えっ!疲労性骨膜炎?

先週後半あたりから左側の腰がつっぱったような感じがあって、特に体側を伸ばしたとき、ピキーンと張り詰めたような痛みがでるようになりました。最初筋肉痛かなと思ったので、ゆっくり優しく柔軟しようとするのだけど、どうも痛みが普通の筋肉痛と違う…。ジムやヨガで頑張りすぎると翌日筋肉痛になるのだけど、それも慣れると心地よい感じで、しかもストレッチで伸ばしてやると大体1日で回復するのに、今回のはそれとは違ってピリッと痺れるような不快な痛さ。これ以上伸ばすとヤバいだろうというような嫌な感じがあります。しかもそれが5日間ほど続いたものだから、気になって接骨院で診てもらったら「疲労性骨膜炎」という診断でした。

先生によるといわゆるスポーツ障害だそうで、要するに負荷のかけ過ぎが原因なのだそうです。陸上選手の場合は大体ひざかすねの辺りに起こるのが一般的みたいで、「シンスプリント」と呼ばれることが多いそうです。あと、剣道選手だと軸になる左足のすねや足の甲に起こるみたいです。私の場合は腰だったのですが、先生に「痛くなりだした前日ぐらいに何か足を使う運動をしましたか?例えばジョギングとかエアロバイクとか」と言われて思い当たったのが木曜日にエアロバイクでいつもより長時間、しかも途中負荷を高めてやったこと。実はいつもは20分で終わるのに、ジムのテレビで放送してた「どっちの料理ショー」の結末が気になってしまい、40分もやった結果だというのがあまりにも自分らしくて我ながら情けないのですが…(笑)(ちなみにその時は「夏の特選丼対決」。海鮮丼と天丼で、前者が勝ちました) とりあえず、患部(腰のグリグリの上あたり)を冷やし、6日目ぐらいから今度はお風呂などで温めるようにして合計10日間程度患部を休ませるのがいいだろうとのことでした。 その間、ヨガやトレーニングをやるのは控えたほうがいいかと尋ねたところ、痛い動きや左足を極度に使うような運動は避けて、他の部分の運動は通常通り行ってOK。その方が回復後の運動も楽だと思う、とのことでした。

それにしてもこんな病気(怪我?)があるなんて、今までは縁がなかったので全然知りませんでした。無理をしすぎてもっと大きな怪我(骨折とかアキレス腱を切るとか)をする前に、運動と体のしくみについて興味を持つきっかけをもらえたのだから、むしろラッキーだったと思って、早く治るように心がけたいと思います。ヨガにも役立つだろうし、機会があればもっと筋肉や骨の仕組みについて勉強してみたいなと思いました。なんといっても自分の体はこれひとつしか無いのですからね。
[PR]
by cita_cita | 2006-07-19 23:11 | LOHAS
<< 「ジョビンに捧ぐ」 BELEZA 祇園祭風景 2006 >>