ガスパールZINZIN

ちょっと前の話になりますが、先々週の日曜、ガスパールの2号店に行ってきました。
e0066369_21322664.jpg
2号店の名前は、ガスパールZINZIN(ザンザン)。ガスパールのフレンチをベースに、パスタなどもメニューに含めた気軽なイタリアンの雰囲気もミックスした店です。場所は本店から新町通りを北に上がって、六角通との角を西に入ったところ。北側の並びです。町家を改装しただけあって、間口が狭いので見落とさないように…外から見ると、ガスパール名物のグレープフルーツのなめらかプリンのお持ち帰り用がたくさん並んだショーケースがあり、その横にソファがあります。奥の座席は見えにくいので、ぱっと見、ケーキ屋さんのように見えるかも。

今回はランチタイムに行ってきました。こちらは、本店では平日のみしかサービスしていない1000円のプレートランチが土日にもいただけます。コンセプトは「大人のお子様ランチ」だそう。そのコンセプトどおり、プレートの上にぎっしりサラダやスープが載っていて、メインはなんと8種類から選べます。今回私がチョイスしたのは豚ばら肉の塩漬けテリーヌ仕立て。月替わりのスープはオニオンスープ。濃厚なスープの中にパンとチーズがたっぷり。パスタとリゾットは週代わりか月替わりで決まっているようで、この日はペンネのトマトソースでした。サラダは軽く細切りのニンジンを酢で合えたようなあっさりサラダとインゲンを塩味でさっとゆでたもの。それにパン、食後のデザート、飲み物が付いてきます。食後のデザートはシェフ自慢のグレープフルーツのなめらかプリン。シェフは本当はプリン屋さんになりたかったらしい…それほど思い入れのあるプリンですから、おいしくないわけがないですよね。

私はこの日は、連日ガスパール、熊鍋、沖縄料理と飽食続きでちょっと食欲がなかったので(でもシードルは頼んだ…)メイン料理は比較的あっさりめのものを選んだのですが、他にもベーコンとたまねぎのキッシュや、クロクムッシュ、サーモンのポワレ、鶏もも肉のコンフィなど、よりどりみどりでした。一緒に行った友人は砂肝ときのこのソテーの半熟卵添えを頼んでいました。いつもの私ならきっとそれを頼んだと思います…それにしても、ガスパール、期待を裏切りませんね。この店が京都にあることに本当に感謝感謝です。今度は胃の調子を整えてディナーの時間に行ってみたいです。

ところで今、エキサイトブログ2周年だとかでプレゼント企画があって、その中にエキサイト山村社長とのお食事(社長おすすめのお店「銀座かわむら」でワイン付のディナーに招待)というのをやっています。一度はこんなお肉食べてみたいー!というわけで、私もトラックバックして応募してみることにしました。でももし当たったら京都から東京まで自費で行かないといけないんですけど(笑)
[PR]
by cita_cita | 2006-02-07 22:45 | おいしいもの
<< 寒い季節の必需品(入浴剤編) 「単騎、千里を走る」 >>