スペインバール「Sesamo」

e0066369_14185141.jpg
大学に勤務する友人栗ちゃんと、仕事帰りに待ち合わせして河原町三条近くのSesamoに行ってきました。河原町から朝日会館の南側の筋を東に入ったところにあるスペイン風バールです。1年ぐらい前からの私のお気に入りの店のひとつなのですが、栗ちゃんもちょうどこの店に一度行ってみたかったとのことでした。

e0066369_10521169.jpg
お店の場所は街の真ん中ですが地下にある店なのでちょっと見落としやすい。階段の入り口前に立ててある看板が目印です。

Sesamoはマドリッドにある同名の店の姉妹店とのことですが、残念ながらマドリッドの店の情報はよくわかりません。内装も雰囲気もマドリッドの店とよく似ているそうなんですが…店内にはピアノもあり、スペイン音楽のライブなども頻繁に開かれているようです。この日はイベントがなかったので2人でゆっくり話に花を咲かせることができました。今2人してはまっているワークアウトの話(栗ちゃんの基礎代謝を聞いてびっくり!私はまだまだだ…)、さらに連休の旅行の計画など…ゴールデンウィークには、栗ちゃんはジャワ→バリ、私もバリに行くので、1日だけバリのウブドで合流して一緒に泊まる予定なのです。栗ちゃんはそこから北部のロビナ、私は西部のヌガラに行くつもり。旅行中にやりたいことの話題で盛り上がりました。栗ちゃんはスパ三昧、私はヨガ三昧。お互い楽しい旅行になるといいな。

e0066369_10522471.jpg
「ひよこ豆のアヒージョ」アヒージョはにんにく風味の意味。生ハムの端切れっぽい豚肉の塩気とにんにくがきいていておいしい!

e0066369_10523621.jpg
「鶏肉とじゃがいものオーブン焼き」ローズマリーの香りがホクホクのジャガイモと鶏肉にぴったり。

e0066369_10524985.jpg
「アロス・メロッソ」スペイン版のおじやという感じ。アロスは米。私たちが良く知ってるパエリヤはアロス・セコ。あとはメロッソよりもっと汁気の多い雑炊みたいなのをアロス・カルドッソというらしいです。ここのアロス・メロッソは、ものすごーく魚のダシがきいていて、ものすごく濃厚ではまる味でした。まるで魚のアラから取ったスープを飲んでるようで、栗ちゃん曰く「潮汁みたい…」だって(笑) 日本人にぴったりかも。かわいそうだけど魚が苦手な人はきっと無理だと思う…。でも欧米の中でも魚介類をたくさん食べるスペイン南部の人たちなら大好きな味だろうな。スペインの人は(スペインは広いから海から離れている地域は違うと思う)タコも食べるし、いわゆる青魚(イワシ、アジ、サバなどなど)も大好きだから。
[PR]
by cita_cita | 2006-04-21 22:54 | おいしいもの
<< アイルランドからの手紙 「ブロークバック・マウンテン」 >>