寒い季節の必需品(ハンドクリーム編)

e0066369_1723624.jpg今年は本当に寒いですよね。こう寒いと、肌の丈夫な私でもさすがに手の乾燥が気になってしまいます。今、愛用しているのはO & Co (OLIVIERS & Co.)のハンドクリーム。2004年の年末年始に南スペインに行ったとき、経由地のパリを半日だけ散歩し、時間に追われながら慌てて飛び込んだマレ地区のお店で購入しました。このお店はオリーブオイルをメインに、プロバンスやイタリア、シリアなど各地のオリーブを使った製品の専門店。店のなかにはなんともいえないいい香りが漂っていました。このハンドクリームは、オリーブオイルをたっぷり使ったリッチな質感で、たまに容器を振ってやらないとクリームと分離したオイルが出てきてびっくりすることも。香りがなんともいえず、やさしくて、会社のデスクの引き出しに置いて使っています。O & Coでは石鹸も購入したのですが、こちらもとてもいい感じの香りです。

e0066369_1653475.jpgそして最近新しく仲間入りしたのがAesop(イソップ)のハンドクリーム。Aesopはオーストラリアの自然派化粧品ブランドで、ハーブやエッセンシャルオイルなどの植物成分をベースに、合成着色料、合成香料や鉱物油、動物油を一切使用していません。面白いのが、気候や収穫時期により異なる植物を、あえてそのまま手を加えることなく使用しているので、まるでワインのヴィンテージのように造られた年によって香りや色が異なっているそうです。こういうのスローコスメって言うんですよね。最近LOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)という考え方がメジャーになって色んなところで取り上げられていますけど、例えばヨガが流行っていたり、クウネルみたいな雑誌が次々発刊されたり、こういうスローコスメに注目があつまるのもその一環なんでしょうね。このハンドクリームは心斎橋そごうのAesopで買ったのですが、香りがすごくいい!とっても気に入っています。こちらは家で夜寝る前に使用しています。パッケージが昔の歯磨き粉(ラミネートチューブが出る以前のやつ)みたいで、出しにくいのが難点ですが、まあ便利さばかり追求するのもLOHASの精神に反すると思うのでここはがまん(笑) そういえば同じオーストラリアの自然派コスメ、ジュリークのパッケージもこれと同じくらい出しにくいので定評があるなあ...。
[PR]
by cita_cita | 2006-02-06 21:06 | 暮らし
<< 「単騎、千里を走る」 「沖縄チャンプラ亭」 仲村清司 >>