クリスマス in 八重山 その1

e0066369_2373872.jpg
22日にお休みを取って、3泊4日で八重山に行ってきました。
今年はUAのマイルをほとんどANAで使ってしまった感のある私…
国際線だとタイやバリに行くのも6万マイル掛かってしまうようになっちゃったからなあ。 以前は4万マイルでよかったのだけど。 その点、国内線なら1万5000マイルだから北海道や沖縄に行くとお得感抜群。

e0066369_238357.jpgさて、出発当日の22日は全国的な大寒波のせいで関空に向かう道も強風プラス雪が降っていて、「飛行機は飛ぶのか?」以前に「果たして関空に時間通り到着できるのか?」とかなりハラハラさせられました。なんとか到着するも、ものすごい強風で離陸前の飛行機の中でもドキドキ。でもちゃんと定刻に飛びました!那覇経由で石垣に入ります。うーん、石垣に着陸するときは何度見てもこの青さに釘付けになりますね。でも、ここも寒波の影響か、今年一番の寒さ。寒さに慣れていない石垣の人たちはダウンを着込んでいます。今回パーカーとフリースしか持って来ていない私。ちょっと嫌な予感…。

e0066369_2391537.jpgとりあえず空港からタクシーで離島桟橋に直行します。波照間行きの船は1日3便。私が到着した時間には最後の便しか残っていません。しかも、しけに強いはずの安栄観光の船も本日の2便は欠航した模様。(ちなみに波照間海運のニューはてるま号は全便欠航でした) 恐る恐るカウンターで15:00発の3便のチケットを購入しようとすると、まだ未定なので14:00にもう一度来るようにとのこと。手持ち無沙汰なまま「ゆうくぬみ」で八重山そばを食べることに。店のおばさんに「寒いですねー」と言うと昨日の昼頃から急に冷え込んだそうで、「冬至ぬびいさ」だと言ってました。びいさというのは寒さのこと。そう、今日は冬至だったのですね。しかも今から波照間に行くというと、「こんな日にあの船に乗ったら揺れて揺れて大変さぁ。もし波照間に着いてもぐったりして何もできないからよ、今日は石垣に泊まるかせめて竹富ぐらいにすればいいさぁ」とびびらされてしまいました。

e0066369_23114031.jpg悶々としながらカウンターに向かい、船が出るか聞くと、出ることは出るけど着岸できなかったら引き返すという条件付だそう。げげげ、ただでも1時間かかる航路で着岸できないほどの海の状態ならきっと1時間半ぐらいかかるはず。それで引き返したら3時間…耐えられるのか、私? またまた悩んでいると、私の後からきたおっちゃんが同じやりとりをして「じゃあ1枚下さい」と、あっさりチケットを購入。それを見て私だって波照間に行きたいんだー、おっちゃんに負けてたまるかー「私も1枚!」とはずみで購入。かくして、大揺れの船は私を乗せて出航したのでした。それからは本当に想像以上の揺れっぷりで、前の座席についている手すりはこのためにあったんだなあと妙に納得。船底が波にバンバン叩きつけられて体はふわりふわり浮くし、窓の外にはじける水しぶきをぼんやり見つめながら「スプラッシュマウンテン…」と思わずつぶやいた私でした。それでもなんとか波照間に到着し、今回の宿「照島荘」からの迎えの車に乗ります。波照間も寒い寒い。船で届いた荷物を降ろす人たちも大変そう。それにこんなに荒れた波照間の海を見るのも初めてです。

e0066369_2314530.jpg宿について、ほっと一息。でもやっぱり寒い。沖縄の家って、台風や夏の暑さに耐えられるように風通しよく作られているものだから窓を閉めてもすきま風が吹き抜けます。畳の隙間からも床下の冷気がぴゅーっと上がってくるし。しかも普通はガスストーブなんてないからハロゲンヒーターのある談話室に宿泊客がかたまって暖を取っています。お風呂はシャワーだし(汗)でも、助かった。照島荘には簡易浴槽があったのです。これにお湯をためて入ったら暖かい~!極楽極楽。それにしても沖縄で湯船に浸かりたいと思ったのは初めてです。晩御飯には「今日は冬至ですからねー」と柔らかく煮いたかぼちゃが出てきました。この宿のご飯はおいしくて、量もたっぷり。毎日おなかいっぱいで幸せでした。

夜ごはんの後、同宿の男性2人と泡盛飲みながらゆんたく(おしゃべり)。やっと沖縄に来たって実感が湧いてきました!ふと思いついて外に出たものの、やっぱり今日は曇っていて星は見えませんでした。明日は晴れるといいな。そして星もいっぱい見えるといいな…。

ここで波照間の島内をちょっとご紹介。
e0066369_2322382.jpg
変な看板シリーズその1 宿から集落の中心部に行くときに目印にしていた角にある看板
e0066369_23222287.jpg
その2 これは宿からすぐそばの角にあったもの まるで外国語です…
e0066369_23232420.jpg
その3 誰に向けての何のためのメッセージなのか?? 実は、波照間-石垣の飛行機航路が廃止になると困るので、みんなに積極的に飛行機を利用してもらうためのPRらしい。じゃあもっと他に書き方があるのでは・・・と思うのは私だけ?(笑)
[PR]
by cita_cita | 2005-12-26 21:23 | 沖縄
<< クリスマス in 八重山 その2 沖縄から戻りました >>