるようになりたいよー!もちろんオジー自慢も!

2泊3日の淡路島、いつもの旅と違ってあちこち飛び回ることはできなかったけれど、満喫できました。淡路島は10年ぶりだったけど、近くにこんなにいい場所があるのをすっかり忘れていました。ここにはおいしい明石のタコも鳴門の鯛もわかめも福良のうにも、淡路ビーフも、たまねぎをはじめ新鮮な野菜も、淡路島牛乳もなんでも揃っているのでした。帰りに洲本の「リゾレッタ」という店でおいしいイタリアンを食べましたが、その店でもほとんどの材料を淡路産のものだけで作っていました。ひとつの島だけでそんなにたくさんのものが揃うなんてすばらしいこと。なんだか淡路島がますます近くなった今回の旅なのでした。

e0066369_18311348.jpg
初日は本当に暑かった!砂浜には、裸足で3秒も立ってられないほど。

e0066369_22562798.jpg
最終日に浜で釣りをしたらこんなおチビちゃんのフグが釣れました。

e0066369_18294684.jpg
私達の釣りの先生、Aちゃん。まるで少年のようなこの姿。かわいい!

e0066369_1831269.jpg
淡路島はたまねぎの島!どこもかしこもたまねぎでいーっぱい!

e0066369_183148100.jpg
慶野松原の浜辺は、その名の通り、見事な松の並木で知られています。

e0066369_1832016.jpg
淡路島みやげ勢揃い。上から時計回りに鳴門名物灰わかめ、たまねぎ天、鳴門オレンジチョコスティック、オニオンスープ、島かすてら。

e0066369_18322119.jpg
”切っても切っても淡路島”というコピーの「島かすてら」は、断面が淡路島の形になっていて金太郎飴のように淡路島の形が出てきます。鳴門オレンジの粒が練りこんであってさっぱり美味。
[PR]
by cita_cita | 2006-07-20 22:30 |
<< えっ、これが中谷美紀? 沖縄フェア@セブンイレブン >>