ホイアンのヴィンフンホテル

e0066369_0153487.jpg
ちょっと旅の話から遠ざかってるので、これまでの旅の中で撮ったものをちょくちょく紹介していこうと思います。

これはヴィンフンホテル。中国風の古い町並みで知られているベトナム中部の町ホイアンの中でも特にランドマーク的存在となっている有名なホテルです。とってもレトロなたたずまいですが、今でも現役で営業中。中国の時代劇に出てくるみたいな天蓋つきの木のベッドで寝られるそうです。夜のホイアンは、ちょうちんの明かりがぼんやりともって、本当に幻想的です。これはちょうど日が沈みきって、昼が夜に変わるころに撮ったもの。この時間の空の色は深い青色をしていて、なんともいえない美しさです。

ホイアンの町は、中心部ならちょうど歩いて回れるほどの大きさですが、暑い時期の昼間は猛烈な日差しでのんびりと歩き回っていると汗だくになり、どこか日陰で休んで水分補給しないと大変なことになります。でも、この写真のように夕暮れになったころに散歩をすると、町の真ん中を流れるトゥボン川からのゆるい風が気持ちよく、昼間は閉めていて分からなかった食堂やレストランに灯りがともってにぎやかになってきます。まだまだ夜はこれから。時間はたっぷりあります。晩御飯はどの店で食べようか、迷いながら何度も同じ道を行ったり来たり、てくてく歩くのがまた楽しいんです。
[PR]
by cita_cita | 2006-04-18 00:28 |
<< ノンラーとおばあさん 太陽礼拝とワークアウト >>