宮津の「富田屋」で魚を食べよう!

e0066369_16545133.jpg
食べ物ネタ続きで、お腹の空いている方には申し訳ないのですがもうひとネタ。

e0066369_16554383.jpg伊根で散々カニを食い散らかした私たちですが、帰りは宮津で天橋立を自転車で往復し、準備万端お腹を減らして昼ごはんに臨みました。目指すは宮津駅前にある富田屋(とんだや)。うどん屋さんを派手にしたような、居酒屋のようななんとも目立つ建物です。ここは魚介メニューの豊富さに加え、大衆食堂的メニューがずらり。メニューの内容だけでなく値段もすごく大衆的。ご覧の通りカレー315円、ごはんは大中小と小刻みな価格設定。学食並み?私が行った日は鯛のかぶと煮が300円台、あら煮が200円台でした。

e0066369_1703736.jpg私たちはそれぞれ小ライスを頼み、アラカルトで刺身盛り合わせ、てんぷら盛り合わせ、カキフライ、煮魚、そして牡蠣ちり鍋を注文。どれも新鮮でおいしい!でも隣のグループが食べてる焼きうどんやラーメンも気になる…いいや、ここは魚を食べなくては!と目の前のお皿に集中。牡蠣ちり鍋、850円という値段だったので「一人鍋」っぽい大きさで出てくると勝手に想像していたのですが、出てきたのは宴会サイズの立派な土鍋。そこに小ぶりの牡蠣がどっさり、そして豆腐、白菜、ねぎ、春菊、マロニー(これって関西ローカルだよね?)がひしめき合うように入っています。
e0066369_1723810.jpgきっと今この瞬間、南禅寺あたりのお店でこんな湯豆腐を1人前3000円払って食べてる人がいっぱい居るんだろうなーと想像しつつ4人でありがたく鍋をつつく私たち。しかもこっちは牡蠣入りだし。(いやいや、もちろん、南禅寺で紅葉の庭を見つつ食べるお豆腐も最高です♪)結局4人でお腹いっぱい食べて、トータル5060円でした(笑) こういうお店にはどんどん頑張ってもらいたいですよね。宮津方面に行く楽しみがまたひとつ増えました。

e0066369_943175.jpgところで私の食べた魚の煮付けに使われていたのはヨヨシという魚。全然聞かない名前なので鯖の煮付けとかより面白いかなと思い、注文してきたら出てきたのは体長さ15センチぐらいの小ぶりな可愛い魚が2匹。身は淡白だけどふわふわとやわらかくておいしかったです。家に帰って、ヨヨシについて調べたところ、どうやらイボダイという魚のこの地方での呼び名みたい。イボダイ…これも聞きなれないのでさらにしつこく調査続行すると、四国あたりでボウゼと呼ばれている魚と同じだと判明。ボウゼなら知ってます!夏に徳島に阿波踊りを見に行ったときに食べたボウゼの姿寿司、おいしかったなあ。むっちりした身が乗った押し寿司で、すだちを絞って食べるのです。すだち大好きな私にはたまりません。でも、一つ気になることが。イボダイの写真を見てみると、どうも尾びれや胸びれの形が違うんですよね。イボダイの尾びれは二股にわかれてるっぽいのに、この煮付けの魚は分かれてないですね。別の魚なのかな?

e0066369_17125663.jpgそれにしても魚の名前って、地方によって名前がコロコロ変わるのが本当に面白い。沖縄だとイラブチャーとかグルクンとか全然違う名前(魚も全然違うときがあるけど)に出会ってびっくりすることは多いけど、実は本土でも地方によって違うんですねえ。港町に行くと、その地域だけで食べてるような聞いたことのないような地物の魚がいっぱいあって、それを食べるのが楽しみです。そういえば、今年の3月ごろに金沢に行ったとき、お寿司屋さんで地物ばかりおまかせで握ってもらいましたが驚きの連続でした。私が特に気に入ったのは白がす海老という海老と、銀銀棒(ぎんぎんぼう)という魚。これは一般には水魚(みずうお、みずべこ)と言われる深海魚なのですが、福井ではげんげとも言われるそうですね。アナゴみたいな見た目だけど、周りが分厚いゼラチン質で覆われていてぬるりとしています。(じゅんさいみたいに周りが透明なんです)お吸い物で出してもらったのですが絶品です。あの味が忘れられない…この冬もまた食べに行きたいなぁ。
e0066369_1715575.jpg私は釣りもほとんどしたことないし、魚のことは詳しくないので、海辺の町に行くと見る魚、食べる魚、全て興味津々。今年の9月に沖縄に行ったとき、波照間島でちょっと釣りをする機会があったのですが、その時「モンガラカワハギ」が釣れたのを見てひっくり返りました。ひやぁ~図鑑で見たような、こんな魚がテトラポットの横にいるなんて…!さすが沖縄!と感激したものです。魚については基礎知識がないだけに、何か疑問とぶつかるたびに調べて新しいことを発見するのは楽しいものです。来年は今よりもう少し魚に詳しくなってプチ魚博士目指そうかな(笑)
[PR]
by cita_cita | 2005-11-28 21:50 |
<< アイルランドと私 カニカニ紀行@伊根町 >>