長崎ぶらぶら旅 その2~長崎は今日も異国だった!?~

e0066369_0172425.jpg
2日目の朝は快晴。ゆっくりチェックアウトを済ませて、早めのランチ(遅い朝ご飯?)を食べにグリルアストリアへ。ここはちかりんが昨日長崎大丸の店員さんに教えてもらったという洋食屋さんです。お店に着いたのが10時半、開店時間は11時なのであと30分あります。どこかでお茶でもしようということで、近くにあったカフェへ。ここはセルフサービススタイルですが、ドリンクだけでなくデザートも豊富。最初はコーヒーでもと思ったのですが、マンゴーを使ったデザートがあったのでそれを注文したら冰館(台湾の有名なカキ氷やさん)も顔負けの山盛りのマンゴーカキ氷が!でもここは長崎、さすがに台湾のように完熟フレッシュマンゴーというわけにはいかないので冷凍マンゴーでしたが、それでも充分堪能できました。フレッシュマンゴーは、6月に台北に行くつもりなんでそのときのお楽しみにとっておきましょう…

e0066369_0174651.jpg
これがそのマンゴーカキ氷。なんと470円だったのです。ちなみにコーヒー170円。

11時になったので、お待ちかねのグリルアストリアへ。ここの名物はトルコライス。一皿にピラフ、とんかつ、スパゲッティが盛り合わせてある、まさに大人のお子様ランチ!ちなみにトルコライスという名前の由来については諸説あるけどはっきりしないそうです。朝からマンゴーいっぱい食べてちょっとおなかが膨れていた私には、トルコライスはヘビーかなと、お店のおススメのオムライスを。他の4人はそれぞれトルコライスとレディーストルコっていうのを注文しました。老舗の洋食屋さんだけあって、ひとつひとつがどれも本当においしい!特に深~いコクのあるデミグラスソースがまさにお店の特製って感じで最高です!あと、サウザンアイランドドレッシングも自家製みたいで、お土産用に販売もされていました。

e0066369_018097.jpg
これが定番のトルコライス。このお店のはピラフはドライカレー、とんかつは揚げた後、卵をからめてとん平焼き(これって関西ローカルか?)みたいにアレンジされていました。思ったより豚肉が薄いので完食してもそれほど胃に重たくはないかも。

e0066369_0181152.jpg
こっちはレディーストルコ。ごはんの量は少ないのにトルコライスより高いのです。その理由は見て納得。トルコライスと同じものの他にグラタン、ハンバーグ、エビフライまでのっています!まさに女の子の(もちろん男の子も)夢の一皿!量は少しずつ、種類がたくさんという一皿なので、注文した女性2人とも完食していました。

e0066369_0182461.jpg
これが私の頼んだオムライス。何も変な小細工をしていないまさに正統派のオムライスの味。でもめちゃくちゃおいしかった!まずケチャップライスがおいしい。しっかり味があるのにくどくなくて、何度でも食べたい味。多分、ケチャップだけの味でなく、スープがしっかり使ってあるんだろうなあ。卵もふわふわで、そこに絶品デミグラスソースをからめて、スプーンの上でミニミニオムライスを作ってひとくちで食べるとライス・卵・ソースが口の中で三位一体になって、えもいわれぬおいしさ。あんなオムライス、しょっちゅう食べられたら幸せだろうなあ…。

満腹になったところでグラバー園方面へ。この旅行で初めての観光らしい時間です。どこまで行っても100円というありがたい市電に乗って「大浦天主堂下」の隣の駅「石橋」まで行きます。今、長崎では「長崎さるく博」っていうのをやっています。(さるくっていうのは長崎弁で「ぶらぶら歩く」の意味らしい) これは日本で始めてのまち歩き博覧会というもので、4月から10月の末まで長崎市内全域が会場となって無料のまち歩きツアーや工芸体験、観光施設の割引などが楽しめるイベントなんです。普通こういうイベントって長くても1~2週間程度であることが多いので、半年も期間があるなんてすごい。街中にもいっぱいウォーキングマップが設置してあったりインフォメーションが設置してあって町をあげてのイベントということがよく伝わってきます。観光客だけでなく、長崎市民にも人気のようで、2000円で期間中何度でもガイド付きの有料ツアー(28コース)に参加できる「さるく手形」なんてのもあって、毎週末参加している人もいるみたいです。京都にもこんなイベントあればいいのになー…って思うけど、そんなことしたら観光業者が黙ってないでしょうねえ…。(京都の場合は着物を着ていたら無料になる施設やタクシー割引なんてのはありますよ)

