アナスタシア体験

e0066369_234742.jpg
アナスタシアに行ってきました。
「はぁ、何それ?」と思われた方もいるでしょう。そして「うっそーマジで?よく予約とれたねぇ」と思った人もいるでしょう。アナスタシアっていうのは、アメリカのビバリーヒルズに本店がある眉専用のサロンなんです。本店はマドンナ、キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、ペネロペ・クルス、ナオミ・キャンベル…などなどハリウッドセレブが通ってるとかなんとか…。アカデミー賞直前はセレブの予約でいっぱいになるそうです。日本に出店してからは予約でいっぱいで、心斎橋大丸の支店でも3ヶ月待ちが当たり前とか…。というか、予約は3ヶ月前から受付なので、例えば今日、6月6日は9月6日の予約開始なわけですよ。でも、大丸がオープンしてから数時間で全て予約が埋まるという…。3ヶ月先の予定なんか分かるかよーと思いますが、そんなの誰だって分かりません。とりあえず予約するわけです。で、それに向けて予定を調整するわけですよ。世の女子たちはこんなに大変なんですねー。

でも私は待ちきれないので心斎橋に予約するのも躊躇していました。すると京都在住のくりちゃんから耳寄り情報が!「アナスタシア、京都の大丸にも入ったで」えっ、マジですか?しかも今ならまだあまり知られていないため、割とすんなり予約が取れるとのこと。試しに5月中旬に電話してみたら、あっさり6月初めに取れました。予約の時言われたのが「サロンに来る2週間前ぐらいから眉のお手入れは控えてください」(←眉毛を伸ばすため) そうなの?まあ、私は普段から眉のお手入れはあまりしていないからいいんだけど、別の日に予約した友達は「眉毛つながっちゃうよー!」と嘆いていた。(ほんまやろか???)

で、当日大丸の2Fにあるサロンへ。サロンはピンクが基調でなんか「THE 女の子」って雰囲気のラブリーな雰囲気。受付で名前を告げるとカウンセリングを受け(皮膚が弱くないかとかの確認。ワックス使うから。)そこからサロンの椅子(美容院のみたいに後ろに倒れるようになってる)に移動して細さとか形の相談をします。形は自由に選べるわけではなく、担当者が私の骨格を見て4種類の形から選ぶのです。ハイアーチ、スリムハイアーチ、ミディアムアーチ、プチアーチがあります。これは眉頭と眉山のアーチの形で決まるみたいです。私はハイアーチでした。で、左右の眉の高さや形の違いをチェックしつつ、この形になったシート(ステンシル)をあてて下書きみたいなのをして、余分な眉毛をワックスで処理します。痛いという人もいるみたいですが、私はそうでもなかったな…。担当者が沖縄出身の方で、「私も三線習わされましたよー」とか沖縄話で盛り上がってたら終わってた(笑) で、この時点で鏡で形を確認。めちゃめちゃキレイになってて自分の眉じゃないみたい。びっくりです。あと、ワックスで取りきれなかった部分をツィザー(毛抜き)とハサミで処理します。最後に透明のブロウジェル(眉用のマスカラ)で毛流れを整えて終了です。

眉が整うと、目の周りが明るくなりますねー。アナスタシアはリピーターが多く、眉の形を保つためには40日間隔ぐらいでメンテナンスするのがおすすめだそうです。次回予約の日を聞かれましたが、まだ予定が立たなかったので後日連絡することにし、今日は担当者おススメのブロウジェルを購入しました。なんでも、私は眉毛がしっかりあるので、ちゃんと形さえケアすればペンシルやパウダーなしでも毛流れを整えるだけで十分OKな大変お手軽な眉なんだそう。それなのに今まで放ったらかしにしていた私ってどれだけものぐさやねん…(笑)
[PR]
by cita_cita | 2006-06-06 23:04 | その他
<< 筋肉痛の恐怖 アヌサラヨガのワークショップに... >>