月の輝く夜に。

e0066369_0123848.jpg昨日と今日は月がすごくキレイ。今もピカピカに光っています。
きっと波照間島みたいな明かりの少ないところだったら、この月がもっともっとまぶしく感じるんだろうなあ。
そういえば、小浜島で夜の海で泳いだとき、月が高く上ってくるにつれて自分のまわりの夜光虫が少なくなって(実際には数は変わらないのだけど…)その代わりに友達の顔も水底にある自分の足もくっきり見えて、月の光のパワーにびっくりしたな。

今日は少しだけ残業して、エグザスに行ってきました。ビランクス・ヨーガのレッスンだったのだけど、最近どんどん人数が増えていてちょっと息苦しい感じ。
まあ、エアロとかと違って激しく動き回らないから、気をつければ人とぶつかることもないのだけど…でもやっぱりスポーツジムのヨーガレッスンは少し苦手。理由はテンポが忙しいから。音楽もちょっと大きすぎるし…あと、リラックスの時間が短すぎる。じゃあ行かなければいいのだけど、エグザスは20時からのレッスンがあるから、平日に行きたいときには便利なんだよな。だからちょっとぐらい混雑してるのは我慢我慢。

ずっと前から私はパドマ・アーサナ、いわゆるロータスポジションが組めなくていつも中途半端になってしまう。どうやらふくらはぎの筋肉が堅いのと、足首の柔らかさが足りないことも原因みたい。まめにストレッチすることでできるようになるそうなので、もうちょっと頑張ってみようと思う。ポジションがちゃんと取れる人は、クモのポーズまでやってて、うらやましかったな。

ちょっと筋肉痛気味で帰ってきて、自宅近くの本屋さんに寄りました。ここは10時半まで開いてくれているので本当にうれしい。休出と残業が続いて爆発寸前だったとき、10時過ぎに駅に着いても開いている本屋があるというだけでどれだけ精神的に救われたことか…(ここがオープンするまではストレスがたまるとAmazonと楽天に頼っていたっけ。おかげで今じゃ楽天ゴールド会員の私…)
閉店まであまり時間がなかったので、さあーっと流して見る。「生協の白石さん」を読んでほのぼのした気分になり、「カメラ日和」を読んでたまっている写真データの整理しなきゃと焦る。リリー・フランキーの「東京タワー」と川上弘美の「卵一個分のお祝い」をちらりと読んで面白いのでレジに持っていきそうになるものの、そうだ、図書館で予約しているんだったと思いとどまりました。
最後に洋書コーナーで「Mr. & Mrs. Smith」のペーパーバックがあるのを発見し、英語の訓練に良いかなと手に取るが、同じような動機で、英語に熱中していたころに買った何冊かのペーパーバック(フォレストガンプとかブリジット・フォンダの日記とか色々)が最後まで読まれないまま部屋で待っているのを思い出して、そっと売り場に戻しました。そうだ、まずはあれを読んでからにしようと…果たして私がMr. & Mrs. Smithを買うことはあるのでしょうか…

で、結局今日は何も買わず出てきました。あー疲れた。
[PR]
by cita_cita | 2005-11-16 23:33 | その他
<< ストレス社会で闘うあなたに パリの美意識? >>