コリアン・ジンジャーティー

e0066369_1735876.jpg
韓国の生姜茶(センガン茶)がお気に入りです。もともと、ゆず茶が私の定番だったのですが、ちょっと気分を変えて同じメーカーの生姜茶を見つけて買ってみました。メーカーは、韓国大手のSamwha Hanyan(三和)です。ゆず茶に関しては、私はここのがゆずの皮がごろごろ入っていて、味も一番おいしいと思うので、5年ほど前に初めてソウルのロッテデパートで買って以来のお気に入り銘柄です。

生姜茶は、生姜のスライスがざくざく入っていて、味も強烈に生姜の風味がきいています。ふたを開けただけで、おろしたての生姜のような香りが鼻にツンときます...最初はそのままスプーン2~3倍をお湯で溶かして飲んでいたのですが、かなり生姜風味が強いので、最近では風邪を引いたかな?と思ったときや寒いと感じたときに飲むぐらいになっていました。

でも、今発売中のオレンジページで「冬のホット飲みもの」特集をしていて、そこで紹介されていた「ジンジャーミルクティー」を見てひらめいた!そうだ、紅茶飲むとき砂糖の代わりに使えばいいやん! 試しにやってみたところ、これが大成功。ちょっとチャイのような感じになって、仕事中おなかが空いたときもこれで落ち着くし、何よりおいしくてすっごくあったまるんです。カップにティーバックをいれ、お湯を注いで濃い目に紅茶を入れたら、生姜茶(茶といっても、実際は生姜のはちみつ漬けみたいなもの)をスプーンに2杯、そこにミルクをたっぷりと。家で飲むときは、これにクローブやシナモンをプラスして、即席チャイ気分です。本当はちゃんと煮出して本格チャイを作ったほうがおいしいのですが。洗いものが増えちゃうからねぇ...と相変わらずずぼらな私です。
[PR]
by cita_cita | 2006-02-03 00:29 | おいしいもの
<< 「沖縄チャンプラ亭」 仲村清司 島唄と沖縄料理の夜 >>