私たちはさるくで提案されていた42コースの中の「長崎は今日も異国だった~南山手洋館、港が見える坂」コースを選択。グラバー園の周りを回って、地元の人しか通らないような住宅街を通って帰ってくるコースです。途中までこの地図に沿って歩きましたが、すっごく歩きやすくてびっくり!まち歩き専用に作られている地図なので、曲がり角の目印が分かりやすくて親切。例えば「○○果実店」を右とか「××内科」を左とか。このコースに沿って、グラバー園の前まで行ったのですが、コース内にはグラバー園内の散策は入っていなかったため、ここで一旦コース変更して園内に入園しました。ここまでは無料のエスカレーター(スカイロード)とエレベーターで簡単に上がることができます。でも歩くとすごい坂道なのでこの設備はありがたかったです。グラバー園もかなり高い場所にあるのですが、ここより上にも住宅地があるため、スカイロードは地元の人も買い物などにフル活用されているようでした。園内はとてもきれいに手入れされていて、眺めもとってもよかったです。昔長崎に住んでいた外国人の邸宅がたくさん保存されていて、中を見学することができます。ここだけでも、時間があればゆっくり楽しめそうでした。

e0066369_018457.jpg
グラバー園からの景色。かなり高い場所にありますよ。晴れていたので眺めは最高。正面に見える一番高い山が昨夜登った稲佐山。

e0066369_0252230.jpg
グラバー園の中にはハート型の敷石が2つあります。これはそのうちのひとつ。これを触ると恋がかなうって言われているらしく、園内ではハートの石を探してうつむきながらウロウロ歩き回る女の子をたくさん見ましたよ。

グラバー園を出た後、しばらくまち歩きのコースに復帰して歩いたのですが、大浦天主堂を見ていないことに気が付いて、コース踏破はあきらめて天主堂に引き返しました。大浦天主堂は日本最古の教会で国宝に指定されています。建物は1864年に作られたもので、木造のゴシック様式です。国宝というのでどんなに厳重なのかと思ったら、なんとこの日、ここで結婚式を挙げているカップルがいました。もちろん、完全に借り切ることはできないため観光客も出入りしている中でです。でも、ここまで仲間同士で楽しそうに話をしながらやってきた観光客も、結婚式が行われていることに気づくと、みんな静かにそっと見守っているのが印象的でした。こんなに重要な建造物で、個人の結婚式を挙げることができるなんてちょっと驚きでした。長崎のカップルは幸せですね。

e0066369_0192540.jpg
大浦天主堂の外観。外国の大聖堂のように大きくはないですが、とても美しく荘厳な建物です。

e0066369_0193590.jpg
花嫁と父の後姿。真っ白な長いベールが教会のステンドグラスからの明かりに染まって幻想的でした。

e0066369_0205241.jpg
教会内部。通常は撮影禁止ですが、式の最中は招待客も撮影OKのようでしたので、そーっとノーフラッシュで撮らせてもらいました。


天主堂を出てから海辺を散策。この日は昨年末に新しく開通した女神大橋(夜はライトアップされてとってもキレイな橋です)を歩いてわたるウォークイベントがあって、海辺の「水辺の森公園」でも関連のお祭りが行われていました。どこかでドッグショーもあったようで、天気がいいこともあり、ワンちゃんを連れてお散歩中の人もいっぱい。最近の長崎は新名所の建設ラッシュらしく、この公園の横にも4月オープンの長崎県美術館があったり、他にも最近復元さればかりの出島の町並みや博物館ができていたり、長崎って、海も山もあって、景色もよくってすごく住みやすそうな町だなと思いました。その美術館からすぐ向こうに見えるのが「出島ワーフ」。これは、ベイサイドにあるレストランやおみやげ物屋さんなんかが集まった建物で、神戸のモザイクみたいな感じの場所です。この日はとても暖かく、海からの風も気持ちよかったのでここにあったイタリアンレストラン「スイートマジョラム」でワインを飲むことにしました。で、その後どこか散歩でもと思ったのですが、結局ワインが進むにつれ、お尻に根っこが生えてしまいここを最後に長崎旅行は終了。おみやげにカステラを抱えて伊丹へと向かったのでした。

e0066369_0214758.jpg
スイートマジョラムを海辺から見たところ。店内より、絶対オープンエアの席がおすすめ。

e0066369_0215512.jpg
この日は地元長崎産の牡蠣がありました。生牡蠣ではなくオーブンで軽くあぶったものにレモンを絞っていただきます。潮の香りがあるのでレモンもいらないほど。本当、おいしかったです。

e0066369_022816.jpg
これは前菜盛り合わせ。ふぐのカルパッチョと竹の子のソテー。カルパッチョにはまだソースが掛かっていませんが、バルサミコ風味のソースといただくと絶品。

e0066369_0222729.jpg
お店のスタッフ。右側がオーナーシェフ。唄って踊れる料理人として地元のTVにも出ていたらしく、またキックボクサーとしての一面も。

長崎旅行、短かくてあわただしかったけどすっごく楽しかったです。「さるく博」が終わる10月末までにもう一度行ってみたいな…

e0066369_0232675.jpg
おまけ。グラバー園近くの坂道の上から。こんな階段の雰囲気のある小道がいっぱいあります。

e0066369_0243833.jpg
大浦天主堂近くのおみやげ物屋さん前で。人待ち顔の大仏様。
[PR]
by cita_cita | 2006-05-17 23:52 |
<< ウルフルズ2006ツアー「YO... 長崎ぶらぶら旅 その1 ~長崎... >>