落語ネタが続きますが…

e0066369_13524839.gif今月のLマガジンは「落語特集」。えらいタイムリーな企画で早速買ってしまいました。 私のお気に入りのつく枝さんももちろん「おすすめの落語家15/200人」として紹介されています。文枝師匠の弟子なのに、「落語に興味をもったきっかけは?」という質問に「米朝師匠の落語を聴いて」と答えてるのが笑えます。寄席情報もたくさん載っているのですが、関西には東京と違って落語専門の演芸場がないので、うどん屋さんや鰻屋さん、お寺や神社、果ては銭湯でも日常的に寄席が開催されているのがおもしろい。うどん1杯+寄席とか、お食事&飲み放題+寄席でいくらとかね。同じ古典芸能の歌舞伎とか文楽なんかと比べると、ぐっと庶民に近いんだなあとうれしくなります。

4月8日からいよいよ「寝ずの番」の公開が始まりますが、早速前売り券を買ってきました。当日1800円のところ、なんと前売り1000円!しかも手ぬぐい付きと太っ腹!(手ぬぐいは先着限定ですが)でもこの手ぬぐい、映画同様、しっかり下ネタ満載なのでどこで使うか検討中(笑) ヨガの時の汗拭きに使うとおしゃれな生徒さんがびっくりするといけないので、ひそかに三線のお手入れに使おうかな…。
e0066369_1353520.jpg


そういえば、最近iPodのポッドキャストが大活躍。今まで家と外出先で音楽を聴くのにしか、使いこなしていなかったのですが、この機能を知ってからというもの飛躍的にiPodの使用頻度が上がりました。ポッドキャストっていうのは、多分iPodとBroadcast(放送・番組)の造語だと思われますが、要するにネット上で配信される音声番組を自動的に録音しておいて、集めた放送を好きなときにiPodで聴けるシステムなんです。プログラムは、DJの入った音楽番組からCNNのニュース、もちろん日本語のニュース、語学学習番組、テレビ番組の裏話、落語の番組まで数え切れないほど。しかもほとんどの番組は無料で配信されています。気に入った番組のアドレスを登録しておくと、放送が配信される度に自動的にiTunesが受信してくれるので、iPodとつなげば常に最新の番組が転送されます。保存しておきたいものは残しておいていつでも聴けるし、ニュース番組なんかは毎日最新のものを上書きして、通勤時間や会社の休み時間に聞いています。ニフティから配信されている「にふ亭 ぽっどきゃすてぃんぐ落語」で配信された落語を聴きながら散歩したり通勤することもありますが、どれも30分ぐらいなので家から会社までの時間にちょうどいいです。ふだん見る機会の少ない江戸落語も聴けるし、一石二鳥です。私のiPodはミニやナノではなく、第4世代のデカイやつですが、容量だけは大きいのでガンガン番組を貯められるのが便利です。語学の勉強も、わざわざCDやテキストを買わずとも無料でできるようになりました。第5世代のiPodだと、動画まで見られるものもあるそうです。ちょっとうらやましいな…。
[PR]
by cita_cita | 2006-03-30 22:57 | お笑い
<< 「ほんまもんでいきなはれ」 村... 桂つく枝 「つくしんぼ落語会」... >>